食・レシピ
2022.7.16

ダイエット中のおつまみの「条件」とは?【レシピおすすめ15選】

\"\"

お酒のつまみには揚げ物や味の濃いものが欲しくなりますよね。ダイエット中には避けたいところですが、専門家や医師に聞いた減量中もOKな「お酒のおつまみ」をまとめました!コンビニやスーパーで手軽に買えるものから、ササっとお手製レシピまで。ダイエット中のお酒の飲み方やおつまみの食べる順番も重要です♪

ダイエットに適した「おつまみ」って?

【1】むくみを防ぐ「カリウム」が入っているものを!

エイジングデザイナー

村木宏衣さん

サロン『Amazing beauty』代表。独自の美容メソッドを確立。著書は『10秒で顔が引き上がる 奇跡
の頭ほぐし』(主婦の友社)など。

\教えてくれたのは…ライフスタイルプロデューサー Atsushiさん/
キレイになるスープ&サラダレシピが評判。「毎晩白ワイン1本」から節酒して、2か月で体脂肪が2.5kg減!

Check
  • おすすめはチーズ、トマト、枝豆。
  • 枝豆は肝臓の解毒作用を高める成分も豊富。

\アルコール分解&塩分排出の食材 でむくみ予防/

「アルコールの分解にはたんぱく質やビタミンB群、塩分を排出してむくみを防ぐにはカリウムが不可欠。チーズやトマト、枝豆などはおつまみにぴったりです」(村木さん)

「枝豆には利尿作用のあるカリウムが多く含まれているので、むくみを効果的に予防できますよ!枝豆だけでなく、飲んだ翌朝はフルーツからもカリウムを摂取します」(Atsushiさん)

 

初出:おなかをすぐサイズダウンさせるテニスボールの使い方とは|ボディのむくみ&こり悩みを美のプロが解決!

記事を読む

初出:二日酔いになりにくいサプリは? チェイサーやむくみ対策も|覚えておきたいお酒の飲み方

記事を読む

【2】「チーズ」は脂肪燃焼効果も見込める

チーズはたんぱく質のほか、ビタミンB1やカルシウムもたっぷり。ビタミンB1は脂質や糖質の燃焼を促し、カルシウムは脂肪の吸収を防ぐ働きがある。

【3】食物繊維の多いサラダと炭水化物ファーストで「血糖上昇をセーブ」すべし!

ハーバード大学・ソルボンヌ大学医学部客員教授

根来秀行先生

ねごろひでゆき/医師、医学博士。東京大学大学院医学系研究科内科学専攻博士過程修了。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など。最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍。著書も多数で、近著に『超呼吸法』(KADOKAWA)。

「飲み会の場合、前半に食物繊維の多い枝豆やオクラなどの野菜を食べ、続けてごはんなどの炭水化物をとり、血糖値の急激な上昇を抑えます。後半は肉、魚、チーズなどのたんぱく質をとれば太りにくいです。スタートが遅いときは分食が◎。19時までに食物繊維と炭水化物をとり、長丁場に備えましょう」(根来先生)

【4】高タンパクで低カロリーな「鳥製品や大豆」はアルコールのお供にぴったり

管理栄養士

前田あきこ先生

まえだあきこ/パーソナルコンディショニングコーチ、日本抗加齢医学会指導士。女性ライフクリニック銀座・新宿のダイエット外来にて認知行動療法を取り入れた栄養や運動、睡眠などの生活習慣改善を指導。

「高たんぱく質で低カロリーな鶏肉や大豆製品が◎。たんぱく質は肝臓でアルコールが分解されるとき、肝細胞の修復、再生を担う役割があるのでつまみにぴったり。冷奴やうずらの薫製もおすすめ」(前田先生)

 

初出:太らないための「オンライン飲みのトリセツ」おつまみは何がいい?お酒の量は?|新生活様式版・太らない食べグセ

記事を読む

ダイエット中は「飲み方」にもコツあり!

