食・レシピ
2020.7.21

バジルのおしゃれな簡単レシピ8選!ハーブの栄養は美容面でも上手にとりいれて

イタリアンやエスニック料理でもよく使われ、ハーブ類の中でも比較的なじみのあるバジル。そのふくよかな香りが特徴です。スーパーでも珍しくなくなりましたが、皆さんは日常的にバジルを使っていますか?一度買っても使い回すことができずに中途半端な量を残してしまうこともあるのでは?ここではバジルの栄養を始め、気軽に作ることができるバジル入りレシピを集めました。少しバジルが入るだけでちょっとおしゃれに、しかも味わいもグンと深まります。ぜひおためしください!

【目次】
バジルの栄養って?
栄養満点!バジルをたっぷり使った美容レシピ

バジルの栄養って?

ハーブ類は免疫力アップ効果がある!

<教えてくれた人 美容栄養アドバイザー/石坂優子さん>

ハーブ類は免疫力アップ効果がある!

バジル、ローズマリー、チャービル、ディル、ミント、様々な種類があるハーブ。
お茶にしても美味しいですが、お料理にうまく使えることが出来ればレパートリーも増えますね☆

ハーブは4千~5千種類あると言われていて、その効能はそれぞれ違いますが、共通して言えるのは抗酸化成分を多く含み、免疫力をアップさせるものが多いということです。日当たりの良いところで育つのでビタミンCも豊富でハーブを食事に摂りいれることによってうれしい美容効果が期待できます。

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(67) ハーブ元気!ハーブたっぷりレバーペースト

栄養満点!バジルをたっぷり使った美容レシピ

アーモンドカポナータの冷製パスタ

たっぷり抗酸化成分で透明感の高い肌に!

アーモンドカポナータの冷製パスタ

<材料(1人分)>
パプリカ(赤、オレンジ、黄など好みで)……2個
アーモンド……6粒
にんにく(細かいみじん切り)……1/2片
ワインビネガー……小さじ2
塩……小さじ1/2
バジル……大6枚
オリーブオイル……大さじ1
カッペリーニ……60g

<作り方>
(1)パプリカとアーモンドはそれぞれアルミホイルに包む。オーブントースターに並べ、パプリカはやわらかくなるまで30分程度じっくり、アーモンドはきつね色になるまで7~8分焼く。
(2)パプリカは包んだまま取り出し、冷めたらワタ、種を除いて皮をむき(このとき中から汁が出るのでこれは捨てずにとっておく)、1㎝幅に切る。アーモンドは粗熱が取れたら粗めに刻む。
(3)ボウルににんにく、ワインビネガー、塩を入れて混ぜ、パプリカと汁を加えてよく混ぜる。オリーブオイルを少しずつ加えてよく混ぜ、手でちぎったバジルとアーモンドを加える。
(4)カッペリーニは沸騰した湯で、袋に書かれている所定の時間ゆで、氷水で締めて水気をよくきる。器に盛って(3)をのせる。

アーモンドカポナータの冷製パスタ

アボカドのカプレーゼ

トマトとバジル、モッツァレラチーズの定番カプレーゼに、ビタミンEが豊富なアボカドをプラス。
さっぱりしているのにコクがあり、クセになるおいしさです。

アボカドのカプレーゼ

<材料>
アボカド……1/2個
レモン汁……少量
ミニトマト赤黄……各10個
バジル……7~8枚
モッツァレラチーズ……1個
レタス……2枚
ドレッシング(バルサミコ酢……大さじ1、オリーブオイル……大さじ1、しょうが……少量、塩……小さじ1/3)

<作り方>
(1)アボカドはスライスしてレモン汁をかける。ミニトマトは2等分に、チーズは細長く切る。レタスは手で一口大にちぎる。
(2)コンテナに材料が層状になるように重ね入れる。

アボカドのカプレーゼ

桃モッツァレラサラダ

<教えてくれた人 美容エディター/門司紀子さん>

SNSでここ2~3年、話題になっている「桃モッツアレラ」ですが、本当に、本当に、美味しすぎる! 独り占めしたくなる美味しさです。まだ食べたことがないという人はぜひ、すぐにお試しあれ♪ 美味しいオリーブオイルを使うと、さらにスペシャルなひと皿になりますよ。

