ヘアスタイル・髪型
2019.7.21

流行りの前髪スタイル37選!2019年夏はトレンドの人気バングでおしゃれヘアに♪

2019年夏は前髪で印象チェンジしゃいませんか?流行、人気の前髪を厳選♪シースルーバング、斜めバング、うざバング、長めに短め、厚め、ベビーバング、ぱっつん、アシメ・・・など人気のトレンド前髪スタイルを集めました!夏の湿気でうねりやすい前髪のレスキューアレンジも♪前髪を変えるだけで手軽にイメチェンできちゃうので、今の気分に合った前髪でおしゃれを楽しんでください。

【目次】
シースルーバング
斜めバング
かき上げ前髪
センターパート
うざバング・長め前髪
厚め前髪
ぱっつん前髪
ベビーバング・オン眉
アシメバング・ザクザク前髪
最新!トレンド前髪アレンジ!

シースルーバング

今大流行中のおでこが透けるような切り方の薄め前髪。

清楚なのに色っぽい透明感抜群な幅狭シースルーバング

毛先だけくるっと巻いた美人ストレートミディ
\ヘアスタイルのポイント/

・“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです。毛束感と浮遊感をプラスした目力アップの美人レイヤー。子供っぽく見えがちなぱっつん前髪ですが、シースルーバングとすることで、清楚さと色っぽさがミックスされたミディアムレイヤーに。前髪が目にかかるギリギリの長さなので、目の印象を強調して女性らしさをアップさせるポイントです。

・さらに、デザインを美しくしているカギは、顔と髪の長さの黄金比率にもあり!顔の長さと前髪の長さが等倍になるよう、前髪カットすると、バランスが良く見え美人度を底上げしてくれるのです。たっぷりレイヤーでラフな動きと軽さが出て、毛束感と浮遊感のある色っぽミディ。これからの季節に注目したいスタイルなのはもちろん、前髪を作ってみたい、動きが出にくい髪質の人にもおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・アウトラインは前上がりでカット。フロントに軽さを出します。レイヤーをしっかり入れて、毛の重なりや動きを表現します。前髪は、目の位置ギリギリでカット。

・セニングを入れると短い毛がぴょんと飛び出すので、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。カラーは9レベルのシナモンベージュに染めます。ツヤ感のあるニュートラルなカラーで、大人かわいい雰囲気を与えます。

毛先だけくるっと巻いた美人ストレートミディ
\How to スタイリング/

・ドライ時に気をつけたいのが前髪の乾かし方。弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かしましょう。32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻きます。さらに、顔まわりは中間にもカール感を作ります。

・毛束をほぐしてからウェットな質感に仕上がるシアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布します。髪の質感に統一感があると今っぽくなるので、全体的に付けるのがマストです。

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

黒目と額の三角コーナーを薄めにした大人かわいいシースルーバング

エアリーな空気感がかわいい愛されミディアムボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!ナチュラルな空気感が魅力!前髪ありの愛されボブ。髪型に今どき感を出すならイチオシなのが“シースルーバング”。こちらのボブは、黒目と黒目の間を結ぶ中心のみをていねいに質感調整した技ありカットとスタイリングがポイントとなり、大人女性でもチャレンジしやすいシースルーバングになっています。

・薄すぎない仕上がりなので下ろしても、流しても、シースルーでもと3WAYを実現できる万能バングなのです。また、トレンドのレイヤー加減が程よく、扱いやすいさが抜群なのはもちろん、輪郭をカバーして小顔見せも。ふんわり柔らかい質感で、ナチュラルな大人のかわいらしさを引き出すデザイン。アイロンの入れ方次第で、フェミニンにもカジュアルにも決まり、おしゃれにレイヤースタイルを楽しみたい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入ることで、ボリュームが出て扱いやすくなります。
・前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄く作り、大人でもこなせるシースルーバングに。カラーは10レベルのシフォンベージュ。
・ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上げています。

エアリーな空気感がかわいい愛されミディアムボブ
\How to スタイリング/

・根元をしっかり立ち上げるようにドライヤーで髪を乾かします。この時、顔の全面から風を当てずに、後ろから前に乾かすとスタイリングがしやすくなります。ドライ後、32mmのアイロンで外巻きにワンカール。顔周りの表面は、ミックスでゆるく巻きます。

・カジュアルにしたい時は、毛先を逃して中間のみを巻きます。ややセット力のあるトリートメントワックスと洗い流さないトリートメントをミックスして、毛先のパサつく部分をクシュっともみ込むように付けます。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先のみに塗布したら完成です。

今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!

長めに残して束感のあるシースルーバングは透け感抜群

誰でも小顔なシーするバングショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ!

・大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。

・オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。

\How to ベース&カラー/

・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。

・横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

誰でも小顔なシーするバングショートボブ
\How to スタイリング/

・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。

・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

斜めバング

長さを問わず前髪を斜めに流した女性らいスタイルの王道。

流しても下してもOKな眉ライン斜めバング

流しても下してもOKな眉ライン斜めバング
\ヘアスタイルのポイント/

・簡単&時短の今っぽショートボブは、ママにもおすすめ!ストレートタッチのこちらのショートボブ。王道のシンプルなスタイルながらトレンド感を髪のウェット質感で表現。今っぽくシャレ感のある仕上がりになっているのがポイントです。

・ヘアオイルをつけるだけなので、スタイリングが簡単なうえ、時短も兼ね備えた優秀スタイル。朝のスタイリングをさっとしたい人、不器用さん、そして、自分に時間をかけられないママにもおすすめです。眉ギリギリの透けバングは、さらっと流せば大人っぽく、下ろせばカジュアルな雰囲気に。

