ヘアスタイル・髪型
2019.9.2

【2019年秋】最新ヘアスタイル36選!レングス別におすすめをチェック

2019年最新の人気ヘアスタイルをチェック!ショート、ボブ、ミディアム、セミロング、ロングの長さ別おすすめのスタイルをたっぷりと。なりたい雰囲気に合わせて、イメチェンの参考にしてみてください♪

【目次】
女っぷりあがるショートヘア
カジュアルでかわいいボブ
こなれ感漂うミディアム
上品見えセミロング
女性らしさたっぷりのロングヘア

女っぷりあがるショートヘア

ニュアンスパーマで抜け感のあるナチュラルテイストに

ニュアンスパーマで抜け感のあるナチュラルテイストに
【How to“ベース&カラー”】
・襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。
・中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残す。
・前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出す。
・カラーは、8レベルのフォギーベージュに。
・気になる赤みやオレンジ色をくすんだグレーで打ち消すことにより、透明感や柔らかさのある色味に仕上げる。

ニュアンスパーマで抜け感のあるナチュラルテイストに
【How to“パーマ&スタイリング”】
・パーマをかける場合、20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかける。
・パーマ無しでも26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブとすることでも同様のスタイルを楽しめる。
・スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルをチョイス。
・適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつける。ラフな動きと束感を整えたら完成。

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

ウェット質感で今っぽ見せ!

ウェット質感で今っぽ見せ!
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。
・前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。
・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットする。
・カラーは8レベルのウォームブラウン。
・ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味。

ウェット質感で今っぽ見せ!
【How to“スタイリング”】
・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。
・ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須。
・スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布。
・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。
・質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えるので、梅雨から夏にかけてぴったりのスタイリング剤。

時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

スタイリング要らずのおしゃれヘア

スタイリング要らずのおしゃれヘア
【How to“ベース&カラー”】
・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバーしてくれる。
・適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。
・前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。
・襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。
・10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。

スタイリング要らずのおしゃれヘア
【How to“スタイリング”】
・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。
・より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調する。
・乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になる。
・襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。
・また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。
・髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

大人のゆるかわはラフさが鍵!

大人のゆるかわはラフさが鍵!
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは前下がりのショートボブにカット。
・顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れる。
・前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。
・カラーは6レベルのアッシュグレーに。
・ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味。

大人のゆるかわはラフさが鍵!
【How to“パーマ&スタイリング”】
・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかける。
・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。
・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

センターパートのトランクスヘア

センターパートのトランクスヘア
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはサイドグラデーションでカット。
・重さをやや残したいので、トップの角を取る程度のレイヤーを入れる。
・前髪は長めにカットしてサイドと繋げる。
・透け感はスタイリング剤で調整して表現するので、セニングはあえてしないで重めのままで。
・カラーリングは、8レベルのブランジュに染める。
・温かみのあるブラウンとミルクティーのようなベージュをミックスした色味で、ツヤ感をもたらし顔色をぱっと明るく見せてくれる。

センターパートのトランクスヘア
【How to“スタイリング”】
・スタイリングは、前髪センターの根元を立ち上げるようにドライヤーの風を当てる。ここをすっと立ち上げることで、全体が締まりのあるスタイルに。
・直毛の人は緩くボディパーマをかけると扱いやすくなる。
・アイロンを使う場合は、トップを横スライスで2〜3パネル、後ろ巻きにクセづけをするようにする。
・スタイリング剤は、根元からつけて欲しいのでオーガニック系のオイルを選んで。
・襟足は浮かないようにしっかり目に、その後、全体にオイルをなじませたら完成。

センターパートのトランクスヘアが話題!乾かすだけで決まるナチュラルショート

色っぽハンサムに

色っぽハンサムに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはサイドグラデーションにカットし、顔まわりをマッシュラインで重めに。
・襟足はすっきりタイトにレイヤーでカットしたハンサムショート。
・首に沿ってカットをしているので、ネックラインを美しく見せてくれる。
・前髪は目の下の長さで重めにカット。
・カラーリングは、6レベルのブラウンベージュをセレクト。
・グレーがミックスされているため赤みを抑え、くすみのない透明感のある色味に。
・ファッションも問わず、どんなメイクにも似合うヘアカラー。

色っぽハンサムに
【How to“スタイリング”】
・前髪はオールバックをイメージしながら、やや立ち上げるように全体を乾かしたら、スタイリングオイルを塗布。
・もみあげや前髪の産毛までしっかりつけるのがコツ。
・オイルはセット力がなく、さらっと仕上がるタイプを選んで。
・26mmアイロンで毛先をランダムに巻いたら完成。クセを活かすなら、アイロンなしでも◎。

色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

こなれ感のあるマッシュスタイル

こなれ感のあるマッシュスタイル
【How to“ベース&カラー”】
・ベースのカットはショートボブに。
・動きを出すため、トップにはレイヤーを入れる。
・襟足はすっきり切り込む。
・前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げる。
・また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。
・カラーリングは、8レベルのラバージュに。ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせる。

