ヘアスタイル・髪型
2020.6.3

30代の大人女子におすすめ!前髪あり、なしで選ぶレング別スタイル

30代からの大人女子におすすめのヘアスタイルをたっぷりとお届け!前髪あり、なしで雰囲気ががらっと変わります。ショート、ボブ、ミディアム、ロングの長さ別に。どれも大人の余裕が感じられ魅力たっぷりのヘアスタイルです!自分らしいスタイルやなりたいイメージ合わせて選んでみてください♪

【目次】
前髪ありショートならナチュラルで大人かわいい雰囲気に
大人っぽさ抜群の前髪なしショート
好印象間違いなしの前髪ありボブ
前髪なしボブでおしゃれ感アップ!
前髪ありミディアムの愛されスタイル
前髪なしミディアムヘアでほどよい色っぽさを
女性らしさたっぷりの前髪ありロング
前髪なしロングで美人印象に

前髪ありショートならナチュラルで大人かわいい雰囲気に

クールな雰囲気を目指したい人にぴったり

クールな雰囲気を目指したい人にぴったり

【How to ベース&カラー】
ベースはグラデーションでカット。えり足はすっきりしたシルエットになるようにカット。前髪は目の上の長さでカットし、流れが出るようにレイヤーを入れる。さらに、耳周りにも独立したレイヤーを入れて軽い表情に。カラーは、9レベルのシースルーベージュをチョイス。赤みを消しながら、透明感や抜け感をプラスした、くすみのない色味。

クールな雰囲気を目指したい人にぴったり

【How to スタイリング】
ショートでもしっかりケアすることで毛先のおさまりがよくなり、美スタイルをつくるベースとなるので、ドライ前に洗い流さないタイプのトリートメントを塗布。その後、自然な立ち上がりになるように根元をこすりながら、ドライヤーで乾かす。完全にドライしたら、柔らかい質感で束感をつくるソフトワックスを毛先中心に全体的に揉み込む。

トレンドへアの重めシルエット×抜け感バングで、春らしい大人ショートに

愛らしいマッシュショート

愛らしいマッシュショート

【How to ベース&カラー】
サイドはグラーデーションで丸みが出るようにカットし、襟足はレイヤーでスッキリと。後頭部はふっくら、襟足にくびれのあるメリハリヘアに仕上げる。前髪を目の上の長さに設定し、マッシュラインでカットした後、流れるようにレイヤーをオン。カラーは、ダメージレスにトーンアップできる“ケアブリーチ”で極細のハイライトを入れ、9レベルのアッシュベージュを重ねる。オンカラーにより、さらなる透明感と立体感のあるスタイルしつつ、伸びてきた時のリタッチ部分が気にならないメリットも。

愛らしいマッシュショート

【How to スタイリング】
根元がふんわりするようドライをしたら、ストレートアイロンで軽くワンカール。スタイリング剤はツヤ感や束感の出るオイルやバームをチョイスし、全体的にムラなく塗布。顔まわりの髪を少し残して耳にかければ今年顔になり、小顔効果もアップ!

斜め前髪とトレンドの耳かけへアで今っぽく!美シルエットの愛らしいマッシュショート

メリハリのあるひし形シルエットの愛されヘア

メリハリのあるひし形シルエットの愛されヘア

【How to ベース&カラー】
襟足は短めにすっきりレイヤーでカット。サイドの長さをリップラインに設定し、グラデーションでカット。前髪はトップに丸さとボリュームが出るように深めに取り、眉毛が隠れるギリギリの長さに。カラーは9レベルのピンクベージュをセレクト。ベージュにほんのりピンクのニュアンスを加え、透明感や柔らかさのある仕上がりに。

メリハリのあるひし形シルエットの愛されヘア

【How to スタイリング】
トップがふんわりするように根元を持ち上げながらドライしたら、32mmのアイロンで前髪を軽くカールをつける。この時、挟んだ髪を横にスッと抜きながら外すとキレイな流れがつくれる。硬毛や直毛なら前髪のみパーマをかけても。ツヤ感と軽いセット力のあるバームタイプのスタイリング剤を全体的に馴染ませ、耳にかけたら完成。耳にかける時、ひし形シルエットとなるようサラっとかけるのがスタイルを決めるコツ。

前髪ありのモテショート|大人かわいい&小顔見せは“ひし型シルエット”のおかげ

外ハネでこなれ感アップ

外ハネでこなれ感アップ

【How to ベース&カラー】
襟足をあご下1cmに設定し、グラデーションベースでカットし、重めのレイヤーを入れる。後頭部の丸みを強調させるよう、襟足は短め。また、すっきりとした襟足は、タートルといった襟元の高いファッションにもぴったり。カラーは9レベルのラベンダーアッシュをチョイス。黄色を打ち消すペールトーンのパープルをMIXすることで、ツヤと透明感のあるカラーリング。

外ハネでこなれ感アップ

【How to スタイリング】
パーマをかける場合は17〜23mmのロッドを使い、内巻きと逆巻きをランダムに巻く。アイロンで仕上げるなら、26mmのアイロンで内巻きと外ハネを無造作な動きとなるようランダムに巻く。ドライする時はトップが潰れないよう注意。下を向いてラフに乾かすと簡単にボリューム感のある仕上がりに。7割ほどドライしたら、ワックスクリームを全体にクシャッと揉み込みながら塗布。最後にハネ感を整えたらフィニッシュ。

長め前髪の美シルエットショートは、外ハネでこなれ感アップ

大人カジュアルを楽しみたい人に♪

大人カジュアルを楽しみたい人に♪

【How to ベース&カラー】
襟足の長さをあご下2cmに設定し、グラデーションベースでカット。ふんわり仕上げるようトップにはレイヤーを入れる。前髪はパーマをかけるため、少し長めに目が隠れる長さでカットし、トップとレイヤーで繋げて軽さを演出。カラーは、7レベルのブラウンに13レベルのハイライトをオンカラー。ハイライトで動きを出しながら、肌の色をキレイに見せる温かみのあるベージュブラウンに仕上げる。

大人カジュアルを楽しみたい人に♪

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20〜23mmのロッドでトップから内巻きに、襟足にはピンパーマをかける。ドライ時はシャンプーをする時のように髪を動かしながら乾かすのが鍵。髪に潤いを与えるシアバター系のワックスを、毛先中心にクシュクシュっと揉み込むように塗布。ノンパーマ派なら、26mmのアイロンを使い、トップは内巻きに、前髪は根元まで巻かずに2/3までを巻いてふんわり仕上げる。パーマヘア同様、スタイリング剤を付けたら完成。

大人カジュアルショートヘアは、長めバング&マッシュシルエットがトレンド!