・どんな顔型とも相性抜群で頭のフォルムをキレイに見せる効果も。卵型や面長な方は、写真のように耳にかけた方がバランス良く美人度を底上げ。また、レイヤーによる軽さはあるものの、トップの重さを残しているので、髪が膨らみやすい人でもチャレンジしやすいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。

・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットします。カラーは8レベルのウォームブラウン。ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味です。

流しても下してもOKな眉ライン斜めバング
\How to スタイリング/

・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須です。スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布します。

・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えるので、梅雨から夏にかけてぴったりのスタイリング剤です。

時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

下ろしながら流せるふんわり斜め前髪

下ろしながら流せるふんわり斜め前髪
\ヘアスタイルのポイント/

・下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も。 魅力アップのポイントは、前髪+耳掛けの透け感。丸みシルエットで、女らしさも◎スタイリングが簡単に決まり人気のショートヘアですが、今っぽヘアに仕上げるなら、シースルーバング&耳かけが必須です。

・おでこや顔まわりの肌が見えることで、軽くて抜け感のあるスタイルに。また、“下ろし流し”の前髪が、大人の可愛さを演出します。後頭部はふんわり、襟足はキュッとタイトに締めて、メリハリがあるのはもちろん、柔らかい丸いシルエットとなり女性らしい印象を与えてくれます。さらに、骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ、スタイルアップにも。

・リラックス感のあるナチュラルなデザインですが、さりげないハイライトカラーとのコンビネーションで、動きと洗練された雰囲気をプラス。骨格をキレイに、女っぽさをUPさせるショートスタイル。髪が細くてボリュームが出にくい、髪が痛みやすいといった人にもぴったりです。

\How to ベース&カラー/

・襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトにします。サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整します。

・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねます。ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色です。

下ろしながら流せるふんわり斜め前髪
\How to スタイリング/

・基本的には乾かすだけでOKという手軽さが嬉しいショートスタイル。
・キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てます。
・スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布。最後に整えたら完成です。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

長めの前髪を斜めに流せばスタイリッシュな印象に

長めの前髪を斜めに流せばスタイリッシュな印象
\ヘアスタイルのポイント/

・小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート。丸みシルエットが美しく、毛先の遊びが女性らしさをプラス。長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。

・さらに、襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果もあります。シンプルでカジュアルなスタイルでありながら、大人かっこいい雰囲気のポイントは毛先に施されたシャープさ。カットテクニックによる先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージを与えてくれます。

・ショートなのでお手入れが簡単なのもメリットのひとつ。オーソドックスで好印象なスタイルで、どんな人とも相性◎。トップのレイヤーは頭のハチ下に入れることで膨らまずに、ボリュームが出しやすくなり後頭部ふんわりの丸みシルエットを実現。ショートは初めてという人にも、ぜひチャレンジしてみて欲しいスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。前髪は、流した時に目の下になるように設定。

・カラーは、7レベルのブラウンベージュに。暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。

長めの前髪を斜めに流せばスタイリッシュな印象
\How to スタイリング/

・スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。

・スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

かき上げ前髪

ふんわり大胆に前髪を上げて分ける色っぽスタイル。

ふわっとかき上げた見返り美人スタイル

ふわっとかき上げた見返り美人スタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング。柔らかい束感と抜け感を表現する色っぽローレイヤーロング。ロングは断然、重めのレイヤーがトレンドです。こちらのスタイルは、重さのあるカットの中にカラーリングで軽さをミックス。

・抜け感や透明感をプラスしています。細めのハイライトによるコントラストが、気品のある立体感を生み、やさしくフェミニンなイメージを与えてくれます。また、襟足までしっかりハイライトが入っているので、これから暑くなる季節にアップやアレンジをした時も毛先の色がグラデーションとなり、おしゃれなニュアンスに。

・毛先に重さや厚みは残しつつ、レイヤーの動きが軽い質感となる重軽ヘア。ふんわりとした柔らかさと女性らしさが漂うロングは、髪質が硬く見えやすい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースをワンレングスでカットしたら、低めにレイヤーを入れます。毛量調整は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に行います。前髪はサイドより短めにカットして、やや軽い印象に。ふわっと7:3くらいのパートで分けてもいいし、オールバックにしても決まるデザインです。

・カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねます。赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりになっています。

ふわっとかき上げた見返り美人スタイル
\How to スタイリング/

・根元に空気感が出るように全体を乾かします。ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作ります。

・スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。クールに決めたいならオールバックがオススメです。

ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

どんな顔型とも合うザ・美人なかき上げ前髪

どんな顔型とも合うザ・美人なかき上げ前髪
\ヘアスタイルのポイント/

・かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに。美人かき上げ前髪が、大人の女っぽさを加える好印象ヘア。自然体でもこなれた雰囲気の女性。洗練されたヘアスタイルの印象から、スマートな暮らしぶりまでも想像できそうなミディがこちらです。

・軽すぎない毛先重めの今っぽレイヤーは毛先にラフな遊びがあり、肩で跳ねても違和感のない動きのあるデザインとなっています。また、ふわっとした長めの前髪がおしゃれ感を演出。かき上げた時も品のある髪の重なりが生まれ、さりげなく女っぽさのアピールもできます。

・ナチュラルさがミックスされた大人のキレイめヘア。どんな顔型ともマッチする万能なヘアスタイルです。髪の広がりを抑えられるので、毛量が多くて悩んでいる人でもチャレンジしやすく、しゃれ感をプラスしてくれます。

\How to ベース&カラー/

・ベースは鎖骨下くらいのワンレングスでカット。トップと顔まわりにレイヤーを入れ、アウトラインは重さを残します。前髪はどのパートでも分けられるようにセンターで分けます。

・ややラウンドにカットしたら、流しやすいように調整をします。カラーは、9レベルのショコラブラウン。落ち着いたブラウンで色持ちが良く、少しだけ暖色寄りなので、顔色が悪く見えやすい人にオススメなカラーです。