むくみ予防に「飲む順番を意識」して

\教えてくれたのは…イシハラクリニック副院長 石原新菜先生/
わかりやすい解説で読者からも信頼が厚い。毎晩、ビール3本、芋焼酎のロック3杯をたしなむお酒好き。

「塩分には水を引き寄せる作用が。塩分の高いおつまみでお酒を飲むと、よりむくんでしまいます。野菜や果物でカリウムをとり、体内の利尿作用を高めて。ビールやチューハイなど、飲みやすいお酒を多量に飲んでしまうのも避けたいところ。途中でアルコール度数の高いお酒に替え、飲むお酒の全体量そのものを減らすのもいいですね」(石原先生)

\例えばこんな順番で飲む!/

初出:二日酔いになりにくいサプリは? チェイサーやむくみ対策も|覚えておきたいお酒の飲み方

記事を読む

ダイエット中も罪悪感なし!【コンビニおつまみ】

選ぶコツは「低糖質・高たんぱく・低脂質なもの」

ボディメイカー

JUNさん

「3Days糖質オフダイエット」を考案。3か月で体重−17kg、体脂肪−16%を達成し、ベストボディジャパン横浜大会及びUSA大会でグランプリに輝く。現在は自身のボディメイク経験を生かし、トレーナーとしてダイエットに悩む多くの人を指導。著書『ダイエットに失敗してきた私がやせた3Days糖質オフダイエット』(学研プラス)も好評。

「低糖質・高たんぱく・低脂質なサラダチキンや焼き魚など、コンビニは『3Days糖質オフダイエット』の手助けとなる便利食材の宝庫。冷蔵庫から出して食べるだけという状態でストックしておくと、ドカ食いも予防できるのでおすすめです♪」(JUNさん)

※パッケージが異なる場合があります。

 

初出:忙しいならコンビニをフル活用! 積極的にお肉を取り入れて満足感アップ♪|糖質オフダイエット2日目レシピ

記事を読む

罪悪感なし「お肉」

右から/ブッツラボ おつまみ砂肝スモークゆず七味つき・おつまみ牛タンチップ

価格
各¥270(ブッツデリカテッセン)

良質なお肉のチルドおつまみが豊富にそろう。

手軽にたんぱく質「味付けたまご」

成城石井 特選 味付うずらのたまご


価格容量
¥746(成城石井) 20個

だしのうまみが黄身までしっかり浸透!たんぱく質もとれ、おつまみに最適。個別包装で手を汚さず食べられる。

美容にも嬉しい「ノンフライスナック」

なつめチップ


価格容量
¥580(なつめいろ) 24g

ナツメは、むくみに効くカリウムも豊富。

 

初出:これは美味しい!家呑みおつまみ|絶品チーズ、ノンフライスナック…美のプロが愛するお酒のおつまみとは?

記事を読む

お肉やお魚も♪「満腹感高め」おつまみ【レシピ6選】

【1】カツオと菜の花のカルパッチョ

Point

カツオの鉄っぽい味を菜の花のほろ苦さが程よくまろやかに

◆材料(2人分)◆
カツオのたたき…100g
菜の花…1/5束(40g)
塩…少量

【A】
基本のドレッシング(レシピは下)…大さじ2
おろしわさび…小さじ1/4

◆作り方◆

  1. 菜の花は沸騰した湯でサッとゆで、ざるに上げる(600Wの電子レンジで1分加熱でもOK)。粗熱がとれたら、ざく切りにする。
  2. カツオのたたきは1cm幅に切って器に盛り、塩を振る。
  3. 2に1をのせ、【A】を混ぜ合わせてかける。

\基本のドレッシング」の作り方/

Point

今回のレシピで使うベースのドレッシング。好みの調味料を加えてアレンジしやすく、肉・魚料理にも使える万能系。冷蔵庫で2週間程保存可能。

◆材料(作りやすい分量)◆
塩…小さじ1
辛子…小さじ1/2
酢…大さじ3
オリーブオイル…170ml

◆作り方◆
塩、辛子、酢を泡立て器で混ぜ合わせたら、オリーブオイルを加えて軽く混ぜ合わせる。

 

