健康・ヘルスケア
2020.1.30

「気持ち悪い~」から早く抜け出す!二日酔いの治し方&復活レシピ

飲み過ぎた翌日はまるで廃人……。心当たりがある方が多いのでは?ここではただただ気持ち悪いという二日酔いの最悪な状況からできるだけ早く回復するための対処法を集めました。二日酔いに効果てきめんな食べ物やレシピ、また二日酔い防止のレシピも。ご活用ください!

【目次】
「ああ、気持ち悪い……」に効果バツグン!二日酔いの対処法
「気持ち悪い~~」の絶賛二日酔い中!に効く食べ物&レシピ
「気持ち悪い~」にならない!二日酔いを予防する食べ物&レシピ

「ああ、気持ち悪い……」に効果バツグン!二日酔いの対処法

料理研究家の晩酌&二日酔い防止対策

教えてくれたのは・・・料理研究家 上田祥子さん

ienomi_02

福岡県生まれ。1991年にクラリオンガールに選ばれる。‛96年より美容ライターとして活躍し、アジア各国の美容を取材。韓国は140回以上訪れ、「大人の美肌韓国コスメ」(竹書房)などの著書も。美容健康法も評判。

■二日酔い対策には、黒にんにくや、飲む前の「ハイチオールC」
お酒を飲むときに必ず合わせるのが、みそやチーズなどの発酵食品。翌日お酒が残りにくいですし、代謝も上がるので、夜遅くに食べて飲んでも、罪悪感は少々ですみます(笑)。発酵食品の菌は、生きて腸に届けたいもの。お気に入りは黒にんにく。ニオイもなく甘いので、ドライフルーツ感覚でつまんでいます。熟成させることで増加するS-アリルシステインには優れた抗酸化作用があり、代謝にもアプローチしてくれますし、ポリフェノールもとれるので、美容と健康には効果大です。みそも、だし汁に溶いて冷製スープにすることが多いです。コチュジャンを溶いてスパイシーな味にするとお酒にもよく合うんです。私が作るおつまみは、ほとんどが切る、のせる、混ぜる…という簡単なもの。お酒が進んで、「もうちょっとつまみたい…」というとき、酔っていても作れるものばかりです(笑)。お酒は「翌日残らない」ことが鉄則なので、ウイスキーやナチュラル系ワインを飲んでいます。二日酔い対策には、黒にんにくや、飲む前の「ハイチオールC」も効果的。とうもろこし茶や小豆茶は利尿効果が高く、むくみも解消してくれます。肩書き、二日酔い研究家にしようかなと思う今日この頃です(笑)。

美容賢者の体に優しい家呑みごはん|vol.20

ワインソムリエの晩酌&二日酔い予防対策

教えてくれたのは・・・ワインソムリエ 竹内香奈子さん

ienomi_02-1

愛知県生まれ。独学でソムリエ資格を取得。大阪のワインショップ「mista」の店長を務め、600店以上のワインプロデュースを手掛ける。シーズンごとのセレクト、気軽に飲めるワイン選びも人気。著書に「男のためのハズさないワイン術」(フォレスト出版)など。

■二日酔い予防には、飲む前にオリーブオイルをスプーン1杯!
仕事でもプライベートでも、飲むのは常に美容にいいワイン!赤ワインはポリフェノールたっぷりで美肌効果があり、ミネラル豊富な白ワインはデトックス効果も。ヘルシーなおつまみと合わせたら、よりキレイになれそうですよね。家飲みのおつまみは野菜中心の和食。お店が終わる22時以降に仕事でフレンチを食べることも多いので、家ではあっさりと食べたくて…。それにワインは、同じ発酵食品のみそやしょうゆ、ぬか漬けとも相性がいいんです。タコを使った地中海風サラダは深夜のおつまみにも。私はこのサラダで年末年始に増えた体重を戻しました(笑)。ワインは魚には白系、肉には赤系といわれますが、あえて逆に。肉料理でも、菜の花のように苦みがある食材を使っていたらハーブ感のある白ワインが合う。迷ったら、食材の味と似た要素をもつワインを合わせてみてください。二日酔い予防には、飲む前にオリーブオイルをスプーン1杯飲みます。胃に膜ができ、アルコールの吸収が緩やかになるんです。外ごはんのときは、ドレッシングのかかったサラダやナッツを先に食べておくといいですよ!

