ヘアカラー
2022.3.22

【実例15選】柔らかブラウンベージュは万能ヘアカラー

\"\"

柔らかさと透明感を感じるブラウンベージュは人気の高い髪色です。『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルから、季節毎に似合うトーンと明るめ・暗めの髪色をご紹介します。

ブラウンベージュの【魅力】

副店長/トップスタイリスト

原菜摘さん

自分史上最高の【ショート】【ボブヘア】を作ります。お客様の骨格に合わせてフィットするスタイルが得意です。トレンドのカラーやパーマと組み合わせながら、自分史上一番しっくりくる【ショート】【ボブヘア】をおすすめします。

ブラウンベースで大人の女性にも似合う人気の高いヘアカラー。その中でもベージュブラウンは高い人気があり、髪の柔らかさや軽さ、透明感を出すのにぴったりです。肌馴染みが良く、イエベ、ブルベどちらの方も、どの年代でも、オールシーズン行ける万能カラーなんです。

 

初出:髪色講座Vol.12【ベージュブラウン】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

「シーズン別」それぞれの季節に合うブラウンベージュ【4選】

【1】春

【how to“カラー”】
9トーンのブラウンベージュ。ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 菅田美保さん

 

初出:厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

記事を読む

【2】夏

【how to“カラー”】
10レベルのブランジュ。ブランジュは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、透け感があり軽い印象を与えます。また、肌ぐすみのカバー効果も。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清家勇典さん

 

初出:前髪なしのレイヤーロングは、“ほつれ感”プラスで今どきの色っぽ美人に

記事を読む

【3】秋

【how to“カラー”】
8レベルのブラウンベージュをセレクト。ブラウンのツヤ感とベージュの透明感のベストマッチカラーは、オフィスシーンにも馴染む万能カラーです。

担当サロン:Violet 表参道店(バイオレット オモテサンドウテン) 内田圭悟さん

 

初出:シースルーバング&ハネ感がお洒落な大人のコンパクトボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】冬

【how to“カラー”】
柔らかい印象とツヤ感を与えるブラウンベージュに。ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたカラーになります。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 加茂愛仁さん

 

初出:長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

記事を読む

「明るめ」のブラウンベージュ【4選】

【1】9トーンのベージュブラウン

【how to“カラー”】
派手になりすぎず、透明感がほしい!髪の毛の量が多く重たく見えるという方にオススメのトーンです。髪を柔らかく見せてくれ、お顔の印象を明るくしてくれます。イエベ、ブルベどちらも◎。

%ef%bc%98

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 原菜摘さん

【2】11トーンのベージュブラウン

【how to“カラー”】
ブリーチせずに出来るだけ明るくしたい方にオススメです。肌馴染みがいいので、明るめカラーに挑戦したい方は最初にベージュブラウンをやってみるのが◎。明るく、柔らかい雰囲気を出してくれます。ファーストグレイ世代の方の白髪ぼかしにもオススメです。

%ef%bc%91%ef%bc%91

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 原菜摘さん

 

初出:髪色講座Vol.12【ベージュブラウン】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

【3】寒色系のブラウンベージュ

【how to“カラー”】
明るめでも派手さがなく、大人っぽい雰囲気の仕上がりに。色落ちしてもキレイなのもポイントです。

担当サロン:Violet 表参道店(バイオレット オモテサンドウテン) 上野大輔さん

 

初出:ワンカールでつくるお洒落ヘア!あざとさも、小顔も狙えるセミロング| 最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】11トーンのベージュブラウン

【how to“カラー”】
11トーンのベージュブラウンに、極細のハイライトをたくさん入れています。そうすることで白髪がぼけて◎。顔まわりは、ブリーチを2回して、しっかり色々を抜いた後、ペールラベンダーで色をのせて、ポイントをつくっています!ベースの色となじむのでやりすぎ感は全くでないです。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:2ハイトーンで白髪をぼかす!上級大人ショートボブスタイル

記事を読む

「暗め」のブラウンベージュ【3選】

【1】6トーンのベージュブラウン

【how to“カラー”】
ダークベージュカラーはナチュラルな透明感とツヤ感も出してくれます。職場で髪を明るく出来ない方にも、柔らかさの出るカラーでお肌も白く見せてくれます!

