ヘアアレンジ・髪型
2020.9.16

「髪が多いと、アレンジが難しい…」って人にみてほしい【簡単テク30連発】

\"\"

髪が多めだと下ろすと重く見えてしまい困りますよね。ちょっとしたコツですっきりコンパクト見えするアレンジ方法や、ボリュームをあえて活かしたヘアスタイルをご紹介します。

ボリュームダウンが叶う「くるりんぱ」アレンジ【5選】

【1】くるりんぱで作る簡単ハーフアップ

Lamana ディレクター

布瀬久美子さん


髪質:多い・太い・かたい
髪型:ミディアム・ストレート
ヘアカラー:あり
パーマ:なし
髪コンプレックス:毛量が多くクセがある上に、乾燥しているので髪が広がりやすい。しかも、伸ばし途中ではねやすい長さなので、なかなか髪がまとまらない。

Point

「毛束を通すときにゆるめたゴムを、キュッと締めてタイトに仕上げるとキレイに仕上がりますよ。まとまりにくいときは、全体にヘアミルクかオイルをなじませておくのがおすすめです」(布瀬さん・以下「」内同)

\How to/

STEP1:耳上の髪をまとめ、トップを引き出す

耳上の髪を後ろでひとつにまとめてから、まとめた髪の根元を片手で握り、もう片方の手でトップの髪を部分的に引き出します。

「サイドはタイトに抑えるのも、オシャレに見せるポイントです」

STEP2:まとめた髪をシリコンゴムで結ぶ

くるりんぱアレンジのときは、目立ちにくいシリコンゴムで結ぶのがキレイに仕上げる秘訣です。

「ゴムが切れやすい場合は、2本重ねて強度をアップさせておくと◎!」

STEP3: 結んだゴムの内側に指を入れて毛束を二分してからくるりんぱ

髪を結んだゴムの内側に下から親指と人さし指を入れて毛束を二分し、結んだ毛束を上から通してくるりんぱに。結んだゴムを少しゆるめておくと通しやすくなります。

STEP4:毛束を左右に引っ張る

くるりんぱにした毛先部分をざっくり二分して、左右に引っ張り、ゆるめたゴムを締めてねじり目をタイトに整えます。

STEP5:後頭部の髪を引き出し立体感を

結んだ毛束を片手でしっかりとおさえ、もう片方の手でバランスを見ながら髪を部分的に少しずつ引き出します。これにより後頭部に程よく丸みを出します。

STEP6:バックの毛先を外ハネに

おろしている髪の毛先はストレートアイロンで外ハネに。

「毛先10センチの部分をアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせながら、手首を外に返しアイロンを抜くのがコツです」

【FRONT】

【SIDE】

【BACK】

 

初出:くるりんぱ×ハーフアップで“360度美人”に!結婚式にもおすすめ簡単ヘアアレンジ【髪コンプレックス解消vol.23】

記事を読む

【2】くるりんぱと三つ編みの上級者見えまとめ髪

美的.com編集

徳永幸子


髪質:多い、太い、クセ毛、猫っ毛
髪型:ロング
ヘアカラー:あり
パーマ:あり
髪コンプレックス:パサつきやすい、右側の内側の毛がからみやすい、湿気でうねる、とにかく量が多い

Point

「私の髪は太くて毛量が多いので、普通に後ろで三つ編みを1本やるだけだとボテッと太くなってバランスが悪いんですよね…。そこで編み出したのが、くるりんぱと三つ編みを組み合わせるだけで、手間をかけずにできる“編み込み風”のこのアレンジ」(徳永幸子)

・先にくるりんぱをふたつ作ることで、後頭部にふんわりボリュームができるので、“ゆるっと無造作な感じ”が演出。
・そして、くるりんぱで短くなった髪と残りの髪を合わせて三つ編みにすることで、毛先にしたがって自然に先細りになってバランスのいい三つ編みができるところも◎。

\How to/

STEP1:上半分の髪を耳上の高さにゴムでまとめて、ハーフアップにします。

STEP2:ゴムの上に穴を作り、毛先を上から通して“くるりんぱ”。結び目まわりの毛束を少し指で引き出して、ゴムを隠しつつ形を整えます。

STEP3:くるりんぱした毛束と、残っている髪の上半分をまとめて、耳下くらいの位置でゴムで結びます。

STEP4:再びくるりんぱをして、ひとつめと同様に結び目周りの髪を引き出して整えます。

STEP5:サイドから見るとこんな感じ。後頭部のトップもふんわりとなるように、バランスよく引き出して。

STEP6:くるりんぱの毛先と残りの髪を合わせて三つ編みにして、完成! 三つ編みの根元に近い部分だけ、バランスを見ながら指で少し毛を引き出すと、全体の形がキレイに仕上がります。


初出:ぶきっちょでも簡単!くるりんぱ+三つ編みのこなれ編み込み風アレンジ【髪コンプレックス解消vol.15】

記事を読む

【3】くるりんぱ2つで作るまとめ髪

美的.com編集

徳永幸子


Point

「おしゃれにまとめたくても、高い位置のおだんごやポニーテールは毛量が多いのでなかなか難しくて…。かといって、低い位置でのひとつ結びの“くるりんぱ”スタイルにもちょっと飽きてきたし…。そんなときに思いついたのがこのアレンジです」(美的.com編集 徳永幸子/以下「」内同)

\How to/

STEP1:上半分の髪をすくって、右寄りの位置でゴムでまとめます。ゴムを少し下げてゆるめにしておくのがポイント。

STEP2:ゴムの上に穴を作り、毛先を上から通して“くるりんぱ”をします(上の状態)。結び目まわりの毛束を少し指で引き出して、ゴムを隠しつつ形を整えます。

STEP3:くるりんぱした毛束と、残っている髪の上半分くらいの髪をまとめて、今度は左側でゆるく結びます。

STEP4:同じように“くるりんぱ”をして、周囲の髪を引出し、全体の形を整えれば完成!