抜け感たっぷり!

抜け感たっぷり!

【How to ベース&カラー】
前下がりのグラデーションは、重めにするのが今っぽの秘訣に。レイヤーを入れて軽さを出す。前髪は目の下の長さでカット。襟足はレイヤーカットで、短めにすっきりさせることで“くびれ”のあるラインが生まれる。カラーはピンクMIXのフォギーベージュに。柔らかさのあるブラウンで女性らしい雰囲気のある色味。

抜け感たっぷり!

【How to スタイリング】
ドライ後、26mmのアイロンを使い内巻きワンカールにしたら、髪が冷めないうちに手ぐしで後ろに流す。髪に熱があるうちに手ぐしを入れることで、カール感が和らぎニュアンスのある仕上がりに。セミウェットな質感となるワックスを毛先中心に揉み込み、全体を馴染ませたらフィニッシュ。

色香な長め前髪&ニュアンシーな抜け感たっぷりショート

ナチュラルで動きのあるヘア

ナチュラルで動きのあるヘア

【How to ベース&カラー】
襟足の長さを短めに設定し、サイドとバックはグラデーションでカット。襟足はキュッとタイトに収まるようにスライドカットで調整。毛束感と動きが出やすいように、間引きセニングを施す。前髪は乾いて目の上ギリギリになるよう計算をしてカット。顔まわりがマッシュになるように整える。カラーは、柔らかい印象とツヤ感を与えるブラウンベージュに。ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたカラーに。

ナチュラルで動きのあるヘア

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20mmのロッドで毛先1回転半のパーマをかける。前髪は、少し太めのロッドを使い、ニュアンスがでるようにパーマを。アイロン仕上げなら、26mmのカールアイロンで毛先を内巻きに。顔まわりと耳後ろを外ハネにすると立体感のあるスタイルに。スタイリングは、ドライ後(パーマがかかっている場合、ハーフドライでもOK)トリートメントクリームを全体に揉み込む。スタイリング剤は、トリートメント効果や保湿効果もあるタイプを。最後に束感を出して、顔まわりや耳後ろの外ハネを整えたら完成。

長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

チュラルに愛らしく小顔見せも叶う!

チュラルに愛らしく小顔見せも叶う!

【How to ベース&カラー】
前髪を目の上ギリギリの長さでカットし、サイドは耳たぶが見える長さに設定しグラデーションでカット。前髪とサイドを緩やかなラインで繋いで、ナチュラルなマッシュスタイルに。トップの角を落とす程度のレイヤーを入れ、毛先の厚みを残しつつ毛量調整。襟足は短めにカットし首元をすっきりと。カラーはこオレンジブラウンに。色持ちがよく、流行に敏感な人にイチオシのカラー。

チュラルに愛らしく小顔見せも叶う!

【How to スタイリング】
前髪に分け目がつかないように気をつけてドライヤーで乾かす。ドライ後、26mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけの簡単スタイリング。最後に、ツヤ感の出る重めのバーム系のスタイリング剤を全体に馴染ませたら完成。アイロンを巻き過ぎないようにすることがポイント。

小顔見せの大人かわいいマッシュショートヘアで、ナチュラルに愛らしく!

大人っぽさ抜群の前髪なしショート

ナチュラルでジェンダーレスなスタイル

ナチュラルでジェンダーレスなスタイル

【How to ベース&カラー】
襟足ギリギリの長さで設定し、やや前下がりのグラデーションでカット。襟足は短いものの刈り上げない長さなので、スタイリッシュな印象に。表面にレイヤーを入れて軽さを表現。前髪は鼻下の長さでカットし、全体的にスライドカットを施し透け感のある仕上がりに。カラーは、トレンドである暖色系のウォームブラウンをチョイス。透明感があり、柔らかい雰囲気に仕上がるカラー。

ナチュラルでジェンダーレスなスタイル

【How to スタイリング】
ドライ時、前髪をオールバックに乾かすと根元がふんわりとして流れが作りやすくなる。乾いたら32mmのアイロンで髪が落ちる位置でワンカール。前髪だけ、真上に引き出してワンカール巻くとふわっと動きのある仕上がりに。最後に、ツヤ感と束感をつくりやすいヘアバターを全体的に揉みこんだら完成。

透け感のある長め前髪×センターパートのジェンダーレスショート

耳かけショートでアクセ映え♪

耳かけショートでアクセ映え♪

【How to ベース&カラー】
サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。バックとトップもグラデーションでつなげる。襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。前髪は、目が隠れるくらいの長さでカット。カラーは9レベルのウォームベージュをセレクト。赤みを抑える色味でありながら、髪にまろやかさとツヤ感を与え、柔らかい質感に見せる効果が。

耳かけショートでアクセ映え♪

【How to スタイリング】
ダメージレスでトリートメント効果が望めるGDC(ガーデンオリジナルデジタルキュア)というデジタルパーマを20mmのロッドでかける。すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻く。スタイルングは、ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布。もみあげはしっかり目につけるのが鍵。アイロンで仕上げる場合は、26mm、もしくはストレートアイロンで。最後に、前髪を3〜5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感をプラスすることをお忘れなく。

長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

色っぽハンサムな雰囲気に

色っぽハンサムな雰囲気に

【How to ベース&カラー】
ベースはサイドグラデーションにカットし、顔まわりをマッシュラインで重めに。襟足はすっきりタイトにレイヤーでカットしたハンサムショート。首に沿ってカットをしているので、ネックラインを美しく見せてくれる。前髪は目の下の長さで重めにカット。カラーリングは、6レベルのブラウンベージュをセレクト。グレーがミックスされているため赤みを抑え、くすみのない透明感のある色味に。ファッションも問わず、どんなメイクにも似合うヘアカラー。

色っぽハンサムな雰囲気に

【How to スタイリング】
前髪はオールバックをイメージしながら、やや立ち上げるように全体を乾かしたら、スタイリングオイルを塗布。もみあげや前髪の産毛までしっかりつけるのがコツ。オイルはセット力がなく、さらっと仕上がるタイプを選んで。26mmアイロンで毛先をランダムに巻いたら完成。クセを活かすなら、アイロンなしでも◎。

色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

タイトな襟足で首まですっきり美人印象

タイトな襟足で首まですっきり美人印象

【How to ベース&カラー】
襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れる。毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

