ヘアスタイル・髪型
2019.9.20

ショートヘアカタログ42選!2019年秋はショートヘアで印象チェンジ&おしゃれ度アップ

【2019年9月更新】今年の秋はショートヘアでイメチェンしませんか?ハンサムクールだけど色っぽさも欲しいならベリーショート!キュートさ前回の王道モテスタイルならショートボブ、幼くならない40代女性向け大人ショート、パーマで作るおしゃかわショート、秋冬の気分を盛り上げるダークな黒髪系カラー、丸顔・面長・エラ張りなど輪郭悩みをカバーする小顔ショートなど、この秋印象に残る女になれる絶対正解ショートヘアカタログです。

【目次】
印象に残るベリーショートヘアは潔さが大事
モテ系髪型の定番!ショートボブが結局かわいい
40代、大人のショートヘアってこういうこと!
パーマで楽しむショートヘアはスタイリングも簡単
秋冬はダークカラーが気分!おしゃれに見える黒髪系ショート
骨格まで補正してくれる絶対小顔ショート

印象に残るベリーショートヘアは潔さが大事

センターパートがかっこいいマニッシュスタイル

センターパートがかっこいいマニッシュスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!動きがあり、キレイなシルエットを叶える技ありショート。ファッションに敏感で、常にトレンドを取り入れたいおしゃれ女子にオススメのニュアンスショート。

・前髪の分け目は、センターパートでふんわり根元を立ち上げるのが、動きを作るコツ。細目のハイライトを効かせているので、立体感も演出してくれます。また、襟足をすっきりさせることで後頭部がふんわり、気になる頭の形もカバーしてメリハリある美シルエットに。小頭効果も◎。

・また、毛量の多さを活かせるスタイルなので、ロングだと重く見えたり、スタイリングがしっくりこない人にもぴったり。今っぽいおしゃれ感を楽しみたい人にぜひチャレンジして欲しいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。

・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出します。

センターパートがかっこいいマニッシュスタイル
\How to スタイリング/

・トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。

・バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。ハイライトとアイロンテクニックの両方でニュアンスを作り、動きのあるヘアに。センターパートでスタイリッシュなイメージを与えるので、トレンドファッションを先取りしたい人に挑戦して欲しいスタイルです。

マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!

くせ毛も生かした柔らかハンサムショート

くせ毛も生かした柔らかハンサムショート
\ヘアスタイルのポイント/

・色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に。ナチュラルな浮遊感があり、ショートヘアをアップデート。触れたくなるような柔らかい質感のショートスタイル。アイロンを巻く前にスタイリング剤を塗布しているため、ニュアンスのあるふんわりとした仕上がりになっています。

・ベースのカットはハンサムショートですが、顔まわりの浮遊感や抜け感が色気をプラス。かっこいいけど、女らしさもちゃんと表現してくれることもポイントです。ショートやショートボブで、今、イメチェンを狙うならランダムな毛先の動きがあるこちらのスタイルがおすすめ。大人カジュアルなファッションとの相性もよく、広がる、まとまらないといった髪のクセを活かすことができる優秀ヘアです。

\How to ベース&カラー/

・ベースはサイドグラデーションにカットし、顔まわりをマッシュラインで重めに。襟足はすっきりタイトにレイヤーでカットしたハンサムショート。首に沿ってカットをしているので、ネックラインを美しく見せてくれます。前髪は目の下の長さで重めにカット。

・カラーリングは、6レベルのブラウンベージュをセレクト。グレーがミックスされているため赤みを抑え、くすみのない透明感のある色味に。ファッションも問わず、どんなメイクにも似合うヘアカラーです。

くせ毛も生かした柔らかハンサムショート
\How to スタイリング/

・前髪はオールバックをイメージしながら、やや立ち上げるように全体を乾かしたら、スタイリングオイルを塗布し。もみあげや前髪の産毛までしっかりつけるのがコツ。

・オイルはセット力がなく、さらっと仕上がるタイプを選んで。26mmアイロンで毛先をランダムに巻いたら完成です。クセを活かすなら、アイロンなしでも◎。

色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

朝のヘアセットも簡単!話題のトランクスヘア

噂のトランクスヘアがかっこいい!暖色系カラーで女らしさも
\ヘアスタイルのポイント/

・センターパートのトランクスヘアが話題!乾かすだけで決まるナチュラルショート。最近、センターパートの“トランクスヘア”が人気の兆しです。ヘアスタイルの名前の由来はアニメ“ドラゴンボール”のトランクスというキャラクターとか。

・サイドグラデーション&長め前髪&センターパートで、クールな印象に。かっこいい印象を和らげ女っぽさや色気をプラスするために、カラーリングは暖色系のブランジュをチョイス。また、ラフに仕上げることでナチュラル美人を作ります。

・アイロンなしでもスタイリングが決まる時短ヘア。ボリュームダウンのコツは、根元からスタイリング剤をつけること。朝の時間が取れない人はもちろん、自宅で再現しやすいデザインなのでお手入れが苦手な人にもおすすめ。また、ショートにしてイメージチェンジしたい人にも、ぜひチャレンジして欲しいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・ベースはサイドグラデーションでカット。重さをやや残したいので、トップの角を取る程度のレイヤーを入れます。前髪は長めにカットしてサイドと繋げます。透け感はスタイリング剤で調整して表現するので、セニングはあえてしないで重めのままで。