美容賢者の体に優しい家呑みごはん|最終回

野菜ソムリエの二日酔い対策

教えてくれたのは・・・ファッション & ライフスタイルプロデューサー 野菜ソムリエプロ Atsushiさん

野菜ソムリエの二日酔い対策

【激むくみにはトマトジュース!】

野菜ソムリエの二日酔い対策

「飲みすぎた日の朝や撮影がある日は、カリウムたっぷりで二日酔いの症状を和らげるトマトジュースを飲むと効果てきめん。また抹茶は利尿効果に加え、強力な抗酸化作用があるのでお湯に溶かして飲んでいます」

スープの達人Atsushiさんの小顔を作る秋レシピ|豆でハリをアップしてスッキリ顔に!

「気持ち悪い~~」の絶賛二日酔い中!に効く食べ物&レシピ

体にやさしい根菜スープ4品

教えてくれたのは・・・ファッション & ライフスタイルプロデューサー 野菜ソムリエプロ Atsushiさん

体にやさしい根菜スープ4品

【根菜のカレースープ】
むくみはカリウム豊富な芋&カボチャでリセット。二日酔いの日にも効きます。

体にやさしい根菜スープ4品

【材料(2人分)】
鶏ささ身……2~3本(110g)
カボチャ……1/10個(150g)
れんこん……80g
ごぼう……2/3本(100g)
にんにく……2片
オリーブオイル……大さじ1
水……400ml
A(固形コンソメ……2個、カレー粉……大さじ1、酒……大さじ1、塩……適量)

【作り方】
(1)ささ身は食べやすい大きさに切る。カボチャは種とワタを取り、れんこん、ごぼうと共に、皮ごと食べやすい大きさに切る。
(2)にんにくをみじん切りにする。
(3)鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、にんにくを炒める。香りが出たら(1)を入れ、炒める。
(4)食材に火が通ったら水を加える。沸騰したらアクを取る。
(5)Aを入れ、味を調える。

【じゃが芋ツナチャウダー】
豆乳もカリウムが豊富。ツナがいいコクを出してくれます。

体にやさしい根菜スープ4品

【材料(1人分)】
じゃが芋(中)……1/2個 (70g)
水……50ml
A(ツナ水煮缶……1個(汁ごと 70g)、固形コンソメ……1個、豆乳……150ml、イタリアンパセリ……好みで)

【作り方】
(1)じゃが芋は皮ごと1cm角に切る。
(2)マグカップに(1)と水を入れてラップをかけ、電子レンジ(500W)で3分程加熱する。
(3)(2)にAを加え、さらに2分程加熱する。好みでパセリを飾る。

【里芋と焼きサンマのしょうがスープ】
低糖質の里芋、美肌をキープする青魚もカリウムが豊富。魚は好みの青魚で。焼いてほぐし入れると香ばしくて美味。

体にやさしい根菜スープ4品

【材料(2人分)】
サンマ……1尾
里芋(冷凍)……10個
竹の子(水煮)……50g
にら……1/4束(25g)
しょうが……20g
ごま油……大さじ1
水……400ml
A(昆布だし……1袋(8g)、酒……大さじ1、しょうゆ……大さじ1、すりごま……大さじ2)

【作り方】
(1)サンマは魚焼きグリルなどで両面を焼く。
(2)里芋と竹の子は食べやすい大きさに、にらは粗みじんに切り、しょうがはせん切りにする。
(3)鍋にごま油を入れて中火にかけ、しょうがを炒める。香りが出たら竹の子を加え、炒める。
(4)水を加え、沸騰したら里芋を入れる。アクが出たら取る。
(5)(1)の身をほぐして入れ、Aを入れて味を調える。器に注ぎ、にらを加える。

【さつま芋のポタージュスープ】
さつま芋+豆乳+アーモンドでカリウム量を底上げ。さつま芋はじっくり蒸すことで甘さがぐっと引き立ちます。冷やしてもおいしい。

体にやさしい根菜スープ4品

【材料(2人分)】
さつま芋……2/3本(150g)
A(アーモンド……15粒、きな粉……大さじ2、クリームチーズ……100g、固形コンソメ……1個、豆乳……500m)
アーモンド(トッピング用 )……5粒