どんな顔型とも合うザ・美人なかき上げ前髪
\How to スタイリング/

・髪が乾いたら、こめかみ上とこめかみ下にブロッキングします。32mm のアイロンを使い、こめかみ下を外巻きでワンカール。こめかみ上は、内巻きと外巻きのミックス巻きで。前髪はリバース方向に外巻きカールを。

・レイヤーの動きがプラスされるので、さっとワンカールさせるだけでスタイルが決まる時短ヘアです。仕上げは、セミウェットな質感のヘアオイルを3滴ほど毛先から馴染ませます。前髪は手に残ったオイルを毛先に少量付けるだけでOK。髪の広がりが気になる場合は、スタイリング剤を少しずつ足してみて。

かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに

ショートヘアにも似合う長めのかき上げバング

ショートヘアにも似合う長めのかき上げバング
\ヘアスタイルのポイント/

・“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に。グラデーションベースの丸みと、毛先に遊びのある色っぽヘア。今季のトレンドとして注目されているショートヘア。周りが続々と短くする流れに乗りたいものの、いざショート!と、なるとちょっとドキドキしてしまいますよね。

・ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイルがこちら。ショートにしたいけど顔まわりの長さは残すことで女らしさをキープし、日本人の骨格に合うひし形シルエットがオススメです。

・襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。長め前髪がスタイルの鍵となるショートは、レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。また、根元のふんわりとした立ち上がりが、女っぷりを上げてくれます。

\How to ベース&カラー/

・襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。

・毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味です。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

ショートヘアにも似合う長めのかき上げバング
\How to スタイリング/

・タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かします。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライします。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。

・ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象になります。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

センターパート

丸顔カバーもできて大人っぽくなれる小顔スタイル。

結局男性ウケってこういうことじゃない?センターパートストレートロング

結局男性ウケってこういうことじゃない?センターパートストレートロング
\ヘアスタイルのポイント/

・清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪レイヤーでふんわり&最新ストパがナチュラル感の鍵。ストレート×ロングの最強タッグで、女の色香を引き立てるスタイル。

・自然体で気取らず、女性らしさの漂うレイヤーロングは、前髪なしで大人っぽく、知的で品のある好印象ヘアに。そして、ナチュラルで柔らかなストレートの秘密は、「SUGAMI ストレート」というメニューにアリ!最新のストレートパーマは、ダメージレスなうえ、素髪のようなナチュラルな仕上がりを叶えてくれます。

・前髪はセンターパートにすることで、ピュアなかわいらしさを演出。さっとかき上げれば、男ゴコロをぐっと掴むセクシーな雰囲気に。また、毛先を逃して、髪の中間を太めのアイロンで巻くことでカジュアル感のあるヘアも楽しめます。「髪が広がりやすい」「クセ毛でまとまらない」という人でも、扱いやすくなるのでおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下15cmでベースをカットしたローレイヤー。前髪は長めに残し、全体とつなげています。前髪の分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。カラーは地毛の明るさを生かし6レベルのベージュブラウンで染めます。

・スタイルのポイントとなるストレート感は「SUGAMIストレート」で。酸性タイプの低ダメージのストレートパーマで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりになります。

結局男性ウケってこういうことじゃない?センターパートストレートロング
\How to スタイリング/

・濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから乾かします。根元がふんわりするように乾かしたら、ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。くるくるドライヤーを使っても◎。

・保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュです。ロングストレートのキレイに見せる一番のポイントは“ツヤ感”なのでトリートメントも抜かりなく!

清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪

顔にはらりとかかるセンターパートでアンニュイスタイル

顔にはらりとかかるセンターパートでアンニュイスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。

・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。

・顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。

・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。

顔にはらりとかかるセンターパートでアンニュイスタイル
\How to スタイリング/

・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。

・表面は内巻きにワンカール。さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。

 

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

耳掛けできるくらいの長めセンターパートが万能

耳掛けできるくらいの長めセンターパートが万能
\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり。うるサラヘアをキープするなら、アイロン前にブラッシングを!美しいツヤがあり手入れされた感のあるロングヘアは、時代を超えて永遠の憧れです。

・こちらのロングは、重みを残してまとまりがいいのはもちろん、レイヤーがニュアンスとなって、今っぽい動きのあるスタイルになっています。耳にかければスッキリかわいい表情になり、そのまま下ろせばクールで大人な雰囲気が漂います。前髪が長いので、まとめた時もパラパラと髪が落ちてこなくてストレスフリー。

・そして、ロングヘアは、髪がキレイであることが大前提!ダメージケアはしっかりとが鉄則です。美しい髪の面とツヤ、そして、うるサラな質感はメンズを惹きつけること間違いなし。どんな顔型とも相性がいいデザイン。少し背伸びをして大人っぽいイメージを演出したい人、女性らしく振る舞いたい、そんな人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・胸ラインくらいのワンレングスベースでカットし、ローレイヤーを入れます。レイヤーは、顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整えるくらいの方が、髪の面をキレイに見せることができます。前髪はあご下7cmくらいの長めにカット。

・センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。オールマイティに対応できます。カラーは、8レベルのアッシュベージュ。軽さのある色味なので8レベルでも重たく見えず、透明感を感じさせてくれます。

耳掛けできるくらいの長めセンターパートが万能
\How to スタイリング/

・根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かします。乾いたらストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きにします。よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!