桃モッツァレラサラダ

<材料>
桃……1個
バジル……5~10枚
モッツアレラチーズ……1/2~1個
レモン……1/4~1/2個
オリーブオイル……大さじ1~2
塩・こしょう……適宜

<作り方>
(1)桃は皮をむいて、ひと口サイズのざく切りに。バジルは洗って水気をきっておく。
(2)モッツアレラチーズは手で食べやすい大きさにちぎる。ナイフでカットしてもOKですが、手でちぎることで、オリーブオイルなどがなじみやすくなります。
(3)レモンは1/4または1/2にカット。(レモン好きの人は多めで)
(4)お皿に桃、チーズ、バジルをバランスよく盛り付ける。
(5)オリーブオイルを回しかけ、塩、こしょうをふる。食べる前にレモンを絞って。

美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #5「桃モッツァレラサラダ」

イタリアンすき焼き

<教えてくれた人 デリスタグラマー/Kaoriさん>

イタリアンすき焼き

生卵をたっぷりつけて召し上がれ♪

イタリアンすき焼き

<材料(1人分)>
牛肉(すき焼き用)……100g
にんじん……1/3本
しめじ……適量
長ねぎ……1/2本
春菊……1/2束
しいたけ……小2個
焼き豆腐……1/2丁
結び白滝……3個
なまふ(梅形)……3個
オリーブオイル…小さじ1
割り下(水・みりん・濃い口しょうゆ……各大さじ11/2、砂糖(あれば三温糖)……小さじ1)

<作り方>
(1)鍋にオリーブオイルを引き、牛肉を軽く炒めて1度取り出し、割り下を入れる。
(2)花形に抜いたにんじんと食べやすい大きさに切ったしめじ、長ねぎ、春菊、しいたけ、焼き豆腐、結び白滝、なまふを入れ、最後に(1)の牛肉をのせる。全体に火が通ったら完成。

<おすすめの“シメ”はコレ! トマトリゾット>

イタリアンすき焼き

<プラス材料(1人分)>
トマト……1個
牛肉……50g
玉ねぎ……1/2個
バジルの葉……5枚
ごはん……茶碗1杯弱
赤ワイン……大さじ1
みりん・濃い口しょうゆ……各小さじ1
シュレッドチーズ……適量

<作り方>
(1)残っただし汁に赤ワイン、みりん、濃い口しょうゆを加える。
(2)(1)にごはんを入れて平らにならし、中央にヘタを切り落とし湯むきしたトマトを入れる。その周りを囲むように牛肉、玉ねぎ、バジルの葉を並べ火にかける。
(3)全体に火が通ったらシュレッドチーズをかけ、具材を切るように混ぜる。
(4)味がなじむよう、よ~く混ぜて出来上がり!

イタリアンすき焼き

シメまで楽しい、あったかインスタ映えレシピ♪ 「イタリアンすき焼き」

玉ねぎとシーフードのスープ

<教えてくれた人 料理家・『ストウブビストロ はるひごはん』店主/大橋由香さん>

玉ねぎとシーフードのスープ(249kcal)

うまみたっぷりお手軽ブイヤべース風。サーディンには鉄やカルシウム、ビタミンDもたっぷり。
スープパスタにしてもおいしい。

玉ねぎとシーフードのスープ(249kcal)

<材料(2人分)>
玉ねぎ……1個
にんじん……1/4本
あさり……200g
オイルサーディン……1缶(正味75g)
にんにく……1片
バジルの葉……10枚程
塩……小さじ1
オリーブオイル……大さじ1

<作り方>
(1)玉ねぎは繊維に逆らって薄切りに、にんじんは3cm長さのせん切りにする。
(2)あさりは砂抜きする。
(3)にんにくは薄切りにし、鍋にオリーブオイルと共に入れ、弱火にかける。香りが出てきたら中火にし、(1)を入れ、野菜がしんなりするまで炒める。
(4)(2)とオイルサーディン(大きければ半分に切る)、水2と1/2カップ(分量外)、塩を加える。沸騰したらバジルをちぎって入れ、火を止める。(249kcal)

<パスタや雑穀を入れれば食事スープに!>

玉ねぎとシーフードのスープ(249kcal)

食物繊維が多い押し麦やショートパスタを入れれば満足度もアップ。鍋に入れて一緒に調理できるので楽!