サイドから見るとこんな感じ。トップと耳上の毛も引き出すと、ふんわりとこなれた雰囲気に仕上がります。


初出:ずぼらさんでも簡単!くるりんぱ2つで作る大人女子のこなれまとめ髪【髪コンプレックス解消vol.14】

記事を読む

【4】サイドに寄せくるりんぱでボリュームダウン

GARDEN Tokyo  副店長

津田 恵さん

服の雰囲気や顔だちに合わせながら、こなれ感を表現するプロフェッショナル。そのセンスとバランス感覚を生かした、モードすぎない、おしゃれカジュアルなスタイリングが人気。

\How to/

STEP1:サイドに寄せて緩めに結ぶ
前髪を薄く残したら、全体をやや右寄りに結ぶ。くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。

STEP2:毛束を穴に通してくるりんぱ
ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱ。毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げる。

STEP3:ゴム・顔周りの毛束を引き出す
ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出してくずす。顔周りも引き出し透け感をプラス。

【SIDE】

【BACK】


初出:ほんの少しサイドに寄せるだけでワンランクアップ♪ 「あか抜けサイドくるりんぱ」

記事を読む

【5】全髪くるりんぱ「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:耳を隠しながら後ろでまとめる。下位置でひとつに結ぶ。

STEP2:結び目の上に穴を開け、毛束を上から入れる。

STEP3:結び目をキュッとする。

STEP4:襟足のねじり部分を広げてほぐす。

STEP5:くるりんぱした上にコームを挿し込む。

完成!


初出:定番のくるりんぱをコームでアレンジ♪

記事を読む

多毛をきゅっとまとめる「お団子」アレンジ【7選】

【1】前髪をねじるのがポイントのお団子スタイル「動画付き」

ヘア&メークアップアーティスト

yumiさん

女優やタレントのヘア&メークを多く手掛ける。メークレッスンも開催中。Three PEACE所属。


\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:コームを使い、分け目をセンターでジグザグにとる。

STEP2:前髪をブロッキングし、手のひらにワックスをなじませ、前髪を残して全体をまとめる。

STEP3:ゴムで結ぶ途中で毛束を折り返し、お団子に。毛先はゴムの内側へ入れ込む。

STEP4:前髪にソフトワックスをなじませて、毛束を細目にとり、残りの前髪を少しずつすくっては併せてねじっていく。耳のあたりで毛先をアメピンで留める。

STEP5:最後にマジェステをつけて完成!


初出:トレンドリーダーが教えます!最旬「梅雨ヘアアレンジ」

記事を読む

【2】カジュアルなアップお団子「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ベース巻きをする。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。巻いた部分の毛束を外し、毛先を巻き直す。

STEP2:その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返して巻く。全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

STEP3:ソフトワックスをよく手に広げて、下から手を入れてなじませる。カールをほぐしながら、全体にワックスをいき渡らせてベース巻きは出来上がり。

STEP4:やや上を向きながら、手ぐしでタイトに整えながら髪を高い位置に集め、高い位置でゴムで結ぶ。キュッとしごく。

STEP5:落ちてる前髪はオールバックに整えピンで固定。

STEP6:毛束をねじりながら、くるっと丸めてお団子にしピンで固定。お団子の髪をところどころつまみ出す。

STEP7:右サイドの下から上へコームを押し込んで出来上がり。



初出:さりげなく女性らしさをアップ? キラキラコームを使ったすっきりアレンジ【Long編】

記事を読む

【3】三つ編みでお団子にすれば扱いやすく簡単に「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:お団子をつくりたい位置でポニーテールにしてから3つ編みスタート。

STEP2:ざっくりだけど、きつめに結ぶのがコツ。

STEP3:三つ編みにした毛束の先をゴムで結んだら、毛先をつかんだまま、三つ編みをつまみ出してほぐし、ラフさを出す。

STEP4:ポニーテールの結び目を中心に毛束をくるっと一回転させ、毛先をピンで留める。

STEP5:バレッタでピンを隠して完成。



初出:ざっくり三つ編みで作る簡単ラフおだんご

記事を読む

【4】ターバンを使ったお団子アレンジ

ビーチバレー選手

宮川紗麻亜さん

小学生の時からバレーボールを始め、高校1年生の時には“春高バレー”のヒロインと呼ばれるほどの注目選手に。2011年にビーチバレーボールに転身し、華麗なプレーで往年のファンを魅了し続けている。業界内では美容好きとしても知られており、特に紫外線ケアと韓国コスメに詳しい。

髪質:毛量はやや多く、太くてしっかりとしている。
髪の長さ:バスト上のロング。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ベージュ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多く、まとめた髪が重みで崩れやすい。

\How to/

STEP1:襟足上の高さでラフなおだんごに

「サイドと後ろの髪をひとつにまとめて、襟足上の位置にヘアゴムで結びます。ポニーテールをする要領で結んでいき、最後の毛束をヘアゴムに通し切らずにおだんごに」(宮川さん/以下「」内同)

STEP2:毛先をヘアゴムに入れて固定

「【STEP1】で飛び出した毛先を、ひとつに結んだヘアゴムの中に入れます。このひと手間で、ラフなおだんごでもホールド力が高まって崩れにくくなります」

STEP3:前髪の分け目にターバンをオン

「前髪とまとめた髪の境目をカバーするようにターバンをつけます。もみあげ上の髪を引き出してラフな印象を後押しします。これがタウンユース使用!」

低めの位置でまとめた髪が大人の余裕を感じる雰囲気に。夏らしいターバン使いで、こなれたまとめ髪が完成!

後ろから見えると…
ゆるっとして見えるおだんごでも、毛先をヘアゴムに入れることで安定感がUP。髪の乱れを気にせずアクティブに動きたいときに、ぜひともマネしたい!


