食・レシピ
2021.5.12

赤ワインは、 ダイエット・美容に効果的?

\"\"

ポリフェノールが豊富な赤ワイン。ぶどうを丸ごと発酵・熟成させてつくるので、ぶどうの栄養がギュギュっと凝縮されています。お酒の中でも女性にうれしい効果がたくさん。今回は気をつけてほしい点も合わせてご紹介します。

赤ワインの元ブドウの栄養

【1】「レスベラトロール」の強い抗酸化力で美容効果が高い

料理研究家

小堀紀代美さん

こぼり・きよみ/料理研究家。洋菓子店を営む家で育つ。2年間営業していたカフェ「LIKE LIKE KITCHEN」は、おいしいもの好きの間で評判に。現在、料理とお菓子の教室を主宰。著書に『フルーツのサラダ&スイーツ』(NHK出版)など。

美肌に効くポリフェノールの宝庫脳のエネルギーにも
紀元前3000年頃から栽培されていたとされ、果実には黒、赤、緑などの色があり、品種も多い。「畑のミルク」と呼ばれていた程栄養価が高く、強い抗酸化力で美容効果の高いレスベラトロール

【2】「アントシアニン」と「ポリフェノール」が視力回復に◎

Check
  • 視力回復に効くアントシアニンなどポリフェノールの宝庫

【3】「レスベラトロール」が脂肪燃焼に効果がある

Check
  • レスベラトロールには近年、脂肪減少効果があることも分かっている。

【4】「ペクチン」が美腸・美肌効果的

Check
  • 美腸・美肌効果のあるペクチンも豊富。

初出:キレイになれる秋フルーツのお惣菜レシピ 【ブドウ編】

記事を読む

【5】「ポリフェノール」がガンや動脈硬化の予防効果に

Check
  • ポリフェノールは抗酸化効果に優れ、ガンや動脈硬化の予防に加え、アンチエイジグ、疲れ目回復などのうれしい効果も

初出:アンチエイジング素材で若返り!「ぶどうとグレープフルーツ、ミントのサラダ」Today’s SALAD #95

記事を読む

赤ワインの効果

【1】ダイエットや美容に効果的

赤ワインは老化やシミの原因となる活性酸素の除去、悪玉コレステロールを抑え、動脈硬化や認知症を予防する効果も。

 

初出:実はキレイを導く! ビール・ワイン・日本酒の美容効果って?

記事を読む

【2】糖質が低め

アルコールも適量ならば飲んでもOK。糖質の高い日本酒やビール、つまみを避ければ大丈夫です。赤ワインやハイボール、焼酎(割る際は水やお茶で)は糖質が低いのでおすすめ。

 

初出:累計246万部突破!『やせおか』ルールを学んで、今度こそダイエットを成功させよう!

記事を読む

効果的な飲み方

発酵食品との相性も◯

ワインは、同じ発酵食品のみそやしょうゆ、ぬか漬けとも相性がいいんです。

 

初出:美容賢者の体に優しい家呑みごはん|最終回

記事を読む

向いていない人

偏頭痛もちの人は少量で我慢

東京女子医科大学 頭痛外来

清水俊彦先生

東京女子医科大学客員教授。医学博士。 1日平均約200人もの患者を診る傍ら、 メディアでも精力的に頭痛解消の啓発 を行う。『頭痛女子のトリセツ』 (マガジンハウス)、『頭痛は消える』(ダイヤモンド社)など著書も多数。

「オリーブオイルや赤ワインは、美容や健康に良いイメージがありますが、実は片頭痛持ちが控えるべき食品の代表格。というのも、それらに豊富に含まれるポリフェノールに、血流を促し、血管を拡張させる働きがあるからです。少量なら問題はありませんが、とりすぎには注意してください」(清水さん)

 

初出:その頭痛対策、実は逆効果?意外な習慣が片頭痛の原因だった!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事