【作り方】
(1)さつま芋は20分以上蒸す。
(2)(1)とAをミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌(かくはん)する。
(3)(2)を鍋に移して弱火~中火にかけ、沸騰しない程度に温める。器に注ぎ、アーモンドを砕いてトッピングする。

芋&カボチャでむくみを集中解消!小顔を作る秋スープレシピ4

二日酔いに効く!枝豆の4品

教えてくれたのは・・・料理家・管理栄養士 美才治真澄さん

二日酔いに効く!枝豆の4品

【枝豆】
枝豆といえば、塩ゆでが一般的ですが、これは今や「EDAMAME」として海外でも人気です。「畑の肉」とも呼ばれる枝豆は、緑黄色野菜の栄養素に加え、肉や魚に含まれる栄養素も豊富と、かなりの栄養価。アルコールの分解を促してくれるので、飲みすぎや二日酔い防止にぴったりです。

二日酔いに効く!枝豆の4品

【栄養】
枝豆は、大豆が熟す前に収穫されたもの。一般的な青豆系のほか、山形のだだちゃ豆などの茶豆系、京都の丹波黒大豆などの黒豆系がある。旬は6〜9月。疲労回復、二日酔い防止、むくみや便秘、貧血や冷え性改善に効くなど栄養価が高い。ビタミンB1とマグネシウムは夏のだるさやスタミナ不足の解消に。アミノ酸の一種メチオニンは、ビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンやミネラル、食物繊維も豊富。

【エスニックひたし枝豆】
ビタミンB1とマグネシウムで疲労回復。味が染みた皮をちゅうちゅう吸って!

二日酔いに効く!枝豆の4品

【材料(作りやすい分量)】
枝豆……1袋(約250g)
塩……大さじ1
A[レモンスライス……4枚(皮はむく)、青唐辛子(または赤唐辛子)……3本(小口切り)、にんにく……1/2片(みじん切り)、ナンプラー……大さじ1、ごま油……小さじ1、水……大さじ2]

【作り方】
(1)枝豆はさやごと塩もみし、うぶ毛を取る。
(2)鍋に1L程度の湯を沸かし、(1)を塩がついたまま入れる。時々混ぜながら約5分ゆで、ざるに上げる。さやの両端をキッチンバサミで切る。
(3)(2)とAをポリ袋に入れ、空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫で2時間以上冷やす。

【枝豆と生ハムの下ろし和え】
枝豆と大根下ろしを和えた、さっぱり系の夏つまみ。生ハムで巻いて食べて。

二日酔いに効く!枝豆の4品

【材料(1人分)】
ゆで枝豆(実)……1/2カップ(約70g)
大根……7cm
生ハム……6枚
ポン酢しょうゆ……小さじ2
オリーブオイル……小さじ1/2
すだち……好みで

【作り方】
(1)ゆで枝豆は粗く刻む。大根は皮ごと鬼下ろしなどで粗く下ろし、軽く水気を絞り、枝豆と和える。生ハムは室温に戻す。
(2)おろし和えを器に盛り、ポン酢しょうゆとオリーブオイルをかけ、生ハムと好みですだちを添える。

【枝豆塩辛バター】
葉酸、鉄、銅、ビタミンB12の貧血予防栄養素をコンプリート。塩辛の代わりにアンチョビを使ってもおいしい。

二日酔いに効く!枝豆の4品

【材料(1人分)】
ゆで枝豆(実)……2/3カップ(約100g)
パセリ……小さめ2束
イカの塩辛……大さじ3
バター……小さじ1
黒こしょう・クラッカー……各適量

【作り方】
(1)ゆで枝豆は粗く刻む。パセリはみじん切りにする。
(2)フライパンにバターを熱し、中火でイカの塩辛を炒める。イカが丸まって香りが立ってきたら、(1)と黒こしょうを加え、全体に味が絡まるように炒める。器に盛り、クラッカーを添える。