%ef%bc%96

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 原菜摘さん

 

初出:髪色講座Vol.12【ベージュブラウン】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

【2】7レベルのブラウンベージュ

【how to“カラー”】
暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。

担当サロン:Sui(スイ) 中村育美さん

 

初出:小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

記事を読む

【3】8トーンのブラウンベージュ

【how to“カラー”】
好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。短くても軽く見えず上品な印象に。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

 

初出:丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

記事を読む

「レングス別」ブラウンベージュの髪型【4選】

【1】「ショート」落ち着いた色味のレイヤーヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. ショートボブベースに、顔まわりを囲うようにレイヤーを入れる。また、バックは首を美しく見せつつえり足にくびれを出すように、レイヤーをオン。
  2. 前髪は長めのシースルーで絶妙な束間を出すのがポイント。
  3. カラーリングは落ち着いた色味の8レベルのブラウンベージュに、トップを中心にハイライトを入れる。細めのハイライトにより、赤みを打ち消し透明感のある仕上がりに。

【how to“スタイリング”】

  1. 分け目がつかないよう、トップのボリュームを出しながら乾かしてから、32mmのアイロンで毛先をワンカールするだけの簡単ヘア。
  2. ボリューム感をキープするスプレーワックスを全体につけてから、毛先にヘアオイルを重ねて束間を整えたら完成。

担当サロン:Violet 表参道店(バイオレット オモテサンドウテン) 内田圭悟さん

 

初出:シースルーバングと技ありレイヤーで、おしゃれに差がつく美人ショートボブ

記事を読む

【2】「ボブ」ツヤとほんのり赤みを感じる無造作ヘア


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨上くらいの長さ設定で、平行ラインのグラデーションボブに。ふんわりとした後頭部と作るよう前下がりのレイヤー、こめかみや顔まわりには輪郭を包むように前上がりのレイヤーを入れる。
  2. 前髪は浅め&やや幅広に取り、目にかからないギリギリの長さでカットします。前髪とサイドを自然なラインでつなげることで、大人っぽい雰囲気に。
  3. カラーは8レベルのショコラベージュをセレクト。チョコレートのようなほんのり赤みを感じるブラウンとベージュをミックスし、ツヤと軽さのある仕上がりとなっている。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは、低温デジタルパーマで18~23mmのロッドを使い、毛先1カール強のパーマをかける。髪への負担が少なくツヤの出るパーマなので、ダメージを気にする人にもおすすめ。
  2. スタイリングは、根元からドライし、手ぐしでカールを伸ばすようにふんわり乾かす。ヘアオイルやヘアバターをえり足などのバックから塗布し、その後全体に馴染ませる。最後に手に残っているスタイリング剤を前髪に付けたらフィニッシュ。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:透け前髪&顔周りひし形シルエットで、大人フェミニンなボブをかなえる!

記事を読む

【3】「ミディアム」華やかな外ハネミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨の長さでベースをワンレングスでカット。前上がりのレイヤーを入れ、ボボリュームと動きが出しやすいスタイルに。
  2. 前髪はエレガントさを感じさせるおろし流しができる長さで薄めにカットする。
  3. カラーは8レベルのベージュブラウンに。黄色ベースのベージュ系カラーで、ふんわり明るく、華やかで柔らかさのある印象を与えてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングのコツは、スバリ巻き過ぎないこと!32mmのアイロンで外ハネにしますが、髪を中間から挟みスライドさせながらカールづけをする程度でOK。
  2. スタイリング剤はさらっとしたツヤ感で今どきの質感をメイクするオイルミルクをチョイス。しっかり手の平に伸ばしてから、毛先を中心にアイロンで作った外ハネを崩さないように塗布。手ぐしで外に返すように、スタイリング剤をなじませると◎。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:透け感前髪+シャレ感のある上品な外ハネミディで、カジュアルでも華やかに

記事を読む

【4】ややこっくりした色味のレイヤーロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは胸の高さくらいで前上がりのワンレングスでカット。レイヤーはしっかり目に入れて、動きと軽さを出す。
  2. 前髪はリップラインに設定。かき上げて髪が落ちてきた時の透け感を計算して、やや薄めに作る。
  3. カラーは、8レベルのブラウンベージュに。そろそろ秋仕様に、ややこっくりした色味にシフト。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは「SUGAMIパーマ」を28mmのロッドを使い、ニュアンスが出やすいようにフォワードとリバースをランダムに巻く。
  2. スタイリングは、ばーっとドライヤーで乾かしてから、軽めのワックス、もしくはクリームをクシャクシャっと全体的に揉み込んだらフィニッシュ。
  3. 前髪はセンターパートがオススメですが、生えグセが強い場合は、自然な分け目を活かしてリラックス感のあるスタイルを楽しんで。

「SUGAMIパーマ」とは…通常のパーマよりもダメージレスで、クルリとしたカール感ではなくニュアンスのある、よりやわらかい仕上がりを叶えるパーマ。

担当サロン:Sui(スイ) 塩田勝樹さん

 

初出:大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事