・カラーリングは、8レベルのブランジュに染めます。温かみのあるブラウンとミルクティーのようなベージュをミックスした色味で、ツヤ感をもたらし顔色をぱっと明るく見せてくれます。

朝のヘアセットも簡単!話題のトランクスヘア
\How to スタイリング/

・スタイリングは、前髪センターの根元を立ち上げるようにドライヤーの風を当てます。ここをすっと立ち上げることで、全体が締まりのあるスタイルに。直毛の人は緩くボディパーマをかけると扱いやすくなります。

・アイロンを使う場合は、トップを横スライスで2〜3パネル、後ろ巻きにクセづけをするようにします。スタイリング剤は、根元からつけて欲しいのでオーガニック系のオイルを選んで。襟足は浮かないようにしっかり目に、その後、全体にオイルをなじませたら完成です。

センターパートのトランクスヘアが話題!乾かすだけで決まるナチュラルショート

モード感のある暗めカラーのマッシュショート

モード感のある暗めカラーのマッシュショート
\ヘアスタイルのポイント/

・大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ!絶妙な束感×ツヤ感!モードで大人カッコいいショート。人気のマッシュショート。丸みがありかわいいスタイルですが、大人っぽくモードなイメージにしたいなら、こちらがおすすめ。

・サイドと襟足が短めにカットされているので、人とは被りたくないおしゃれ女子にも◎。マニッシュでありながら、女性らしさを感じるポイントは、重さを残しつつ丸みを意識したシルエットにあり。また、サイドの髪を耳にかけてすっきりとタイトにまとめても。

・前髪を重めラインでカットしサイドに流すことで、大人っぽい雰囲気をまとうことができます。カジュアルでも、ボーイッシュでもない、大人女性がモードっぽさを楽しめるショートヘア。乾かすだけの手軽なスタイリングも嬉しいポイントです。

\How to ベース&カラー/

・前髪は目の上ギリギの長さにカットして、サイドバング、顔まわり、サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイル。襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。

・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残します。カラーは、6トーンのフォギーベージュ。赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。

モード感のある暗めカラーのマッシュショート
\How to スタイリング/

・仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かします。トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。

・ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。時短を叶えるデザインなので、忙しい人はもちろん、品のあるショートヘアにチャレンジしたい人にも注目のスタイルです。

大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ

前髪をくしゅっと遊ばせた前髪長めの小顔ショート

前髪をくしゅっと遊ばせた前髪長めの小顔ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・カッコいい大人女子になれる、サイドや襟足をすっきりしたカットしたマニッシュショート。
・前髪やトップを長めに残したショートヘアで、輪郭が気にならずすっきり。
・ボーイッシュだけど女らしさもあり、どんなファッションもこなれて見える、万能なスタイル。
・マッシュベースの前髪は、おでこが隠れるくらいの長さ。トップの毛先を自由に遊ばせることも。
・大振りのイヤーアクセをすることで輪郭をカムフラージュし、小顔に見せることができます。

\How to ベース&カラー/

・サイドは耳にかかる長さでカット。耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイントです。襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てます。前髪は目にかからない長さでカット。フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカットします。

・全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残します。カラーは8トーンのブラウンベージュ。ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。

前髪をくしゅっと遊ばせた前髪長めの小顔ショート
\How to スタイリング/

・乾かすとき、トップの毛先を後ろから前に向かって乾かすとハチが広がって見えずに◎。また前髪はかき上げながら乾かすと、ふわっとした毛先を作りやすいです。26mmのアイロンで、前髪とトップの毛先をワンカール内巻きに。サイドは巻かずにタイトに仕上げると、トップの動きが主張されおしゃれな印象に。

・バームをひと差し指の第一関節くらいまで取り、しっかり伸ばしてからトップの毛束の中間から毛先に向かってもみ込みます。根元にはバームがつかないように注意しながら前髪をかき上げ、毛先をくしゅっと整えたら完成です。

・トップと前髪の毛先を大胆に動かすとボーイッシュになり、控えめに動かしマッシュのラインをいかすと女っぽく見えるショート。アレンジの幅を楽しめる、一歩先をいくおしゃれスタイルです!

すっきり小顔に見える前髪長めの“ジェンダーレスショート”で、一歩先をいく大人女子に!

ハイライトとローライトで作る立体ベリーショート

ハイライトとローライトで作る立体ベリーショート
\ヘアスタイルのポイント/

・アッシュ×パープル。肌をキレイに見せるには血色感が大事。
・アッシュが強すぎると肌がくすみますが、パープルを加えることで、透明感と柔らかさが出ます。
・顔周りにはハイライトとローライトを入れ、動きのある仕上がりに。

ハイ&ローライトで 動きを作り、表情豊かに!