初出:ビーチバレー試合中で崩れにくいへアアレンジを伝授!|手軽にタウンユース使用になるターバン使いのまとめ髪スタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 126】

記事を読む

【5】リボンを使えばシンプルなお団子もおしゃれに変身

ヘア&メイク

サカノマリエさん

色っぽさを引き出すヘア&メイクが得意で、女優からの指名が多い。元美容師ゆえ、髪悩みをカバーしたヘアアレンジはお手の物。ていねいかつ仕事の早さは撮影現場でも一目置かれている。

髪質:量が多く、ドライ
髪の長さ:バスト上のロング。前髪は鼻にかかる長さ。
ヘアカラー:明るめのブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 毛量が多く、ハリがあってヘアピンが留まりにくい。

\How to/

STEP1:手ぐしで髪をまとめてヘアゴムで結ぶ

「お団子ヘアの時は、髪をまとめる位置を高くしてイメージチェンジを狙います。アゴと耳の延長戦の高さになるように、手ぐしで髪をまとめてヘアゴムで結びます」(サカノさん/以下「」内同)

STEP2:襟足の髪をつまみ出してたるませる

「【STEP1】で結んだヘアゴムを持ちながら、襟足の髪を少しずつつまみ出してたるませます。これでラフな雰囲気に」

STEP3:毛束の先をヘアゴムでまとめる

「【STEP1】でまとめた毛束の先を、ヘアゴムでまとめます。このひと手間で、ヘアピンを何本も使う必要がなくなり、ラフなお団子が作れます」

STEP4:毛先をお団子にしてヘアゴムの上にUピンをさす

「毛先をまとめたヘアゴムを持ち、【STEP1】で結んだヘアゴムに巻きつけてお団子にします」

「巻きつけ終えたら、毛先のヘアゴムの上にUピンをさして固定します。ヘアゴムが滑り止め効果を発揮し、Uピン1本でしっかり留まります」

「Uピンをさした部分を手で抑えながら、お団子にした毛束を少しずつつまみ出して、ルーズ感を出します」

STEP5:リボンを結んで襟足に立体感をプラス

「お団子にまとめたところにリボンをかけて、襟足の横でリボン結びに。お団子の真下ではなく、少し横に位置をずらして、前からも見えるようにします」

完成!
前からも見えるリボンで立体感のあるラフなお団子ヘアに。ヘアゴムの上にUピンをさしているから、くずれにくい。

後ろから見ると…
大人っぽく仕上げるために、リボンは黒をチョイス。自然と立体感を出せます。


初出:多毛でもヘアゴム2本+Uピン1本でOK!|くずれにくい簡単お団子ヘアアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.82】

記事を読む

【6】重さを感じにくい下向きお団子

美容ライター

越後有希子さん

スキンケアメーカーのPRを経て、美容ライターに。本誌では主にスキンケアやヘアケア、ネイルのページを担当。ネイリストの資格を持つ。10年以上ボブスタイルだった髪を昨年から伸ばし中。ヘアドネーションをするために、31cm以上伸ばすのが目標。

髪質:太くて量が多い。年齢によるうねりもあり。
髪の長さ:バスト上のロング
ヘアカラー:ダークブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多すぎて、結んだ時の重さに耐えられない。

\How to/

STEP1:サイドの髪を少し耳にかけたまま耳の後ろでひとまとめに

「耳に髪を少しかけると、こなれた感が出ます。超簡単なアレンジ方法ですが、手抜きに見えないひと工夫です。ここでは髪をまとめるだけで、まだ結んだりしません」(越後さん/以下「」内同)

STEP2:毛先が下向きになるように毛束で輪を作る

「【STEP1】でまとめた毛束を、毛先が下向きになるように輪を作ります。片手で毛束を持ったまま、もう片方の手で毛先近くを持ち上げるように輪にしたら、毛束の下に入れ込みます。多少髪がくずれてもいい感じのゆるさが出るので、勢いよく毛先を持ち上げるのがポイント」

STEP3:毛束の輪をヘアゴムで結ぶ

「【STEP2】で輪にした毛束をヘアゴムで結んで固定します」

STEP4:結び目を抑えながら後頭部の髪をつまみ出す

「後ろから見たときのバランスを考えて、後頭部の髪だけ少しつまみ出します。ヘアゴムの結び目を抑えながら、少しずつつまみ出して」

STEP5:ヘアカフスでヘアゴムを隠す

「ヘアカフスをヘアゴムの上に引っ掛けて、ヘアゴムを隠します。最近よく見かけるヘアカフスは、フックがついていて引っ掛けるだけでおしゃれに見える便利アイテム」

完成!
耳にかかった髪と低めの位置でまとめたお団子が、落ち着いた大人らしい雰囲気に。耳の後ろはちょうど襟足の凹み部分なので、毛束の重みを支えやすくて疲れ知らずです。超簡単なのに凝っているように見える、便利なヘアスタイル。

後ろから見ると…

 

初出:多毛による重みで頭や首が疲れる…を解消! 毛先を下向きにして結ぶだけの超簡単お団子ヘア【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.79】

記事を読む

【7】多毛感を感じさせないお団子ハーフアップ

ヘア&メイク

サカノマリエさん

色っぽさを引き出すヘア&メイクが得意で、女優からの指名が多い。元美容師ゆえ、髪悩みをカバーしたヘアアレンジはお手の物。ていねいかつ仕事の早さは撮影現場でも一目置かれている。

髪質:量が多く、ドライ。
髪の長さ:バスト上のロング
ヘアカラー:明るめのブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多いため、髪に段差を入れていてパサついて見えやすい。

\How to/

STEP1:耳上から襟足の上にかけて髪をジグザグに取る

「耳上から襟足の上に向かって、親指で髪をジグザグとかき分けるように取って行きます。“ジグザグ取り”することで、表面に分け目を出さずにハーフアップする髪を多めに取ることができます」(サカノさん/以下「」内同)

「取る量は、襟足の髪が少なめになるくらい。分け目がギザギザでも見えなくなるから問題ナシ」

STEP2:毛先が下向きになるように毛束で輪を作る

「【STEP1】で取った毛束を、毛先が下向きになるように輪にします。片手で毛束を持ったまま、もう片方の手で毛先近くを持ち上げるように輪にしたら、毛束の下に入れ込みます」

STEP3:結ぶ前にサイドの髪を出してルーズ感を出す

「【STEP2】で輪にした毛束を持ったまま、サイドの髪を少しかき出してルーズに。サイドに髪がたれている方が、こなれた感が出ます。その後、輪にした毛束をヘアゴムで結んで固定します」