・最後に、保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。これからの湿気が気になる季節、オイル系のスタイリング剤は心強い味方になってくれます。

長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり

うざバング・長め前髪

目にかかる長さの抜け感スタイルで雰囲気のある女性に。

どこでも分けられる扱いやすい長め前髪

どこでも分けられる扱いやすい長め前髪
\ヘアスタイルのポイント/

・夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア。繊細な毛先と華奢なシルエットで、愛らしいモテヘアに。気温が上昇するとドライヤーやアイロンの熱で、シャワーをしたばかりでも汗だく……なんて経験ありませんか?暑い季節のスタイリングは手軽にさっと終えたいものです。

・こちらのショートボブ、アイロンを使わず、スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイルです。スリークとは、なめらか、ツヤがある、といった意味だそう。長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。前髪のパートはどこで分けてもOK。

・前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイルです。丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象を受けるのは毛先のシュッとした先細り感。その繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的です。
\How to ベース&カラー/

・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバーしてくれます。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくします。

・前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げます。

どこでも分けられる扱いやすい長め前髪
\How to スタイリング/

・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調します。乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になります。

・襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

ゆる~いうざバングがおしゃれ&小顔を叶える

ゆる~いうざバングがおしゃれ&小顔を叶える
\ヘアスタイルのポイント/

・美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも。目にかかる長い前髪の“うざバング”をシースルーに仕上げることで、こなれた雰囲気を出すスタイル。顔まわりにローレイヤーを入れたロングで、前髪のゆる〜い抜け感がポイントとなり、ふんわりフェミニンな印象を与えてくれます。全体的には重めなスタイルであっても、透明感のあるカラーリングとのベストバランスで軽さを演出。

・また、前髪の奥行きを狭くしているので、顔の縦ラインをコンパクトに見せ、骨格をカバーして小顔効果もアリ!ランダムなカールの重なりで、ナチュラルな華やかさのあるロング。広がりやすい髪質でも、ボリュームが欲しい人でも、オールマイティにキレイが手に入るデザインです。大人っぽくてナチュラル。小顔も叶えるこなれ感たっぷりのローレイヤー。

\How to ベースパーマ&カラー/

・ベースは緩やかな前上がりでカット。顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカットします。前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整します。

・重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに仕上がっています。また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラスしてくれます。

ゆる~いうざバングがおしゃれ&小顔を叶える
\How to スタイリング/

・髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。異なったカールを重ねることで動きを出します。
・耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻くことでランダムなカール感となり、女性らしいイメージに仕上がります。
・最後に、少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成です。

美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも

目にかかるうざバングはおでこ見え&流しがポイント

目にかかるうざバングはおでこ見え&流しがポイント
\ヘアスタイルのポイント/

・“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!ナチュラルな外ハネに、抜け感と大人の女っぽさをプラス。外ハネやボブの進化系として、近頃流行りつつあるレイヤーたっぷりなミディをご提案。乾かすだけで“くびれ感”のある外ハネになってくれる、お手軽スタイリングが嬉しいスタイルです。

・前髪は、人気のシースルーバング。人とは違ったデザインにチャレンジするなら、目にかかる長さの“うざバング”がおすすめ。長めの前髪は流すこともできるので、2WAYの異なった雰囲気を楽しむことができます。おでこが透けるので、前髪が長くても軽さと大人っぽさを演出。

・ナチュラルで抜け感のあるミディアムレングス。ハイレイヤーなので、乾かすのも簡単かつ時短スタイリングを叶えてくれます。カジュアルでも、しゃれたニュアンスがあるので、これからの季節に注目のデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカット。顔周りからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。
・目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。
・10トーンのカーキベージュは、柔らかさのある春にぴったりな色味。ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。

目にかかるうざバングはおでこ見え&流しがポイント
\How to スタイリング/

・絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できます。ただし、前髪に分け目がつかないよう注意して。
・カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。
・セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整えます。髪の広がりが気になる人は、オイルを使っても◎。

“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!

厚め前髪

おでこが見えない厚さで小顔効果&かわいらしいイメージに。

厚めのフルバングでカジュアルフェミニン

めのフルバングでカジュアルフェミニン
\ヘアスタイルのポイント/

・ロングヘアの脱マンネリを叶えて、骨格もカバーする。ロングヘアの印象を変えたい人にオススメなのが、重さと軽さがミックスされたセミロング。重さを残しつつ扱いやすさが欲しい時や、イメージチェンジしたい時にも、チャンレンジしやすいスタイルです。

・顔まわりは、毛束が頬にかかるよう、骨格に合わせてレイヤーを。小顔見せ効果はもちろん、毛先の遊びがふんわりと軽やかな印象を与えます。ラフ感を取り入れつつも、女性らしさを兼ね備えたカジュアルフェミニンなスタイル。可愛らしくソフトなイメージを目指す人や、重めスタイルにしたいけどトップはペタンとしたくない人にオススメです。

\How to ベースパーマ&カラー/

・鎖骨下あたりのワンレングスでカット。トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出ます。前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切り、内側を毛量調整します。

・カラーは、9トーンのブラウンベージュ。ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。

めのフルバングでカジュアルフェミニン
\How to スタイリング/

・根元を立ち上げながら全体を乾かしたら、26mmのアイロンでリバースとフォワードをミックス巻き。顔まわりは、リバースに少し跳ねるように流します。髪が硬い人やアイロンが苦手な人は、デジキュアパーマでニュアンスウェーブを。

・デジキュアは、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短なパーマ。ロッドは、23mmをメインに、耳下は平巻きで、耳上はリバースとフォワードのスパイラルを交互に巻きます。スタイリングは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜ、下からクシャッともむようにつけて、整えたら完成です。

厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

厚め前髪とサイドで顔周りをすっぽり囲って

厚め前髪とサイドで顔周りをすっぽり囲って
\ヘアスタイルのポイント/

・どんなトリートメントや施術を受けようと、髪質を改善するのはとても難しいこと。ましてボリュームが出にくく毛量の少ない髪を増やすのは至難のワザ。しかもボリュームは年齢を重ねるごとに減っていくのは周知の事実で…。そんなペタンコ髪に悩む人を救う、嬉しい髪型をご紹介します! ボリュームがあるように見せるポイントは、断然トップのふんわり感。