【枝豆とつぶ貝のガリシア風】
タコやじゃが芋で作るスペイン料理を枝豆とコンビニのおつまみつぶ貝で。枝豆のビタミンB1・C、貝のタウリンでアルコール代謝もアップ。

二日酔いに効く!枝豆の4品

【材料(1人分)】
ゆで枝豆(実)……1/2カップ(約70g)
じゃが芋……1個
A[つぶ貝(味つき)……50g、パプリカパウダー……小さじ1/2(またはチリパウダーを小さじ1/4)、スモークソルト(または塩)……小さじ1/3]
オリーブオイル……小さじ1と1/2

【作り方】
(1)じゃが芋は洗って皮ごとラップで包み、電子レンジ(600W)で約3分加熱し、皮ごと一口大に切る。
(2)フライパンにオリーブオイルを熱し、ゆで枝豆と1を入れ、焦げ目がつくまで中火で炒める。
(3)Aを加え、調味料が全体に混ざり合うまで炒める。

旬をまるごと! 家呑みごはん #4|肉や魚、野菜の栄養素が詰まったおトク食材!『枝豆』

二日酔いに効く!まいたけの4品

教えてくれたのは・・・料理家 村上由紀子さん

二日酔いに効く!まいたけの4品

【まいたけ】

二日酔いに効く!まいたけの4品

【栄養】
独特の香りと食感があるきのこの一種。年中手に入り、黒まいたけ、白まいたけなどもある。きのこ類の中でも栄養素が多く、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、腸内環境を整え、食べすぎ防止にもなる不溶性食物繊維、肌あれや二日酔い予防に効くナイアシンも豊富。まいたけにのみ含まれるマイタケα-グルカンはインフルエンザ予防効果、MD-フラクションは高い抗がん作用も期待されている。朝食に食べるとやせやすくなるという研究結果も。

【まいたけのオイル煮】
加熱するとまいたけのうまみが凝縮。タイムの香りもよく合う。サラダに和えても。

二日酔いに効く!まいたけの4品

【材料(2人分)】
まいたけ……1株(約100g)
A[オリーブオイル……200ml~(浸るくらい)、タイム……6〜8本、赤唐辛子……2本]
塩、しょうゆ、レモン……好みで

【作り方】
(1)まいたけは手で半分の大きさに裂く。
(2)小鍋に(1)とAを入れ、中火にかける。オリーブオイルがふつふつとしてきたら弱火にし、2~3分煮る。
(3)まいたけを器に盛り、好みで、塩、しょうゆをかけ、レモンをしぼっていただく。

【まいたけのフリッタータ】
よそ行き顔のイタリア風オムレツ。栄養価も高い。1度トースターで焼くと中がふんわりとした仕上がりに。

二日酔いに効く!まいたけの4品

【材料(2人分)】
まいたけ……1株(約100g)
卵……3個
A[塩……小さじ1/4、こしょう……少量、粉チーズ……大さじ2(パルミジャーノ・レッジャーノがおすすめ)]
バター……15g(大さじ1程度)

【作り方】
(1)まいたけは手で食べやすい大きさに裂く。
(2)ボウルに卵を割りほぐし、Aを加えて混ぜ合わせる。
(3)スキレットなどに(1)とバターを入れ、中火でしんなりするまで炒めたら、(2)を流し入れ、へらで優しく混ぜながら、卵に5割方火を通す。
(4)トースター(1,000W)に入れ、3~5分焼く。
※トースターがなければ、8割程火を通した後、蓋をして弱火で2~3分焼く。

【まいたけと鮭の豆鼓炒め】
アンチエイジングフードのサケをごろっと入れて。注目の発酵食品・豆鼓(とうち)で、コクとうまみ、栄養価もアップ。

二日酔いに効く!まいたけの4品

【材料(2人分)】
まいたけ……1株(約100g)
生鮭……1切れ(約80g)
菜種油……大さじ1
A[豆鼓……10g(粗く刻む)、酒……大さじ1、しょうゆ……小さじ1と1/2]

