食・レシピ
2021.3.24

二日酔いに効く「7つの食べ物」&「飲み物」【おすすめレシピ】

\"\"

二日酔いで胸やけが…顔がむくんでパンパンに…二日酔い予防&回復におすすめの食べ物&飲み物と料理レシピをご紹介します。野菜や果実、お昼ごはんにおすすめのお料理など。ぜひ二日酔いのときにためしてみてください。コンビニで買える「トマトジュース」もおすすめです。

【1】大根

二日酔い、胸やけの症状をやわらげる

大根にはでんぷん分解酵素“アミラーゼ”が含まれているので、食べ物の消化を助けて二日酔い、胸やけなどの症状を和らげてくれます。

 

初出:木下あおいのお薬ベジ★ごはん(11)疲れた胃に優しく染み渡る大根のみぞれ汁

記事を読む

白菜とみょうがのさっぱりゆずおろし粥

料理家・管理栄養士

エダジュンさん

東京都生まれ。Soup Stock Tokyoを経て独立。パクチーレシピで注目を集める。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『主役スープ150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』(パルコ)など。

\大根下ろしをのせれば、さらさらと食べられる/

材料(1人分)
温めたごはん…100g
白菜…1/4枚(25g)
みょうが…1本
和風だし…200ml

A
大根下ろし…大さじ3
ゆず果汁(または好みの柑橘系果汁)…小さじ2 ]

作り方
1.白菜は一口大に切る。みょうがは小口切りにする。
2.小鍋に和風だし、ごはん、白菜を入れ、箸などでほぐし、中火にかける。表面がグラグラと温まったら弱火にし、ふたを少しずらしてのせ、5分程温める。
3.ふたをして火を止め、そのまま5分程おいて器に盛る。
4.Aを混ぜ合わせ、食べる直前にのせ、みょうがを散らす。

 

初出:胃腸スッキリ!飲みすぎ、食べすぎの体を労わる“美人おかゆ”レシピ

記事を読む

にら×サバ×大根のみそ汁

料理研究家 \家庭料理のスペシャリスト/

今泉久美さん

栄養士、女子栄養大学栄養クリニック特別講師。ヘルシーな家庭料理が人気で、著書『大人の献立ルールは2品で10分500kcal』も好評。

材料(2人分)
大根(薄い輪切りにしてから千切り)…150g
にら(3cm幅)…1/5束
サバ缶…1缶
酒…大さじ1
みそ…約大さじ1
ゆずこしょう…少々

作り方
1.小鍋にサバ缶の汁と水(合わせて1+1/2カップ量にする)を入れ、酒、大根を加えて火にかける。煮立ったらあくを引き、フタをして弱火で1~2分煮る。
2.大根がくったりしたらサバ缶の具をほぐして加え、みそを溶き、にらを加える。にらが変色したらお椀に盛り、ゆずこしょうを添える。

 

初出:【みそ汁2週間レシピDAY3】「にら×サバ×大根のみそ汁」サバ缶で美容と健康をサポート

記事を読む

大根と水菜の和風さっぱりサラダ

材料
大根…5cmほど
水菜…1~2束
きざみ昆布…少々
生ひじき…大さじ2~3程度
胡麻油…大さじ1程度
ポン酢…大さじ2程度
すり胡麻…大さじ1~お好みで

作り方
1.大根は皮をむき、粗目の千切りに。パリパリ食感を楽しみたいので、幅3~4mmの千切りでOK。

2.水菜ときざみ昆布は食べやすい長さ、4cmほどにカット。

3.生ひじきは鍋(テフロンの鍋かフライパンだとくっつかずカンタン)でさっと炒めて軽く火を通す。鍋にくっつく場合は少量の胡麻油をしいて。

4.じゃこもテフロンの鍋かフライパンでカリカリになるまで炒める。

5.ボウルに具材(じゃこ以外)を入れ、胡麻油、ポン酢、すり胡麻を入れて混ぜ、味を調える。

6.皿にサラダを盛り、上にカリカリじゃこをトッピング。

 

