ヘアスタイル・髪型
2020.12.18

こんなにある!魅力的な、ぱっつんロング【見本例14】

\"\"

一見挑戦するのに難しそうなぱっつんロングですが、少しおでこが見えるシースルーでぱっつんすれば、軽やかで今どきなヘアに!『美的.com』の連載でも好評だったぱっつんロングをご紹介します。

ぱっつんロングの可愛さとは?

Check
  • ぱっつん前髪は目元をはっきりさせて目力アップの効果あり!
  • 重くなりがちがぱっつん×ロング、シースルーバングであれば軽やかでおしゃれな印象に!
  • 目元周りが明るい印象になり、マスクをしてても可愛さがアップする。

似合うぱっつんロングの【3つのポイントをおさえた探し方】

【ポイント1】長さ

Check
  • 眉上は可愛いく明るい印象に。
  • 眉下長めはクールでこなれた雰囲気に。
  • 眉にかかるぎりぎりの長さは挑戦しやすいうえ、目元をはっきりさせてくれる効果が。

【ポイント2】厚さ

Check
  • シースルーはトレンド感があり、色っぽくおしゃれに。
  • 厚め前髪は可愛らしさと小顔効果が望める。シースルーブームの次は厚めの予感!?

【ポイント3】カットライン

Check
  • サイドバングと前髪を柔らかくつなげることで、ナチュラルな大人っぽいスタイルに。
  • ぱっつんストレートにカットすれば目力を強調に効果的。
  • サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、ぱっつん系でもなじみやすくなる。

「黒髪」に似合うぱっつんロング【3選】

【1】ノンカラーのキュートなAラインロング

【how to“カット”】

  1. ベースは胸ラインでカットし、ローレイヤーを入れる。レイヤーをあまり入れないことでAラインに。
  2. スライドカットで顔まわりおくれ毛をつくり、今っぽさをプラス。前髪は巻いて眉にかかる長さでシースルーに仕上げ、軽さを表現する。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、32mmのアイロンで毛先から外巻き→内巻きとそれぞれ1カール巻いて波ウェーブをつくる。少し巻き込むくらいで3秒待ってからアイロンを外すのがベスト。おくれ毛のみ、中間から外へ流れるようにリバースに巻くのが鍵に!
  2. 前髪はストレートで仕上げる。
  3. スタイリング剤は、オイルを1滴。オイリーにならないよう、髪のパサつきを抑える程度に。最後に手に残っているオイルで、前髪の束感を整えたら完成。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 丸山成穂さん

 

初出:“おくれ毛”でおしゃれヘアに!カワイイを詰め込んだ波ウェーブロング

記事を読む

【2】透明感のあるダークカラー×ぱっつん前髪ヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを鎖骨下3cmの長さでカットして、重めにレイヤーを入れる。
  2. 前髪は眉下の長さでカット。サイドバングと前髪を柔らかくつなげることで、ナチュラルな大人っぽいスタイルに。動きを出したい中間から毛先にかけてセニングをいれる。
  3. カラーリングは、6レベルのアッシュグレーに。赤みがなく、ダークカラーでも透明感のある色に仕上げる。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪にボリュームを出したい場合、ドライ時にドライヤーの風を下から上に向けて乾かす。
  2. 乾いたら32mmのアイロンでベースとなる髪を内巻きワンカール。リップラインより上に落ちる髪は、たて巻きでフォワード&リバースのMIX巻きに。この時、毛先から巻かずに中間から毛先にかけてカールづけをする。
  3. 最後に、柔らかい仕上がりを叶えるクリームタイプのスタイリング剤を塗布して、束感を整えたらフィニッシュ。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ) 加藤貴大さん

 