・トップがふんわりしているだけで毛量が多く見えます。そんなふんわりトップに見せるには、思い切ってショートボブにすることをおすすめします。しかも耳上あたりに横幅を出し、首元にかけてすっきりしているひし形のショートボブ。首元がすっきりしている分、トップのふんわり感が強調されます。さらに前髪も重要で、厚めに作って目の上ギリギリで流しておでこを隠しましょう。

・おでこの生え際を見せるとボリュームのなさを感じさせてしまうからです。厚め前髪でしっかりおでこを隠し、ひし形ショートボブでトップのボリューム感を主張する。フェースラインを包む顔周りの毛束と前髪で小顔効果も絶大!スタイリングでふわっと感をKEEPすれば、ペタンコ髪の印象は改善できます!

\How to ベース&カラー/

・あごラインでカット。バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せます。顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。

・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなります。前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。カラーは10トーンのフォギーベージュ。ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせます。表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。

厚め前髪とサイドで顔周りをすっぽり囲って
\How to スタイリング/

・トップを持ち上げながら乾かします。また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぎます。また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすいです。トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。

・この毛束が表面にふわっとした立体感を出します。ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせます。前髪の毛先にもなじませサイドに流して。

・トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすいです。軽く耳掛けをすると耳上のボリューム感が出やすく、ひし形が強調されて◎。スタイリングも簡単なので、朝が忙しい大人の女性にもおすすめです!

ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

アイドル風味な厚めバングは計算づくです

アイドル風味な厚めバングは計算づくです
\ヘアスタイルのポイント/

・髪型でカバーしたい顔の形の悩みは人それぞれ。でもどんな顔の形でも、小顔に見せるカット方法はあるんです。そのポイントとなるのが、レイヤー。レイヤーを入れた毛先をどう動かすかで顔の印象はグンと変わります。

・例えば丸顔に悩んでいるなら、あご下からレイヤーを入れ縦のラインを強調します。エラ張りなら、気になるエラの部分にレイヤーの毛先が落ちるようにしてカバー。面長なら、表面にレイヤーを入れふわっとした毛束を作り、横幅を広げて見せます。こんな風に万能なレイヤースタイル。

・気になる顔型をカバーすると、自然と小顔に見える嬉しい効果もあり。顔周りのレイヤーは、輪郭そのものを包むので顔の面積が自然と減ります。またあごを包むように左右の毛束を落とすとより小顔に。表面のレイヤーは、ふわっとした毛束を作ることができ、これが髪の内側にある顔をキュッと小さく見せてくれます。

・つまり顔周りと表面のWレイヤーを入れれば、顔型をカバーしつつ小顔も手に入るんです。レイヤーの小顔効果を発揮しやすいのはボブ~ミディ。厚めの前髪で額を隠すことも、顔型に関係なく小顔をかなえる絶対条件!今回は裾のアレンジも楽しめるミディ丈でご紹介します!

\How to ベース&カラー/

・鎖骨丈。バックの中心からサイドに向かって、やや前上がりに丸みをつけてカット。(写真のモデルは丸顔なので)あご下から鎖骨にかけてレイヤーを入れ、顔周りに縦のラインを作ります。またレイヤーを入れた左右の毛束であごを包むのも小顔に見えるポイントです。

・トップにもレイヤーを入れ、表面にふわっとした毛束を作ります。前髪は軽く巻いて目の上に流れるように、目にかかる長さでカットし自然とサイドにつなげます。厚めに作っておでこを隠すと小顔効果UP。カラーは7トーンのアッシュブラウンで、ツヤを出しつつ赤みを抑え上品な印象に。

アイドル風味な厚めバングは計算づくです
\How to スタイリング/

・乾かすときトップの毛束を持ち上げ、左右に寄せながら乾かすとふんわりします。裾は後ろから手前に持ってくるように手ぐしを入れながら乾かして。32㎜のアイロンで毛先のみ軽くワンカール。顔周りの毛束があごを包むと小顔に見えます。

・前髪も軽く巻いてサイドに流します。少しセット力のあるクリームワックスを全体になじませ、表面の毛束をふわっとさせれば完成です。レイヤーの入ったミディは、写真のように内巻きにすれば上品に、外ハネワンカールにすればカジュアルな印象に。

・毛先が軽いので動きを出しやすく、アレンジがしやすいのも嬉しいポイントです。小顔を手に入れつつおしゃれを楽しみたい人は、ぜひレイヤーを入れた髪型にすることをおすすめします!

顔周りと表面に入れる“Wレイヤーミディ”なら、丸顔もエラ張りも面長もカバーして小顔が手に入る!

ぱっつん前髪

目力もアップ!前髪の毛先を切り揃えたスタイル。

ぱっつん前髪ボブでスウィートな雰囲気に

ぱっつん前髪ボブでスウィートな雰囲気に
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪ありのパッツン系ボブはおしゃれだけど、個性的に見える不安あり。また毛量が多い人はボリュームが出過ぎて、なおさら野暮ったく見える印象も…。でも大丈夫、ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がります。

・また前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。毛量が多くてボブを諦めていた人こそ、計算づくなこのボブをぜひ試してみて。

\How to ベース&カラー/

・毛先が内巻きなので清楚さもきちんとKeep。前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がります。

・裾はハネないように、肩につかない長さでカット。まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつけます。カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされます。

ぱっつん前髪ボブでスウィートな雰囲気に
\How to スタイリング/

・ストレートにブローした後、32㎜のアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽいです。巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。

・前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がります。内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。また顔周りの毛束がストンと落ちているので、エラが気になる人にもおすすめです。

毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

ぱっつん系前髪も長めにすれば王道スタイルに

ぱっつん系前髪も長めにすれば王道スタイルに
\ヘアスタイルのポイント/

・ロングが好き。でも巻き髪、外ハネ、ゆるウエーブには飽きちゃった…。そんな人は、クセ毛みたいなカールの“たゆっとロング”を試してみては? たゆっとロングとは、基本はストレートだけど毛先だけど“たゆっと”ゆるくうねったようなカールのヘア。

・アンニュイな印象でおしゃれ度◎です! ストレートヘアの人は毛先だけワンカール巻く、クセ毛の人はクセをいかすだけでOK。でもただゆるいカールなだけで、パサつきがあればズボラ感が出てNG。ウエットな質感のスタイリング剤でしっとりさせることが今っぽく仕上げる絶対条件です。スタイリングに時間をかけない、今っぽおしゃれなたゆっとロング。

\How to ベース&カラー/

・胸上でカットし、動きを出しやすくするため表面と顔周りを中心にレイヤーを。裾にはレイヤーを入れず、重たさを残すことが今っぽいロングに見せるコツです。前髪は目力を強調するため眉下ギリギリでカット。

・サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、パッツン系でもなじみやすくなります。カラーは赤みを消しながら柔らかい印象に見せる9トーンのフォギーベージュ。明る過ぎず、しっとりした質感とも相性抜群です。

ぱっつん系前髪も長めにすれば王道スタイルに
\How to スタイリング/

・ハンドブローで整えながら乾かします。ストレートヘアの人は38㎜など太めのアイロンで毛先を軽くワンカール内巻きに。さらにトップの毛束を少量取り、根元付近を軽く巻くとクセ毛っぽい毛流れを作れます。

・もともとクセ毛の人はそのままでOK。オイルやシアバターなどを髪全体になじませ、しっとりした質感に仕上げます。前髪の毛先にもなじませ束感を作ると◎。顔周りの毛束を残し、軽く耳掛けをすれば完成です。スタイリング剤でカールがなじむので、キレイに巻かない方がおしゃれに仕上がるたゆっとロング。

 

頑張らないストレートの“たゆっとロング”がアンニュイおしゃれ!

個性的になりすぎる黒髪ぱっつんも繊細ウェーブなら女性らしく

個性的になりすぎる黒髪ぱっつんも繊細ウェーブなら女性らしく
\ヘアスタイルのポイント/

・意外と誰にでも似合って、人とは 少しだけ違う雰囲気が生まれま。
・柔らかく繊細なウエーブが女性らしさを引き立てるので、前髪が短めでも個性的な印象になりすぎません。髪質も顔型も問わないので、ぜひ!

ハンサムな女らしさが印象に残るフレンチスタイル

ベビーバング・オン眉

眉上でカットした前髪、さらに斜めに流したものがベビーバング。

オン眉バングでもダークカラーなら幼くなりすぎない

オン眉バングでもダークカラーなら幼くなりすぎない
\ヘアスタイルのポイント/

・大人気の外ハネボブ。おしゃれ度が高いスタイルだけど、正直みんながやっていて差がつかない…との声も。そこで、ありがちな外ハネボブから脱却し、差のつくおしゃれボブにブラッシュアップする方法をご紹介します! ポイントは顔周りの軽さと前髪。

・まず、ありがちな外ハネボブといえば裾に厚みがある切りっぱなし風ですが、差をつけるなら顔周りにレイヤーを入れましょう。顔周りに入れて軽さを出すとイッキにこなれ感がUPします。フェースラインに毛束が落ちるので小顔効果も絶大。

・次に前髪。大人になるほど眉上の短め前髪は敬遠しがちですが、思い切ってカットするとそれだけでおしゃれな印象に。パッツンにはせず、薄めにして隙間を作ると顔になじみやすくあか抜けます。

・今っぽいカジュアルボブは暖色系カラーで大人感をキープ!このボブは、「ボブに飽きたけど髪は伸ばしたい」という人のマイナーチェンジにもおすすめ。パッと見でおしゃれ認定されること間違いなし。

\How to ベース&カラー/

・肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れます。顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。

・前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整をします。カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象になります。

オン眉バングでもダークカラーなら幼くなりすぎない
\How to スタイリング/

・濡れた状態の短め前髪はすぐ乾きやすく根元が立ちやすいので、自然なクセがつく前に、ドライヤーで根元をつぶすようにしっかり乾かします。28㎜のアイロンで、裾の毛束を少量ずつ取りなら外ハネに。

・さらにレイヤーを入れたサイドやバック表面の毛束を真上に引き上げ外ハネをプラスします。毛先がパサついて見えないよう毛先にバームをもみ込み、前髪の毛先にも少量もみ込んで。前髪を目の粗いコームでとかすし程よい隙間を作れば完成です。

・顔周りの動きと前髪でカジュアルに作りつつ、カラーで大人っぽさを演出するレイヤーボブ。トレンドをキャッチしつつ、差のつくおしゃれを楽しみたい人はぜひTRYを!

流行の外ハネボブは“短め前髪×レイヤーボブ”で、パッと見おしゃれ美人にブラッシュアップ!

サイドとつなげたベビーバングで小顔効果抜群

イドとつなげたベビーバングで小顔効果抜群
\ヘアスタイルのポイント/

・顔を縁どるカービィフォルムで小顔も立体感も!
・眉上でスライドカットし前髪を流しやすく整えます。
・さらに切りっ放しのざっくり感が出るよう毛先をカットし、カジュアルさを強調。
・前髪と顔周りをつなげるよう前上がりにカットすると、顔が包み込まれて自然な小顔効果も狙えます。

顔を縁どるカービィフォルムで小顔も立体感も!

