食・レシピ
2021.5.14

二日酔いになりにくいサプリは? チェイサーやむくみ対策も|覚えておきたいお酒の飲み方

お酒好きな賢者の皆さんに教えていただいたリアルに使える上手な飲み方などをご紹介。今日の家飲みからさっそく実践してみたい耳よりな情報を盛りだくさんにお届けします!

もっと楽しく、もっとおいしく♪『美的』酒TIPS

202106gp170-1

【TIPS 1】酔いにくい&翌朝の体がラク!「これがあると違う!」逸品

「アルコールを酢酸に!飲む人のためのサプリ」
「おなかの中でアルコールの分解をサポートしてくれる、頼りになるサプリ。配合されている酢酸菌酵素が、なんとアルコールを分解してお酢に変えてくれるんです!」(石原さん)

\ふた粒に酢酸菌1億個分の酢酸菌酵素が!/
202106gp170-2
摂取タイミングは飲食の前後でも途中でも可。好きなドリンクで気軽に飲める。
飲む人のための よいとき 2粒×5袋入り ¥951(キユーピー)

 

「二日酔いと翌日の疲労をナチュラルサプリで回避」
「飲むぞ! という日は“SAKEKING”がマスト。4種の無農薬ウコンをはじめとする天然素材が内臓の負担や胃の疲れをカバーしてくれて、翌日もスッキリ過ごせます」(門司さん)

202106gp170-3
化学成分を極力排除した自然派サプリメント。飲酒時だけでなく、日々の美容・健康にも効果を発揮。
SAKEKING 1.5g×4包入り ¥1,080(リフェット)

 

「トマトジュースで悪酔いを予防!」
\酔いにくく、かつ酔いが覚めやすい!/
202106gp170-5
「アルコールの分解を早め、悪酔いや二日酔い防止に役立つのがトマトジュース。利尿作用のあるカリウムも豊富なのでむくみ予防にも効く、頼れる存在です」(Atsushiさん)。
お酒を飲んだ翌朝に飲むのもおすすめ。

 

「ラムネが二日酔いに効く!」
「ドリンクのラムネではなく、“森永製菓”などから出ている食べるラムネを摂取! 二日酔いに効くんです」(宇垣さん)。
ラムネの主成分・ブドウ糖が、アルコール分解によって起きる低血糖対策にひと役買う!

 

【TIPS 2】何をどう飲んでる? チェイサー事情

「その人のアルコール耐性にもよりますが、飲んだアルコールと同量程度の水などをとるのが理想的」(石原さん)。

複数名の賢者から“ご指名”があった人気の銘柄が下の2本。
「なるべく日本の軟水で」(岡本さん)、「白湯を飲みます」(加治さん)という声も。

202106gp170-7
富士ミネラルウォーター ゴールドラベル 780ml びん 12本入 ¥2,570(富士ミネラルウォーター)

202106gp170-4
サンペレグリノ 250ml びん ¥270(編集部調べ/S.PELLEGRINO)

 

「糖質の吸収を抑制!緑茶をお供に」
「緑茶に含まれているカテキンには、食後の血糖値の上昇を緩やかにして糖の吸収を抑えてくれる、中性脂肪を減らすといった効果が。お酒に食事にと、つい糖質をとりすぎてしまいがちなシーンだからこそ、健康と美容のためにチェイサーに緑茶を選ぶのも賢い選択ですよ」(石原さん)

 

【TIPS 3】知っておきたい!飲んでもむくみにくいコツ

「すきっ腹はNG!食事もきちんと」
「胃に何も入れずにお酒を飲むと、アルコールが一気に吸収されてしまう! きちんと食べてから飲むようにしています」(加治さん)

 

「おつまみには枝豆をチョイス!」(Atsushiさん)
\優秀な栄養価をもつ定番おつまみ!/
202106gp170-6
「枝豆には利尿作用のあるカリウムが多く含まれているので、むくみを効果的に予防できますよ!枝豆だけでなく、飲んだ翌朝はフルーツからもカリウムを摂取します」(Atsushiさん)。
枝豆は肝臓の解毒作用を高める成分も豊富。

 

「塩分控えめ&カリウムを摂取!飲む順番を意識するのも効果的」
「塩分には水を引き寄せる作用が。塩分の高いおつまみでお酒を飲むと、よりむくんでしまいます。野菜や果物でカリウムをとり、体内の利尿作用を高めて。ビールやチューハイなど、飲みやすいお酒を多量に飲んでしまうのも避けたいところ。途中でアルコール度数の高いお酒に替え、飲むお酒の全体量そのものを減らすのもいいですね」(石原さん)

\例えばこんな順番で飲む!/
202106gp170-8

 

教えてくれたのは…
イシハラクリニック副院長 石原新菜さん
わかりやすい解説で読者からも信頼が厚い。毎晩、ビール3本、芋焼酎のロック3杯をたしなむお酒好き。

美容エディター 門司紀子さん
6月の料理レシピ本発売に向けて奮闘中。
「お酒は料理をさらにおいしく、場をさらに楽しくする名脇役!」

ライフスタイルプロデューサー Atsushiさん
キレイになるスープ&サラダレシピが評判。「毎晩白ワイン1本」から節酒して、2か月で体脂肪が2.5kg減!

フリーアナウンサー 宇垣美里さん
プロも驚く美肌のもち主。「つらくなったら飲まない」がモットー。飲んでむくんだら、電気バリブラシでケア。

美容家 岡本静香さん
毎晩のワイン1杯が「ふわっと力を抜かせてくれる」。外食時は、リモンチェッロなどで締めるのが定番。

モデル 加治ひとみさん
腸活の伝道師。体脂肪16%、ウエスト57cmの美ボディは憧れの的。翌日撮影がない日の家飲みは“ご褒美”。

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/sono(bean) スタイリスト/洲脇佑美 構成/旧井菜月、松田亜子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事