くすみのない肌は“玉ねぎ”で作れる! 超簡単玉ねぎを使ったスープレシピ3つ

なすガパオ

<教えてくれた人 パクチー料理研究家・管理栄養士/エダジュンさん>

なすガパオ

炒める時は肉の油を吸いすぎないよう、なすは後入れで。ごはんにかけてもおいしい。

なすガパオ

<材料(1~2人分)>
鶏もも肉……1/2枚(約120g)
なす……2本
バジルの葉……6枚
にんにく……1片
オリーブオイル……小さじ2
A(きび砂糖(または砂糖)……小さじ2、ナンプラー……小さじ2、オイスターソース……小さじ2、豆板醤……小さじ1)

<作り方>
(1)鶏肉は皮を取り、1cm角に切る。なすはヘタを落とし、皮ごと1cm角に切る。バジルは食べやすい大きさに手でちぎる。にんにくはみじん切りにする。
(2)フライパンにオリーブオイルを引き、弱火でにんにくを炒める。香りが立ってきたら鶏肉を入れ、中火にして炒める。
(3)鶏肉に半分程度火が通ったらなすを入れ、しんなりするまで炒める。
(4)Aを加え、全体に味が回ったら火を止め、バジルを入れて和える。

旬をまるごと! 家呑みごはん #6|抗酸化成分は美肌向き&低カロリーでダイエット向き!『なす』

ハーブたっぷりレバーペースト

<教えてくれた人 美容栄養アドバイザー/石坂優子さん>

今回は貧血やあまりパワーが出なくて困っている方にオススメのハーブたっぷりレバーペーストをレシピを紹介します!
鉄分たっぷりのレバーが苦手な方でもハーブとカレー粉を混ぜるとレバーが食べやすくなります。是非試してみてくださいね☆

ハーブたっぷりレバーペースト

<材料(2人分)>
鶏レバー……150g
牛乳……適量
オリーブオイル……大さじ1
にんにく……1片
カレー粉……小さじ1
豆乳……70ml
顆粒コンソメ……小さじ1/2
バジル……5枚ほど
塩・こしょう……適量
ディル、チャービルなどのお好みのハーブ……適量

<作り方>
(1)鶏レバーを小さく切り、ボールに鶏レバーが被るくらいの牛乳を入れ、15分以上冷蔵庫で置き臭みを抜く。
(2)(1)のレバーを取り出し、水でサッと洗い、牛乳を流す。
(3)フライパンに半量のオリーブオイル、ニンニクを熱し、香りが出てきたら下処理したレバーを加えてよく炒め、豆乳、顆粒コンソメ、カレー粉を加えて一煮立ちさせて火を止め冷ます。
(4)(3)、バジル、塩・こしょうをミキサー(又はフードプロセッサー)に入れ、滑らかになるまで撹拌する。
(5)器に入れて冷蔵庫で冷やし、食べるときにお好みのハーブを散らして一緒に食べる。

☆ポイント☆
●レバーが苦手な方はなるべく細かく切って牛乳に長く漬けるようにするとにおいが抜けます。
●クラッカーや全粒粉入りパンなどによく合います。

♪ひとことメモ♪
ハーブは育てやすくこれから温かくなる季節、ガーデニングにぴったり。日当たりのいい場所ならお家の中でも育つのでインテリアにもなります。摘みたてのハーブで作るフレッシュハーブティーはまた格別です。様々な種類のハーブを植えて自分だけのハーブ園を作るのもおススメですよ!

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(67) ハーブ元気!ハーブたっぷりレバーペースト

ほろ苦パセリで緑のドレッシング

<教えてくれた人 料理家/真藤舞衣子さん>

ほろ苦パセリで緑のドレッシング

美容に効く食材をざく切りして、良質なオイルと合わせる“ベジドレ”。かけるだけで、料理の美容効果を底上げ!
「サラダはもちろん、肉や魚料理、デザートにも使えるし、肉に下味をつけたり、和え衣に使ったりと万能です。単色で作れば、料理の見た目もキレイに仕上がります」

ほろ苦パセリで緑のドレッシング

<材料(作りやすい分量)>
イタリアンパセリ(または普通のパセリ)……10本
バジル……4本
キウイ……1個
玉ねぎ……1/8個
A(薄口しょうゆ……大さじ1、レモン汁……1/ 2個分、黒こしょう……適量、オリーブオイル……大さじ3)

<作り方>
(1)野菜、フルーツはすべてみじん切りにしてボウルに入れ、Aとよく混ぜ合わせる。

シミ、シワ、ダイエットに! 野菜たっぷりの“ベジドレ”でキレイをチャージ!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事