タイトな襟足で首まですっきり美人印象

【How to スタイリング】
タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かす。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライ。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象に。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

【How to ベース&カラー】
ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。前髪は、サイドよりやや短めにカット。カラーは、13レベルのカーキアッシュ。マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

【How to スタイリング】
ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かす。乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻く。直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

ニュアンスたっぷりのこなれ印象をゲット

ニュアンスたっぷりのこなれ印象をゲット

【How to ベース&カラー】
バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカット。耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋ぐ。ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。カラーは7トーンのブラウンベージュ。ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。

ニュアンスたっぷりのこなれ印象をゲット

【How to スタイリング】
ショートのスタリングは乾かし方で決まるといっても過言ではない。トップをまず右側に寄せて乾かし、それから左側に寄せて乾かす。左右両方から風をあてることでトップが立ち上がりふんわり。ストレートアイロンで、前髪の毛先が軽くワンカールするように滑らせる。直毛やボリュームが出にくい人は、全体の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ丸みをつけても◎。柔らかめのワックスを毛束の中間から毛先になじませる。襟足は首に沿わせるように整え、前髪は毛先のみワックスをなじませサイドに流せば完成。

耳かけアリorナシどっちも決まって小顔効果あり!“長め前髪×ショート”は究極の大人カジュアルヘア

ひし形シルエットの“錯視ショート”

ひし形シルエットの“錯視ショート”

【How to ベース&カラー】
サイドはあご下、やや前下がりにカット。前髪はリップラインからサイドに繋げてカット。長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなる。カラーは9トーンのフォギーベージュ。にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見える。また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えない。

ひし形シルエットの“錯視ショート”

【How to スタイリング】
分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かす。表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。5分くらい経つと自然なカールに。クセがつきにくい人は、ドライヤーをあてながらロールブラシでワンカール巻いても◎。ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるように。前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成。

小顔になれる絶対ヘア! ひし形シルエットの“錯視ショート”

好印象間違いなしの前髪ありボブ

外にゆるっと巻くくらいが今っぽいボブ

外にゆるっと巻くくらいが今っぽいボブ

【How to ベース&カラー】
肩にぎりぎりつかないくらいの長さでカット。毛先がハネにくい長さなので、巻いても下ろしてもキマる扱いやすいレングス。前髪は、流すようにサイドに向かって長くしていく。頬のラインが隠れるようにすると、自然な流れを演出。カラーは7レベルのラベンダーアッシュ。レベルは、6だと暗く、8だと明るすぎるので、7レベルがお仕事女子には程よい色味。パープル系は肌なじみがよく、ツヤがある髪に見せてくれる効果も。

外にゆるっと巻くくらいが今っぽいボブ

【How to スタイリング】
26mmのアイロンで、顔周りの毛先は外ハネに。その他は内巻きにします。部分的にゆるく外巻きにすることで、自然な印象に。前髪は、ストレートアイロンでさらっと通す程度で、少しカールがつくようにするとキレイな流れに。仕上げのオイルは、全体的に軽く手ぐしを通すくらいでつける。

透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に。地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

作りすぎないナチュラル系美人ボブ

作りすぎないナチュラル系美人ボブ

【How to ベース&カラー】
あごラインでベースをカット。毛先がハネないように、イングラデーションを少し入れて、髪が顔に沿うように自然な丸みを持たせる。前髪は目元の上くらいの長さで、重くならないように透け感を。カラーは7レベルのアッシュブラウンをチョイス。地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれる。

作りすぎないナチュラル系美人ボブ

【How to スタイリング】
3cmのストレートアイロンで軽く毛先を内巻きに。巻きすぎると横に広がってしまうので、顔に沿うスタイルを残すため、さらっと通す程度で。前髪も同様に。アイロンを使うことでツヤがアップし、よりキレイな髪に見せてくれる。仕上げのオイルはあまりつけすぎないように、毛先や前髪に指先で塗布。全体に“ささっと”と仕上げるのが、ナチュラルさを演出するポイント。

透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に|地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

ナチュラルな外ハネで今年顔に

ナチュラルな外ハネで今年顔に

【How to ベース&カラー】
肩ぐらいの長さでハネやすいようにやや前下がりにベースをカット。フェイスラインの角は残しながら、ニュアンスのある軽さを出すため表面に少しだけレイヤーを入れる。前髪は、ほんのりウザバングとなる長さで、幅を狭くしてシースルに。カラーは10レベルのオリーブベージュをチョイス。赤みを押さえる寒色でも、アッシュのようなくすみがなく柔らかい雰囲気に仕上げてくれる色味。

ナチュラルな外ハネで今年顔に

【How to スタイリング】
手ぐしで肩に沿わせてハネるようにドライ。その後、ストレートアイロンをさらっと通すくらいのナチュラルな仕上がりにして、カール感が強くならないようにするのがポイント。前髪はスルッと通す程度に。アイロンを使うことでツヤ感もアップ。ヘアオイルかヘアバターを手の平になじませ、内側から中間〜毛先までまんべんなく塗布して、束感をつくればフィニッシュ。手持ちのくし(コーム)があればコームを使って整えても◎。

束感シースルーバングの美人ロブヘアは、ナチュラルな外ハネで今年顔に

根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

【How to ベース&カラー】
ベースは肩下くらいの長さで前上がりにカット。ひし形シルエットとなるよう顔まわりにレイヤーをしっかり入れる。前髪は横幅を狭めにとりシースルーバングに。サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。カラーリングは、9レベルのアッシュベージュに。赤みをしっかり抑え、外国人のような透明感があり肌色をキレイに見せてくれる色。

根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

【How to スタイリング】
根元を後ろから前方に髪を乾かすだけで内巻きベースとなり、キレイにまとまるようカットに施されているため、ドライヤーの風は前から当てないように。乾いたら32mmのアイロンで、全体を内巻きワンカール。前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませる。前髪は毛先1/3くらいに塗布して、上品に仕上げて。

オルチャンへアの鍵は、根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

スタイリッシュなエアリーボブ

スタイリッシュなエアリーボブ

【How to ベース&カラー】
あごラインのワンレングスボブ。前髪は眉下の長さで、奥行きを狭くすることで透けバングに。顔まわりは前髪につなげて動きのある髪をつくる。カラーリングは9レベルのヌーディベージュをチョイス。パープルを補色としてプラスすることで、柔らかさや透明感のある仕上がりにしながらツヤ感をもたらす色味。

スタイリッシュなエアリーボブ

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは、太めのロッドで毛先ワンカール、顔まわりはリバース方向に縦で巻く。スタイリングは、根元が立ち上がるようにふんわり乾かすか、半乾きでスタイリング剤を塗布しても◎。ドライ後、オイルやオイルワックスを手に取り、上から手ぐしを通すように塗布。ややウェットでツヤ感のあるスタイリング剤を選ぶとおしゃれ感のある質感に。最後に前髪をつまんで束感メイク。

シースルーバング&パーマが新鮮!スタイリッシュなエアリーボブ

毛束感と透け感で大人かわいく!