初出:疲労解消やトレーニング飯に!「カツオと菜の花のカルパッチョ」|春魚レシピ

記事を読む

【2】セロリと鶏ささみのキムチサラダ

Point

ビタミンAやビタミンB2などビタミン類も豊富に含むので、代謝をサポートして、美肌づくりをサポートする効果も。さらにカプサイシンや食物繊維で便秘解消も。今回はキムチをセロリ&鶏ささみとあえただけの、手軽にキレイを実現するサラダをご紹介。セロリのシャキシャキ食感が楽しいうえ、鶏ささみでたんぱく質もとれるので栄養バランスもいい一品に。

◆材料◆
セロリ(茎)…10cm程度
鶏ささみ…1本(約60g)
酒…大さじ1
キムチ…50g
ごま油…大さじ1/2
糸切り唐辛子(トッピング用)…適宜

◆作り方◆

【STEP.1】
セロリは筋を取り除き、薄切りに。

【STEP.2】
鶏ささみに火を通す。鍋でゆでる場合は100cc程度の水(分量外)と酒大さじ1を入れ、ふたをして、沸騰して3~4分蒸すイメージで。電子レンジの場合は、耐熱皿に鶏ささみをのせ、酒をふって600wで2~3分。中まで火が通ったら粗熱をとり、細かく割いて。

【STEP.3】
ボウルにSTEP1とSTEP2、キムチを入れ、ごま油を加えてざっくりあえる。

【STEP.4】
皿に盛り、上に糸切り唐辛子をトッピング。

 

初出:最強発酵食品・キムチで隙ナシ美肌へ!「セロリと鶏ささみのキムチサラダ」Today’s SALAD #178

記事を読む

【3】ケールのよだれ鶏風サラダ

Point

今回は四川料理で人気の、茹でた鶏肉を辛いタレで食べる冷菜「よだれ鶏」をケールとともにサラダにアレンジ。タレは辣油を使った簡単アレンジは、辛いものが食べたくなる暑い季節にぴったり! 鶏肉は今回はささみを使用しましたが、あっさりとした鶏胸肉を使用しても

◆材料◆
鶏ささみ…2本
ケール(カーリーケールやサラダケールなど)…1枚
長ねぎ…長さ5cmほど
酒…大さじ1
きび砂糖…小さじ1/4程度
醤油…大さじ1
酢…大さじ1
辣油…大さじ1/2~1

◆作り方◆

【STEP.1】
鶏ささみ肉は耐熱皿にのせ酒をふり、砂糖をまぶして、電子レンジで加熱して火を通す(600wで2分程回し、ひっくり返してさらに1分半程度)。電子レンジを使用しない場合は、鍋に入れ、少量の水と酒を入れて蒸し焼きに。

【STEP.2】
中まで火が通ったら、食べやすい大きさに割く。酒と肉から出た汁は捨てずにとっておく。

【STEP.3】
長ねぎはみじん切りに。

【STEP.4】
ケールは食べやすい大きさにちぎり、水洗いする。

【STEP.5】
タレを作る。ボウルに醤油、酢、辣油、STEP2で出た酒の残り&肉汁を混ぜる。

※辣油は今回は麻婆豆腐専門で購入したオリジナルの辣油を使用しましたが、食べる辣油系など、具材がそのまま入っている辣油を使うのが風味的にも食感的にもおすすめです。

【STEP.6】
皿にケールとささみ肉、みじん切りにした長ねぎを盛りつけ、上にSTEP5のタレをかける。

 

初出:栄養たっぷりケール×辛旨よだれ鶏の魅惑的なドッキング!「ケールのよだれ鶏風サラダ」Today’s SALAD #126

記事を読む

【4】豚肉とトマトの粒マスタード焼き

Point

豚肉に含まれる糖質やアルコールの代謝に欠かせない“ビタミンB1”は、不足するとエネルギー不足を起こし、疲れやすくなるのが特徴。トマトの抗酸化力も加わり、疲れも老化もブロック!

