食・レシピ
2018.8.25

旬をまるごと! 家呑みごはん #5|どこもかしこも栄養満点なアンチエイジング食材!『カボチャ』

お酒大好き料理家3人が“美”にも効くレシピを教えます! 今回は、料理家・村山由紀子さんに『カボチャ』を使ったレシピを教えてもらいました!

今月のキレイ食材【カボチャ】

201809gienomikd_180314s01_010
どこもかしこも栄養満点なアンチエイジング食材!
大学受験の頃、食にもストイックになっていた時期に、カボチャにハマりました。無性に食べたくなって、自分で素揚げしたり、小豆と煮たり。 「黄色くなったんじゃない?」とからかわれるくらい、半年程、飽きずに食べ続けていました。 「冬至に食べると風邪をひかない」といわれる程、カボチャは栄養たっぷり。私はカレーにもよく入れます。今回はほっくりとした食感にも飽きずに食べられる味つけで。パン粉焼きは、アンチョビパン粉のさくさく感でカボチャの甘さも軽やかに。このパン粉はズッキーニやホタテにも合うし、スープに入れてもおいしいです。 アラビアータはぺンネと合わせても。ついついお箸が進みますが、カボチャは糖質も多いので食べすぎには注意です!

栄養
緑黄色野菜の代表格。旬は夏から秋。品種は多く、国内で多く流通しているのは、栗のような食感と甘さの西洋カボチャ。 追熟させるとでんぷんが糖分に変わり、甘さとホクホク感が増す。皮膚や粘膜を健康に保つβ-カロテン(ビタミンA)やビタミンB6、コラーゲンを生成するビタミンC、血流を促進したり、強力な抗酸化作用のあるビタミンEや食物繊維など、美肌に効く栄養素がとにかく豊富。 種やワタの高い栄養価も注目されている。

おいしい選び方
丸ごとの場合は重みがあり、ヘタがよく乾燥してひびが入っているものが完熟している目安。カットカボチャは、果肉が肉厚で色が濃いもの、種が熟しているものを。 丸ごとは冷暗所で1~2か月保存可能。カットカボチャは傷みやすいワタと種を取り除き、ラップをして冷蔵保存を。

カボチャのパン粉焼き

201809gienomikd_180314s08_146

簡単なのにひと手間かけた感があるのはアンチョビパン粉のおかげ。揚げなくてもサクッとして、ボリュームも出ます。

【材料】(2~3人分)
カボチャ…300g(中1/6個)
A[パン粉…40g(1カップ)、アンチョビ…10g(みじん切り)、下ろしにんにく…少量、粉チーズ…適量、オリーブオイル…小さじ4]

【作り方】
(1)カボチャは皮ごと5mm厚さの薄切りにする。耐熱皿に並べ、上からふわっとラップをし、電子レンジ(500W)で2分程加熱する。

(2)Aを混ぜ合わせ、(1)にかける。トースター(750W)で表面がこんがりするまで10分程焼く。

カボチャとクリームチーズのサラダ

201809gienomikd_180314s13_198

優しい甘さとなめらか食感がおいしデリ風サラダ。 カボチャ+チーズでリラックス効果も。

【材料】(2~3人分)
カボチャ…300g(中1/6個)
A[マヨネーズ…大さじ5、シナモンパウダー、オールスパイス、塩…各少量]
クリームチーズ…50g
クルミ(ロースト)…20g
サラダ菜…適量

【作り方】
(1)カボチャは皮ごと一口大に切り、電子レンジ(500W)で3分程加熱する。

(2)(1)をボウルに入れ、つぶしながらAを加えて混ぜ合わせる。1cm角に切ったクリームチーズ、砕いたクルミも加え、さっくりと混ぜる。

(3)サラダ菜と共に器に盛る。

カボチャとインゲンのサブジ

201809gienomikd_180314s11_179

インドの炒め煮をスパイスひとつでシンプルに。蒸し煮で水溶性ビタミンも余す所なくいただき!

【材料】(2~3人分)
カボチャ…200g(中1/8個)
玉ねぎ…40g(中1/5個)
インゲン…60g(5~6本)
にんにく…1片
クミンシード…小さじ1/2
菜種油…大さじ3
塩…小さじ1/2

【作り方】
(1)カボチャは皮ごと1.5cm角に切る。玉ねぎはみじん切り、インゲンは1cmのぶつ切り、にんにくは薄切りにする。

(2)フライパンに菜種油とクミンシードを入れ弱火で熱する。クミンシードがフツフツとしてきたら玉ねぎを入れ、透き通るまで炒める。

(3)カボチャ、にんにくを加え、全体に油が回るまで炒める。フタをして、弱火のまま5分程蒸し焼きにする。

カボチャのアラビアータ

201809gienomikd_180314s11_173

美肌を作るトマトのリコピンは加熱すると吸収率がアップ。唐辛子風味のトマトソースにチーズを入れるだけで、ぐっとおつまみ風に。

【材料】(1~2人分)
カボチャ…300g(約1/6個)
市販のトマトソース…250g
輪切り赤唐辛子…適量
モッツァレラチーズ…100g
塩…適量

【作り方】
(1)カボチャは皮ごと2cm角に切る。

(2)小鍋に(1)とトマトソース、赤唐辛子を入れ、フタをしてカボチャがやわらかくなるまで弱火で煮込む(途中で焦げつきそうになったら水少量を加える)。塩で味を調えたら火を止める。

(3)モッツァレラチーズをちぎって入れ、さっくりと混ぜ合わせる。

これで乾杯!

201809gienomikd_co1
色の和名を冠した6つのビールが世界のビール好きに高く評価されているコエド。6種類のモルトを使った伽羅色のビールは、深いうまみとスッキリとした味わい。柑橘のアロマも爽やか。

コエドビール伽羅-Kyara- 333ml ¥267
(問)コエドブルワリー

201809gienomikd_cd1
盗み飲みから美酒を守るため、「蔵に悪魔がいる」とワイナリーが自ら流布したという伝説をもつチリの赤ワイン。チェリーやカシスなどの果実 味が広がるエレガントな味わい。
カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン 750ml 希望小売価格¥1,570
(問)メルシャン

201809gienomikd_180314s08_126
余った赤ワインはサングリアに。キウイやパイナップルなどの好きなフルーツ、シナモン、クローブ、キルシュ酒、白蜜を入れてひと晩置けば完成。

 

今月の家呑み先生は…
201809gienomikd_180314s07_100
村山 由紀子さん
むらやま・ゆきこ/料理家。東京都生まれ。食材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判。
「最近、とうもろこしごはんにハマり、5分づき米やタイ米などお米の種類や調味料を変えながら作っています。カレーにもよく合います!」

 

『美的』9月号掲載
撮影/神林 環 料理/村山由紀子 食材監修/美才治真澄 スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事