初出:美肌づくり&ダイエットは海藻で!「大根と水菜、昆布、ひじきのじゃこサラダ」Today’s SALAD #92

記事を読む

【2】枝豆

飲みすぎや二日酔い防止に

料理家、管理栄養士

美才治真澄

群馬県生まれ。ヴィーガンカフェ『カフェ・エイト』のフードディレクターなどを経て独立。おしゃれで美容に効くレシピが評判。

アルコールの分解を促してくれるので、飲みすぎや二日酔い防止に。
疲労回復、二日酔い防止、むくみや便秘、貧血や冷え性改善に効くなど栄養価が高い。

エスニックひたし枝豆

材料(作りやすい分量)
枝…1袋(約250g)
塩…大さじ1

A
レモンスライス…4枚(皮はむく)
青唐辛子(または赤唐辛子)…3本(小口切り)
にんにく…1/2片(みじん切り)
ナンプラー…大さじ1
ごま油…小さじ1
水…大さじ2

作り方
1.枝豆はさやごと塩もみし、うぶ毛を取る。
2.鍋に1L程度の湯を沸かし、1を塩がついたまま入れる。時々混ぜながら約5分ゆで、ざるに上げる。さやの両端をキッチンバサミで切る。
3.2とAをポリ袋に入れ、空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫で2時間以上冷やす。

枝豆と生ハムの下ろし和え

材料(1人分)
ゆで枝豆(実)…1/2カップ(約70g)
大根…7cm
生ハム…6枚
ポン酢しょうゆ…小さじ2
オリーブオイル…小さじ1/2
すだち…好みで

作り方
1.ゆで枝豆は粗く刻む。大根は皮ごと鬼下ろしなどで粗く下ろし、軽く水気を絞り、枝豆と和える。生ハムは室温に戻す。
2.下ろし和えを器に盛り、ポン酢しょうゆとオリーブオイルをかけ、生ハムと好みですだちを添える

枝豆塩辛バター

材料(1人分)
ゆで枝豆(実)…2/3カップ(約100g)
パセリ…小さめ2束
イカの塩辛…大さじ3
バター…小さじ1
黒こしょう・クラッカー…各適量

作り方
1.ゆで枝豆は粗く刻む。パセリはみじん切りにする。
2.フライパンにバターを熱し、中火でイカの塩辛を炒める。イカが丸まって香りが立ってきたら、1と黒こしょうを加え、全体に味が絡まるように炒める。器に盛り、クラッカーを添える。

枝豆とつぶ貝のガリシア風

枝豆のビタミンB1・C、貝のタウリンでアルコール代謝もアップ!

材料(1人分)
ゆで枝豆(実)…1/2カップ(約70g)
じゃが芋…1個

A
つぶ貝(味つき)…50g
パプリカパウダー…小さじ1/2(またはチリパウダーを小さじ1/4)
スモークソルト(または塩)…小さじ1/3]
オリーブオイル…小さじ1と1/2

作り方
1.じゃが芋は洗って皮ごとラップで包み、電子レンジ(600W)で約3分加熱し、皮ごと一口大に切る。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ゆで枝豆と1を入れ、焦げ目がつくまで中火で炒める。
3.Aを加え、調味料が全体に混ざり合うまで炒める。

 

初出:旬をまるごと! 家呑みごはん #4|肉や魚、野菜の栄養素が詰まったおトク食材!『枝豆』

記事を読む

【3】芋類

カリウムで二日酔いのむくみを解消

カリウム豊富な芋&カボチャは二日酔いにも効きます。

根菜のカレースープ

カレー粉もカリウムが豊富!