◆材料(1人分)◆
トマト…1個
オリーブオイル…小さじ1
豚肉(しゃぶしゃぶ用の薄切り)…100g

【A】
みりん…大さじ1
粒マスタード・しょうゆ…各小さじ1
にんにく(みじん切り)…1/2片分

◆作り方◆

  1. トマトは横1cm幅にスライスする。
  2. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、1と豚肉を並べ入れる。
  3. 2の裏表を焼き、合わせた【A】を回しかけ汁気がなくなるまで焼く。

初出:豚肉とトマトを使ったコクうまさっぱりレシピ!ビタミンB1でエネルギー不足を解消

記事を読む

【5】牛肉のサンド焼き

Point

ダイエットにぴったりの「コルスタ」で作る牛肉おつまみ。

◆材料(2人分)◆
牛薄切り肉…4枚
ミニトマト…4個
青じそ…4枚
クリームチーズ(「kiri」などの四角い6Pタイプなど)…2個
塩・こしょう…各少量
オリーブオイル…小さじ1

◆作り方◆
【STEP.1】
ミニトマト、クリームチーズはそれぞれ半分に切る。牛肉を広げ、塩・こしょうを振り、肉の片側に青じそ1枚、ミニトマト2個、クリームチーズ1個をのせて肉を半分に畳む。残りの肉も同様に。

【STEP.2】
フライパンにオリーブオイルを入れ、STEP1を入れ、中火にかける。

【STEP.3】
2~3分したら返し、蓋をして、弱めの中火で2分程焼く。

 

初出:話題の「コルスタ」って知ってる? ダイエットにぴったりのおすすめ牛肉レシピ

記事を読む

【6】シンプルソーセージ

Point

脂肪分少なめでヘルシーな鶏肉はダイエットの味方。

◆材料(2人分)◆
鶏ひき肉…250g
玉ねぎ…1/4個
クミンシード…小さじ1/2
オリーブオイル… 小さじ2
レモン…1~2切れ

【A】
みそ… 小さじ1
塩・こしょう…各少量

◆作り方◆
【STEP.1】
鶏ひき肉に【A】を加えて練り混ぜる。

【STEP.2】
玉ねぎはみじん切りにし、クミンシードと共にSTEP1に加えてよく混ぜ、8等分にする。手にオリーブオイル適量(分量外)をつけ、細長く形作る。

【STEP.3】
フライパンにオリーブオイルを入れてSTEP2を並べ入れ、中火にかける。

【STEP.4】
肉を動かさずに3分程焼いたら返し、さらに2分程焼いたら、転がしながら全体を焼く。器に盛り、レモンを添える。

 

初出:“やせおか”の次は“コルスタ”が話題! ダイエットの味方「鶏肉」を使った簡単レシピ

記事を読む

野菜中心ヘルシー♪「一品系」おつまみ【レシピ9選】

【1】ツナとキャベツの巣ごもり卵

Point

たんぱく質&ビタミンBの栄養バランス◎おかずで筋力がアップし、脂肪も燃焼! キャベツの代わりに小松菜やほうれん草を使ってもOK。

◆材料(1人分)◆
キャベツ…3〜4枚
しめじ…30g
ツナ缶(水煮)…1/2缶(35g)
卵…1個
塩、こしょう…各適量
(好みで)しょうゆ…適量

◆作り方◆

  1. キャベツはせん切りにし、しめじはほぐす。
  2. 耐熱容器にSTEP1、ツナ缶を汁けを軽くきって入れて混ぜ、真ん中を少しくぼませて卵を落とす。破裂防止のために黄身をつまようじで数か所刺す。塩、こしょうをふり、ふんわりとラップをかける。
  3. 電子レンジ(600W)で3分ほど加熱し、しょうゆをふる。

●調理時間8分
●エネルギー:132kcal たんぱく質:14.5g(1人分)

 

初出:3人に1人がコロナ太りを実感。-12キロやせた保健師が教える、すぐ実践できる“瞬食”ダイエットって!?