目元ギリギリバングがキュートなベリーショート

目元ギリギリバングがキュートなベリーショート
\ヘアスタイルのポイント/

・シルエットはマッシュルーム。
・レングスは耳下ラインでかなり短めですが、丸みのシルエットによってシャープさを抑えています。
・トップから前髪は長さがあり、目の横にボリュームの重心を作ることで目元を強調。
・キュートな魅力がアップします。髪色はプラチナブラウン。

目元強調のチャーミングショート

ウルフシルエットがお茶目なベリーショート

ウルフシルエットがお茶目なベリーショート
\ヘアスタイルのポイント/

・巻き方を混ぜ、ランダムに毛先に動きをつけたスタイル。
・トップは長めに、内側にレイヤーを入れることで、丸みのシルエットを作り、女らしいニュアンスもしっかりと出します。
・カラーはアッシュがかったベージュカラー。部分的にゴールドのハイライトを入れ、より立体的に。

お茶目なフレッシュウルフ

モテ系髪型の定番!ショートボブが結局かわいい

カジュアルキュートな王道ショートボブ

カジュアルキュートな王道ショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・透け感のある前髪が今年っぽい!キュートなナチュラルショート!丸みのあるシルエットで、可愛い&カジュアルなショートヘア。ナチュラルショートでありながら、透け感のある前髪がポイントとなって、今っぽくおしゃれ感を演出。スタイリングが苦手という人でも、ストレートアイロンをサラッと通すだけで、簡単にスタイルが決まります。

・頭のカーブを生かしたデザインで、丸みのあるフォルムが、女性らしく柔らかな印象を与えてくれます。また、表面の長さを残しているので、程よくエアリーな束感に。短くしたいけどスタイリングに時間をかけたくない人や、頭の形をカバーしたい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・サイドの長さがあごのラインとなるよう前下がりでカット。動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぎます。前髪は、眉下くらいでカット。

・少し隙間ができるよう調整して、サイドに軽く流す“おろし流し”に。8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。

カジュアルキュートな王道ショートボブ
\How to スタイリング/

・髪を乾かしたらストレートアイロンを使い、サラッと滑らせながらワンカールに巻くだけでの簡単スタイリング。ヘアオイルを全体的に馴染ませ、トップと顔周りにはスプレーを。

・最後に表面の毛束感をプラスしたら完成です。トレンドのウェットな質感を取り入れ、ツヤ感のある仕上がりに。髪が広がりやすい人にもオススメなスタイルです。

透け感のある前髪が今年っぽい!キュートなナチュラルショート

縦長シルエットで子供っぽくならない上品ヘア

縦長シルエットで子供っぽくならない上品ヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ!

・大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。

・オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。

\How to ベース&カラー/

・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。

・横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

縦長シルエットで子供っぽくならない上品ヘア
\How to スタイリング/

・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。

・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

丸みのある甘めボブは愛されヘアの定番

丸みのある甘めボブは愛されヘアの定番
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。ズバリ“女性らしさ”にこだわったスタイルは、前髪の長さを残し、前髪からサイドにかけてのラウンドしたマッシュラインが、やさしい印象を演出してくれます。襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。

・柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。丸みがあって女性らしいシルエットのこちらのひし形ショートボブ。カジュアルになりがちなショートボブでありながら、丸く甘めのスタイルで女らしい表情になっています。また、襟足をスッキリさせることで、涼しげな仕上がりになっているのもポイントです。

・顔周りはマッシュラインでカットし、ふわっとした柔らかいニュアンスを演出。前髪ありでも、軽く流すことで大人女性でも挑戦しやすいスタイルになっています。サイドバングが少し長めなので、肌の露出する面積が狭くなり輪郭カバーも望めるボブヘア。頭の形も補正するので、ハチ張りさんにもおすすめです。ふわっとしたひし形シルエットで輪郭をカバー。抜け感のある前髪も◎

\How to ベース&カラー/

・首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカットします。重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。顔周りはマッシュラインでカット。

・前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出します。カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。

丸みのある甘めボブは愛されヘアの定番
\How to スタイリング/

・オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライします。乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通します。キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。

・前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになります。ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOKです。

前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

ちょっぴり外ハネがかわいいカジュアルヘア

ちょっぴり外ハネがかわいいカジュアルヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも。髪を伸ばしたいけれど、肩に当たるのが悩み……という人にオススメしたいのが外ハネヘア。髪のハネを活かしたスタイルですが、ショートの外ハネというと、カジュアルやクールな印象を与えがち。

・でも、抜け感のある前髪を作ることで、今っぽく女性らしさをプラスできます。ポイントとなる前髪は、眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことで、抜け感が出て大人の女性にもフィットするスタイルに。また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気を与えてくれます。簡単スタイリングで、時短でも柔らかな束感を再現できる!イメージチェンジをしたい人にもぴったりです。

\How to ベース&カラー/

・前下がりボブのベースでカット。トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。

・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。カラーは、9レベルのシアーベージュ。グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラーです。

ちょっぴり外ハネがかわいいカジュアルヘア
\How to スタイリング/

・26mmのアイロンで外ハネに。この時、巻き過ぎに注意して。ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせばせば、ソフトな質感になります。表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。

・顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。

外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも

ラフな毛先と丸みが女っぽいショートボブ

ラフな毛先と丸みが女っぽいショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果あり!一歩間違えればボーイッシュになり過ぎたり、顔が大きく見えたりしがちのショート。おしゃれにスタイリングするのは難しそうで、挑戦したいけれど足踏みしている人も多いのでは?