材料(2人分)
鶏ささ身… 2~3本(110g)
カボチャ…1/10個(150g)
れんこん…80g
ごぼう…2/3本(100g)
にんにく…2片
オリーブオイル…大さじ
水…400ml

A
固形コンソメ…2個
カレー粉…大さじ1
酒…大さじ1
塩…適量

作り方
1.ささ身は食べやすい大きさに切る。カボチャは種とワタを取り、れんこん、ごぼうと共に、皮ごと食べやすい大きさに切る。
2.にんにくをみじん切りにする。
3.鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、にんにくを炒める。香りが出たら1を入れ、炒める。
4.食材に火が通ったら水を加える。沸騰したらアクを取る。
5 .Aを入れ、味を調える。

じゃが芋ツナチャウダー

材料(1人分)
じゃが芋(中)…1/2個 (70g)
水…50ml
イタリアンパセリ…好みで

A
ツナ(水煮缶)…1個(汁ごと 70g)
固形コンソメ…1個
豆乳…150ml

作り方
1.じゃが芋は皮ごと1cm角に切る。
2.マグカップに1と水を入れてラップをかけ、電子レンジ(500W)で3分程加熱する。
3.2にAを加え、さらに2分程加熱する。好みでパセリを飾る。

里芋と焼きサンマのしょうがスープ

青魚もカリウムが豊富。

材料(2人分)
サンマ…1尾
里芋(冷凍)…10個
竹の子(水煮)…50g
にら…1/4束(25g)
しょうが…20g
ごま油…大さじ1
水…400ml

A
昆布だし…1袋(8g)
酒…大さじ1
しょうゆ…大さじ1
すりごま…大さじ2

作り方
1.サンマは魚焼きグリルなどで両面を焼く。
2.里芋と竹の子は食べやすい大きさに、にらは粗みじんに切り、しょうがはせん切りにする。
3.鍋にごま油を入れて中火にかけ、しょうがを炒める。香りが出たら竹の子を加え、炒める。
4.水を加え、沸騰したら里芋を入れる。アクが出たら取る。
5.1の身をほぐして入れ、Aを入れて味を調える。器に注ぎ、にらを加える。

さつま芋のポタージュスープ

さつま芋+豆乳+アーモンドでカリウム量を底上げ。

材料(2人分)
さつま芋…2/3本(150g)
アーモンド(トッピング用 )…5粒

A
アーモンド… 15粒
きな粉…大さじ2
クリームチーズ…100g
固形コンソメ…1個
豆乳…500ml

作り方
1.さつま芋は20分以上蒸す。
2.1とAをミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌(かくはん)する。
3.2を鍋に移して弱火~中火にかけ、沸騰しない程度に温める。器に注ぎ、アーモンドを砕いてトッピングする。

 

初出:芋&カボチャでむくみを集中解消!小顔を作る秋スープレシピ4

記事を読む

【4】キノコ類(まいたけ・エリンギ・しめじ)

低カロリーでトレハロース、カリウム、オルニチンを含む


「舞茸」は食物繊維たっぷり排泄を促すだけでなく、皮膚を健康に保つビタミンBや、骨や体の調子を整え、疲労回復にも抜群なミネラルが豊富。潤いを保つトレハロースや免疫力を高めるβグルカンを含み、美肌にもってこい。

「エリンギ」は食物繊維がとくに豊富で塩分を排出するカリウムも含み、便秘やむくみを解消する。
「しめじ」はシジミの数倍のもオルニチンを含み、アルコールの分解を助けて二日酔いを予防する効果もある。

 

初出:美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #11「キノコマリネのせ デトックスグリーンサラダ」

記事を読む

まいたけと鮭の豆鼓炒め

材料(2人分)
まいたけ…1株(約100g)
生鮭…1切れ(約80g)
菜種油…大さじ1

A
豆鼓…10g(粗く刻む)
酒…大さじ1
しょうゆ…小さじ1と1/2

作り方
1.まいたけは食べやすい大きさに手で裂く。鮭は一口大に切る。
2.フライパンに菜種油を引き、中火で熱する。鮭を入れ、焼き色がつくまで両面を焼く。
3.まいたけを加え、しんなりとするまで炒めたらAを混ぜ合わせて回し入れ、絡める。