記事を読む

【2】新じゃがとキムチのポテサラ

Point

腸内環境を整え、免疫力に加え、皮膚や粘膜の健康をサポートしてくれたり、便秘解消にも効果が。キムチがしっかりとした味なので、マヨネーズの量が少な目でも味がまとまりやすくヘルシーな仕上がり。腹持ちもよく満足感も高いサラダ、おつまみにもおすすめのサラダ。

◆材料◆
新じゃがいも…2個
キムチ…50g(好きな量で調整してOK)
マヨネーズ…大さじ1
塩・黒こしょう…少々
クリームチーズ…20g程度

◆作り方◆

【STEP.1】
新じゃがいもは皮をきれいに洗う。皮が気になる場合は、洗いながらアルミホイルでこすって、皮を少しはがす程度に。

【STEP.2】
新じゃがいもは1個を1/4~1/6くらいに切り、電子レンジまたは茹でてやわらかくする。水気をきり、ボウルに入れてフォークでつぶす(マッシュ具合はお好みで)。

【STEP.3】
キムチとマヨネーズを足して、ざっくり混ぜる。

【STEP.4】
味見をして適宜、塩・黒こしょうを足す。最後にお好みで、1cm角くらいにカットしたクリームチーズをトッピング。


↑新じゃがとキムチだけだと、よりシンプルな仕上がりに。


↑新じゃがとキムチに、生の春菊を組み合わせるのもおすすめ。春菊独特の苦みがアクセントになり、大人風味の仕上がりに。

 

初出:腸活×美肌効果をアクティブに!「新じゃがとキムチのポテサラ」Today’s SALAD #198

記事を読む

【3】おつまみポテトサラダ

Point

栄養がない!?と思われがちなじゃがいもですが…実は美肌づくりや抗酸化に役立つビタミンC、代謝を助けるビタミンB1やB2、むくみを防ぐカリウム、さらに食物繊維を含んだバランスのいい栄養野菜。

◆材料◆
じゃがいも…2~3個
玉ねぎ…1/4個
キュウリ…1/2本
塩…少々
卵…1個
オリーブオイル…小さじ1程度
白ワインビネガー…小さじ1程度
角切りパンチェッタ(ハムやベーコンでもOK)…適宜

<以下、ボウルに入れてからの味付け用>
マヨネーズ…大さじ1~2(お好みで)
クリームチーズ…30g~(Kiriの場合は2個程度)
粒マスタード…小さじ1/6程度
塩こしょう…適宜

好みのクラッカー

◆作り方◆
【STEP.1】
じゃがいもは皮をむき、幅1~1.5cmほどにカットして柔らかくなるまで茹でる。

【STEP.2】
玉ねぎは薄くスライスし、水に5分ほど浸して辛みをぬく。

【STEP.3】
STEP2の玉ねぎの水気を切り、塩少々をまぶしてしんなりさせる。キュウリも幅1~2mmの薄切りにし、同様に塩少々をまぶしてしんなりさせて。

【STEP.4】
卵は固ゆでに(ゆで卵を作るのが面倒な場合は、コンビニなどで売っているゆで卵を活用する手も)。

【STEP.5】
茹でているじゃがいもが柔らかくなったらザルにあげて水気を切り、ボウルに移して温かいうちにフォークなどを使ってザクザクつぶす。ここでオリーブオイルと白ワインビネガーを加え、下味をつけつつしっとりさせておく。

【STEP.6】
しんなりした玉ねぎとキュウリは手でギュッとして水気を絞る。STEP4のボウルにその玉ねぎ、キュウリ、さらにパンチェッタ、1cm角程度にちぎったクリームチーズ、調味料を加え、ざっくりと混ぜ合わせる。

【STEP.6】
皿に盛って、クラッカーなどを添えてできあがり。

 

初出:美味しいだけじゃない!美肌サポート効果も♪「おつまみポテトサラダ」Today’s SALAD #106

記事を読む

【4】アボカドキムチ和え

Point

キムチに含まれるカプサイシンには、新陳代謝の促進や脂肪燃焼効果があります。アボカドはやわらかめのものを使うと、キムチとなじみやすくよりおいしく!