眉上前髪×くせ毛カールでちょいモード感

眉上前髪×くせ毛カールでちょいモード感
\ヘアスタイルのポイント/

・くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードな表情。
・ストレート部分と巻き部分をナチュラルにつなげるために、縦にゆるめに巻くのがポイント。

くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードな表情

アシメバング・ザクザク前髪

束感を出してザクっとカットした前髪、左右非対称のスタイルがアシメ。

大人の女性にも似合うアシメバング

大人の女性にも似合うアシメバング
\ヘアスタイルのポイント/

・大人の女性にも似合う束間で作るギザバング。
ギザギザとした存在感のある毛束が作れる、やや固めのファイバーワックスを用意。
・親指と人さし指になじませたら、毛束をラフにつまんで中間から毛先につける。斜め下へ軽く引っ張りながらつけ、ボリュームも抑えて。

短め流し前髪で大人かわいいピュアガール

ザク切りアシメバングで大人かわいく

ザク切りアシメバングで大人かわいく
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定したら、毛先を間引くようにアシメトリーにカット。
・逆サイドは耳につなぐようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。
・全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。

ミディアムなら、毛先に大きめワンカールが大人っぽくハマる

ナチュラルなストレートをザクザク前髪でおしゃれに

ナチュラルなストレートをザクザク前髪でおしゃれに
\ヘアスタイルのポイント/

・厚みのあるザクザクバングが新鮮。
・左右どちらかがナチュラルに眉上になるようカットした後、ドライの状態で内側からのスライドカットで束感を出やすくします。

ナチュラルストレート×ザクッとバングの曖昧バランスが魅力

最新!トレンド前髪アレンジ!

湿気でうねる前髪もレスキュー!

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
\ヘアスタイルのポイント/

・ふっくらポンパでトップをボリュームアップ。
・前髪のペタンコ感を目くらましするのに最適なのは、ボリューミーに見えるポンパアレンジ。トップの高さだけが浮かないよう、ハチ周りもふんわりさせてシルエットをコントロール。
・スタイリング剤の油分が髪をつぶすので、ハードスプレーで仕上げるのが正解!

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
\How to/

・全体を、フォワードとリバースのミックス巻きにしておく。顔周りはリバースにしてエアリー感を出す。
・トップの髪を持ち上げて裏側に逆毛を作り、ポンパに。
・ポンパの表面や全体にハードスプレーを吹きつけて、フォルムをキープ。

【POINT】

■ ふんわりした高さを出す。
■ 高等部は膨らませすぎない。
■ ハチ周りの髪はあえてふわっと。
■ ボリュームキープの決め手はスプレー!

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
前髪をひとねじりして後れ毛に 根元のつぶれ対策にぴったり。

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
\How to/

・センターパートにして、後ろはサイドでひとつ結びに。
・落ちてきた前髪をひとねじりしてピンで留め、カールのついた後れ毛風にしてペタンコ感をカムフラージュ。

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
ペタっとなりがちな生え際はミニくるりんぱをつなげてこんもりと。

湿気でぺたんこになっちゃう前髪をふんわりアレンジ
\How to/

・前髪は横分けに。量の多い分け目側の生え際に小さなくるりんぱを作る。
・それにつなげて、さらにくるりんぱを。表面をつまみ出して 凸凹させ、サイドにはピンを。

梅雨時期のぺたんこヘア対策|簡単前髪アレンジでボリュームアップ♪

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
\顔周りに沿わせた流し留めでスッキリ見せ/

・根元からしっかりなでつけて前髪をタイトにするだけで、表情が明るくなる!
・重みで髪が落ち着くこっくり系のオイルをなじませたり、毛量がたまりがちな耳の後ろに隠しピンを忍ばせたりして、全体のボリュームを抑えることで、ダウンスタイルでもバランス良し。

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
\How to/

・髪全体にオイルをなじませて、セミウエットな質感に。
・フロントを8:2の横分けにして、根元を押さえながらなでつけて耳かけに。
・こめかみ辺りでしっかりピン留め。逆サイドは耳後ろに隠しピンを挿して。

【POINT】

■ 根元はなるべく立たせないように。
■ セミウエットにして広がりを抑制。
■ タイトに流して、多毛を挟めるピンで留める。
■ ハチ周りは隠しピンでボリュームレス!

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
ウエットなシースルーバンクで軽やかさと抜け感を演出。

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
\How to/

・前髪を薄く残してセンターで分けてピン留めし、後ろはサイドで結んでシニヨン風に。
・残した前髪に薄くバームをつけて、束感を出す。

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
顔周りの2段ツイスト留めが広がりをコントロール。

清涼感溢れる爽やか前髪アレンジ
\How to/

・前髪はセンターパートにして生え際の髪を2束に分け、ロープ状に編んでから耳後ろでピン留め。
・その奥の髪も同様に編んで留める。

前髪アレンジで梅雨時期もスッキリ清涼感UP♪ 簡単ヘアアレンジ3つ

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
\ヘアスタイルのポイント/

・程よいウェット感とルーズ感が今っぽい!
・サイドの髪を耳にかけないのも、大人らしさをキープするコツ。

\How to/

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
【STEP1】
・前髪~髪全体にバームをなじませる。
・手のひら全体にバームをのばしたら、手ぐしで前髪をとかしながらバームをなじませます。
・前髪の内側からもなじませると、全体にまんべんなくバームがついて、崩れにくさがUP。

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
前髪以外は、髪をもみこむようにバームをなじませていくと、均等につけられます。

\使用アイテム/

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
■葉山マリーナ プラスマリン ナチュラルバーム 35g ¥2,000
ベタつかず、ほどよいウェット感が出て髪がまとめやすいバーム。

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
【STEP2】
・こめかみの産毛を取り出す。
・前髪を左右に分けたら、こめかみの産毛を出しておきます。
・根元からきっちりと上げてしまうと少し古い感じになってしまうので、ルーズ感を演出します。

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
【STEP3】
・前髪を後ろへ引っ張りながらツイストを。
・左右に分けた前髪の片側からツイストしていきます。
・前髪の根元近くからツイストし始めると幼い印象になるので、スタート地点が頭頂部くらいになるように、毛束を後ろへ引っ張りながら行います。これが大人っぽく仕上げるコツ!