初出:セミディは前髪あり×ゆるウェーブで!ふわりとした抜け感が魅力

記事を読む

【3】シースルーぱっつんの暗髪スタイル

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩につくくらいの長さでワンレングスにカット。重さを残しながら表面にレイヤーを入れて動きをプラスする。
  2. 前髪は巻いた時に目にかからない長さでカットし、シースルーでもあえて“ぱっつん”とラインを出して目元を強調。
  3. カラーは赤みを打ち消すブルージュに。抜け感や透明感が欲しい人におすすめの色味。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、32mmのアイロンで全体を内巻きにワンカール、レイヤーに合わせて巻く。
  2. スタイリング剤はツヤ感があり、ややセット力のあるスプレーオイルがおすすめ。表面にしっかりツヤが出て、束感や動きをつくれるのでおしゃれなスタイルに。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 目澤沙友里さん

 

初出:ぱっつんシースルーバングで目力アップ!今っぽい“エモフェミニン”ロブ

記事を読む

「パーマ・カール」でふんわり感をプラスしたぱっつんロング【4選】

【1】品と華やかさをカールでプラスした透けバングロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを胸上の長さでワンレングスにカット。顔まわりトップにレイヤーを入れ、顔まわりは独立したレイヤーに。
  2. 前髪は奥行きを狭めに取り、眉毛が隠れる長さでカットし、透けバングに仕上げる。
  3. カラーは10レベルのベージュに。ベージュは赤みがなく、透明感のある色味で、肌の色、ファッション、メイクを問わずどんな人でも似合う優秀カラー。また、肌色をキレイに見せるメリットも。

【how to“スタイリング”】

  1. 根元から乾かし、特に、トップはドライヤーの風がランダムに当たるようにふわっと仕上げる、このひと手間でスタイリングが決まる。
  2. 乾いたら32mmのカールアイロンで毛先を内巻きでワンカール。表面のみランダムに中間をフォワード&リバースに巻いて、動きのあるスタイルに。
  3. 前髪は26mmのアイロンで、毛先だけ軽く熱を当てる。
  4. スタイリング剤は、ミルクタイプのオイルインセラムがおすすめ。オイルより程よいセミウェット感に仕上げ、柔らかい質感とツヤをもたらします。手に馴染ませたら、中間から毛先に揉み込むように塗布すればフィニッシュ。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 鹿野瑠璃子さん

 

初出:透けバングのセミロングは、計算ずくカットで小顔&おしゃれ見え!

記事を読む

【2】前髪もピンパーマで緩くくせづけ!ぱっつんヘア

  1. レイヤーを入れて動きをつけた、鎖骨下7cmのロング。平巻きとミックス巻きを合わせ、緩く自在な毛流れに。
  2. オリーブベージュカラーで、スモーキーな柔らかさを加えて。

Point

前髪は手前から作って幅を狭くし、両端はサイドへ斜めにつなげる。広いおでこにフィットするよう、ピンパーマで緩くくせづけておくと、スタイリングも楽々。

担当サロン:koti BY broocH(コティ バイ ブローチ) 平野愛さん

 

初出:前髪カタログ|前髪なし、短めor長め前髪…あなたに似合うのはどれ?

記事を読む

【3】アイロンorデジパどちらでも可愛く仕上がる!ふんわりと軽やかロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下あたりのワンレングスでカット。トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出す。
  2. 前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切り、内側を毛量調整。
  3. カラーは、9トーンのブラウンベージュ。ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラー。

【how to“スタイリング”】

  1. 根元を立ち上げながら全体を乾かしたら、26mmのアイロンでリバースとフォワードをミックス巻き。顔まわりは、リバースに少し跳ねるように流す。
  2. 髪が硬い人やアイロンが苦手な人は、デジキュアパーマでニュアンスウェーブを。デジキュアは、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短なパーマ。ロッドは、23mmをメインに、耳下は平巻きで、耳上はリバースとフォワードのスパイラルを交互に巻く。
  3. スタイリングは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜ、下からクシャッともむようにつけて、整えたら完成。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 菅田美保さん

 