◆材料◆
アボカド…1個
キムチ…50g程度
ごま油…小さじ1

◆作り方◆

  1. アボカドは縦に切り込みを入れて半分に割ったら、種を取り除き、実にさいの目に切り込みを入れ、スプーンですくってボウルに入れる。
  2. 1にキムチとごま油を加え、均一になるように和える。

 

初出:むくみ&カロリー調整に! 超簡単おつまみ「アボカドキムチ和え」

記事を読む

【5】梅納豆きゅうり

◆材料(2人分)◆
納豆…1パック(50g)
納豆の添付だれ…1袋
きゅうり…1本
梅肉(梅干しの果肉を刻んだもの)…小さじ2
白煎りごま…小さじ2/3

◆作り方◆

  1. きゅうりは縦に4~6等分に放射状に切って種の部分を除き、納豆の粒と同じくらいの角切りにしてボウルに入れる。
  2. 1に納豆と納豆の添付だれ、梅肉、白煎りごまを加えてよく混ぜ合わせ、小鉢に盛る。お好みでノリ(分量外/適量)をちぎって散らす。

 

初出:【美肌レシピ】女性ホルモンを整えるマグロとアボカドの漬け丼&梅納豆きゅうり

記事を読む

【6】たけのことアスパラガスのグリルサラダ 山椒マヨ風味

Point

和のおうちごはんの1品としてはもちろん、日本酒との相性が抜群なので、おつまみにもぜひ。今回はアスパラガスを組み合わせましたが、ブロッコリーやいんげんなどを組み合わせても◎。

◆材料(2人分)◆
たけのこの水煮…100g~
アスパラガス…2~3本
ごま油…大さじ1/2
しょうゆ…小さじ1
酢…大さじ1
マヨネーズ…大さじ1

きび砂糖…ひとつまみ~
山椒(パウダー)…適宜

◆作り方◆
【STEP.1】
たけのこの水煮は食べやすい大きさに切る(生のたけのこを使う場合は、米ぬかや米のとぎ汁を使ってあく抜きしながら煮込んで水煮にしてから作って。鮮度がかなり高い場合は、皮をはがずにそのまま蒸し焼きにしてから使っても)。

【STEP.2】
アスパラガスは長さ4cmほどの斜め切りに。

【STEP.3】
熱したフライパンにごま油を薄くひき、たけのことアスパラガスをグリルする。焼き目が少しつくくらいに。

【STEP.4】
ボウルにしょうゆ、酢、マヨネーズ、きび砂糖(ひとつまみ~調整)、山椒(5ふり程度~調整)を入れ、スプーンなどで混ぜてドレッシングを作る。多少ダマになっていても、具材とざっくりあえてしまうのであまり気にしなくてOK!

【STEP.5】
STEP4のボウルにたけのことアスパラガスを加え、ざっくり混ぜてドレッシングを絡ませる。

【STEP.6】
皿に盛り、適宜山椒パウダーをトッピング。

 

初出:春の味覚・たけのこで、目指せスッキリボディ!「たけのことアスパラガスのグリルサラダ 山椒マヨ風味」Today’s SALAD #203

記事を読む

【7】揚げ焼き豆腐と香味野菜のおつまみサラダ

Point

デトックス効果のある香味野菜、パクチーとみょうがをトッピングして食べ応えあるサラダに。和食、中華などの食卓のおかずにしても、日本酒のおつまみにもおすすめ! パクチーが苦手な人は水菜でアレンジしてもOK。辛みをプラスする辣油はお好みの量で。

