食・レシピ
2019.12.14

ごまの栄養と効能|積極的にとってほしい美容にも良いアンチエイジング食材

小さい粒の中に栄養をたっぷり含んだごま。すりごま、練りごま、ごま油など形を変えて色んな料理に活躍する優れた食材です。そんなごまの栄養を詳しくご紹介します。若返りをサポートしてくれる美容に良い効果も!

【目次】
ごまの栄養と効果とは?
すりごまやごま油も効果的
ダイエットにも効果的!しいたけは“N/C値”を含む食材
かけるだけじゃないごまをたっぷり食べれるヘルシーレシピ

ごまの栄養と効果とは?

栄養がバランスよく含まれ、若返りもサポート

健康や美容にいい食材として昔から知られている胡麻。胡麻にはたんぱく質や食物繊維のほか、カルシウム、マグネシウム、鉄分などふだんの食生活ではとりづらいミネラルがバランスよく含まれています。なかでも抗酸化効果があり、若返りをサポートしてくれるビタミンEがたっぷり。アンチエイジング効果が期待できる食材なんです。

胡麻でアンチエイジング♪【たっぷり胡麻のチョレギサラダ】Today’s SALAD #62

ビタミンEやセサミンが豊富

教えてくれたのは…

ビタミンEやセサミンが豊富

ファッション&ライフスタイルプロデューサー/野菜ソムリエ Atsushiさん
あつし/ヴェルサーチなどのPRを経て、スキンケアブランド“abotanical”を立ち上げる。著書『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)がヒット。

ビタミンEやセサミンが豊富

「ごまは抗酸化力の高いビタミンEやセサミンも豊富です!」

1皿で満腹♪ 春野菜を使った主役スープレシピ|忙しい朝や、遅く帰った夜におすすめ♪

セサミン

ごまのセサミンには女性ホルモンに似た働きが。

シワ・たるみ改善レシピ|豆腐ドレッシングを使った夏に食べたい色鮮やかサラダ

骨を強くするのにも役立つ!

教えてくれたのは…

骨を強くするのにも役立つ!

『Dr. 孝志郎のクリニック』院長 藤澤孝志郎先生
ふじさわこうしろう/宮崎大学医学部卒。日本内科学会認定内科医。総合内科、ER、心臓血管外科にて臨床経験を積み、開業。臨床医であると共に、海外の医師を含め10万人以上の医学生を指導している。

「骨の成分のおよそ半分はコラーゲンで、その原料はたんぱく質。良質なたんぱく質をしっかりとることは、骨に限らず、強く健康な体作りの基 本です。また、どんなに良い栄養素をとっても、腸内環境が乱れていたら体に充分に吸収されません。また、消化・吸収などの代謝が衰えていても、骨まで充分な栄養素が届きません。良質なたんぱく質源でもあり、腸内環境を整える食物繊維や、代謝を高めるミネラルも豊富な豆類、ナッツ、ごまなどを常備食として取り入れましょう」(渥美さん)

ミネラル豊富なごまは料理のトッピングにフル活用を!

カルシウムだけでは不十分!? 食生活の改善で「骨」をもっと強く、健康に!

すりごまやごま油も効果的

すりごま

すりごま

五臓を潤す働きがある。肌の乾燥はもちろん、便秘予防や加齢によるトラブル対策にも良い。

冷え、むくみ、肌の乾燥…気になる不調にはお手軽薬膳ドリンクがおすすめ!

胡麻油

胡麻油

老化予防にもなるごま油。厳選したごまを圧搾法で搾り、まろやかな香りと味で使いやすい。
九鬼ヤマシチ純正胡麻油 340g ¥770
(問)九鬼産業

話題の“ベジドレ”でシワ・たるみ改善! ナッツたっぷりドレッシングのサラダ

ダイエットにも効果的!しいたけは“N/C値”を含む食材

カロリーよりも糖質量よりもN/C値!?

カロリーよりも糖質量よりもN/C値!?

\N/C値とは?/
カロリー(Calorie)に対して、栄養(Nutrition)が含まれている割合のことを言います。
アメリカ人の医師・ジョエル ファーマン氏が「健康方程式」(Health〈ヘルス〉)=N/C)と提唱し、スーパーフードブームのきっかけとなりました。

N/Cがいうところの「Nutrition」とは、ビタミン、ミネラル、食物繊維や、ポリフェノールなどの抗酸化成分のこと。カロリーが低いのに体に良いものがたっぷり含まれているものを食べれば、健康にもダイエットにもつながる、という理屈です。

炭水化物や脂肪中心のドカ食いをやめて、いろいろな食材を少しずつとる方が太らない、ということなのです!

\N/C値の高い食材は?/
「まごわやさしい」がキーワード!
ま(まめ)、ご(ごま)、わ(ワカメなど海藻類)、や(野菜)、さ(魚)、し(しいたけなどきのこ類)、い(芋)を食べましょうという健康食習慣を心掛けるだけでOK。日本では昔から、栄養指導の場などで用いられているので、何気なく習慣になっている人もいるのでは?これら7品目を含む献立はあっさりとした和食になることが多く、その結果低カロリーでバランスの良い食事がとれて◎。

ダイエットには、カロリーよりも糖質量よりもN/C値!?

かけるだけじゃないごまをたっぷり食べれるヘルシーレシピ

豆腐とごまのきなりドレッシング

豆腐とごまのきなりドレッシング

【材料】(作りやすい分量)
絹ごし豆腐…1/2丁
白練りごま…大さじ1
塩…小さじ1
薄口しょうゆ…小さじ1
亜麻仁油…大さじ1

【作り方】
(1)豆腐は水きりする。
(2)(1)を手でほぐし、白練りごまとホイッパーでよく混ぜ合わせたら、そのほかの材料を加えてよく和える。

\「きなりドレッシング」を使ったサラダ/

豆腐とごまのきなりドレッシング

【材料】(2人分)
冷凍枝豆(さやつき)…150g
グリーンアスパラガス…3本
きゅうり…1/2本
カニ缶(ほぐし身)…100g
きなりドレッシング…好みの量

【作り方】
(1)冷凍枝豆は流水で戻し、さやから外す。アスパラガスはゆでて5cm長さに切る。きゅうりは皮をむいて角切りにする。カニはほぐす。
(2)(1)をドレッシングで和える。

その他、和えもの全般に合います!

シワ・たるみ改善レシピ|豆腐ドレッシングを使った夏に食べたい色鮮やかサラダ

グリル野菜のタヒニソースディップ

グリル野菜のタヒニソースディップ

【材料】(2人分)
すりごま…1/2カップ
トマト…小1個
にんにく…1片
マヨネーズ…30ml
アマニ油…20ml
ミントの葉…適量
乾燥ハーブミックス…適量
塩…適量
レッドマカ…ひとつまみ
チリパウダー…少量
お好みの野菜…適量

【作り方】
(1)お好みの野菜を食べやすい大きさに切り、焼き色がつくまでグリルする。
(2)すりごまとみじん切りしたにんにくをすり鉢でする。
(3)トマトは細かい角切り、ミントは細かくちぎる。
(4)(1)以外のすべての材料をすり鉢ですり合わせてソースが完成。野菜につけていただく。

グリル野菜のタヒニソースディップ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事