毛束感と透け感で大人かわいく!

【How to ベース&カラー】
ベースはやや前下がりのボブにカット。軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れる。前髪は目にかかるくらいの長さにカット。厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整。カラーは、9レベルのアッシュベージュ。トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味。

毛束感と透け感で大人かわいく!

【How to スタイリング】
髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻く。ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付ける。束感を強調したいなら、スタイリング剤の量を多めにが◎。バームはツヤ感を重視し、酸化しにくいオーガニック系が一押し。

伸ばしかけヘアを楽しむ!愛されボブはシースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

前髪なしボブでおしゃれ感アップ!

センターパート前髪で色っぽクールに!

センターパート前髪で色っぽクールに!

【How to ベース&カラー】
あごラインの前下がりでベースをカット。顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラス。前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整。カラーは10レベルのアッシュベージュに。女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げる。

センターパート前髪で色っぽクールに!

【How to スタイリング】
ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かす。髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻く。前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませる。ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに

ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに

【How to ベース&カラー】
顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカット。カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできる。

ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに

【How to スタイリング】
ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。表面は内巻きにワンカール。さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成。

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

老けて見えない大人の“柔らかボブ”

老けて見えない大人の“柔らかボブ”

【How to ベース&カラー】
襟足はあごラインの延長線上でカット。後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。顔周りはあごラインの前下がりカット。トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れる。カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8〜9トーンのカーキ系ベージュ。肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイント。

老けて見えない大人の“柔らかボブ”

【How to スタイリング】
トップは根元だけ1〜2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かす。トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出す。毛先はアイロンを90°に回転し、緩やかな内巻きカールに。そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすい。

前髪長め×後頭部の丸みシルエットで、老けて見えない大人の“柔らかボブ”に!

ラフさのあるハンサムレディに

ラフさのあるハンサムレディに

【How to ベース&カラー】
サイドはあご下ライン、顔周りはやや前下がりにカット。毛量が多い人は中間や耳下の襟足の毛束をすいてカット。巻いたとき毛束が浮いて透け感が出るように、表面にはレイヤーをプラス。カラーは赤みの出ない8トーンのブルーアッシュ。光に当たると透け感が出るので重たくならず、毛量が多めの人におすすめ。

ラフさのあるハンサムレディに

【How to スタイリング】
乾かすとき、まず顔周りを含むトップの毛束を前に下ろして乾かす。それからかき上げるように毛束を持ち上げ、自然に分かれる位置の根元に温風を。さらに立ち上がった根元に冷風をあてると自然と形状記憶され、ふんわりした立ち上げ前髪が作れる。26mmのアイロンで毛先を外ハネに。レイヤーの入っているトップの毛束には、ランダムに内・外MIXで縦巻きをプラス。縦巻きにすることでボリュームを抑えた動きをつけることができる。スタイリング力の高いやや重めのオイルを全体になじませる。このとき巻きをしっかり崩すのがポイント。束感を出しつつ毛先がラフに動くように整えたら完成。

毛量多めの人におすすめ! 縦巻きをプラスした“透け感ボブ”で、ラフさを楽しみハンサムレディに

丸顔&幼顔をカバーした大人かっこいい女性に

丸顔&幼顔をカバーした大人かっこいい女性に

【How to ベース&カラー】
あご下でカットした平行ラインのワンレンベース。耳後ろからバックの裾のボリュームを抑えるとおしゃれに見えるため、襟足の毛をサイドより1cm短くカット。浮遊感ある毛束を作りやすいよう、表面にほんのりレイヤーを。カラーは落ち着きのある、9トーンのグレーマット。マットでくすませると、アッシュでくすませるようも柔らかな質感になり毛先にヌケ感ができる。

丸顔&幼顔をカバーした大人かっこいい女性に

【How to スタイリング】
トップの立ち上げは乾かし方にコツあり。まず、ぬれた状態で分けたい方向と反対側に毛束をもっていき、8〜9割乾かす。それから分けたい方向に毛束を持っていくと、ふわっとした立ち上げトップに。裾は全体を表面と内側の毛束に分ける。それぞれざっくり毛束を取り、アイロンで内外交互に1.5回転巻く。顔周りの毛束はゆるくリバース巻きに。しっかり巻かず、ラフに巻くのがポイント。シアバター系のワックスを手のひらになじませ、全体の毛束を持ち上げながら巻きをしっかりほぐす。裾に空気を入れるようにスタイリングすると、浮遊感ある三角形のシルエットに。毛束は崩すのでアイロンはざっくり巻けばよく、スタイリングは簡単。

前髪なしの“色っぽ三角形ボブ”で、丸顔&幼顔をカバーした大人かっこいい女性に!

セミウエットな質感で大人っぽく

セミウエットな質感で大人っぽく

【How to ベース&カラー】
肩上でカットしたボブベース。毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作る。前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流して。カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えない。またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。黄みも抑えるので上品な発色をKEEPする。

セミウエットな質感で大人っぽく

【How to スタイリング】
乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてる。それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。32mmのアイロンで毛先を内側にワンカール。さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませる。このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすく。片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けを。耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成。

“内巻きボブ”を今っぽおしゃれに作るカギは、耳前のふわっと毛束にあり!