まいたけとサラミ、オリーブオイルのマリネ

材料(2人分)
まいたけ…1株(約100g)
サラミ(スライス)…25g
グリーンオリーブ…12粒程度

A
にんにく…1片(薄切り)
輪切り赤唐辛子…少量
オリーブオイル…大さじ3

B
白ワインビネガー…大さじ1
塩…小さじ1/4

作り方
1.まいたけは食べやすい大きさに手で裂く。サラミは5mm幅に切る。
2.フライパンにAを入れ、弱火で加熱する。にんにくの香りが立ってきたらまいたけを加え、中火でしんなりとするまで炒める。
3.Bを加えて混ぜ合わせたら火を止め、粗熱を取る。
4.サラミとオリーブオイルを加えて和える。
※煮沸消毒した保存容器に入れて密閉し、冷蔵庫で1週間保存可能。冷えてオイルが固まったら、室温に戻してからいただく。

まいたけのフリッタータ

材料(2人分)
まいたけ…1株(約100g)
卵…3個

A
塩…小さじ1/4
こしょう…少量
粉チーズ…大さじ2(パルミジャーノ・レッジャーノがおすすめ)
バター…15g(大さじ1程度)

作り方
1.まいたけは手で食べやすい大きさに裂く。
2.ボウルに卵を割りほぐし、Aを加えて混ぜ合わせる。
3.スキレットなどに1とバターを入れ、中火でしんなりするまで炒めたら、2を流し入れ、へらで優しく混ぜながら、卵に5割方火を通す。
4.トースター(1,000W)に入れ、3~5分焼く。
※トースターがなければ、8割程火を通した後、蓋をして弱火で2~3分焼く。

 

初出:旬をまるごと! 家呑みごはん #11|ダイエットやインフルエンザ予防効果も注目!『まいたけ』

記事を読む

舞茸とカッテージチーズの多食感サラダ

材料
蓮根…1~1.5節程度
ブロッコリー…1/2株
舞茸…1/2パック
カッテージチーズ…適宜
バター…10g程度
酢(下ごしらえ用)…大さじ2程度
オリーブオイル…大さじ1~2
バルサミコ酢…大さじ1~2
塩しょう…適宜

作り方
1.蓮根は大きめの乱切りに。酢水に5分ほど浸し、アク抜きをしてから、鍋で沸騰させた湯に入れて程よい硬さになるまで茹でる。
2.ブロッコリーは食べやすい大きさにカットし、軽く塩ゆでに(柔らかくなりすぎないよう注意。レンチンでもOK)。
3.舞茸は手で程よい大きさにほぐし、バターを溶かしたフライパンでしんなりするまで炒める。

4.ボウルに具材を入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうで和える。

5.カッテージチーズをトッピングしてできあがり。

 

初出:免疫バランスを整えつつデトックス!「蓮根、ブロッコリー、舞茸とカッテージチーズの多食感サラダ」Today’s SALAD #147

記事を読む

【5】梨

水分が多く、カリウムが豊富

たんぱく質、消化酵素が多く、カリウム、食物繊維も豊富。ほとんどが水分なので熱があるとき、二日酔いのときにもおすすめ。

 

初出:美容賢者の体に優しい家呑みごはん|vol.7

記事を読む

アボカドと梨のサラダ

材料
梨…1/4~1/3個程度
アボカド…1個
ヨーグルト…大さじ1
マヨネーズ…小さじ1/2
白ワインビネガー…小さじ1/2
塩こしょう…適宜
くるみ…適宜

作り方
1.アボカドは縦半分にナイフを入れ、くるっと回して半分に割り、種を取り除く。その後、さいの目に切れ込みを入れ、スプーンですくってボウルに入れる。
2.梨は皮をむき、芯の部分を取り除いて食べやすい大きさにカット。

3.ドレッシングを作る。深さのある器にヨーグルト、マヨネーズ、白ワインビネガー、塩こしょうを入れ、混ぜる。

4.ボウルにアボカドと梨を入れ、3のドレッシングの半量を加えてあえる。

5.器に盛り、3の残りのドレッシングをかけて、砕いたくるみをトッピング。

 

