ヘアカラー
2021.5.22

アッシュブラウンの魅力がよくわかる「15の実例」

\"\"

アッシュの中でも自然で挑戦しやすいアッシュ×ブラウン。『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

アッシュブラウンってどんな髪色?

アッシュといえども温かみのある色味が特徴のアッシュブラウン。
暗めなら、地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれる。


初出:手間なしで決まる!前髪ありミディは、ラフなカール感の秋パーマで

記事を読む


初出:透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に|地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

記事を読む

軽やかな印象の「明るめ」アッシュブラウン【2選】

【1】8レベルのブラウンアッシュ×インナーカラー

【how to“カラー”】
全体を8レベルのブラウンアッシュ、インナーカラーは12レベルのミルクティーベージュに。明るさのコントラストはあるものの、落ち着いたトーンにすることで大人っぽい仕上がりとなっている。全体を明るく染めるよりダメージが少ないことも魅力。

担当サロン:Violet栄店(バイオレットサカエテン) 西村俊輝さん

 

初出:インナーカラーでトレンド感満載ヘア!ぱっつん前髪の若見えミディ

記事を読む

【2】9トーンのアッシュブラウン

【how to“カラー”】
柔らかな9トーンのアッシュブラウン。好感度の高い上品ブラウンですが、透明感があり軽やかな印象になる。

担当サロン:AFLOAT RUVUA (アフロート ルヴァ) 高橋京佳さん

 

初出:面長カバーの“前髪×ひし形内巻きミディ”は大人可愛い印象が手に入る最強ヘア!

記事を読む

ダークカラーが楽しめる「暗め」アッシュブラウン【3選】

【1】5レベルのブラウンアッシュ

【how to“カラー”】
太陽の光に当たるとほんのり透ける5レベルのブラウンアッシュに。伸びた時に根元が気にならなのもメリット。

担当サロン:drive for garden( ドライブフォーガーデン) 吉田有花さん

 

初出:オールバックで辛口ムードに!甘めに飽きたらウェット仕上げのクールボブヘアを

記事を読む

【2】7レベルのアッシュブラウン

【how to“カラー”】
7レベルのアッシュブラウンをチョイス。地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれる。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

 

初出:透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に|地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

記事を読む

【3】7トーンのダークブラウンアッシュ

【how to“カラー”】
赤みのない青系のカラーは髪に透け感や透明感を与え、暗いカラーでもペタッとならず立体感を出す。ツヤが高いので上品な印象を与える効果も。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 石見優衣さん

 

初出:暗めカラー必須のお仕事でも“耳下平巻きパーマ”なら、明るく柔らかな印象のセミロングに

記事を読む

アッシュブラウンの「ショート」【4選】

【1】6レベルのアッシュブラウン×ハイライトの洗練スタイル

【how to“ベース&カラー”】

  1. 前髪の長さをリップに設定し、サイドから前髪にかけて前下がりにカット。
  2. バックの毛量調整では重さを残しつつ、ラインを見せるスタイルに仕上げる。また、バックのウェイトは低く設定して、若見えヘアに。
  3. カラーは、10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れながら、ベースを6レベルのアッシュブラウンに染める。アッシュブラウンは、肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えたブラウン。

【how to“スタイリング”】

  1. ハイライトがキレイに見えるところで分け目をつけて髪を乾かす。
  2. ドライ後、ストレートアイロンでさらっと通すようにプレス。
  3. スタイリング剤は重めのヘアオイルをセレクトし、髪全体に塗布したら両手で髪を挟んでカットラインをしっかり出す。前髪にもスタイリング剤をつけて、束感をつくりウェットな質感に仕上げたら完成。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 原倫子さん

 

初出:シンプルなショートボブをスタイルアップさせる要は、個性的なハイライトにあり!