STEP4:結び目に髪を少量巻きつけてヘアゴムを隠す

「【STEP3】結んだヘアゴムの周りに、髪を少量巻きつけてヘアゴムを隠します。毛先は内側のヘアゴムに入れ込めば固定できます」

STEP5:ヘアアクセサリーをつけてこなれた感をプラス

「結び目の横にヘアアクセサリーをつけます。結び目の上ではなく、あえてずらしてつけることで、こなれた印象に」

STEP6:下ろしている毛先にワックスで動きを

「エアリー感はキープしたいけれど髪がパサついているとおしゃれに見えないので、毛先のみワックスをつけます。使用感の軽いワックスなら、動きも出しやすいですよ」

軽やかでおしゃれなハーフアップの完成! サイドに下ろした髪が女性らしい柔らかい雰囲気に。

後ろから見ると…
毛束をお団子にしているから、多毛感を感じさせないハーフアップに。


初出:エアリー感のあるハーフアップで多毛感をカバー|秋のおしゃれがこなれるラフなハーフアップアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.80】

記事を読む

広がる髪を簡単に抑えてくれる「ツイスト」アレンジ【4選】

【1】ヘアクリップを使った上品アレンジ「動画付き」

Point

・うねりが最も目立ちやすいのは、前髪や顔周りの毛束。そこをアレンジで黙らせつつハチの広がりを抑えれば、ほかはラフな動きとして見えるように。
・編まないから、初心者でも簡単にできる。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

STEP1:片側のこめかみの毛束を二つに分け、二本を絡み合わせる。

STEP2:反対側も同様に行ったら、ヘアクリップで留めてハーフアップに。

STEP3:ストレートアイロンを斜めに入れ、顔周りの毛束を1回転巻く。

STEP4:やや固めのヘアワックスを毛先側へもみ込んで完成。

【SIDE】

【BACK】


初出:【動画つき】ヘアアレンジ初心者にも◎ 上品カジュアルヘア

記事を読む

【2】編み込み&ツイストでおしゃれ見え

ヘアサロンtricca銀座店 アシスタント

高桑えむさん

銀座にあるヘアサロン『tricca』でスタイリストデビューを控えているアシスタント。ヘア悩みと向き合い、ロジカルな考え方で解消するのが得意。

髪質:硬くて太めのしっかりとした髪質。毛量は多め。
髪の長さ:鎖骨に届く長さのボブ。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ブリーチ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 多毛かつ硬くて太い髪質でハリもあり、髪が膨らみやすい。

\How to/

STEP1:毛先をコテで外ハネに

「サイドは編み込みとツイストで華やかになりますが、後ろから見たときに寂しい印象にならないように、毛先をすべて外ハネにして動きをつけておきます。26mmのコテを使って、1カールさせます」(高桑さん/以下「」内同)

STEP2:サイドの髪を1回編み込む

「前髪の上と頭頂部の間の、ハチの上の髪を取り、前後で二等分にします」

「前の毛束が上になるようにクロスさせます」

「クロスした毛束の下の髪を取り、上の毛束と合わせます」

STEP3:2つの毛束を3回ねじる

「【STEP2】で1回編み込んだ毛束を、今度はツイストしていきます。それぞれの毛束をねじりなから、3回ツイストさせます」

STEP4:耳上のところにヘアピンで留める

「耳上の位置で、ヘアピンを2本使って留めます。留める向きを少し変えると、ホールド感がUPします」

完成!
サイドの髪の膨らみが抑えられて顔周りがすっきり。簡単な編み込みとツイストのおかげで、大人っぽく華やかな印象に。

横から見ると…
編み込み&ツイストがカチューシャのように見えておしゃれ。外ハネにした毛先のおかげで、どこから見ても華やか。


初出:膨らみを抑えながら華やかに!|顔周りがすっきり見える編み込み&ツイストアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 121】

記事を読む

【3】すっきりまとめスタイルは前髪ツイストがおすすめ

ビーチバレー選手

宮川紗麻亜さん

小学生の時からバレーボールを始め、高校1年生の時には“春高バレー”のヒロインと呼ばれるほどの注目選手に。2011年にビーチバレーボールに転身し、華麗なプレーで往年のファンを魅了し続けている。業界内では美容好きとしても知られており、特に紫外線ケアと韓国コスメに詳しい。

髪質:毛量はやや多く、太くてしっかりとしている。
髪の長さ:バスト上のロング。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ベージュ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:伸ばしかけの前髪が邪魔に感じることがある。

\How to/

STEP1:前髪の分け目をキレイに取る

「前髪を7:3くらいの分量になるように分けます。おでこを全開にすると幼い印象になりやすいので、前髪の分け目をまっすぐキレイに取ってきちんと感を出します」 (宮川さん/以下「」内同)

STEP2:毛量の多い方の毛束をねじっていく

「前髪をツイストするのは【STEP1】で分けた毛量の多い方だけ。もう片方はストレートのままにした方が、すっきり感をキープできてデイリー使いしやすいスタイルになります」

STEP3:ツイストした毛束をヘアピンで留める

「【STEP2】でねじった毛束を、耳の後ろの位置でヘアピンをさして留めます。毛束と垂直になるようにヘアピンをさすと、安定感があります」

STEP4:後ろの髪は耳の高さで結ぶ

「前髪を上げて軽やかな印象にしているので、テンションが揃うようにポニーテールは少し高めの位置に。ヘアゴムでまとめた後、ラメ入りのシュシュをつければ、華やかさと安定感がUPします」

完成!
おでこを全開にしても、ツイストのおかげで幼い印象にならずエレガント。ツイストはゆるめにねじるのも大人っぽく仕上げるポイントだそう。

横から見えると…
耳の高さでまとめたポニーテールで、すっきりと上げた前髪の軽やかさを後押し。華やかなシュシュのおかげで、エレガントさはキープ。


初出:伸ばしかけの前髪をねじって止めるだけ♪|アクティブに動けるのに大人っぽいツイストアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 127】

記事を読む

【4】多毛ロングでも素敵見えな簡単アレンジ

美容ライター

越後有希子さん

スキンケアメーカーのPRを経て、美容ライターに。本誌では主にスキンケアやヘアケア、ネイルのページを担当。ネイリストの資格を持つ。10年以上ボブスタイルだった髪を昨年から伸ばし中。ヘアドネーションをするために、31cm以上伸ばすのが目標。