【作り方】
(1)まいたけは食べやすい大きさに手で裂く。鮭は一口大に切る。
(2)フライパンに菜種油を引き、中火で熱する。鮭を入れ、焼き色がつくまで両面を焼く。
(3)まいたけを加え、しんなりとするまで炒めたらAを混ぜ合わせて回し入れ、絡める。

【まいたけとサラミ、オリーブオイルのマリネ】
存在感控えめながらお箸が止まらない。たんぱく質担当のサラミで程よい塩味。作ってすぐ食べてもおいしい。

二日酔いに効く!まいたけの4品

【材料(2人分)】
まいたけ……1株(約100g)
サラミ(スライス)……25g
グリーンオリーブ……12粒程度
A[にんにく……1片(薄切り)、輪切り赤唐辛子……少量、オリーブオイル……大さじ3]
B[白ワインビネガー……大さじ1、塩……小さじ1/4]

【作り方】
(1)まいたけは食べやすい大きさに手で裂く。サラミは5mm幅に切る。
(2)フライパンにAを入れ、弱火で加熱する。にんにくの香りが立ってきたらまいたけを加え、中火でしんなりとするまで炒める。
(3)Bを加えて混ぜ合わせたら火を止め、粗熱を取る。
(4)サラミとオリーブオイルを加えて和える。
※煮沸消毒した保存容器に入れて密閉し、冷蔵庫で1週間保存可能。冷えてオイルが固まったら、室温に戻してからいただく。

旬をまるごと! 家呑みごはん #11|ダイエットやインフルエンザ予防効果も注目!『まいたけ』

二日酔いに効く!ごまの一品

教えてくれたのは・・・美容栄養アドバイザー 石坂優子さん

【ごま】

二日酔いに効く!ごまの一品

【栄養】
胡麻の栄養成分の中でも、注目しておきたいのが「ゴマリグナン」。実はCMなどでおなじみの胡麻の成分、セサミンもゴマリグナンの中の1つです。ゴマリグナンはとても抗酸化力が高く、肝機能も高めてくれるのでしみやしわを予防するとともにアルコールの分解をスムーズにしてくれます。

【春野菜と豚肉の黒ゴマソテー】

二日酔いに効く!ごまの一品

【材料(2人分)】
豚肉薄切り(なるべく油の少ないもの)……8切れ
にんじん……1/4本
スナップエンドウ……4本
梅肉……適量
塩・こしょう……適量
黒すり胡麻……適量
オリーブオイル……大さじ1

【作り方】
(1)豚肉の表と裏に塩・コショウをしておく。にんじん、スナップエンドウは塩を入れた湯でさっと茹でて少し大きめの千切りにする。
(2)豚肉に梅肉を塗り、(1)のにんじんとスナップエンドウを豚肉の端が少し余るくらいに乗せたらもう1枚豚肉を重ねて端を折り返してまとめる。
(3)フライパンにオリーブオイルを熱し、(2)の全体に黒すり胡麻をつけ、両面をこんがりと焼く。

【ポイント】
焼くときにばらばらにならないようにしっかりと豚肉の端を折りたたみましょう。食感をのこすためにも、野菜の下茹で時に茹ですぎないようにしましょう。

【ひとことメモ】
二日酔いの原因は身体の中に残ってしまったアセトアルデヒド。最近の研究ではゴマリグナンは肝臓の活性酸素を除去するだけでなく、アセトアルデヒドを分解する酵素の量を増やすこともわかってきました。胡麻パワーで二日酔い防止!

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(53) 黒胡麻パワー!春野菜と豚肉の黒ゴマソテー

大根のみぞれ汁

教えてくれたのは・・・インナービューティープランナー・管理栄養士 木下あおいさん

【大根のみぞれ汁】
大根にはでんぷん分解酵素“アミラーゼ”が含まれているので、食べ物の消化を助けて二日酔い、胸やけなどの症状を和らげてくれます。具材に乾燥しいたけを加えると、わざわざだしをとらなくても味がととのうのでとっても簡単!お酒を飲む前に、二日酔い防止策としていただくのもおすすめですよ。