・そんな人におすすめしたいのがこちら。“スタイリングでふわっとさせる”を前提にして毛先を気持ち長めに残したショートなら、女っぽさが際立つショートに仕上がります。

\How to“ベース&カラー”/

・前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカットします。

・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイントです。カラーは10トーンのフォギーアッシュ。程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出します。

ラフな毛先と丸みが女っぽいショートボブ
\How to“スタイリング”/

・乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。丁寧に行わず、あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなります。全体の毛先を32㎜のヘアアイロンでワンカールします。毛束は90度に引き出して巻くとふわっと仕上がって◎。

・また一回の毛量は気にせず、ランダムに取って巻いていけばOK。ヘアクリームを手のひらに伸ばし、巻いた毛先をくしゃくしゃっと崩せば完成です。前髪が目にかかるときは毛先を軽くサイドに流しましょう。

・ラフさを活かしたスタイリングなのでとにかく時間がかかりません! 不器用な人にもおすすめのスタイルです。また後頭部がふわっとするので、絶壁など頭の形が気になる人もぜひtryを。

時短で小顔効果も抜群! ヘア悩みが多い人こそ“女っぽショート”

コンパクトなシルエットでスタイルアップできるショートボブ

コンパクトなシルエットでスタイルアップできるショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・ミニマムなボブに毛先のカールで女らしさをプラスして。
・襟足は内側を短くしたグラデーションにし、表面には少しだけレイヤーを入れることで、小顔に見えるひし形シルエットに。
・ハチ上に細かなハイライトを加え、程よい立体感を実現。

今年の春はボブヘアに挑戦! あなたに似合うボブの長さは?

40代、大人のショートヘアってこういうこと!

短くても子供っぽくならない大人のナチュラルショート

短くても子供っぽくならない大人のナチュラルショート
\ヘアスタイルのポイント/

・大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。やわらかい印象のナチュラルショート。ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。

・前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは前下がりのショートボブにカット。顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。

・量感を調整して、重すぎない印象としています。カラーは6レベルのアッシュグレーに。ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。

短くても子供っぽくならない大人のナチュラルショート
\How to スタイリング/

・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。
・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。
・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

襟足カットで首が長く見える美人ショート

襟足カットで首が長く見える美人ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・時短ショートボブ”♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア。繊細な毛先と華奢なシルエットで、愛らしいモテヘアに。スタイリングは手軽にさっと終えたいものです。こちらのショートボブ、アイロンを使わず、スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイルです。スリークとは、なめらか、ツヤがある、といった意味だそう。長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。前髪のパートはどこで分けてもOK。

・前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイルです。丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象を受けるのは毛先のシュッとした先細り感。その繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的です。

\How to ベース&カラー/

・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバーしてくれます。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくします。前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。

・襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げます。

襟足カットで首が長く見える美人ショート
\How to スタイリング/

・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調します。乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になります。

・襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

美フォルムでキレイなお姉さん度アップ

美フォルムでキレイなお姉さん度アップ
\ヘアスタイルのポイント/

・ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー!長め前髪はさらりと流し、ふわっとショート。小顔効果で今シーズン人気のひし形ショート。小顔だけでなく、気になる頭の形もしっかりカバーしてくれるこちらのデザインは、長めの前髪で品があり、絶妙な女性らしさを演出。

・360°あらゆる角度から見ても美シルエットで、カジュアルからコンサバまで、服装を選ばずオールマイティに対応できる優秀ヘアです。また、ストレートアイロンで毛先をワンカールすれば華やかで、きちんと感のある印象に。カールアイロンで仕上げればぐっとエレガントにも。ショートでもトップの長さを残しているので、髪が広がりやすい人にもオススメです。

\How to ベース&カラー/

・前髪は目と鼻の間くらいの長さで、サイドに流せるようにカット。サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げます。

・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出します。襟足はすっきりまとまるようにカットします。カラーは、8レベルのブルーアッシュ。退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラスします。

美フォルムでキレイなお姉さん度アップ
\How to スタイリング/

・ひし形シルエットをイメージしながら全体的を乾かします。乾いたらストレートアイロン、もしくは、32mmのアイロンで表面を全体的にワンカール。アイロンが苦手な場合、くるくるアイロンを使ったり、マジックカーラーをトップに2〜3個巻いても◎。

・スタイリングは、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませたら、ボリュームを出したいトップと顔周りにスプレーを。ふわりと動きのあるひし形シルエットが、1日中キープできます。

ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー

程よく力の抜けた大人のカジュアルスタイル

程よく力の抜けた大人のカジュアルスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに。セミウェットな質感で、甘すぎない抜け感のあるナチュラルヘア。収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。

・カットラインをレイヤーにするのではなく、内側に“レイヤーセニング”を。毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。外ハネや動きが、“抜け感”を演出しておしゃれ度もUP。顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。

・カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。長めの前髪で、甘くなり過ぎないのが◎。スタイリングが簡単なので時短にも。朝の時間を有効活用したい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。

・前髪は、サイドよりやや短めにカット。カラーは、13レベルのカーキアッシュ。マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。

程よく力の抜けた大人のカジュアルスタイル
\How to スタイリング/

・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かします。乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。

・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

長め前髪が軽く耳にかかる大人カジュアルショート

長め前髪が軽く耳にかかる大人カジュアルショート
\ヘアスタイルのポイント/

・こなれ印象を生む、頬ラインで耳にかけることができる長め前髪のニュアンスショート。
・耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。トップはふんわりさせて。
・毛先がフェースラインにかかるので小顔効果もあり。
・耳かけしなければ、顔周りがすっきりして知的な印象に。

\How to ベース&カラー/

・バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカットします。耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げます。

・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラスします。カラーは7トーンのブラウンベージュ。ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出します。

