食・レシピ
2020.1.9

わかめの栄養は?健康な髪を育みデトックス効果で美容にもおすすめ

食物繊維や美しい髪へと導く栄養成分を含むわかめ。メインにはならないものの、副菜としてスープや和え物で上手に摂取すれば美容効果も抜群!腸活にもおすすめの食材です。

【目次】
わかめの栄養成分は?
美容にいいわかめを使ったレシピ

わかめの栄養成分は?

健康的な“髪の毛を作る”栄養成分を含むわかめ

健康的でイキイキとしたツヤ髪を育むためには、抗酸化成分も重要。特に髪の毛を作る「毛母細胞」を活性化させる“アスタキサンチン”は頼れる味方。さらに、モズクやわかめに含まれる食物繊維“フコイダン”にも育毛効果や保湿効果が。

健康的な〝髪の毛を作る〟栄養成分を含むわかめ

フコイダン
ネバネバ成分が頭皮を潤し活性化。コンブやわかめ、モズクに含まれるネバネバ成分には、毛乳頭細胞の増殖を促し、育毛効果が期待できます。“髪にワカメ”というのも納得。

黒々、ツヤツヤ…健康的な髪の毛を作る栄養素まとめ

わかめの栄養成分は腸活にもおすすめ

教えてくれたのは・・・料理研究家・編集者 柳澤英子さん

長年の取材と経験から、独自の"食べるやせ方〟を考案。大ヒットシリーズ『やせるおかず 作りおき』は既に6冊刊行。『伊藤かずえが12キロやせたレシピ』(小学館)では、監修を担当。

水溶性と不溶性のバランスが大事~食物繊維~
「食物繊維には水溶性と不溶性があります。腸活には両方が必要。水溶性は、ワカメなどの海藻やオクラ、アボカドのほかに、常備しやすいにんにくなどに含まれています。不溶性はきのこ類やしそ、ごぼうなど。納豆は、水溶性と不溶性の両方を含む優秀食材です」(柳澤さん・以下「」内同)

【水溶性食物繊維の働き】
消化吸収のスピードを遅らせ、血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きをもつ。含有量が少ないため、食べる量は多めを意識して。

【不溶性食物繊維の働き】
水に溶けにくい食物繊維で、水分を吸収して腸を活発にし、便秘を防ぐ。とりすぎると便が固くなるため、水分をきちんととることを忘れずに。

腸活すればリバウンドも起こりにくい!
「腸活をしなくても体重を減らすことはできますが、それは筋肉が落ちているだけなので健康的ではなく、リバウンドする可能性が大。リバウンドしたくないなら腸活がおすすめです。まずは食物繊維の多い食材をよくかんで食べ、水分もとって。食物繊維は1種類だけではなく、いろいろな食材からとるように心掛けることも大切です」

話題の〝やせおか〟は、腸活がカギだった!柳澤英子さん伝授の腸活ルールとは

美容にいいわかめを使ったレシピ

きのことわかめのミックス

きのことわかめのミックス

\冷蔵保存約3日。冷凍も可能/
レンジでチンするだけで手軽に食物繊維を摂取。不溶性のきのこは好きなもので作っても。その場合、レンジの加熱時間と調味料の調節を忘れずに。水溶性のワカメが入っていて食物繊維のバランスが◎。

【材料(2人分)】
エリンギ…中3本
しめじ…1パック
えのき…1パック
乾燥ワカメ…3g
厚切りベーコン…1枚
顆粒コンソメ…小さじ1
塩・こしょう…各少量
オリーブオイル… 小さじ2

【作り方】
1.エリンギは半分の長さに切って薄切りにし、しめじとえのきは石突きを落として小房に分ける。ベーコンは8mm幅に切る。
2.耐熱容器に1を入れ、顆粒コンソメ、塩・こしょうを振る。ふんわりとラップをして600Wで3分加熱する。
3.2に、水で戻して水分をきったワカメとオリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、ラップなしで1分30秒加熱する。

やせおかでおなじみの柳澤英子さん伝授!魚メインの腸活やせおかワンプレート

きのことワカメのパスタ

きのことワカメのパスタ

パスタは50gなら食べてOK!パスタはゆでる前の状態で50gなら許容範囲。糖質なので、食事の最後に食べるようにして。ソースはきのことわかめのミックスの残りです。

【材料(2人分)】
乾燥スパゲッティ…50g
きのことワカメのミックス…半量
塩(好みで) …適量

【作り方】
1.スパゲッティは半分の長さに折り、パッケージの表記どおりにゆでる。
2.きのことワカメのミックスの作り方は1つ前の記事を参照。
3.水気を切った1に2を汁ごと加えて混ぜる。味を見て塩気が足りない場合は、塩で味を調える。

ダイエットの秘訣は“美腸”!やせおかでおなじみの柳澤英子先生が教える「腸活ワンプレートレシピ」

納豆とわかめのスープ

納豆とわかめのスープ

納豆のネバネバには食物繊維がたっぷり。胃腸の働きも活発に!

【材料】
納豆…大さじ1
ひねりごま…少量
乾燥ワカメ…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2
梅干し…1個
熱湯…1カップ(200㏄)

【作り方】
1.納豆に付属のからしとタレを加え、しっかり混ぜる。
2.器に納豆、いりごま(指先でひねりつぶしておく)、乾燥ワカメ、しょうゆを入れ、湯を注ぐ。
3.梅干しをトッピング。

肌が生まれ変わる! 朝スープ習慣vol.6〜便秘編〜

わかめと海老のネバネバ和え

デトックスなどでも有名なワカメ。昔から日本人には身近な食材であり、日本人の健康を支えてきた大事な食材です。わかめには新陳代謝を良くし、甲状腺ホルモンの主成分でもあるヨウ素や、ナトリウム(塩分)を体外に排出してくれるカリウムが多く含まれています。多くの女性が悩む「むくみ」も塩分の摂りすぎが原因であることも。塩分を控えることも大切ですがカリウムを摂って排出することもとても大切です。

わかめと海老のネバネバ和え

【材料(作りやすい分量)】
わかめ(水で戻した状態の物)…100g
海老(サラダ用)…100g
長芋…100g
塩麹…小さじ2
ポン酢…小さじ1
ごま油…小さじ1

【作り方】
1.海老は殻を取り、長芋は縦に半分に切ってから1cmほどの厚みにする。わかめは食べやすい大きさに切っておく。
2.材料を全て混ぜ合わせる。

【ポイント】
時間がたつと水が出て味が薄くなってしまうのでなるべく食べる直前に作りましょう。ワカメは生の物、もしくは塩蔵の物を使うとシャキシャキっとした食感が楽しめます。

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(62) わかめでデトックス。わかめと海老のネバネバ和え

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事