◆材料◆
木綿豆腐…1/2丁~
片栗粉…大さじ2
パクチー…1/3~1/2わ
みょうが…2個
胡麻油…大さじ2
黒酢(酢)…大さじ1
醤油…小さじ1/4
みりん…小さじ1/4
かつお節…ひとつまみ
辣油…好みの量で

◆作り方◆

【STEP.1】
木綿豆腐を水切りする。皿に豆腐を置き、上に別の皿をのせ、10分程置いておく。

【STEP.2】
パクチーは根を切り落とし、食べやすい長さにカット。みょうがは斜め薄切りに。

【STEP.3】
STEP1の豆腐は出てきた水を切り、豆腐の厚みを半分にカット。さらに3~4口大の大きさにカット。

【STEP.4】
STEP3の豆腐の表面に片栗粉をまぶす。側面にもムラなくつくように。

【STEP.5】
フライパンに胡麻油大さじ1を熱し、STEP4の豆腐を焼いていく。側面もフライパンにあて、しっかり色がつくようにして。全体がほのかにきつね色に色付けばOK。

【STEP.6】
皿にSTEP5の豆腐とパクチー&みょうがを盛る。深さのある小皿またはボウルに、胡麻油大さじ1、黒酢、醤油、みりん、かつお節、辣油を入れて混ぜドレッシングを作ったら、皿に盛った具材に回しかけて完成!

 

初出:デトックスしながら女子力アップ♪「揚げ焼き豆腐と香味野菜のおつまみサラダ」Today’s SALAD #153

記事を読む

【8】ゴボウとひじきのあっさりサラダ

Point

食物繊維による便秘解消や血糖値を下げる効果などに加え、代謝を促し美肌をサポートするアルギニンやむくみを和らげるカリウムなども含み、さりげなくキレイを引き上げてくれる。

◆材料◆
ごぼう…1/2
生ひじき(なければ乾燥ひじきでもOK)…好みの量で
胡麻油…大さじ1
醤油…大さじ1弱
酢…大さじ1
きび砂糖…小さじ1/4弱
すり白胡麻…好みの量で

◆作り方◆
【STEP.1】
ゴボウは削ぎ切りに。

【STEP.2】
削ぎ切りにしたゴボウを水に10分ほど浸し、アクをぬく。

【STEP.3】
ゴボウを沸騰したお湯に入れ、サッと茹でる。

【STEP.4】
水気を切ったゴボウと、水で軽く洗った生ひじき、胡麻油、醤油、酢、きび砂糖、すり白胡麻をボウルに入れ、味を調える。

【STEP.5】
皿に盛ってできあがり!

 

初出:デトックス効果てきめん!「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」Today’s SALAD #78

記事を読む

【9】ひよこ豆のディップ

◆材料(2人分)◆
水煮ひよこ豆…1/4カップ
木綿豆腐…1/3丁
にんじん…2㎝幅
クルミ…10g
にんにく…1片
大葉…2枚
酢…小さじ1
みそ…大さじ1
塩…ひとつまみ
フランスパン…適量

野菜
ブロッコリー…4房
きゅうり…1/2本
赤パプリカ…1/4個
黄パプリカ…1/4個

◆作り方◆

  1. 木綿豆腐を水きりする。
  2. ブロッコリーを小房に分けてサッとゆで、ほかの野菜をスティック状に切る。
  3. フードプロセッサー(ミキサーでも可)に1、水煮ひよこ豆、にんじん、クルミ、にんにく、大葉、酢、みそ、塩を入れて、なめらかになるまで回す。
  4. 2の野菜とパンを皿に並べ、小さな器に盛った3のディップを添える。

初出:木下あおい美腸ダイエットレシピ(2)代謝を高めるビタミンB₁がたっぷり ひよこ豆のディップ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事