長め前髪が軽く耳にかかる大人カジュアルショート
\How to スタイリング/

・ショートのスタリングは乾かし方で決まるといっても過言ではありません。トップをまず右側に寄せて乾かし、それから左側に寄せて乾かします。左右両方から風をあてることでトップが立ち上がりふんわり。ストレートアイロンで、前髪の毛先が軽くワンカールするように滑らせます。

・直毛やボリュームが出にくい人は、全体の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ丸みをつけても◎。柔らかめのワックスを毛束の中間から毛先になじませます。襟足は首に沿わせるように整え、前髪は毛先のみワックスをなじませサイドに流せば完成。

・耳かけしないで顔周りに長め前髪を落としても良し。耳かけしてすっきりさせても良し。前髪残しつつ軽く耳かけしても良し。好みのよって印象を変えられる長め前髪。ショートなら大人っぽさを約束されつつ、おしゃれのマイナーチェンジを楽しめます。バリエが効くおすすめの前髪なので、前髪アリorナシを悩んでいたらぜひTRYを!

耳かけアリorナシどっちも決まって小顔効果あり!“長め前髪×ショート”は究極の大人カジュアルヘア

今っぽさが手に入る長め前髪の外ハネショート

今っぽさが手に入る長め前髪の外ハネショート
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪は鼻ラインでカット、長め前髪にすると、カジュアルでも大人っぽい印象に。
・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドにつなげて。
・顔周りを中心にしっかりレイヤーを入れて表面に動きを出す。外ハネで作ったショートに。
・丸顔なら顔周りの毛束でフェースラインをひし形に補正。
・面長ならサイドの外ハネで視線を横に広げて見せることも◎。

\How to ベース&カラー/

・前髪は鼻ラインでカット。バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていきます。表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。

・外ハネにしたとき短くなり過ぎないよう、裾はやや長めに残すとバランスが取りやすくて◎。襟足は短い方がすっきり。カラーは9トーンのフォギーアッシュ。くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出します。

トレンドに敏感な人はもうやってる!外ハネショート
\How to スタイリング/

・前髪は前方からドライヤーをあて、自然にふわっと立ち上げます。全体を乾かしたらストレートアイロンで表面と顔周りの毛束を外ハネに。アイロンは毛先をはさんだら、くるっと手首を返すと簡単に外ハネが作れます。

・外ハネはきっちり作ろうとせず、それぞれの角度が違っても気にせずラフに作ればOK。ストレートアイロンを使うことでくるんとなり過ぎず、外ハネの角度を自分で調整しやすくなります。

・毛先にややウエットな質感になるセラムなどを揉み込み、束感を作れば完成です。外ハネはミディで作りがちだけど、ショートで作るとおしゃれ感が際立ち差のつく印象に。スタイリングはストレートアイロンでサッとハネさせるだけの簡単ヘア。もっとおしゃれを楽しみたい人に、ぜひ挑戦して欲しいスタイルです!

長め前髪の“外ハネショート”は、差のつくトレンドヘア!

爽やかで好感度の高い大人ショート

爽やかで好感度の高いベリーショート
\ヘアスタイルのポイント/

・サイド&トップに自然なボリュームを。
・フェースラインの髪の内側だけを両耳にかけ、トップをくしゅっと持ち上げる。
・ペタッとしがちなショートスタイルにふんわりボリュームをプラス。

柔らかピュアな好感度ショート

ふんわりカールした大人のショートヘア

ふんわりカールした大人のショートヘア
ふんわりエアリーなストレートタッチに。

髪が短くてもOK!梅雨のうねる髪はカーラーとアイロンでふんわりヘアに♪

ラベンダーカラーで大人の艶ショートヘア

ラベンダーカラーで大人の艶ショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・ベージュ×ラベンダー・モカ・マロン。肌の透明感を引き出すラベンダーカラー。
・ベージュベースにモカ、マロンなどの色と共にラベンダーをプラスし、全体に深みのあるトーンに仕上げ、内側にはローライトを入れています。

流行カラーのラベンダーで、 肌も髪もツヤ美人!

ひし形のシルエットで大人の女性ショート

ひし形のシルエットで大人の女性ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・大人っぽい洗練ショート。髪の表面にレイヤーを入れ、全体に緩くパーマをかけています。
・内側で毛量調節をして、すそのラインを絞りひし形シルエットに。
・大きな毛流れの優しいニュアンスの中にも強さを感じさせる仕上がりになっています。髪色はアッシュ系のゴールド。

全方位ひし形シルエット

パーマで楽しむショートヘアはスタイリングも簡単

デジパで作るナチュラルなハンサムショート

>デジパで作るナチュラルなハンサムショート
\ヘアスタイルのポイント/

・ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに。抜け感とカールの動きがある洗練されたカジュアルショート。カジュアルで可愛いスタイルの中に、ニュアンスパーマの動きをプラスしたショートヘア。毛先のカール感が強めなので、クシュっとヘアオイルをつけるだけで簡単にスタイリングが決まるのも嬉しいポイントです。

・ショートがトレンドとなっていますが、オシャレ感を演出したい人にぴったりのデザインになっています。前髪はアリとも、ナシともカテゴライズできないボーダーレスにすることで、今っぽい抜け感のある表情に。あえて前髪をちょろっとひと束垂らすのも◎。毛先の動きが出しやすくトップやサイドなどボリュームのコントロールが思いのままに。美シルエットで骨格補正の効果も望めます。ナチュラルテイストで今どきヘアを取り入れたい人にオススメなスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残します。前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出します。