記事を読む

【2】8レベルのアッシュブラウンの大人顔ショートヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでベースをカットする。トップには角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取る。耳にかけた時に“ぴょんぴょん”と毛が飛び出さないよう計算して、毛量調整は控えめに。
  2. カラーは、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウンに。アッシュに寄り過ぎていないため、顔色をキレイに見せる効果があり、オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味。


【how to“スタイリング”】
  1. ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てる。
  2. 乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通す。
  3. ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルを選ぶ。オイルを全体的に馴染ませ、手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。
  4. ふんわりさせる場合、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

 

初出:長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK

記事を読む

【3】9レベルのアッシュブラウンの丸みショート

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースカットはサイドグラデーションに。バックは丸みと襟足のくびれを骨格に合わせてコントロール。
  2. 顔まわりは前上がりラインと量感調整で軽さをメイク。
  3. カラーは9レベルのアッシュブラウンに。アッシュのニュアンスが控えめで、透明感があり赤みをおさえるナチュラルアッシュが断然おすすめ。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、両サイドを3段に分け、26mmのアイロンかストレートアイロンで下段はさらっと、中段はしっかり、上段はややしっかりそれぞれ内巻きワンカール。
  2. バックも同様に2~3段に分けてワンカール巻きます。耳まわりや襟足は巻きすぎないように注意。
  3. スタイリング剤はツヤ感と束感を出すワックスやオイルを下から手ぐしを入れて揉み込むように塗布します。耳にかけてからもみあげを少しかぶせるように出し、全体を整えたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 加茂愛仁さん

 

初出:初ショートヘアはこれで決まり!丸みシルエットのカジュアル美人ショート

記事を読む

【4】10レベルのアッシュブラウンの耳掛けショート


【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドはリップラインくらいの長さに切り、レイヤーを入れる。襟足は首の根本くらいですっきり切り、首が引き締まって見えるように沿う形でシャギーを。 バックの横から見たシルエットは重めに設定。襟足のシャギーの上に丸みが来ますが、量の調節をしっかりすることで軽やかさを出せる。
  2. 前髪は、トップから分けて薄めに。長さは瞳くらいだと、大人っぽい印象になる。
  3. カラーは、10レベルのアッシュブラウン。ショートに明るいカラーを合わせることで、立体感を醸し出せる。


【how to“スタイリング”】

  1. バーム(オイル系ワックス)で少しホールド感のあるタイプをチョイス。サイド、バック内側、襟足の順につけていき、手に残ったバームでトップ、前髪をつけていく。トップと前髪につけすぎてしまうと、せっかくの立体感がつぶれてしまうので注意!
  2. 耳掛けスタイルは、もみあげを気持ち外して耳にかけずと落とすと、一層しゃれ感が増す。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 秋山智彦さん

 

初出:計算された耳掛けヘアスタイルでつくる爽やかショート!立体感と抜け感で軽さを演出

記事を読む

アッシュブラウンの「ボブ」【3選】

【1】7レベルのアッシュブラウンのツヤ髪ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを肩下のワンレングスでカット。内巻きになりやすいようインサイドにグラデーションを入れる。
  2. 前髪は眉にかかる程度のレングスに。サイドとマッシュラインでつなげているので、耳かけをした時も顔まわりが可愛くキマる。
  3. カラーは、柔らかい印象の7レベルのアッシュブラウンに。赤みを抑えつつ、ツヤ感をもたらす色味。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. ボブの鉄則はストレートタッチに仕上げることなので、トリートメント効果に優れたストレートパーマがおすすめ。広がりを抑えるナチュラルな仕上がりで、手触りもアップする。ストレートをかけていれば、スタイリングはドライヤーで乾かすだけでOK。気になる人は前髪だけストレートアイロンを通しても。
  2. ストパーなしなら、ストレートアイロンでワンカールになるよう軽く通す。
  3. どちらもオイルを毛先→前髪と塗布し、最後に表面をなでるようにツヤ感を出します。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 丸山成穂さん

 

初出:王道のツヤ髪ボブのカギは、“コスメストレート”パーマで作るのが新しい!