簡単におしゃれ感アップ!ツイスト前髪アレンジ
【STEP4】
・毛流れと逆方向にヘアピンをさす。
・ツイストした毛束と逆方向から、一番外側の髪をピンですくい取り、そのまま髪の内側へピンを押し込みます。これで、しっかりと前髪が固定します。
・反対側の前髪も同様にツイストしたら完成です。

クセ毛&ドライヘアにおすすめアレンジ!ツイスト前髪でボリュームダウン、小頭効果も!【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.60】

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・程よいウェット感と、もみあげのおくれ毛が女らしい♪
・クセ毛で広がりやすい髪質とは思えない、すっきりとしたマニッシュなひとまとめ髪に。
・後頭部はグリースとヘアオイルを混ぜたスタイリング剤をもみこんでふわっとさせたおかげで、立体感のある仕上がりに♪
・短い前髪が少し浮いても、グリースのホールド力でくずれ落ちる心配はナシ。

\SIDE/

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
\How to/

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
【STEP1】
・前髪~後頭部にミックスしたグリースとオイルを。
・短い髪をすっきりとひとまとめにするために、メンズ用のグリースに、ヘアオイルを1:1で混ぜ合わせたスタイリング剤を使います。
・グリースはメンズ用ですが、ホールド力が高くてツヤ感も出るので、今っぽい質感を作るのにぴったり。ヘアオイルを加えると、髪になじませやすくなります

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
【STEP2】
・前髪にスタイリング剤をなでつけてオールバックに。
・STEP1で混ぜ合わせたグリースとヘアオイルを手のひらに広げ、前髪をかきあげてからなでつけます。

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
【STEP3】
・後頭部の髪にはもみこんでふわっとさせる。
・STEP2で手のひらに残ったスタイリング剤を、後頭部にもつけます。
・後頭部はペタッとさせたくないので、もみこむようにつけて、ふわっとさせます。

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
【STEP4】
・もみあげを出して女らしく。
・髪をひとまとめに結ぶ前に、もみあげを少し出しておきます。
・これがタイトなオールバックでも女らしくさせるコツです。

マニッシュ感のあるクールなオールバックスタイル
【STEP5】
・結んだ毛先にバームで動きを出す。
・髪をヘアゴムでひとまとめに結んだら、毛先にバームをつけて動きを出します。
・手のひらにバームを広げ、片手で結び目を押さえて、もう片方の手で毛先を握るようにもみ込みます。

クセ毛をおさえて小顔効果も!オールバックスタイル|マニッシュなまとめ髪でボリュームダウン!【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.62】

いつもと印象を変えたいなら軽やかセンター分け

いつもと印象を変えたいなら軽やかセンター分け
\真ん中分けに変えて エフォートレス女子に/

・伸ばし途中のロブ&ボブヘアのみなさーん!毎日ヘアスタイルが微妙に決まらなくて悩んでいませんか? 質感を変えたり、巻き方を変えたり、オシャレに見えるヘアアクセを取り入れたり・・・と、ほんの少し頑張るだけで「素敵」になれる方法があります。

・いつもの斜め分けを真ん中分けに変えるだけで、ナチュラル方向にイメチェン可能。手ぐしでざっくり分けて多少曲がっていてもいいくらいのラフさが抜け感を出すコツ。

\ヘアアレンジ方法/

1 フォームをつけ軽く全体を巻く。
2 手ぐしでラフに中央分けにし、サイドを耳にかける。ドライな質感と動きの出るフォーム。

\使用アイテム/

いつもと印象を変えたいなら軽やかセンター分け
■センス・ オブ・ヒューモア ボヘミアンシーウォータ ー 200ml ¥3,800
外国人風のルーズなくせ毛風に。

伸ばしかけヘアをおしゃれに♪真ん中分けのエフォートレスヘアアレンジ

顔にかかるニュアンス前髪でハンサムな色気を

顔にかかるニュアンス前髪でハンサムな色気を
\ヘアスタイルのポイント/

・雑誌のモデルみたいな顔かかりニュアンス前髪でハンサム色っぽく。雑誌のモデルがなんだかおしゃれに見える秘密、それはズバリこの“顔かかり前髪”にあり!
・ポイントは髪の根元をドライシャンプーで立ち上げて、トニックで細い毛束を立体的に作り、顔の前にランダムな透け前髪でニュアンスを作るだけ。
・プロの技も的確にスタイリング剤を使えば、実は簡単にできるんです。

\ヘアアレンジ方法/

1. 髪全体を軽く巻いておく。
2. 前髪〜トップの根元にaのドライシャンプーを吹きかけてもみ込みドライヤーを当てて根元を立ち上げる。
3. 前髪を8:2にざっくり分ける。
4. bのトニックを手に少量とり、細い毛束を顔の前に数本散らしてニュアンス前髪を作る。

\使用アイテム/

顔にかかるニュアンス前髪でハンサムな色気を
a. コーセー スティーブンノル ドライシャンプー 80g ¥1,200(編集部調べ)
ぺたんこ髪の救世主は梅雨にも重宝。

顔にかかるニュアンス前髪でハンサムな色気を
b.アヴェダ ヘアデン ストニック100ml ¥3,300
細い毛束もしっかりでき、ぬれ感が出るのにへたらない。

ニュアンス前髪でハンサム色っぽヘア♪雑誌のモデルのようなこなれヘアの作り方

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事