大根のみぞれ汁

【材料(2人分)】
大根……2㎝
しょうが……小さじ2杯分
ねぎ……1/2本
乾燥しいたけ……5g
木綿豆腐……1/3丁
みそ……大さじ2
水……3カップ

【作り方】

大根のみぞれ汁

(1)大根、しょうがをすり下ろし、ねぎを薄切りにする。大根は下ろし金に垂直に立てて、優しく円をくように下ろすと甘くなる。
(2)鍋にしょうが、ねぎ、乾燥しいたけ、水を入れ、乾燥しいたけがやわらかくなるまで弱火で煮込む。

大根のみぞれ汁

(3)すり下ろした大根、豆腐をくずし入れ、同量の水(分量外)で溶いたみそを加える。30秒程弱火にかけ、味がととのったら完成。

【+α menu 玄米を加えておじやにしても美味】

大根のみぞれ汁

みぞれ汁に茶碗1杯分の炊いた玄米を加えて、好みのかたさになるまで数分火にかける。満腹感があり消化もいいので、飲んだ翌朝にもぴったり。

毎日飲み会続きでも二日酔いを防ぎたい

オクラと山芋のネバネバサラダ

オクラや山芋、メカブのネバネバ成分であるムチンには、消化を良くしたり、肝臓や腎臓の機能を高める働きもあるので、お酒を飲む日には最適なサラダ。食べる直前にしっかり混ぜるとさらに効果がアップ。

オクラと山芋のネバネバサラダ

【材料】
オクラ……4本
山芋……100g
ミニトマト……8個
きゅうり……1/2本
無塩ミックスナッツ……100g
水菜……1株
厚揚げ……100g
ジャコ……10g
めかぶ……1パック
ドレッシング(ポン酢……大さじ1、ごま油……大さじ1、豆板醤……少量、ごま……適量)

【作り方】
(1)オクラときゅうりは輪切りにする。山芋は一口大に切る。ミニトマトは2等分にする。ミックスナッツは粗く刻む。水菜は3cm幅に切る。厚揚げは手で一口大にちぎる。
(2)コンテナに材料が層状になるように重ね入れる。

オクラと山芋のネバネバサラダ

柿とパクチー&大根サラダ

教えてくれたのは・・・美容エディター 門司紀子さん

noriko-monji

もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして〝雑誌づくり〟のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

【柿】
「柿が赤くなれば、医者が青くなる」」といわれるほど栄養価が高い柿。皮膚を強くしたり、シミやくすみを改善するだけでなく、免疫力を高めて風邪などのウイルスを防ぐ働きのあるビタミンCはみかん約2個分、一日の必要量をまかなえるほど。粘膜を強くし、免疫機能を高めるビタミンAも豊富。またβ-クリプトキサチンという成分を含み、ビタミンCとの相乗効果でガン予防にもパワーを発揮。たっぷりの食物繊維で老廃物の排出をサポートしたり、アルコールを分解するタンニンや、利尿効果を助けるカリウムが豊富で、二日酔い回復や高血圧の予防にも効果が。

柿とパクチー&大根サラダ

【材料】
柿……1個
パクチー……1/2束~1束
大根……4~5㎝
プレーンヨーグルト……大さじ2
マヨネーズ……大さじ2
レモン汁……大さじ2
黒こしょう……適宜

【作り方】
(1)柿の皮をむき、食べやすい大きさにカットする。種がある場合は種のある部分は取り除く。

柿とパクチー&大根サラダ

(2)大根は皮をむき、粗めの千切りにし、柿と一緒にボウルに入れる。

柿とパクチー&大根サラダ

(3)パクチーは洗ってから3~4cmの食べやすい大きさにカット。
(4)ドレッシングを作る。小さ目のボウルか深さのあるお皿にヨーグルト、マヨネーズ、レモン汁、黒こしょうを入れ、スプーンで均一になるように混ぜる。

柿とパクチー&大根サラダ

(5)(2)のボウルにパクチーと(4)のドレッシングを加え、ざっくりとあえる。

柿とパクチー&大根サラダ

(6)味見して適宜調味料を足し、お皿に盛る。

美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #12「柿とパクチー、大根のサラダ」

柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

教えてくれたのは・・・美容エディター 門司紀子さん

【柿の栄養効果】
ビタミンCが豊富でシミやくすみを改善する効果があるうえ、免疫力を高めて風邪などのウイルスを防ぐ働きも。ビタミンAもたっぷりで、粘膜を強くし、免疫機能を高める機能もバッチリ。またβ-クリプトキサチンという成分を含み、ビタミンCとの相乗効果でガン予防にもパワーを発揮するのだとか。忘年会などでお酒を飲む機会が増えるこの時期、二日酔い回復にもひと役買ってくれます。

柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

【材料】
柿……1/2個
クレソン……1わ
モッツァレラチーズ……1/2個(またはチェリーモッツァレラ……5~6個)
オリーブオイル……大さじ1
白ワインビネガー……大さじ1
塩・こしょう……適宜

【作り方】
(1)柿は半分にカットし、皮をむきへたを取り除き、食べやすい大きさにカット。

柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

(2)クレソンは葉~茎を3㎝幅くらいにカット。

柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

(3)ボウルに柿とクレソンを入れ、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩こしょうで味を調える。

柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

(4)皿に盛りながら、モッツァレラチーズをトッピング。

冬の美肌&体調管理に柿!「柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ」Today’s SALAD #65

梨の白和え

教えてくれたには・・・料理家 真藤舞衣子さん

【梨】

梨の白和え

【栄養効果】
全国で生産され、7〜9月に出回る。日本の和梨には、さっぱりした甘さで果汁が多い「二十世紀」など皮が緑色の青梨、甘みが強い「幸水」など皮が茶色の赤梨がある。洋梨も人気。たんぱく質、消化酵素が多く、肉と共に漬け込むと肉が柔らかく仕上がる。カリウム、食物繊維も豊富。ほとんどが水分なので熱があるとき、二日酔いのときにもおすすめ。

梨の白和え

【材料(4人分)】
梨……1個
いんげん……10本
三つ葉……1束
食用菊(干し菊)……10g程度(または生食用の食用菊1パック)
絹ごし豆腐……1/2丁(150g)
A(白ごまペースト……大さじ1、はちみつ……大さじ1、薄口しょうゆ……大さじ1)
塩……ひとつまみ

【作り方】
(1)梨は皮をむいてひと口大に切る。
(2)いんげんはゆでて斜めに5cm長さに切る。三つ葉はサッとゆで、しっかり水気をきり、5cm長さに切る。菊花もサッとゆでて水気をきる(生食用の場合はゆでなくてOK)。
(3)豆腐はしっかり水きりをする。
(4)ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせる。(3)を加え、全体がなめらかになるまで混ぜ合わせる。(豆腐を1度こしてから混ぜるか、ミキサーにかけるとしっかりなめらかになる)。塩で味を調える。
(5)(2)と(4)を和え、最後に(1)を加えて和える。

美容賢者の体に優しい家呑みごはん|vol.7

「気持ち悪い~」にならない!二日酔いを予防する食べ物&レシピ

二日酔いを予防する!イチジクの3品

教えてくれたのは・・・料理研究家 小堀紀代美さん

二日酔いを予防する!イチジクの3品

【イチジク】

二日酔いを予防する!イチジクの3品

【栄養】
アラビア南部原産で、「不老長寿の果実」として知られるイチジク。抗酸化物質や女性ホルモンのエストロゲンに似た成分が豊富で、肌あれや生理不順など女性の悩みに効果あり。豊富なたんぱく質分解酵素は消化を促し、二日酔い予防にも。食物繊維のペクチンは腸内環境を整えて美肌を導く。ドライの方が栄養価は高い。

【イチジクとカッテージチーズのメープルサラダ】
低脂肪のカッテージチーズはどんな食材も引き立てます。

二日酔いを予防する!イチジクの3品

【材料(2〜3人分)】
イチジク……2個
カッテージチーズ……50g
メープルシロップ……大さじ1と1/3
ベビーリーフ……適量
オリーブオイル……少量
Aドレッシングの材料(作りやすい分量)
(米酢……大さじ1、オリーブオイル……大さじ1、塩……ふたつまみ、砂糖……小さじ1/2、しょうゆ……小さじ1/2、玉ねぎのすり下ろし……大さじ1)
黒こしょう…適量