髪質:太くて量が多い。年齢によるうねりもあり。
髪の長さ:バスト上のロング
ヘアカラー:ダークブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:髪を伸ばすようになってから、うねりやパサつきが気になるように。毛量が多く、ひとつにまとめると“しめ縄”のように見えるのが悩み。

\How to/

STEP1:手ぐしで後頭部の髪を斜めに取ってふたつに分ける

「毛量が多い人がひとつに結ぶときは、ツイストするとタイトに見えるそう。きっちりと分け目を取ってツイストするのは今っぽくないので、分け目が目立たないように取り分けます。後頭部の髪を手ぐしで斜めに取ると、分け目が出ません」(越後さん/以下「」内同)

STEP2:ふたつに取り分けた髪をそれぞれツイストに

「ふたつに取り分けた髪を、それぞれツイストします。片方をツイストしたら、ほぐれないようにヘアゴムで軽く結んでおきます」

STEP3:ふたつのツイストをさらにねじってひとつに

「ツイストした左右の毛束をさらにツイストしてひとつにまとめ、毛先をヘアゴムで結びます。ツイストを重ねているから、毛束をほぐさなくても立体感が出ます」

STEP4:結び目を隠すようにヘアピンをつけて完成

「ヘアゴムの結び目を、クリップタイプのヘアピンで隠せば完成。本当に簡単に、すっきりとした毛束のひとつ結びができあがります」

完成!
巻いたり、まとめた髪をつまみ出したりする必要なく、髪をねじって結ぶだけで立体感のあるまとめ髪に。毛量の多さも気になりません。


初出:ぶきっちょだから巻かなくても簡単に“さま”になるまとめ髪を|多毛ロングでも“しめ縄”に見えないツイストアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.77】

記事を読む

「ヘアアクセ」を使ったすっきりかつキュートなアレンジ【9選】

【1】両サイドに抑えてキュッとコンパクトに「動画付き」

Point

・生え際の毛束をねじって留めた爽やかなアレンジに、パールピンで甘さを添えて。
・花冠みたいなフォルム。ラフに散らした毛先を合わせ、抜け感を!

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:アイロンでリバース巻き&フォアード巻きを繰り返す。
・フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。
・リバース巻きした後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。
・さらに後ろはフォワードと交互に繰り返して巻く。



STEP2:全体を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

STEP3:毛先をところどころ外ハネに巻く。

STEP4:ソフトワックスを手に広げ、下から手を入れてなじませる。



STEP5:左右の毛束をねじってとめる。
・分け目の横の毛束をとり、後ろ向きにねじる。
・地の髪を少し入れ込んでさらにねじる。
・後ろ側をピンで固定する。
・反対サイドも同様に髪をねじる。



STEP6:立体感を出して整える。
・髪をところどころ、つまみ出す。
・髪周りの髪を残して、耳にかける。


STEP7:パールピンをランダムに飾る。

完成!


初出:髪が短くてもアクセがあれば楽しめる!前髪こなれアレンジ

記事を読む

【2】ヘアバンド×ハーフアップお団子でこなれまとめ「動画付き」

Point

・生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。
・顔周りの髪を残して、手ぐしでハーフアップに。
・毛先を輪っか状にしたお団子風にまとめて。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:顔周りの髪を残し、耳にかける。

STEP2:首に通したヘアバンドを生えぎわの、少し奥につける

STEP3:ジェルワックスを手に取り、髪全体になじませる

\量はこのくらい/

STEP4:ハチ上の髪を手ぐしで後ろにまとめて、おだんご状にゴムで結ぶ。


STEP5:結び目を押さえながら、表面の髪をところどころつまみ出す。

完成!


初出:アースカラーヘアバンドを使ってあかぬけヘアに? ざっくりハーフアップアレンジ

記事を読む

【3】スカーフを使ったハーフアップおだんご

ヘアサロンchobbi スタイリスト

waco(わこ)さん

表参道の隠れ家的ヘアサロン『chobbi』のスタイリスト。美容師歴10目。学生時代から文化祭や習い事の発表会で友人たちのヘアアレンジを担当。お出かけからパーティアレンジまで、お任せあれ! 

髪質:太めの直毛。量も多い。
髪の長さ:肩にかからない長さのボブ。前髪は目にかかるくらいの長さ。
ヘアカラー:髪が柔らかく見えるように明るめのベージュブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多いうえ、直毛で動きがつきにくい。

STEP1:髪全体にバームとオイルを混ぜてなじませる

「髪に動きをつけやすくするために、バームとオイルを1:1で混ぜたスタイリング剤を全体になじませます。オイルだけだとバーコードのように髪が割れてしまいやすいので、ワックスを混ぜて、ツヤと毛束感を出します」(wacoさん/以下「」内同)

STEP2:ハチ上の髪をラフに取る

「ハーフアップする髪は、ハチ上部分だけにします。これで高めのハーフアップおだんごが作りやすくなるうえ、あとでサイドの髪にニュアンスをつけられ、大人っぽく仕上げられます。手ぐしを通さず、毛束を持ち上げるようにまとめるだけにすると、サラサラの髪もラフな印象に」

STEP3:毛束をヘアゴム2本で結んでおだんごに

「【STEP2】でまとめた毛束を、ヘアゴムを2本まとめて使って結んでいきます。ヘアゴムを2本使いすることでしっかり留まり、おだんごがコンパクトになってバランスが良くなります。最後は毛束をヘアゴムに通しきらず、親指1本分が入る輪でおだんごに。毛先は下向きになるように留めます」

STEP4:おだんごから毛束を少しずつ引き出す

「【STEP3】の結び目を片手で押さえながら、もう片方の手でおだんごの毛束を少しずつ引き出してルーズに」

STEP5:結び目にスカーフを巻きつけて

「ヘアゴムの結び目部分に、スカーフを巻きつけていきます。2重に重ねたら一度ひとつ結びをして固定し、さらにもう1周巻きつけます」

STEP6:前髪、サイド、毛先をコテで巻く

「前髪につむじがあって割れやすいので、センターの髪をしっかりと巻きます」

「サイドの毛束を外側にねじってから巻き、コテを縦にしながらぬいていきます。後ろのかみの毛先は外ハネに巻いて、動きを出します。すべて巻き終えたら、サイドの髪を少し耳にかけて、すっきりと見せます」