・カラーは、8レベルのフォギーベージュに。気になる赤みやオレンジ色をくすんだグレーで打ち消すことにより、透明感や柔らかさのある色味に仕上げます。

>デジパで作るナチュラルなハンサムショート
\How to スタイリング/

・パーマをかける場合、20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかけます。パーマ無しでも26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブとすることでも同様のスタイルを楽しめます。

・スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルをチョイス。適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつけます。ラフな動きと束感を整えたら完成です。

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

カーリーなパーマの無造作な動きがおしゃれ

カーリーなパーマの無造作な動きがおしゃれ
\ヘアスタイルのポイント/

・流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに。マッシュとニュアンスパーマ、セミマットな質感と贅沢におしゃれを先取り!トレンドを先取りするなら断然マッシュベースです!ハンサムショートに変わり流行の兆しあり。そのマッシュショートとニュアンスパーマのコンビネーションのこちらのスタイルは、セミマットな質感もプラスされ、今っぽヘアに仕上がっています。

・くるっとしたカール感を出すパーマではなく、毛先を逃して巻いているため、無造作で遊びのある表情になっています。また、カラーリングは暖色のオレンジブラウンにすることで、表情が明るくなり、顔色がよく見える効果も。半歩先のおしゃれ感を楽しみたい人はもちろん、猫っ毛や毛量が少なく根元に立ち上がりが欲しい人にもオススメのショートヘアです。

\How to ベース&カラー/

・マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れます。
・前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。
・カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンに染めます。顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味です。

カーリーなパーマの無造作な動きがおしゃれ
\How to スタイリング/

・パーマは、20〜22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかけます。スタイリングは、8割くらい乾かし、ムースを全体的に揉み込むように塗布します。

・髪がセミウェットな状態で、下からすくいあげるようにつけるのが今どきのスタイルに仕上げる鍵。ムースをつけたら、毛先が色々な方向を向くように整えて自然乾燥させたら完成です。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

天然くせ毛風のニュアンスパーマでくしゅふわ

天然くせ毛風のニュアンスパーマでくしゅふわ
\ヘアスタイルのポイント/

・マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく。今っぽヘアのワイドバングにトライするならこちらが一押し。前髪に束間と隙間をつくることで涼しげで、こなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。

・マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルとなります。ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象のショートヘアに。ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメです。こなれ感のあるヘアは、今季注目のラバージュカラーを先取り。

\How to ベース&カラー/

・ベースのカットはショートボブに。動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。襟足はすっきり切り込みます。前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。

・また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。カラーリングは、8レベルのラバージュに。ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせます。

天然くせ毛風のニュアンスパーマでくしゅふわ
\How to スタイリング/

・26mm~32 mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るようにパーマをかけます。もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。

・スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かします。8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。最後に表面と前髪の束間を整えたら完成です。
マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

後ろから前になびくような毛流れが新鮮

後ろから前になびくような毛流れが新鮮
\ヘアスタイルのポイント/

・ボーイッシュに見えがちでも、後頭部の丸みで柔らかな女性らしさも。外ハネミディやショートボブなどトレンドでおしゃれだけど、正直、人とカブりがちな髪型に飽きている人も多いのでは? そんな一歩先をいくおしゃれ女子にオススメしたいのが、こちらのマッシュショート。

・おでこから耳上にかけてのカットラインがラウンドしたスタイル。やや懐かしさのあるマッシュですが、ラウンドする毛先を長めに残し、毛先を動かしてラフに顔周りを隠すのが今っぽく作るコツ。顔周りの毛が長いので、丸顔や頬骨が出ている人の骨格もカバーできます。パーマをかければスタイリングは超簡単に。軽やかでパッと見でおしゃれ感がある程よく個性派なスタイル。周りが始める前にいち早くTRYすることをオススメします!

\How to ベース&カラー/

・前髪は厚め。目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。フェースラインを包むように毛束はやや長めに残します。後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギです。

・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れます。カラーは8トーンのオリーブアッシュ。赤みをおさえた外国人風の人気カラーです。マッシュは頭でっかちに見えがちなので、全体に細くハイライトを入れて軽さを出すと◎。

後ろから前になびくような毛流れが新鮮
\How to スタイリング/

・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1.25回転のパーマを。スタイリングは乾かし方が重要。ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流して。

・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成です。パーマをかけるのでスタイリングがとにかく簡単。おしゃれなスタイリングが苦手な人や、朝が忙しい人にもオススメのスタイルです!

前髪長めの“マッシュショート”で、この春は差のつくおしゃれ女子に!