初出:厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

記事を読む

【4】バサッとカールが今っぽいおしゃれヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を胸上の長さで、前上がりラインにカット。切りっぱなしでパツっとカットするのがポイント。ローレイヤーを入れて動きと軽さを出す。
  2. 前髪もラインを残しますが、シースルーに整えることで色っぽくおしゃれに。また、ぱっつん前髪は、朝のスタイリングも楽々。
  3. カラーリングは、10レベルのミルクティーベージュに。日本人の肌色にマッチする万能カラーで、柔らかさと透明感を演出。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、32mmのアイロンで毛先をワンカール→中間を軽めのリバースに巻く。その後、巻いたカールを思い切って崩すのがコツ。
  2. スタイリング剤は、セミウェトな質感に仕上げるヘアオイルをチョイス。少量を毛先から塗布したら、中間、根元と全体に馴染ませる。最後に前髪の毛先につけて整えたら完成。

担当サロン:Violet 栄店(バイオレットサカエテン) 曽我拓摩さん

 

初出:大人のセミディへアはウェットな質感を!シースルー前髪とバサッと感で色っぽい

記事を読む

美髪際立つ「ストレート」ぱっつんロング【4選】

【1】目力強調ぱっつん前髪と相性抜群のストレート

【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸上でカットし、動きを出しやすくするため表面と顔周りを中心にレイヤーを。裾にはレイヤーを入れず、重たさを残すことが今っぽいロングに見せるコツ。
  2. 前髪は目力を強調するため眉下ギリギリでカット。サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、パッツン系でもなじみやすくなる。
  3. カラーは赤みを消しながら柔らかい印象に見せる9トーンのフォギーベージュ。明る過ぎず、しっとりした質感とも相性抜群。

【how to“スタイリング”】

  1. ハンドブローで整えながら乾かします。ストレートヘアの人は38mmなど太めのアイロンで毛先を軽くワンカール内巻きに。さらにトップの毛束を少量取り、根元付近を軽く巻くとクセ毛っぽい毛流れを作れる。もともとクセ毛の人はそのままでOK。
  2. オイルやシアバターなどを髪全体になじませ、しっとりした質感に仕上げる。前髪の毛先にもなじませ束感を作ると◎。顔周りの毛束を残し、軽く耳掛けをすれば完成。

担当サロン:NEUTRAL produced by GARDEN (ニュートラル プロデュースド バイ ガーデン) 太田 愛さん

 

初出:頑張らないストレートの“たゆっとロング”がアンニュイおしゃれ!

記事を読む

【2】大人可愛い眉上バングヘア


  1. 前髪を厚めに取り、眉上でパッツン気味にカット。小顔に見えるよう横幅は狭めに。
  2. サイドはレイヤーを入れず水平ラインを強調。
  3. 毛先にワックスをもみ込み束感を出す。大人だからこそ眉上バングは目を引き、それだけでこなれた度UP。

【SIDE】


担当サロン:Sui 冬木慎一さん

 

初出:思いきった眉上バングで、あか抜けた印象にチェンジ!

記事を読む

【3】カラーとぱっつん前髪で明るい印象になるヘア


【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨下3cmでカットし、しっかりレイヤーを入れる。レイヤーは、重めの切りっぱなしヘアに飽きた人にもおすすめで、ふんわりとした軽い動きとひし形の美シルエットに。
  2. 前髪は目と眉の間の長さで、ぱつっと感のあるシースルーにカット。
  3. カラーは、秋らしい8レベルのショコラブラウンをチョイス。赤みのある暖色で、髪にツヤ感を与えキレイに見せる効果もあり!


【how to“スタイリング”】
  1. ドライ後、32mmのアイロンで全体を外ハネにしてから、顔まわりを内巻きにワンカールするだけで簡単にふんわりヘアに。
  2. オイルかクリームバターを中間から毛先に内側から塗布して、シアーな質感にしながら束感を出すのがおしゃれヘアのコツ。
  3. 前髪はあえてアイロンを入れずにスタイリング剤で仕上げることで、ラフ感のある色っぽい雰囲気になる。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:マスクでも崩れにくいシースルー前髪なら、ぱつっとカットした短めが今っぽい!