完成!
スカーフのアクセントと動きのある毛束感が、幼さを感じさせないハーフアップおだんごに。
リラックス感のあるスタイルで、大人な余裕を感じるカジュアルを楽しめる。


初出:顔周りの髪をすっきり♪|サラサラ髪に動きをつけて華やぐハーフアップおだんごに【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 109】

記事を読む

【4】ふたつのクリップピンがアクセントのハーフアップ

ヘアサロンtricca銀座店 アシスタント

高桑えむさん

銀座にあるヘアサロン『tricca』でスタイリストデビューを控えているアシスタント。ヘア悩みと向き合い、ロジカルな考え方で解消するのが得意。

髪質:硬くて太めのしっかりとした髪質。毛量は多め。
髪の長さ:鎖骨に届く長さのボブ。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ブリーチ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 多毛かつ硬くて太い髪質でハリもあり、髪が膨らみやすい。

\How to/

STEP1:耳より1cm上から髪を取る

「耳上からサイドの髪をまとめるとフェースラインが強調されてしまうので、耳より1cm分の髪を残してハーフアップにします」(高桑さん/以下「」内同)

STEP2:ヘアゴムで結んでおだんごに

「【STEP1】で取った髪をヘアゴムで結びます。最後の毛束はヘアゴムを通し切らずに、おだんごに。毛先が下に向くようにして、後ろの髪となじませます」

STEP3:トップの髪をつまみ出してラフに

「片手で【STEP2】の結び目を押さえながら、もう片方の手でトップの髪を少しずつ引き出してラフに崩します」

STEP4:前髪の中央のみ後ろで留める

「前髪が目の下くらいの長さで邪魔になるので、中央部分の毛束のみ後ろに持っていきます」

「結び目の上で、前髪を留めるようにクリップピンを挟みます。もうひとつのクリップピンは飾りとして、結び目の横の位置に。ふたつのクリップピンの向きが揃わないようにするのが、後ろから見たときにこなれた感を出すコツです」

STEP5:顔まわりの髪を外巻き&縦巻きで動きを出す

「前髪は外巻きにすると、伸びかけでもうっとおしさが半減します」

「サイドに残した髪は縦巻きにして、顔まわりにふんわりと柔らかな動きをつけます」

完成!
ハーフアップにすることで、ハチの膨らみが気にならず軽やか。
顔まわりのゆるやかなウェーブのおかげで、余裕を感じるラフでおしゃれな仕上がりに♪

後ろから見ると…
ふたつのクリップピンがアクセントになって、後ろから見てもハーフアップが華やか。


初出:ボリュームを抑えつつ小顔効果を狙う!|顔まわりラフなこなれハーフアップテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 123】

記事を読む

【5】シースルースカーフを使った軽やかポニー

ヘアサロンtricca銀座店 アシスタント

高桑えむさん

銀座にあるヘアサロン『tricca』でスタイリストデビューを控えているアシスタント。ヘア悩みと向き合い、ロジカルな考え方で解消するのが得意。

髪質:硬くて太めのしっかりとした髪質。毛量は多め。
髪の長さ:鎖骨に届く長さのボブ。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ブリーチ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 多毛かつ硬くて太い髪質でハリもあり、髪が膨らみやすい。また、襟足が長めでアップにしたときに目立ちやすい。

\How to/

STEP1:襟足の横の髪を引き出す

「後ろの髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムで結ぶ前に襟足の横の髪を引き出します。耳の後ろに縦のラインになるように毛束を下ろすことで、髪をまとめたときに襟足の毛量が目立ちにくくなります」(高桑さん/以下「」内同)

STEP2:後ろの髪を耳下の高さで結ぶ

「後でスカーフを巻きつけるので、低めの位置で後ろの髪をヘアゴムで結びます。スカーフをリボン結びにしても、大人っぽい雰囲気になります」

STEP3:結び目から毛先に向かってスカーフを巻きつける

「スカーフをヘアゴムの周りで1周させてから、毛先に向かって巻きつけて行きます。少しきつめに巻きつけて、毛束のボリュームを抑えます」

STEP4:スカーフの先をリボン結びに

「毛先近くまでスカーフを巻きつけたら、スカーフの先をリボン結びに。動きが出て軽やかな印象がUPします」

完成!
襟足から垂らした毛束が女性らしい雰囲気に。シースルーのスカーフも動きがあって軽やか。


初出:襟足の毛量を生かした後れ毛でこなれる!|襟足長め&多毛さんの軽快なポニーテールテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 122】

記事を読む

【6】スカーフで膨らみをおさえつつ、おしゃれに仕上がるポニー

ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト

Tomokoさん

銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

髪質:太くてしっかりとした髪質で、量も多い。
髪の長さ:鎖骨下のセミロング。前髪は眉下の長さ。
ヘアカラー:ナシ
パーマ:前髪のみ、細かいパーマがかかっている。
髪コンプレックス:毛量が多く、ハチが張っている。

\How to/

STEP1:バームを撫でつけて膨らみを押さえる

「手のひらにバームを広げ、髪の膨らみを押さえ込むように撫でつけていきます。トップとサイドの表面になじませたら、前髪をくしゃっと握りながらバームをつけて、ウェーブ感を出しておきます」( Tomokoさん/以下「」内以下同)

STEP2:低めの位置でポニーテールに

「髪をひとつにまとめて、ヘアゴムでポニーテールにします。結ぶ位置は、襟足近くに低め。後でスカーフを結んだ時にフィット感がいい位置です」

STEP3:トップの髪を覆う幅のスカーフをつけていく

「正方形のスカーフをトップ全体が隠れる幅に折ってから頭にのせます。スカーフの幅を太めにすることで、ハチの膨らみがしっかり押さえられます」

「スカーフをトップからポニーテールにしたヘアゴムの下に持っていき、ヘアゴムを隠すようにひとつ結びします」

完成!
トップの髪をすべてスカーフで押さえているから、膨らみが気にならない。パーマのウェーブを生かした前髪は、スカーフで押さえたスタイルに軽さをプラス。

後ろから見ると…
スカーフはひとつ結びにすることで、ポニーテールの髪となじんで華やかな雰囲気に。


初出:ハチの膨らみをスカーフでカバー!|ポニーテールがグッと華やぐスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 113】