パーマで動きをつけたキュートなショートヘア

パーマで動きをつけたキュートなショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・ハネるような毛先がキュート。基本はボブベース。
・ラインはシャープですが、表面にレイヤーを入れて、パーマを全体にかけ、緩やかな動きのニュアンスを出すことで、程よくフェミニンに。
・前髪はトップから厚く長めに。栗色系のブラウンにバイオレットを加えた髪色は、深みのツヤが上品さを印象づけます。

ハネるような毛先がキュート

秋冬はダークカラーが気分!おしゃれに見える黒髪系ショート

肌の白さを強調する暗めのベージュカラー

肌の白さを強調する暗めのベージュカラー
\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!ショートならではの大人スタイルを楽しんで。ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。

・ズバリ“女性らしさ”にこだわったスタイルは、前髪の長さを残し、前髪からサイドにかけてのラウンドしたマッシュラインが、やさしい印象を演出してくれます。襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。

・柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。

\How to ベース&カラー/

・長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできます。トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。

・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。カラーは、9トーンのフォギーベージュ。ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラーです。

肌の白さを強調する暗めのベージュカラー
\How to スタイリング/

・スタイリングで動きを出しやすくするため、前髪は左右に振りながら乾かします。その後、26mmのアイロンで毛先をワンカール。さらに、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きをプラス。

・スタイリング剤は、ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整えて完成。カジュアルでも、モードでも、どんなファッションにもマッチする人気のマッシュショート。メリハリのある女性らしいスタイルなので、ぜひチャレンジしてみて。

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

触りたくなるようなツヤ質感のナチュラルカラー

触りたくなるようなツヤ質感のナチュラルカラー
\ヘアスタイルのポイント/

・簡単&時短の今っぽショートボブは、ママにもおすすめ!ストレートタッチのこちらのショートボブ。王道のシンプルなスタイルながらトレンド感を髪のウェット質感で表現。今っぽくシャレ感のある仕上がりになっているのがポイントです。

・ヘアオイルをつけるだけなので、スタイリングが簡単なうえ、時短も兼ね備えた優秀スタイル。朝のスタイリングをさっとしたい人、不器用さん、そして、自分に時間をかけられないママにもおすすめです。眉ギリギリの透けバングは、さらっと流せば大人っぽく、下ろせばカジュアルな雰囲気に。

・どんな顔型とも相性抜群で頭のフォルムをキレイに見せる効果も。卵型や面長な方は、写真のように耳にかけた方がバランス良く美人度を底上げ。また、レイヤーによる軽さはあるものの、トップの重さを残しているので、髪が膨らみやすい人でもチャレンジしやすいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。

・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットします。カラーは8レベルのウォームブラウン。ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味です。

触りたくなるようなツヤ質感のナチュラルカラー
\How to スタイリング/

・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須です。スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布します。

・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えてくれます。

時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

隠し味のような細かいハイライトで立体感

隠し味のような細かいハイライトで立体感
\ヘアスタイルのポイント/

・下ろしても流してもOKな2WAYバングは、しゃれ感たっぷり&小顔効果も。前髪ありの可愛らしさと、スッキリ耳にかけた大人っぽさの、“甘さ”と“辛さ”が絶妙なバランスのショートスタイル。丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。

・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。

・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。

\How to ベース&カラー/

・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。

・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。

隠し味のような細かいハイライトで立体感
\How to スタイリング/

・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。

・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。

甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

緩いパーマでやわらかな質感の黒髪ショート

緩いパーマでやわらかな質感の黒髪ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・黒髪のショーとは、柔らかニュアンスが命。
・ストレートだとシャープになってしまいがちなので、緩いパーマやアイロンでふんわり感を出します。
・髪の遊びを強調するように、ワックスをなじませて。

緩く巻いた柔らかな質感で女っぽく

ラベンダーブラウンのカラーがツヤやか

ラベンダーブラウンのカラーがツヤやかなショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・シンプルなあごラインボブに遊びを加えているのは、ハイライトを施したツヤカラー。
・全体に毛束を細く取ってトーンアップ し、上からラベンダーとブラウンを混ぜたカラーをオン。
・光が当たったときに透けるため、髪をソフトに見せてくれる効果も。

コクのあるツヤを出すラベンダーブラウン

毛先を遊んだ大人ポジティブショートヘア

毛先を遊んだ大人ポジティブショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・エアリーでボリューミーなシルエットは、表情を明るく見せてくれる効果大。
・ざっくりした毛流れがこなれ感を生み出し、今風の仕上がり!

遊びのあるラフな毛流れで ポジティブさが加速 !

骨格まで補正してくれる絶対小顔ショート

小顔狙いならシルエットはひし形が正解

小顔狙いならシルエットはひし形が正解
\ヘアスタイルのポイント/

・丸いふわっとしたシルエットは、女性らしい柔らかな印象にも。耳周りがふわっとしたひし形シルエットのショート。顔をキュッと包むような印象でこれだけでも十分小顔に見えますが、その上をいく小顔スタイルがこちら。一見ただのひし形ショートですが、実は顔周りの毛束にポイントあり。

・頬に落ちるいちばん手前の毛束がリップラインまで長く、気になる頬の丸みやエラ張りなどをカバーしてくれます。これにより顔周りを包む毛束のシルエットもひし形になり、小顔効果up。また前髪があるので必然的に顔の面積を小さく見せてくれて◎。

・とにかく小顔にこだわったスタイル。もちろんふわっとラフな毛束でこなれ感があり、小顔に見せつつおしゃれな印象も手に入ります。顔の大きさや骨格に悩んでいる人は、ぜひこの計算づくのショートに挑戦を!

\How to ベース&カラー/

・顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させます。輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。

・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れます。前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。

小顔狙いならシルエットはひし形が正解
\How to スタイリング/

・顔周りの左右の毛束が内巻き、外ハネと、違った方向に流れやすい人は乾かし方に注意。つむじの毛流れにより外ハネになる側が出てくるので、外ハネになる毛束は乾かすとき、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。

・根元の毛流れのクセを取ってあげると、自然と内巻きに流れやすいです。乾かしたら26㎜のアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。

・ラフな質感がおしゃれなのでスタイリング剤はなくてOK。気になる輪郭をカバーしつつ確実に小顔を狙える、こなれ感のある大人ショートです!

