食・レシピ
2021.3.21

チーズの効果は美肌・美髪に導き、快眠もサポート!【おすすめレシピ6選】

\"\"

チーズの種類別による栄養・効能をご紹介!ダイエット、美肌、健康促進にもってこいのチーズ。チーズと一緒にとればとりおいしく健康的になれるレシピをお届けします。デザートにもおすすめの簡単レシピも必見です♪

毎日取りたいチーズの「栄養」と「効果」

【1】ビタミンとタンパク質やマグネシウムなどを同時に摂取できる

Check
  • チーズで、ビタミン・たんぱく質も同時に摂取。

 

初出:【睡眠クイズ】ひつじを数えると眠れる? ふわもこ靴下で寝るのが良い?|“睡眠伝説”ウソ、ホント

記事を読む

Check
  • チーズのマグネシウムがクレソンのカルシウムの吸収をUP!

 

初出:「栄養素の高い果物と野菜」1位にもなった最強野菜『クレソン』旬をまるごと! |家呑みごはん #13

記事を読む

【2】自ら作れない「亜鉛」の効果で皮膚を乾燥から守り健康に

乾燥してキメが乱れ、目立ってしまう開き毛穴には、水分を保持して肌の内側から乾燥を防ぐ働きのあるミネラルの硫黄と亜鉛を。硫黄は皮膚細胞を結びつけ、潤いのあるなめらか素肌に。亜鉛は皮膚や粘膜を健康に保つ働きが。いずれも体内では作れないので食事で補う必要があり。

 

初出:毛穴に効く食材とは?黒ずみ、乾燥、たるみなどお悩み別おすすめ食材のご紹介!

記事を読む

【3】糖質を分解し悪玉菌を抑えてくれる

乳酸菌
糖質を分解して乳酸を生成。悪玉菌の繁殖を防ぐ。チーズ、ヨーグルト、みそ、しょうゆ、キムチなどに多く存在。

 

初出:間食が止められなくても大丈夫! “一生太らない”食事のコツ五箇条

記事を読む

【4】腸内をキレイにしてくれる善玉菌のエサとして活躍

松生クリニック 院長

松生恒夫先生

まついけつねお/医学博士。大腸内視鏡検査で4万件以上の実績をもつ・「便秘外来」では、地中海式食生活、漢方療法、音楽療法などを取り入れた診療で効果を上げている。著書も多数。

「ヨーグルトやチーズといった動物性乳酸菌でも、腸に届いたときには善玉菌のエサとして働くため、1日1食はとりたいもの。」(松生先生)

 

初出:便秘やむくみ、冷えも解消! 腸活のためにとりたい栄養&食品まとめ

記事を読む

【5】美髪&美肌のもと

Check
  • 肉、魚、チーズのたんぱく質は美肌&美髪のもと!

 

初出:たんぱく質は美肌&美髪のもと! ミート&フィッシュの発酵オープンサンド5つ

記事を読む

Check
  • パルメザンチーズは黒ツヤ髪へ導く食材の一つ

 

初出:白髪や薄毛の改善はサバやレバー、ブロッコリースプラウトで◎ 簡単レシピ3つをご紹介

記事を読む

【6】トリプトファンが快眠をサポート

Check
  • チーズのトリプトファンが自律神経を整える

 

初出:夏バテに効く簡単レシピ|Twitterで話題の料理研究家・リュウジさん考案レシピ3つ

記事を読む

よく食べる人は注意!一度の食べ過ぎNG

善玉菌のエサにはなるけれど食べ過ぎはNG

『青山ヒフ科クリニック』院長
皮膚科専門医
医学博士

亀山孝一郎先生

北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

チーズ・・・△ 「タンパク質ですが、これも栄養の塊なので、食べ過ぎはNG」(亀山先生)

 

初出:ニキビに効く食べ物・飲み物は?コンビニで買える“美肌ご飯”から簡単レシピまで

記事を読む

チーズを使用した相乗効果をもたらすおすすめの【レシピ6選】

【1】桃モッツァレラサラダ

Check
  • 鉄分やマグネシウムも含んでいるので、貧血や冷え性の改善などにもひと役買ってくれます。体を温める効果もあり、疲労を回復させてくれるので、夏バテ気味の今の時季の体にもってこいのビューティ食材。

◆材料◆
桃…1個
バジル…5~10枚
モッツアレラチーズ…1/2~1個
レモン…1/4~1/2個
オリーブオイル…大さじ1~2
塩胡椒…適宜

◆作り方◆
【STEP.1】
桃は皮をむいて、ひと口サイズのざく切りに。バジルは洗って水気をきっておく。

【STEP.2】
モッツアレラチーズは手で食べやすい大きさにちぎる。ナイフでカットしてもOKですが、手でちぎることで、オリーブオイルなどがなじみやすくなります。

【STEP.3】
レモンは1/4または1/2にカット。(レモン好きの人は多めで)

【STEP.4】
お皿に桃、チーズ、バジルをバランスよく盛り付ける。

【STEP.5】
オリーブオイルを回しかけ、塩胡椒をふる。食べる前にレモンを絞って。

 