ワンレンボブで大人の抜け感を演出

ワンレンボブで大人の抜け感を演出

【How to ベース&カラー】
ベースを肩上のギリギリ結べる長さでワンレングスにカット。前髪はサイドと同じ長さに揃える。ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げる。カラーリングは、暗めの5レベル・アッシュベージュをチョイス。赤みを押えつつ透明感があり、ダークカラーでも柔らかい表情の色味に。

ワンレンボブで大人の抜け感を演出

【How to スタイリング】
ドライ時のポイントは、分け目がつかないようにふんわりと乾かすこと。生えグセに逆らうようにドライヤーの風を当てるとナチュラルなボリューム感に。乾いたら32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけで、簡単にスタイルがキマる。保湿力があり立体的なスタイルをキープできるバター系のスタイリング剤を毛先に馴染ませ、揉み込んでから軽く崩したら完成。

前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出

前髪ありミディアムの愛されスタイル

作り込まないナチュラルさが魅力のピュアフェミニンヘア

作り込まないナチュラルさが魅力のピュアフェミニンヘア

【How to ベース&カラー】
ベースは鎖骨ラインでワンレングスにカット。ふわっと仕上がるように表面のみに軽くレイヤーを入れて、毛先に軽さが出るよう毛量調整。前髪は、目の上ギリギリの長さでカットし、サイドと繋ぐことで頬骨をカバー。カラーは10レベルの柔らかい印象を与えるラベンダーベージュに。透明感があり、肌色のキレイ見せ効果もあるカラーリング。

作り込まないナチュラルさが魅力のピュアフェミニンヘア

【How to スタイリング】
ドライ時、根元を起こしながら乾かすとふわっと仕上がり美しいシルエットに。乾いたら32mmのカールアイロンで、内巻きにワンカール。その後、耳周りをメインに外ハネを4パネルほどランダムに巻く。スタイリング剤は、広がりやすい人はオイルを、ぺたっとしやすい人は水分が少なめのものがおすすめ。手の平に伸ばし、乾燥しやすい毛先から塗布して毛束感を演出してから、表面、前髪の順に塗布。前髪の塗布量は手に残っているごく少量で◎。

目ヂカラUPの小顔バング! ナチュラルで男心も掴むこなれボブ

透け前髪とやわらか毛先が魅力!

透け前髪とやわらか毛先が魅力!

【How to ベース&カラー】
ベースの長さは鎖骨下7〜8センチでワンレングスにカット。顔まわりとトップに少しレイヤーを入れ、前髪は目にかかるギリギリの長さで薄めに。幅や奥行きは骨格に合わせて調整。黒目の外側からサイドへ自然と繋がるように斜めにカットして、おくれ毛をつくる。先細の毛先に毛量調整して、ニュアンスのある仕上がりに。カラーは10レベルのフォギーベージュをチョイス。肌馴染みがよく、柔らかい印象を与える色味。

透け前髪とやわらか毛先が魅力!

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは、低温デジタルパーマで24mm・26mmのロッドを使い、毛先に緩めなパーマをかける。スタイリングは、根本を起こしながら髪全体をドライしてから、ツヤの出るオイルバームやオイルクリームなどの柔らかいテクスチャーのスタイリング剤を塗布。毛先に空気を含ませるイメージでもみ込むようにつけて、束感をメイク。手に余っているスタイリング剤を前髪の毛先につけたら完成。

透け前髪とやわらか毛先が魅力!あざとかわいいロングミディアム

引き算ヘアでさらっと内巻きが今っぽい

引き算ヘアでさらっと内巻きが今っぽい

【How to ベース&カラー】
鎖骨下5cmの長さでベースをカット。毛先に厚みが残る程度のレイヤーを入れる。前髪は目にかかるギリギリの長さで、幅を狭めにすることで薄めバングにし、トレンドを取り入れる。カラーは7レベルのベージュブラウンに。黄色ベースのブラウンで、明度が高く透け感や柔らかい雰囲気の色味。

引き算ヘアでさらっと内巻きが今っぽい

【How to スタイリング】
根元が立ち上がるようにドライしたら、ストレートアイロンでナチュラルな内巻きに仕上げる。前髪はアイロン無しでOKですが、癖が気になる人はアイロンでストレートに。分け目をずらすことで、自然な立ち上がりが生まれボリューム感をアップしてくれる。最後に、トリートメント効果のあるスタイリングミルクを毛先中心に塗布。中間に向かって馴染ませたら、毛先をセミウェットな質感にしつつ束感を作る。全体のドライな質感とのコンビネーションが、おしゃれ上級者に。

前髪あり+美髪ストレートミディ、引き算ヘアでさらっと内巻きが今っぽい

前髪の束感と外ハネでつくるナチュラル美人ヘア

前髪の束感と外ハネでつくるナチュラル美人ヘア

【How to ベース&カラー】
鎖骨下の長さでやや前下がりになるようにカット。巻いた時に顔まわりの長さが短くなると甘い印象を与えるため、巻いた時に平行ラインとなるよう長さを設定。トップにレイヤーを入れ、前髪は目にかかる位の長さでカットし、黒目より外側の前髪とサイドをラウンドラインで繋げる。カラーは10レベルのモカブラウンに。ベージュがかったブラウンで、柔らかさや女らしさを演出しつつ、透明感を引き出す色味に。また、落ち着いたトーンなので、顔まわりを引き締める効果も。

前髪の束感と外ハネでつくるナチュラル美人ヘア

【How to スタイリング】
髪を乾かしたら、32mmのアイロンで外ハネに1カール、中間は内巻きに。前髪はあまりカールが出ないよう、軽く通す程度でナチュラルに仕上げる。ウェットな質感と束感を出すためオイルとバームをミックスさせて、中間から毛先にかけて馴染ませる。スタイリング剤はオイルのみだとウェットになり過ぎるのでバームとミックスして、今どきのセミウェットな質感に仕上げて。

ひし形シルエットヘアが小顔を叶える! シースルーバングのカジュアルミディ

キレイめ×カジュアルの絶妙バランス

キレイめ×カジュアルの絶妙バランス

【How to ベース&カラー】
鎖骨の長さでベースをワンレングスでカット。前上がりのレイヤーを入れ、ボボリュームと動きが出しやすいスタイルに。前髪はエレガントさを感じさせるおろし流しができる長さで薄めにカット。カラーは8レベルのベージュブラウンに。黄色ベースのベージュ系カラーで、ふんわり明るく、華やかで柔らかさのある印象を与えてくれる。

キレイめ×カジュアルの絶妙バランス

【How to スタイリング】
スタイリングのコツは、スバリ巻き過ぎないこと!32mmのアイロンで外ハネにしますが、髪を中間から挟みスライドさせながらカールづけをする程度でOK。スタイリング剤はさらっとしたツヤ感で今どきの質感をメイクするオイルミルクをチョイス。しっかり手の平に伸ばしてから、毛先を中心にアイロンで作った外ハネを崩さないように塗布。手ぐしで外に返すように、スタイリング剤をなじませると◎。