記事を読む

【7】太くなりがちなポニーはスカーフで解消

ヘア&メイク

サカノマリエさん

色っぽさを引き出すヘア&メイクが得意で、女優からの指名が多い。元美容師ゆえ、髪悩みをカバーしたヘアアレンジはお手の物。ていねいかつ仕事の早さは撮影現場でも一目置かれている

髪質:量が多く、ドライ
髪の長さ:バスト上のロング。前髪は鼻にかかる長さ
ヘアカラー:明るめのブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 毛量が多く、髪質もしっかりとしている

\How to/

STEP1:センター分けにしてから髪表面を撫でつけるようにブラッシング

「すっきりと見えるように、髪の分け目をセンターできっちりと分けます。そのあと、髪の表面を撫でつけるようにブラッシングして、タイトな印象にします」(サカノさん/以下「」内同)

「サイドの髪もトップと同じように撫でつけるようにブラッシングを。ブラッシングしたところを反対の手のひらで抑えると、髪の広がりが落ち着きます」

STEP2:ヘアゴムで結ぶ前にもみあげを出す

「後ろの髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムで結ぶ前にもみあげを少しだけ引き出しておきます。ひとつ結びに女らしいエッセンスが加わります」

STEP3:襟足ギリギリの低い位置で髪を結ぶ

「ヘアゴムで髪をひとまとめに。襟足ギリギリの低い位置で結ぶと、髪のボリュームが抑えられます」

STEP4:ヘアゴムの上からスカーフを巻きつけていく

「【STEP3】で結んだヘアゴムの上に、スカーフを巻き、毛束の途中まで巻きつけていきます」

「巻きつけ終えたら、スカーフを毛束の表面で固結びに」

STEP5:もみあげにヘアワックスをつける

「【STEP2】で引き出したもみあげに、極少量のヘアワックスをつけて動きをつけます」

完成!
タイトにまとまって、すっきりと大人っぽい。正面からでも見えるスカーフの先がアクセントになって、シンプルなヘアアレンジがおしゃれに。

後ろから見ると…
スカーフのおかげで毛束のボリュームが抑えられて、後ろ姿もすっきり。
黒ベースのスカーフなら、スカーフ初心者でも取り入れやすい。


初出:“タイトなひとつ結び”&“スカーフ巻き”で多毛感をカバー|大人な遊び心もあるひとつ結びアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.83】

記事を読む

【8】リボンがポイントのフェミニンスタイル

美的.com編集担当

鬼束真帆

『美的com』にて、本誌の転載や診断記事を担当。コスメの新作発表会で培った知識をフルに活用し、マイベストコスメを模索中。

髪質:太さは普通だが、毛量は多め。うねりやすいクセ毛。
髪の長さ:バスト上まであるセミロング。前髪は口くらいの長さ。
ヘアカラー:ナシ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 多毛かつドライヘアでクセもあるため、膨らみやすい。毎朝クセの出かたが違うので、スタイリングに悩まされている。

\How to/

STEP1:もみあげを多めに残してハーフアップに

「耳の上から後頭部へ斜め上に向かって髪を取ります。この時、もみあげを多めに残しておき、あとで耳にかけます。これが、カジュアルダウンするコツのひとつ」(鬼束/以下「」内同)

STEP2:結ぶ位置を高めにしてフレッシュ感を

「【STEP1】で取った毛束を、後頭部の高い位置で結びます。ヘアゴムで結んだ後に、細いリボンを巻きます。高い位置で結ぶと若々しい印象に。これもハーフアップをカジュアルダウンさせるコツです」

STEP3:トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る

「片手で【STEP2】の結び目を押さえながら、トップの髪を少しずつつまみ出していきます。つまみ出すのはハチとハチの間のみ。頭に縦のラインを作って、顔の丸みをカバーします」

STEP4:前髪と後ろの髪全体にヘアオイルをつけてまとめる

「仕上げにヘアオイルをつけてツヤと毛束感を出します。ヘアオイルをつけておくと、乾燥による髪の膨らみも防げます」

完成!
高い位置で結んだハーフアップでフレッシュな印象に。主張しすぎず今っぽさを引き出してくれる黒いリボンで、大人かわいいハーフアップの完成。


初出:上半分の髪をまとめれば手軽にうねりをカバー|扱いにくい“クセ強め”の日に頼れるカジュアルハーフアップ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 96】

記事を読む

【9】クリップ2つでできるエレガントなまとめ髪風

acca 伊勢丹 新宿店 店長

野田さつきさん

服やメイクに合わせてヘアアレンジをするのが得意で、ヘアアクセサリーブランド“acca”に就職。お店では、お客様の髪悩みに合わせてヘアアクセサリーを選び、使い方のコツやヘアアレンジを提案している。“acca”は、購入後に持参すると、ヘアアレンジをしてくれるサービスがある。

髪質:毛量は多めだが、やや細めでやわらかい
髪の長さ:鎖骨まであるセミロング。前髪は目の下くらい
ヘアカラー:明るめのブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:ドライヘアで広がりやすいが、軟毛ゆえトップが潰れやすく、巻いてもカールが取れやすい。

\How to/

STEP1:ヘアオイルをつけて乾燥ケア

「髪が乾燥して広がりやすいので、まず、ヘアオイルを髪全体になじませて潤いを与えます。オイルを手のひらと指の間にもなじませ、手ぐしで髪をとかすようにすると、まんべんなく塗布できます」(野田さん/以下「」内同)

STEP2:髪を巻きつけてから挟んでカールをしっかり出す

「カールが取れやすい髪質なので、しっかりと巻くために、髪をコテの芯に巻きつけてから挟みます。これでカールが強めについて持ちがUP」

STEP3:もみあげを残して耳から斜め上に髪を取る

「上のハーフアップから作っていきます。まずは耳から斜め上へ向かって髪を取ります。真後ろに髪を取ると、分け目が見えてしまったり、ボリュームが出すぎたりしてしまうので、斜め上に向かって取るのがポイントです」