初出:旬の梨×アボカドで疲労回復&抗酸化!「アボカドと梨のサラダ」Today’s SALAD #146

記事を読む

【6】柿

タンニンが二日酔いを予防。二日酔い回復にも

「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれる程、栄養価が高く、美肌効果があるβクリプトキサンチンはオレンジの2倍、紫外線やストレス対策に効果的なビタミンC、整腸効果のあるペクチンも豊富。二日酔いや高血圧予防に効くタンニンも多い。

 

初出:美容賢者の体に優しい家呑みごはん|vol.22

記事を読む

柿とモッツァレラチーズのサラダ

お酒を飲む機会が増えるこの時期、二日酔い回復にもひと役買ってくれます。

材料
柿…1/2個
クレソン…1わ
モッツァレラチーズ…1/2個(またはチェリーモッツァレラ 5~6個)
オリーブオイル…大さじ1
白ワインビネガー…大さじ1
塩こしょう…適宜

作り方
1.柿は半分にカットし、皮をむきへたを取り除き、食べやすい大きさにカット。

2.クレソンは葉~茎を3㎝幅くらいにカット。
3.ボウルに柿とクレソンを入れ、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩こしょうで味を調える。

4.皿に盛りながら、モッツァレラチーズをトッピング。

 

初出:冬の美肌&体調管理に柿!「柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ」Today’s SALAD #65

記事を読む

柿とキャベツの塩昆布サラダ

材料
柿…1/2個
キャベツ…1/8玉~
白胡麻油…大さじ1/2
塩こんぶ…ふたつかみ程度
酢…大さじ1/2
白すり胡麻…適宜

作り方
1.柿はヘタをとり、皮をむいて、食べやすい大きさにカット。


2.キャベツはざく切りに。
3.ボウルに柿とキャベツを入れ、白胡麻油、酢、塩昆布、白すり胡麻であえて味を調える。皿に盛ってできあがり。

 

初出:旬の柿で美ヂカラを引き上げ♪「柿とキャベツの塩昆布サラダ」Today’s SALAD #144

記事を読む

【7】梅

クエン酸がアルコールの代謝を促す

『美的』エディトリアルディレクター

猪原美奈



「前日に飲みすぎて胃がムカムカしているときのお助け食材が“梅”。梅には、アルコール代謝を促すクエン酸と、肝機能を助けるピクリン酸が含まれています。」(猪原さん)

ゆで豚の梅だれ

材料(2人分)
豚バラ肉(塊)…150g
しょうが…2片
長ねぎの青い部分…1本分

付け合わせ
サンチュ、アルファルファもやし、青じそ、貝割れ大根…適量

梅だれ
梅干…大2個
だししょうゆ…大さじ1

作り方
1.豚バラ肉の塊、薄切りにしたしょうが、長ねぎを鍋に入れ、材料がひたひたに隠れるくらいの水を注ぐ。火にかけてフツフツと煮立ってきたら弱火にし、20分程ゆでる。火を止 めてそのまま冷ます。
2.梅干は種を除いて包丁でたたき、だししょうゆを混ぜる。
3.1の豚バラ肉を薄切りにする。器に盛り、2と付け合わせの野菜を添える。サンチュに薬味や野菜、豚肉、梅だれをのせ、くるっと巻いて食べる。

 

初出:「肌あれ」にはお粥「便秘」にはオリーブオイル入りネバネバ丼|キレイのためのレシピを美容賢者がご紹介

記事を読む

さつま芋の梅ごまヨーグルト和え

「水分の少ないさつま芋を皮つきのまま食べれば、よく噛む必要があります。でも、梅を入れて唾液を促しやすくしてあります」(管理栄養士・美才治真澄さん)

材料(1人分)
さつま芋…100g
梅干(果肉を包丁でたたく)…1個(正味8g)
すりごま…小さじ2
プレーンヨーグルト…小さじ2

作り方
1.さつま芋はラップに包んで600Wの電子レンジで3分程加熱し、大きめの乱切りにする。
2.包丁で果肉をたたいた梅干とすりごま、ヨーグルトと混ぜ、1と和える。