透け感前髪+シャレ感のある上品な外ハネミディで、カジュアルでも華やかに

ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

【How to ベース&カラー】
ベースは肩と鎖骨の間くらいの長さでカット。リップから頰にかけてのラインに動きが出るようにレイヤーを入れる。前髪は眉下でおろし流しができる長さにカットしサイドと繋げる。動きが出やすいようにスライドカットで毛先が先細りになるよう調整。カラーは9レベルのシナモンベージュをセレクト。シナモンベージュは、赤みを抑えたベージュ系で、グレーのニュアンスを加えることで透明感や毛束の動きが見えやすいカラー。

ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

【How to スタイリング】
髪を乾かしたら32mmのアイロンで襟足を外ハネに、表面はリバースに巻いてエアリーでふんわりとした仕上りに。スタイリング剤は、セミウェットな質感にしながら、保湿やツヤ感をもたらすオイルクリームをチョイス。手によくなじませてから、襟足→表面→前髪の順番で塗布。最後に束感をメイクしたら完成。

前髪ありの外ハネミディは、ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

ふわりとした抜け感が魅力

ふわりとした抜け感が魅力

【How to ベース&カラー】
ベースを鎖骨下3cmの長さでカットして、重めにレイヤーを入れる。前髪は眉下の長さでカット。サイドバングと前髪を柔らかくつなげることで、ナチュラルな大人っぽいスタイルに。動きを出したい中間から毛先にかけてセニングをいれる。カラーリングは、6レベルのアッシュグレーに。赤みがなく、ダークカラーでも透明感のある色に仕上げる。

ふわりとした抜け感が魅力

【How to スタイリング】
髪にボリュームを出したい場合、ドライ時にドライヤーの風を下から上に向けて乾かす。乾いたら32mmのアイロンでベースとなる髪を内巻きワンカール。リップラインより上に落ちる髪は、たて巻きでフォワード&リバースのMIX巻きに。この時、毛先から巻かずに中間から毛先にかけてカールづけを。最後に、柔らかい仕上がりを叶えるクリームタイプのスタイリング剤を塗布して、束感を整えたらフィニッシュ。

セミディは前髪あり×ゆるウェーブで!ふわりとした抜け感が魅力

前髪なしミディアムヘアでほどよい色っぽさを

ほどよい色気をプラス

ほどよい色気をプラス

【How to ベース&カラー】
ベースを鎖骨下の長さでやや前上がりにカットし、顔まわりとトップにレイヤーを入れて軽さを表現。前髪は目にかかるギリギリの長さで薄めにとり、スタイリングによってはかきあげでも、下ろしてもOKな長さに。カラーリングは、7レベルのラベンダーベージュに。日本人特有の髪の赤みを抑えつつ、透明感と柔らかさを演出する色味で、肌写りをキレイに見せる効果も。

ほどよい色気をプラス

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20〜22mmのロッドで毛先を一回転半巻く。表面は毛先巻きでなく中間巻きにして柔らかいニュアンスに。スタイリングは、髪が乾いている場合はスプレーなどでセミウェットな状態にしてから、シアバターやオイルクリームを毛先から根元まで塗布。キレイに仕上げるコツは、スタイリング剤を手に取ったら、手の平だけでなく指先や指の間までまんべんなく伸ばし、髪にしっかり揉み込みながらつけること。前髪は軽く濡らしたら根元が立ち上がるようにドライヤーの風を当て、ふんわり仕上げる。パーマスタイルなので、スタイリング剤は必須であることをお忘れなく!

かきあげバングもこなせるラフなウェーブヘアで、ほどよい色気をプラス

再現性の高い大人ナチュラルに大注目!

再現性の高い大人ナチュラルに大注目!

【How to ベース&カラー】
鎖骨ラインで平行なワンレングスにカットし、動きが出るようトップにレイヤーを入れる。前髪は口角の長さで、頰のあたりから流れるようにカット。カラーリングは、ナチュルベージュをチョイス。暖色系でも、寒色系でもないニュートラルカラーで、柔らかい雰囲気を与える。また、どんなファッションとも好相性な万能なカラー。

再現性の高い大人ナチュラルに大注目!

【How to スタイリング】
髪をドライしたら、32mmのアイロンで全体を外ハネにワンカール。その後、レイヤーが入っている部分をふんわり内巻きに。バングは顔型カバーを狙って、頰から流れるようにリバースに。軽い仕上がりのヘアオイルを中間から毛先に塗布。この時、巻いたカールをほぐすイメージで散らしながらつけるとふんわりヘアが完成。

長め前髪&外ハネミディ、再現性の高い大人ナチュラルに大注目!

洗練&可愛いを両立!

洗練&可愛いを両立!

【How to ベース&カラー】
顔まわりに重さがでるように、耳より前を前下がりにカット。顔まわりはしっかりめにレイヤーを入れ、中間部分は重さが残るようにグラデーションに。さらに空気感がでるように部分的にチョップカットで調整。前髪はリップラインに設定してカット。カラーは、8レベルのマロンブラウンに。ラベンダーとブラウンをミックスした暖色系でツヤ感があるカラー。

洗練&可愛いを両立!

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20、23、26mmのロッドを使い、毛先を2回転半巻く。前髪は太めの26mmで。パーマの種類は、デジタルパーマでも、コールドパーマでもOK。スタイルングは、前髪以外はハーフウェットの状態で、シアバターとオイルを手の平で混ぜてから全体的に揉み込むように塗布。前髪は、完全にドライしてから中間から毛先にスタイリング剤を。保湿力があり、ツヤ感とウェットな仕上がりになるスタイリング剤を選んで。

洗練&可愛いを両立したセミディヘア!レイヤー&パーマで程よいボリュームを

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力的

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力的

【How to ベース&カラー】
ベースは、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。中間からトップにかけてグラデーションでカットし、トップには動きを出すレイヤーを入れる。前髪は目にかからないギリギリの長さでカットすることで、かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめる。カラーは、8レベルのシアーベージュに。ややくすみのあるベージュで、寒色でありながら透明感と柔らかさのある色味に。また、色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にも◎。

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力的

【How to パーマ&スタイリング】
パーマをかける場合、デジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻く。ドライ時、前髪の根元をつぶさないように気をつけて。乾いたら32mmのアイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きに。最後に乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませる。前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

女性らしさたっぷりの前髪ありロング

ゆるめカールのナチュラルロング

ゆるめカールのナチュラルロング

【How to ベース&カラー】
ベースを胸上にカット。パーマをかけた時にひし形シルエットになるよう、骨格に合わせてレイヤーを入れる。前髪は眉下の長さでカットしたら、スライドカットで頰骨ラインまで繋げて、小顔バングを作る。カラーリングは、8レベルのショコラベージュをセレクト。赤みを抑えた暖色系で、柔らかさや透明感を引き出す色味。