記事を読む

【2】7レベルのアッシュブラウンのウェーブボブ


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨上の長めのボブにカットし、表面にレイヤーを入れ軽い動きを出やすくする。
  2. 前髪は目にかかる長さ~リップラインくらいまで対応可能で、伸ばしかけでもストレスなくおしゃれに。
  3. カラーは7レベルのアッシュブラウンをセレクト。パーマに合わせて柔らかい印象に仕上げ、大人女性の落ち着いた雰囲気を感じさせる色味。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは18~20mmのロッドでウェーブ状の動きとなるように巻き、顔まわりと表面はリバースに流れるようにデジタルパーマをかける。
  2. スタイリングは、やや毛先が湿っている状態まで乾かし(根元はしっかり乾かすこと)、ツヤ感のあるトリートメントムースを中間から毛先に塗布。トリートメントムースは、オイルのようなウェット感で髪の水分をしっかりキープできるタイプがおすすめです。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 本木ヨシヒサさん

 

初出:伸ばしかけのヘアでも洒落見えするボブは、クールな束感と柔らかウェーブがカギ!

記事を読む

【3】8トーンのアッシュブラウンの外ハネウルフボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。表面にレイヤーを入れやや軽さを出す。
  2. 前髪は目の上ギリギリでカット。隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。
  3. カラーは8トーンのアッシュブラウン。程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せる。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かす。トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。
  2. 26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOK。
  3. 全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成。
  4. ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできる。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

記事を読む

アッシュブラウンの「ミディアム」【2選】

【1】7トーンのアッシュブラウンの小顔見えが叶うレイヤーミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨丈。バックの中心からサイドに向かって、やや前上がりに丸みをつけてカット。
  2. (写真のモデルは丸顔なので)あご下から鎖骨にかけてレイヤーを入れ、顔周りに縦のラインを作る。またレイヤーを入れた左右の毛束であごを包むのも小顔に見えるポイント。トップにもレイヤーを入れ、表面にふわっとした毛束を作る。
  3. 前髪は軽く巻いて目の上に流れるように、目にかかる長さでカットし自然とサイドにつなげる。厚めに作っておでこを隠すと小顔効果UP。
  4. カラーは7トーンのアッシュブラウンで、ツヤを出しつつ赤みを抑え上品な印象に。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすときトップの毛束を持ち上げ、左右に寄せながら乾かすとふんわりします。裾は後ろから手前に持ってくるように手ぐしを入れながら乾かして。
  2. 32mmのアイロンで毛先のみ軽くワンカール。顔周りの毛束があごを包むと小顔に見えます。前髪も軽く巻いてサイドに流す。
  3. 少しセット力のあるクリームワックスを全体になじませ、表面の毛束をふわっとさせれば完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 斎藤詩歩さん

 

初出:顔周りと表面に入れる“Wレイヤーミディ”なら、丸顔もエラ張りも面長もカバーして小顔が手に入る!

記事を読む

【2】7レベルのアッシュブラウンの厚めバングミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを鎖骨上くらいの長さでカット。全体的に束感が出やすいように毛量を調整。
  2. 前髪は目にかからないギリギリの長さでカット。サイドにかけてマッシュラインを作る。
  3. カラーは7レベルのアッシュブラウンに。パーマヘアの場合、パサついて見えやすいので、アッシュといえども温かみのあるアッシュブラウンに仕上げる。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは23mmのロッドを使い、平巻きで根元近くまで巻く。レイヤーを入れたトップと前髪は、1回転半くらい巻き込みパーマをかける。
  2. スタイリングは、ドライしてスタイリング剤をつけるだけの簡単ヘア。ドライヤーで乾かしたらウェットな質感で髪にツヤを与えるオイルバターをパサついて見えやすい中間から毛先に塗布。トップは毛先のみ馴染ませ、最後に前髪に軽くつけたらフィニッシュ。

担当サロン:Sui(スイ) 新地琢磨さん

 

初出:手間なしで決まる!前髪ありミディは、ラフなカール感の秋パーマで

記事を読む

アッシュブラウンの「セミロング」

8トーンのアッシュブラウンの外ハネセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下5cm。バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れる。外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切。
  2. 前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。
  3. カラーは8トーンのアッシュブラウン。赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与える。

【how to“スタイリング”】

  1. 前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなる。また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできる。
  2. 32mmのアイロンで裾を外ハネワンカールに。全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIX。
  3. ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事