絶対小顔に見せたいなら、前髪あり×顔周り長めの“ひし形ショート”!

顔周りから首まですっきり見せた小顔ショート

顔周りから首まですっきり見せた小顔ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に。グラデーションベースの丸みと、毛先に遊びのある色っぽヘア。今季のトレンドとして注目されているショートヘア。周りが続々と短くする流れに乗りたいものの、いざショート!と、なるとちょっとドキドキしてしまいますよね。

・ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイルがこちら。ショートにしたいけど顔まわりの長さは残すことで女らしさをキープし、日本人の骨格に合うひし形シルエットがオススメです。

・襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。長め前髪がスタイルの鍵となるショートは、レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。また、根元のふんわりとした立ち上がりが、女っぷりを上げてくれます。

\How to ベース&カラー/

・襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。

・毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味です。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

顔周りから首まですっきり見せた小顔ショート
\How to スタイリング/

・タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かします。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライします。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。

・ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象になります。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

コンパクトにまとめたタイトショートなら頭も小さく

コンパクトにまとめたタイトショートなら頭も小さく
\ヘアスタイルのポイント/

・下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も。 魅力アップのポイントは、前髪+耳掛けの透け感。丸みシルエットで、女らしさも◎スタイリングが簡単に決まり人気のショートヘアですが、今っぽヘアに仕上げるなら、シースルーバング&耳かけが必須です。

・おでこや顔まわりの肌が見えることで、軽くて抜け感のあるスタイルに。また、“下ろし流し”の前髪が、大人の可愛さを演出します。後頭部はふんわり、襟足はキュッとタイトに締めて、メリハリがあるのはもちろん、柔らかい丸いシルエットとなり女性らしい印象を与えてくれます。さらに、骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ、スタイルアップにも。

・リラックス感のあるナチュラルなデザインですが、さりげないハイライトカラーとのコンビネーションで、動きと洗練された雰囲気をプラス。骨格をキレイに、女っぽさをUPさせるショートスタイル。髪が細くてボリュームが出にくい、髪が痛みやすいといった人にもぴったりです。

\How to ベース&カラー/

・襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトにします。サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整します。

・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねます。ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色です。

コンパクトにまとめたタイトショートなら頭も小さく
\How to スタイリング/

・基本的には乾かすだけでOKという手軽さが嬉しいショートスタイル。キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てます。

・スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布。最後に整えたら完成です。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

長めの前髪で頬骨カバー!シャープなスタイル

長めの前髪で頬骨カバー!シャープなスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート。丸みシルエットが美しく、毛先の遊びが女性らしさをプラス。長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。

・さらに、襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果もあります。シンプルでカジュアルなスタイルでありながら、大人かっこいい雰囲気のポイントは毛先に施されたシャープさ。カットテクニックによる先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージを与えてくれます。

・ショートなのでお手入れが簡単なのもメリットのひとつ。オーソドックスで好印象なスタイルで、どんな人とも相性◎。トップのレイヤーは頭のハチ下に入れることで膨らまずに、ボリュームが出しやすくなり後頭部ふんわりの丸みシルエットを実現。ショートは初めてという人にも、ぜひチャレンジしてみて欲しいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。前髪は、流した時に目の下になるように設定。

・カラーは、7レベルのブラウンベージュに。暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。

長めの前髪で頬骨カバー!シャープなスタイル
\How to スタイリング/

・スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。

・スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

サイドを長めに残した丸顔さんカバーのショートヘア

サイドを長めに残した丸顔さんカバーのショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・ポイントはサイドの長さ!短すぎると顔の丸さが目立つので、耳たぶよりも5〜6cm程、長めに設定するのがポイントです。

・サイドのみ、丸みはつけず先細りのシャープな毛束感に。縦ラインが生まれ、短くてもスマートな印象に仕上がります。もみあげを長めに残すのがポイント!

小顔になれるヘアスタイル 丸顔さん編 ショートヘアにするならサイドの長さを耳たぶより5〜6cm長く作る!

面長さんを小顔にする丸みショートヘア

面長さんを小顔にする丸みショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・ふんわり丸いマッシュフォルムのショートヘアが、顔の長さをカムフラします。
・さらに、頰にかかる毛束を丸くラウンドするようにカットし、輪郭にふわっと沿わせることで顔周りに丸さが加わり、均整のとれた小顔に出合えます!
・丸みを帯びた毛束を 頰周辺に作るのがポイント。

小顔になれるヘアスタイル 面長さん編 ③ショートヘアにするなら頰にかかる毛束を作り丸みを際立たせる!

エラ張りさんの悩みをカバーする小顔ショートヘア

エラ張りさんの悩みをカバーする小顔ショートヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・サイドにニュアンスをつけにくいショートヘアの場合、もみ上げを長めに残してできた影を利用して、エラをシェーディングします。その際、頰の丸みに自然と沿うようなカーヴィな動きをつけるのがコツ。
・頰の丸みが際立つ&シェーディング効果で、小顔美人に!頰に落ちた影で シェーディング 効果が狙える!

小顔になれるヘアスタイル エラ張りさん編 ショートヘアにするなら頰にかかる毛束をラウンド させながら影を作る!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事