ゆるめカールのナチュラルロング

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは、24mmのロッドを使い、アンダーセクションは柔らかめに、ミドル〜トップにかけては根元まで巻き込んで強めのパーマをかける。前髪は自然な下ろし流しになるようなパーマを。スタイリングは、ドライ時に顔周りを後ろ方向に流れるようにドライヤーの風を当てるのがポイント。表面は髪を持ち上げるように乾かすと◎。ツヤと毛束感の出るヘアオイルを全体に軽く塗布したら完成。カール感をしっかり見せたい時は、ソフトタイプのヘアスプレーで仕上げても。

リクエストNo.1ヘア「小顔バング×技ありパーマ」のロングレイヤー

ゆるい抜け感でしゃれ見え

ゆるい抜け感でしゃれ見え

【How to ベース&カラー】
ベースは緩やかな前上がりでカット。顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカット。前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整。重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに仕上がっている。また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラス。

ゆるい抜け感でしゃれ見え

【How to スタイリング】
髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。異なったカールを重ねることで動きを出す。耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻くことでランダムなカール感となり、女性らしいイメージに仕上がる。最後に、少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成。

美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも

動きがある大人かわいいスタイル

動きがある大人かわいいスタイル

【How to ベース&カラー】
ベースの長さはあまり変えずにやや前上がりに、ワンレングスでカット。軽さと動きを出すため、こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぐ。厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整していく。9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラー。

動きがある大人かわいいスタイル

【How to スタイリング】
全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで襟足と顔周りにカールをつけるだけのお手軽スタイリング。顔まわりは、細かめに毛束を取り外巻き&内巻き交互にカールを。表面のみ、1cm四方でリバースに巻く。仕上げにつけるオイルは、ごく少量で◎。広がりや毛先のパサつきが気になる人にも、オイルはぴったりなスタイリング剤。また、カールが取れやすい人は、アイロン前にオイルをつけるとスタイルが長持ちする。

髪伸ばしかけの人、必見。長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!

今っぽ上品な華やか女子に!

今っぽ上品な華やか女子に!

【How to ベース&カラー】
胸上レングスの、裾に重たさを残したワンレンベース。正面から見たとき巻いた毛束が重ならないように、顔周りからもみ上げ前の毛束は鎖骨近くからレイヤーを入れる。前髪は薄めに取り目の上ギリギリでカット。ところどころ隙間ができるようにカットしシースルーバングに。カラーは10トーンのショコラブラウン。暖色系は艶が出やすく、毛先がパサついて見えがちなロングにおすすめ。透明感のある明るい肌にも見える!

今っぽ上品な華やか女子に!

【How to スタイリング】
裾に重たさがあるカットのため、ボリュームが毛先に溜まりがちに。全体の根元を立ち上げるように、指の腹を頭皮に当て下から上へ擦りながら乾かすと空気感のあるヘアを作りやすくなる。特にハチ上からトップの毛束はしっかり立ち上げながら乾かして。サイドを内側の毛束と表面の毛束の2段に分け、3mmのアイロンで内側の毛束はフォワード、表面の毛束はリバースにそれぞれ2回転巻く。顔周りの毛束はリップラインからリバース巻きにすることで小顔効果を狙う。また顔周りにリバース巻きがあると華やかな印象にも。束感を作る柔らかなワックスにツヤを出すオイルを混ぜ、巻いた毛束をしっかりほぐしながらなじませる。顔周りに重たさを感じたら片側だけ耳掛けしても◎。

シースルーバングの“重めAラインロング”で、今っぽ上品な華やか女子に!

レイヤーを入れて軽さを出して今っぽく

レイヤーを入れて軽さを出して今っぽく

【How to ベース&カラー】
胸丈の前上がりベース。毛先が軽すぎると古い巻き髪に見えやすいので毛先には重たさを残しつつ、顔周りは鎖骨下からレイヤーを入れる。前髪は黒目と黒目の間に落ちる毛束を目の上ギリギリでカット。前髪のサイドはややラウンドにカットし自然にサイドに流れるように。カラーは8トーンのウォームベージュ。黄みを抑えるベージュ系なので傷んで見えず、またほんのり赤みが入っているので肌をキレイに見せる効果もあり。

レイヤーを入れて軽さを出して今っぽく

【How to スタイリング】
前髪を乾かすときはパカっと分かれないように、指の腹を使って頭皮をこすりながら毛束を手前に引き出すように乾かす。全体が軽く乾いたら、ロールブラシを使って毛流れを内巻きに整えるとキレイなカールを作りやすくなる。前髪はサイドに流れやすくするためカーラーで巻いておくと◎。やや太めの38mmのアイロンで、毛先を内巻きワンカールに。いちばん下の裾だけでなく、レイヤーの入っている前上がりの毛先にも内巻きを忘れずに。程よく束感が出るシアバターのスタリング剤を毛先を中心に揉み込む。毛先を軽く散らし表面をふわっとさせるとかわいらしい印象に。前髪は軽く内巻きのクセがついたらカーラーを外し、毛先をサイドに流したら完成。

王道かわいい前髪ありの”内巻きロング”は、レイヤーを入れて軽さを出すのが今っぽルール

ほつれ系ウエーブロングでやわらかく

ほつれ系ウエーブロングでやわらかく

【How to ベース&カラー】
胸丈のゆるやかな前上がりベース。顔周りと表面にレイヤーを入れ、動きを出しやすく。前髪はパカッと割れないように厚めに取り、目にかかる長さでカット。こめかみに落ちるサイドバングは長めに残し、前髪全体の毛先が自然にサイドに流れるように毛量調整。カラーは7トーンのラベンダーベージュ。暗めでも光に当たると透けやすく、柔らかな質感に見える色味。

ほつれ系ウエーブロングでやわらかく

【How to スタイリング】
前髪を乾かすとき、左右から風をあてて乾かすと割れにくくなる。またロングは裾の重さでトップがペタンとなりがちなので、必ず毛束を持ち上げながら乾かしふわっと感を出して。32mmのアイロンで、まず全体の毛先を内巻きにワンカール巻く。それから毛束を細かく取り、中間から毛先に向かってリバース巻きに。リバースに巻くと華やかさが出る。前髪の毛先も軽く巻き自然にサイドに流す。パサついて見ないようツヤが出るオイルを全体になじませる。毛束を裂くように広げ、隙間を作るように束感を整えて。前髪にも隙間を作れば完成。

硬い髪質でも柔らかく見える“ほつれ系ウエーブロング”で、冬のおしゃれを楽しんで!