STEP4:髪をねじってからクリップをかませる

「【STEP3】で取った髪を、反時計回りに2回ねじります。ねじりを加えるとエレガントな雰囲気になって、トップのボリュームも出しやすくなります。ねじった毛束の左側からクリップをかませると、髪が崩れることなくしっかりと留まります」

STEP5:トップとサイドの髪を引き出す

「片手で【STEP4】で留めたクリップを押さえながら、トップとサイドの髪を引き出していきます。サイドの髪は耳にかかるように下へ向かってたるませると、顔の丸みをカバーして、前から見ても縦長のラインになります」

STEP6:三等分に分けた両サイドの髪をクリップで留める

「後ろの髪を三等分にし、真ん中の毛束を残して、両サイドの髪をひとつにまとめます」

「反時計回りに2回ねじったら、もうひとつのクリップで留めます。真ん中の毛束はおろしたままなので、髪の長さをキープした縦長ラインになります」

STEP7:髪を引き出してふわっと華やかに

「片手でふたつめに留めたクリップを押さえながら、クリップの間やねじった髪を少しずつつまみ出してふわっとした柔らかさを出していきます」

完成!
耳にふんわりとかかったサイドの髪が、女性らしいエレガントな仕上がり。
トップのボリュームと合わせて、華やかさのある“まとめ髪風”が完成。

後ろから見ると…
2段に留めたクリップのおかげで、流れるような動きのある”W”ハーフアップに。
ビジュー感のあるクリップを使えば、パーティシーンもぴったり。


初出:クリップふたつで髪の広がりを押さえながら縦長ラインを作ってエレガントなまとめ髪風に|実は後ろの髪はおろしたままの”W”ハーフアップアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 91】

記事を読む

逆に「ボリュームを活かして」こなれ感が出るアレンジ【5選】

【1】太めのねじりがキュートなリラックススタイル「動画付き」

ヘア&メークアップアーティスト

yumiさん

ヘア&メークアップアーティスト。女優やタレントのヘア&メークを多く手掛ける。メークレッスンも開催中。Three PEACE所属。


\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ストレートアイロンを使い、前髪のくせをのばしながら斜めに流します。

STEP2:ハードワックスをなじませながら、全体をふたつに分けます。

STEP3:手間の毛束を外巻きにねじり、内側の毛束を内巻きにねじる。

STEP4:ねじった2束を毛先まで絡み合わせる。

STEP5:毛束をつまんで適度にほぐしてから、毛束をゴムで結ぶ。

STEP6:バレッタをつけて、結び目を隠したら完成。


初出:ヘア&メークアップアーティスト yumiさんがレクチャー!梅雨のおすすめヘアアレンジ

記事を読む

【2】ボリューム感がおしゃれなレトロアレンジ「動画付き」

Point

・ゆるんと膨らみをもたせた低い位置でのひとつ結びは、レトロムードたっぷり。
・結び目でシルエットをキュッと引き締めつつシャープなバレッタを合わせて、メリハリをつけるのがコツ。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ベース巻きをする。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返して巻く。

STEP2:全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

STEP3:ソフトワックスを手に広げ、下から手を入れてなじませる。カールをほぐしながら全体にワックスを行き渡らせる。


ベース巻き完成。

STEP4:トップの髪を持ち上げて、ブラシで内側に逆毛をつくる。

STEP5:顔周りの髪を残して、耳を隠しながら後ろでふわっとまとめるゴムで結ぶ。

STEP6:キュッとしごいて、結び目を押さえながら、髪をところどころつまみ出す。


STEP7:襟足の髪もつまみ出しゆるめる。

STEP8:毛束の一部をゴムの上に巻きつけ、ピンで固定

STEP9:結び目の上にバレッタを飾る。

STEP10:顔周りの髪をリバース(後ろ向き)に巻いて完成!



初出:フレームバレッタ×ローポニーで作る!こなれ感ヘアアレンジ~Medium編~

記事を読む

【3】かき上げアレンジですっきり見え「動画付き」

Point

・顔周りのクールなかきあげとフェミニンアクセのバランスが絶妙。
・フロントをかきあげて留めた、ほんのり辛口のダウンアレンジ。
・もちろんそれだけでも素敵だけれど、キラキラコームをあしらうことで、あでやかなニュアンスがブレンドされ上品なこなれ感がチラリ。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ベース巻きをする。フェースラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返し巻いていく。

STEP2:全部巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

STEP3:ソフトワックスはこのくらい。よく手に広げ、下から手を入れてなじませる。カールをほぐしながら、全体にワックスを行き渡らせる。これでベース巻きが完成。


STEP4:フロントの左側をかき上げてから、後ろに向けてねじり、ピンで固定。

STEP5:指にキープスプレーをつけてフロント部分を押さえる。

STEP6:フロントの表面の髪をところどころつまみ出す。

STEP7:左の顔周りの髪を残して耳にかける。かき上げた部分に下から上へコームを押し込み完成。



初出:ミディアムヘアにおすすめ! キラキラコームを使った上品&こなれ感ヘアアレンジ

記事を読む

【4】ポンパドールで2段風だから多毛でも簡単!ローポニー

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:まずは前髪をポンパドールにする。

STEP2:毛束の真ん中部分を残し、両サイドの毛を集めてアメピンを縦方向(前)へ指すように留める。


STEP3:ローポニーを作りカフをかぶせる。

STEP4:右・左・真ん中の三か所から毛束をつみだし、完成。



初出:「カフ ポニー」を使ったローポニーの作り方

記事を読む

【5】太めが甘めで可愛い編み込み「動画付き」

Point

・編み込みって難しいと思いがちだけど、全部の髪を編み込むと意外と簡単!
・ほっこりレトロ風なアレンジで、かわいらしい魅力をアピール。
・前髪はまとめすぎず、毛流れを生かして。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:髪をほぐしなからオールバックにする。

STEP2:トップに3つの毛束を作る。一度3つ編みにしてから横の毛束をとり、一緒に編み込む。

STEP3:逆側の毛束をとり、一緒に編み込む。逆側をまた編み込み、毛先は3つ編みに。やりにくくなったら前で編む。

STEP4:毛束をバランスを見ながら引き出し、毛先はバレッタで留める。


【Side】

【Back】


初出:動画付き!デートにはヘアアレンジで甘い色気をプラス♪

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事