初出:美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #5「桃モッツァレラサラダ」

記事を読む

【2】柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

Check
  • 忘年会などでお酒を飲む機会が増えるこの時期、二日酔い回復にもひと役買ってくれます。

◆材料◆
柿…1/2個
クレソン…1わ
モッツァレラチーズ…1/2個(またはチェリーモッツァレラ 5~6個)
オリーブオイル…大さじ1
白ワインビネガー…大さじ1
塩こしょう…適宜

◆作り方◆
【STEP.1】
柿は半分にカットし、皮をむきへたを取り除き、食べやすい大きさにカット。

【STEP.2】
クレソンは葉~茎を3㎝幅くらいにカット。

【STEP.3】
ボウルに柿とクレソンを入れ、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩こしょうで味を調える。

【STEP.4】
皿に盛りながら、モッツァレラチーズをトッピング。

 

初出:冬の美肌&体調管理に柿!「柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ」Today’s SALAD #65

記事を読む

【3】ブロッコリースプラウトとブロッコリーのサラダ

Check
  • 白髪・パサつき撃退レシピ

◆材料(2人分)◆
ブロッコリースプラウト…1パック
ブロッコリー…1/3株

A
オリーブオイル…大さじ1
白ワインビネガー…大さじ1
はちみつ…小さじ1
粒マスタード…小さじ1
塩・こしょう…各少量

パルミジャーノチーズ…適量
アーモンド…5粒
半熟卵…1個

◆作り方◆

  1. ブロッコリーは小房に分けて、かためにゆでる
  2. ボウルに、1とブロッコリースプラウトを入れて、Aで和える
  3. 器に盛り、パルミジャーノチーズを削り、砕いたアーモンドを散らして半熟卵を添える

 

初出:白髪や薄毛の改善はサバやレバー、ブロッコリースプラウトで◎ 簡単レシピ3つをご紹介

記事を読む

【4】安納芋のドットサラダ

Check
  • 芋のビタミンCとチーズのたんぱく質でコラーゲン生成を促進!

◆材料(2人分)◆
安納芋(またはさつま芋)…1 本
チーズ(ミニカマンベールなど好みのもの)…40g
スダチ…2 個
好みのスプラウト…適量
スダチドレッシング…大さじ2

◆作り方◆

  1. 安納芋はアルミ箔で包み、トースターで中心に火が通るまで焼く(またはラップに包んで電子レンジで加熱する)。粗熱を取ったら皮ごと7 mm 幅に切る
  2. 器に1とチーズ、輪切りにしたスダチをのせる。スプラウトを添え、ドレッシングをかける

スダチドレッシング

◆材料(出来上がり約60㎖)◆
スダチの皮のすり下ろし…2個分
スダチ果汁…大さじ2
昆布茶…粉末を小さじ1
塩…小さじ1/2
オリーブオイル…大さじ2

◆作り方◆
材料をよく混ぜ合わせる。

 

初出:安納芋&チーズ&スダチの水玉風がかわいい♡ ワントーンサラダレシピ

記事を読む

【5】ゴールドキウイとモッツァレラのサラダ

Check
  • グリーンの倍含まれるゴールドキウイのビタミンCがチーズのたんぱく質吸収をサポート。ワインとも相性良し。

◆材料◆
ゴールドキウイ…1/2個
モッツァレラチーズ…1/2個
ミント…5~6枚
オリーブオイル…小さじ1
塩…小さじ1/6

◆作り方◆

  1. ゴールドキウイ(1/2個)は皮をむいてくし切りに、モッツァレラチーズ(1/2個)は繊維に沿って裂く
  2. 器に盛ってミント(5~6枚)を散らし、オリーブオイル(小さじ1)、塩(小さじ1/6)を振る

 

初出:おもてなしに最適♪ もう1品欲しいときのフルーツレシピ

記事を読む

【6】カボチャとバナナのチーズメルト

Check
  • カボチャ(ビタミンA・C・E)+ カマンベールチーズ(ビタミンB2)+ バナナ(ビタミンB6)

◆材料◆
カボチャ(冷凍でもOK)… 1/10~1/8個(約200g)
バナナ… 1本
カマンベールチーズ… 大きめを1/4個(小さめのタイプなら1/ 2個)
好みのオイル… 小さじ2
塩… 少量

A
マヨネーズ…大さじ2
プレーンヨーグルト…大さじ2
塩、こしょう…各少量

ナツメグ、カレー粉…好みで

◆作り方◆

  1. カボチャはくし形に4等分に切る。バナナは1cm厚さの輪切りにし、カマンベールチーズは冷蔵庫から出して冷たいうちに4等分に切る
  2. カボチャにオイルをまぶし、器または耐熱容器に並べ、軽く塩を振る。ラップをし、電子レンジ(600W)で3分程加熱する(冷凍カボチャを使う場合は表示どおりに)
  3. 2が熱いうちにチーズをのせ、余熱でとろりとさせる
  4. バナナを盛り、Aをよく混ぜ合わせて回しかけ、好みでナツメグやカレー粉を散らす

 

初出:毛穴&皮脂分泌に効く!かぼちゃ、ピーマン、バナナを使った「毛穴レス」レシピ3つ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事