 

初出:ヘルシーで簡単「さつま芋の梅ごまヨーグルト和え」|管理栄養士が提案!よく噛めるおかずレシピ

記事を読む

梅風味のヘルシースープ

材料(2人分)
玉ねぎ…1/2個
梅干し…2個
A
モズク(酢の入っていないもの)…50g
シラス干し…30g
カツオぶし…1パック(2.5g)

塩…小さじ1/2
しょうゆ…小さじ2
ブロッコリースプラウト…適量

作り方
1,玉ねぎは薄切りにする。梅干しは種を取って包丁などでたたく。
2.鍋に(1)、A、水2と1/2カップ(分量外)を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、5分程煮る。
3.塩としょうゆで味を調える。器に盛り、ブロッコリースプラウトをのせる。

 

初出:くすみのない肌は“玉ねぎ”で作れる! 超簡単玉ねぎを使ったスープレシピ3つ

記事を読む

【飲み物】トマトジュース

二日酔いの症状を和らげる

ファッション & ライフスタイルプロデューサー 野菜ソムリエプロ

Atsushiさん

VERSACEなどのPRを経て、スキンケアブランド 「abotanical」を立ち上げる。豊富な栄養知識を生かし た美スープレシピが評判に。最新刊は『モデルがみんな 知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』(宝島社)。

「飲みすぎた日の朝や撮影がある日は、カリウムたっぷりで二日酔いの症状を和らげるトマトジュースを飲むと効果てきめん」(Atsushiさん)

 

初出:スープの達人Atsushiさんの小顔を作る秋レシピ|豆でハリをアップしてスッキリ顔に!

記事を読む

竹の子と新玉ねぎのマグスープ

材料(1人分)
竹の子水煮…40g
新玉ねぎ…1/8個
ハム…2枚
エクストラバージンオリーブオイル…小さじ1
パセリ…少量

A
トマトジュース…200ml
固形コンソメ…1個
酒…小さじ1

作り方
1.竹の子は食べやすい大きさに切る。新玉ねぎは薄切り、ハムは細切りにする。
2.マグカップに1とAを入れ、電子レンジ(500W)で3分加熱する。
3.さっと混ぜたらオリーブオイルをかけ、パセリをみじん切りにして散らす。

 

初出:3分でできる火を使わない簡単スープレシピ|忙しい朝や、遅く帰った夜におすすめ♪

記事を読む

さっぱりトマトジュースの美やせスープ

料理研究家・ 管理栄養士

浜内千波先生

自身が38kgのダイエットに成功した経験をもつ。実践しやすい、簡単でヘルシーな家庭料理に定評あり。今回のしぼまずにキレイにやせる「2週間の短期集中ばっかり食べ」の考案者。

材料(6食分)
★キャベツ…400g
★にんじん…100g
★長ねぎ…100g
★ブロッコリー…200g
鶏胸肉(皮なし)…600g
しょうが…20g
水…1L
塩…小さじ2強(14g)
黒こしょう…適宜
トマトジュース(1/2カップ)

作り方
1.★の材料をすべて1cm前後に切る。鶏肉も同様に1cm角に切り、皮ごとすり下ろしたしょうがをもみ込んでおく。
2.鍋ににんじん、キャベツ、長ねぎを入れ、フタをして中火弱で蒸すように炒める。野菜から水分が出てきたら水を入れ、ひと煮立ちさせる。さらに、鶏肉、ブロッコリーの順番で加え、具材に火が通ったら塩で味を調える。好みで黒こしょうを振る。保存は冷蔵庫で。
3.作り置きの美やせスープ1食分にトマトジュース(1/2カップ)を鍋に入れ、中火でひと煮立ちさせる。器に盛ったら軽く塩と黒こしょうを振る。

 

初出:美肌効果も!トマトジュースの美やせスープで“ばっかり食べ”ダイエット【美的GRAND】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事