【作り方】
(1)イチジクは6等分のくし形に切る。
(2)カッテージチーズをほぐし、メープルシロップとよく混ぜ合わせる。
(3)ベビーリーフは冷水で洗ってシャキッとさせ、キッチンペーパーで水気を取る。ボウルに入れ、オリーブオイルをボウルの縁から入れ、底から大きく混ぜ合わせて全体に絡める。Aの1/4量~を加えてさっと和える。
(4)(1)と(2)を加え、両手で優しく和える。器に盛り、黒こしょうを振る。

【イチジクとビーツのマリネ】
どこか“土っぽい”食材の組み合わせは、ワインによく合います。ビーツはローストすると甘みが増して美味。

二日酔いを予防する!イチジクの3品

【材料(2~3人分)】
イチジク……2個
ビーツ……250g
A(赤ワインビネガー……大さじ1、メープルシロップ……大さじ1、オレンジの果汁……大さじ1、塩……小さじ1/4)
オリーブオイル……大さじ1~2
オレンジの皮……好みで

【作り方】
(1)ビーツは皮をよく洗い、皮つきのままアルミホイルで包む。オーブンペーパーを敷いたバットにのせ、180℃のオーブンで90分ローストする。
(2)(1)の皮をむいて輪切りにし、Aに30分以上つける(一晩つけてもOK)。
(3)イチジクはよく洗い、皮つきのまま輪切りにする。
(4)(2)→(3)の順に器に盛り、オリーブオイルを回しかける。好みでオレンジの皮をすり下ろして散らす。

【イチジクと豚肉の黒酢ソテー】
イチジクと豚肉との相性は最高。イチジクの果汁が黒酢の効いた豚肉に絡んで、ぐっとジューシーな味に。

二日酔いを予防する!イチジクの3品

【材料(2人分)】
イチジク……2個
とんかつ用の豚肉……2枚(約250g)
A(砂糖……大さじ1、しょうゆ……大さじ1、酒……大さじ1、はちみつ……小さじ2)
黒酢……小さじ2
太白ごま油(またはサラダ油)……小さじ2
万能ねぎ……適量

【作り方】
(1)イチジクは皮をむいて一口大に切る。
(2)豚肉は大きめの一口大に切り、Aに15分程つける。
(3)フライパンに太白ごま油を入れて中火で熱し、汁気をきった(2)を焼く。火が通ってきたら、2のつけ汁を加えて煮絡める。煮汁がなくなってきたら黒酢を加え、煮切る。
(4)(1)と(3)をさっと和えて器に盛り、小口切りにしたねぎを散らす。

キレイになれる秋フルーツのお惣菜レシピ 【イチジク編】

せん切り大根の梅和えサラダ

教えてくれたのは・・・美容エディター 門司紀子さん

せん切り大根の梅和えサラダ

【梅干し】
「1日1個の梅干しで医者いらず」とも言われているように、梅干しにはさまざまなうれしい効果が。梅干しに含まれるクエン酸は、体内に蓄積された乳酸を分解し、疲労回復力が抜群。さらに梅に含まれるビタミンEには抗酸化作用がありアンチエイジング効果も。また鉄分も多く含むため貧血予防にも。また生活習慣病の予防や、 整腸作用、代謝促進、二日酔いの解消、食中毒の予防…とにかく美容にも健康にもイイ効果だらけ!

せん切り大根の梅和えサラダ

【材料】
大根……5cm程度
キュウリ……1/2本
梅干し……2個
オリーブオイル……大さじ2
白胡麻……大さじ1
無添加だしパック……1/3袋

【作り方】
(1)大根をせん切りにする。

せん切り大根の梅和えサラダ

(2)キュウリもせん切りに。

せん切り大根の梅和えサラダ

(3)梅干しは種を取り除き、まな板の上で包丁で軽くたたいておく。

せん切り大根の梅和えサラダ

(4)ボウルに大根、キュウリ、たたいた梅干し、白胡麻、オリーブオイル、さらに無添加だしパックの袋を破って1/3程度加える。菜箸で全体を軽くあえてできあがり。

せん切り大根の梅和えサラダ

梅雨をさっぱり乗り切る!【千切り大根の梅和えサラダ】Today’s SALAD #43

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事