記事を読む

【4】美人度上がる美ストレートロング

Point

目元のフラットバングでストレートロングの美人度上昇!


担当サロン:apish jeno 表参道 堀江昌樹さん

 

初出:真似できる!今秋のトレンドのヘアスタイル6選☆

記事を読む

ぱっつんロングの「アレンジ」【3選】

【1】洗練見えするひとつ結び

Point

シンプル&簡単なひとつ結びだからこそ、細部に小技を効かせるのがしゃれ感をアップさせるコツ。

(1)根元からしっかりブラッシング
全体を丁寧にブラッシングすることで、立体的な毛流れやニュアンスが出やすくなる。

(2)ヘアオイルとクレイワックスを混ぜる
オイル100円玉大に対し、ワックスは指でひとすくいが目安。

(3)髪全体にスタイリング剤をなじませてニュアンスを出す
手ぐしでなじませて、さらっと繊細な束感に。前髪は指でつまむようにつけて。

毛先からつける。

根元から後ろへ。

前髪は最後。

(4)顔周りに後れ毛を作る
耳の手前、こめかみの上下から一筋ずつ、ごく少量の毛束を後れ毛として取る。毛束の長さはあご下くらいまで。

1本目

2本目

3本目

(5)後頭部の髪を引き出す
後頭部の髪を、膨らませるように引き出すことで、頭のシルエットをキレイに見せる。

(6)ゴムでひとつに結ぶ
結んだ毛束の下側半分を左右に引っ張り、襟足を締めると、結んだ毛束が収まりよく整う。

耳の真ん中くらいの高さ

ぎゅ~

(7)前髪と後れ毛にストレートアイロンを通す
今っぽさに巻きは不要! 軽く熱を通すことで、なめらかで繊細なニュアンスに。

引っ張らない。

スッと

(8)トップやサイドの髪をつまんで凸凹にして、立体感を出す
毛束を引き出して浮かせるのではなく、軽くつまんで凸凹にするイメージが正解。

(9)ごく少量のクレイワックスをなじませて束感を出す
後れ毛や耳周り、前髪にちゃんと束感を出すと、清潔感&こなれ感がアップ!

耳に少しだけ毛束をかけて


\使用アイテム/

毛束感やニュアンスをホールド。
中野製薬 モデニカ アート クレイ

価格容量
¥1,800 60g

ルベル モイ オイル レディアプソリュート

価格容量
¥2,600 50ml

初出:今っぽい「ひとつ結び」はこう作る! 後れ毛、束感…シンプルなのに洗練見えするポイントとは?

記事を読む

【2】前髪ありが可愛いほのゆるシニヨン

Point

・毛束をくるっと巻きつけるだけで簡単に、クラシカルなムードのシニヨンが完成。
・トレンドのスタンドカラーのブラウスなどにもぴったり。毛先を残しておくことが、程よい抜け感を出すコツ。


  1. 輪っか状に結び、残した毛先を結び目に巻きつけてピンで留める。
  2. 毛先はすべて丸め込まず、ラフに残す。



初出:クラシカルな「ほのゆるシニヨン」の作り方|スタンドカラーと合わせれば後ろ姿もおしゃれに

記事を読む

【3】ぱっつんストレートのタイトポニー

(1)ヘアアイロンを使って根元からきちんと伸ばす
根元付近から毛先までヘアアイロンを通し、ストレートヘアにする。うねりやすい髪質の人や湿気が多い日はストレートミストをつけてから伸ばすのがポイント。

(2)ブラシで面が整ったポニーテールにする
固まらないヘアジェルをトップ中心になじませたら、ブラシを使って毛流れを整えながら高い位置でポニーテールにする。

【SIDE】

【BACK】


初出:ロングヘアの簡単アレンジ|涼しげに見える後れ毛控えめのタイトポニー

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事