前髪なしロングで美人印象に

うざバングと“おくれ毛”で色っぽヘアに

うざバングと“おくれ毛”で色っぽヘアに

【How to ベース&カラー】
ベースの長さは胸くらいの長さでカット。黄金バランスとなる顔の長さの等倍で長さ設定を。アウトラインの重さは残し、トップ〜ミドルにレイヤーを入れて動きを出す。ふわっとしたカール感に仕上がるよう毛量調整はしっかりと。前髪は鼻先くらいの長さで流れるように切り、サイドバングでおくれ毛を作る。カラーは、9レベルのピンクベージュをセレクト。女性らしい柔らかさのある色でありつつ、クールさも併せ持つカラー。

うざバングと“おくれ毛”で色っぽヘアに

【How to スタイリング】
ドライをしたら、32mmの太めのアイロン、もしくはストレートアイロンで内巻きに。前髪は乾かす時に、顔の前に下ろし分け目を立ち上げてから、毛先をリバースにワンカール。最後にツヤ感の出るオイルか、保湿力のあるオイルミルクを、中間から毛先にサラッと馴染ませたら完成。

ふんわりロングは、うざバングと“おくれ毛”で色っぽヘアに|毛先ワンカールでOK

女性らしい丸み+小顔を叶えるレイヤースタイル

女性らしい丸み+小顔を叶えるレイヤースタイル

【How to ベース&カラー】
ベースを胸上で前上がりのワンレングスにカットし、ローレイヤーを入れる。前髪はリップラインとアゴの中間くらいの長さで、幅と奥行き共に厚めにカット。前髪にもレイヤーを入れ、スライドカットで調整。ひし形シルエットを作る。前髪をこめかみあたりまでつなげることで、サイドとの馴染みがよくなり小顔見せにも。カラーリングは6レベルのアッシュベージュに。クールな印象を与える寒色系の色味で、大人女性なニュアンスをプラス。

女性らしい丸み+小顔を叶えるレイヤースタイル

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは26mmのロッドをメインに使い、ゆるめのデジタルパーマをかける。顔周りをリバースに巻くことで、流れと動きのある仕上がりに。スタイリングは、ばーっと乾かしてスタイリング剤をつけるだけでサロン帰りのような仕上がりに。再現性のある楽チンスタイル。また、ナチュラルで柔らかヘアのポイントは、ドライ時にサイドの髪をやや後ろ方向に持ち上げドライヤーの風をあてること。スタイリング剤はツヤ感と毛束感のでるオイル系、もしくはヘアバター系を選んで。

かきあげ前髪のひし形ロングは、大きめ&柔らかカールが鍵! 小顔効果が望める優秀ヘア♪

清楚感たっぷりのモテヘア

清楚感たっぷりのモテヘア

【How to ベース&カラー】
鎖骨下15cmでベースをカットしたローレイヤー。前髪は長めに残し、全体とつなげている。前髪の分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。カラーは地毛の明るさを生かし6レベルのベージュブラウンで染める。スタイルのポイントとなるストレート感は「SUGAMIストレート」で。酸性タイプの低ダメージのストレートパーマで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりに。

清楚感たっぷりのモテヘア

【How to スタイリング】
濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから乾かす。根元がふんわりするように乾かしたら、ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。くるくるドライヤーを使っても◎。保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュ。ロングストレートのキレイに見せる一番のポイントは“ツヤ感”なのでトリートメントも抜かりなく!

清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪

透明感が決め手な大人の重軽ロング

透明感が決め手な大人の重軽ロング

【How to ベース&カラー】
ベースをワンレングスでカットしたら、低めにレイヤーを入れる。毛量調整は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に。前髪はサイドより短めにカットして、やや軽い印象に。ふわっと7:3くらいのパートで分けてもいいし、オールバックにしても決まるデザイン。カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねる。赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりに。

透明感が決め手な大人の重軽ロング

【How to スタイリング】
根元に空気感が出るように全体を乾かす。ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作る。スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。クールに決めたいならオールバックがオススメ。

ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に

【How to ベース&カラー】
グラデショーンベースの重ためのロング。ワンレンではなく、グラデーションでカットしているため、丸みがあり女性らしいスタイルに。顔まわりと表面にレイヤーを入れ、スライドカットと毛量の調整で浮遊感のあるデザインに。カラーは、10レベルのブランジュ。ブランジュは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、透け感があり軽い印象を与える。また、肌ぐすみのカバー効果も。

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に

【How to スタイリング】
全体を乾かしたら、32mmのアイロンを使い、サイド3段、バック4段に分けてワンカール。アウトラインのみ外巻きに、その他は内巻きでカールをつける。レイヤーを入れた顔まわりと表面は、髪を細い毛束で拾ってワンカール。そして、巻いたらほぐすのがほつれ感をつくる鍵。最後に、シアバターとオイルをミックスし、毛先中心に塗布。根元は少なめにつけて、セミウェットな質感に。手ぐしを通しながら、髪を高い位置(耳くらいの高さ)からパラパラと落としつつほぐして整えたら完成。

前髪なしのレイヤーロングは、“ほつれ感”プラスで今どきの色っぽ美人に

おしゃれ清楚な大人女子に

おしゃれ清楚な大人女子に

【How to ベース&カラー】
胸丈ラインの前上がりレイヤーベース。レイヤーを入れるのは頬ラインから、耳前の毛束のみ。耳後ろやバックの毛束にはレイヤーを入れず重たさを残す。ふわっとした軽やかさが出やすいよう、表面にも軽くレイヤーを。カラーは8トーンのリビングコーラル。全体を1色で染めることでツヤ感を強調。暖かみのあるカラーなので上品さや柔らかさを演出する効果もあり。

おしゃれ清楚な大人女子に

【How to スタイリング】
前髪をかき上げながら乾かし最後に根元に温風をしっかり当てると、自然と立ち上がった前髪を作れる。また全体の毛先はロールブラシを使って内巻きにブロー。ブラシを使うことでキューティクルが整いよりツヤが出る。3mmのアイロンを毛束の中間に挟み、毛先まで滑らせ軽く内巻きに。クルンと巻きすぎると古く見えるので注意。シアバターのスタイリング剤を毛先中心に軽くなじませ完成。

ストレートロングを軽やかに見せる“前上がりレイヤー”で、おしゃれ清楚な大人女子に

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事