こなれ感のあるマッシュスタイル
【How to“パーマ&スタイリング”】
・26mm~32 mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るようにパーマをかける。
・もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。
・スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かす。
・8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。
・最後に表面と前髪の束間を整えたら完成。

マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

おしゃれを先取り無造作ヘア

おしゃれを先取り無造作ヘア
【How to“ベース&カラー”】
・マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れる。
・前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。
・カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンに染める。
・顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味。

おしゃれを先取り無造作ヘア
【How to“パーマ&スタイリング”】
・パーマは、20〜22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。
・しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかける。
・スタイリングは、8割くらい乾かし、ムースを全体的に揉み込むように塗布。
・髪がセミウェットな状態で、下からすくいあげるようにつけるのが今どきのスタイルに仕上げる鍵。
・ムースをつけたら、毛先が色々な方向を向くように整えて自然乾燥させたら完成。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

ひし型シルエットですっきり美人印象に

ひし型シルエットですっきり美人印象に
【How to“ベース&カラー”】
・襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。
・サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れる。
・毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。
・カラーは、8レベルのセピアグレージュ。
・ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

ひし型シルエットですっきり美人印象に
【How to“スタイリング”】
・タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かす。
・前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライ。
・空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。
・ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象に。
・ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

大人かっこいいスタイリッシュヘア

大人かっこいいスタイリッシュヘア
【How to“ベース&カラー”】
・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。
・トップには動きがつくようにレイヤーを入れる。
・毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くする。
・前髪は、流した時に目の下になるように設定。
・カラーは、7レベルのブラウンベージュに。
・暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象に。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラー。

大人かっこいいスタイリッシュヘア
【How to“スタイリング”】
・襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げる。
・前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。
・スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませる。
・馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイント。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

カジュアルでかわいいボブ

Aラインボブでクール美人を演出

Aラインボブでクール美人を演出
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨ラインのワンレングスでカットした後、自然な内巻きになるようにインナーにグラデーションを入れる。
・顔まわりのみに角を取る程度のレイヤーを入れる。
・前髪は目より少し長めにして流れるように。耳後ろの毛量がたまりやすい部分を中心に調整し、毛先は重さを残す。
・カラーは、6レベルのヌードベージュに。
・ニュアンスにマットをミックスしたベージュ系ブラウンで、自然光に当たるとふわっと軽く透明感のある色味。

Aラインボブでクール美人を演出
【How to“スタイリング”】
・全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで耳横の髪をランダムに取り、中間からスパイラルで巻く。
・毛先がくるっとし過ぎないようラフに仕上げるのがコツ。
・前髪も中間から毛先にかけてアイロンで軽くカールづけする。
・スタイリング剤は、ツヤ感を出すため洗い流さないミルクトリートメント、もしくは、柔らかいワックスを髪の中間から毛先に揉みこむように塗布し、毛束感を整えたら完成。

まとまる髪型ならAラインボブ!レイヤーレスならクール美人を演出できる

センターパート前髪で色っぽクールに

センターパート前髪で色っぽクールに
【How to“ベース&カラー”】
・あごラインの前下がりでベースをカット。
・顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。
・ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラス。
・前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整。
・カラーは10レベルのアッシュベージュに。
・女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げる。

センターパート前髪で色っぽクールに
【How to“スタイリング”】
・ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かす。
・髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。
・レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻く。
・前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。
・スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませる。
・ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

ぷつん毛束&透けバングで今っぽく

ぷつん毛束&透けバングで今っぽく
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。
・切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルに。
・顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるように。
・カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。
・イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラー。

ぷつん毛束&透けバングで今っぽく
【How to“スタイリング”】
・乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げる。
・乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きに。
・ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。
・その後、全体になじませて毛束感を出す。
・スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がる。

ナチュラル美人ヘア|ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか

ふんわり女らしく輪郭もカバー

ふんわり女らしく輪郭もカバー
【How to“ベース&カラー”】
・首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカット。
・重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。
・顔周りはマッシュラインでカット。
・前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出。
・カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。
・寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。

ふんわり女らしく輪郭もカバー
【How to“スタイリング”】
・オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライ。
・乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通す。
・キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。
・前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになる。
・ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOK。

前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

伸ばしかけヘアを楽しむスタイル

伸ばしかけヘアを楽しむスタイル
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはやや前下がりのボブにカット。
・軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れる。
・前髪は目にかかるくらいの長さにカット。厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整。
・カラーは、9レベルのアッシュベージュ。
・トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味。

伸ばしかけヘアを楽しむスタイル
【How to“スタイリング”】
・髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。
・顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻く。
・ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付ける。
・束感を強調したいなら、スタイリング剤の量を多めにが◎。
・バームはツヤ感を重視し、酸化しにくいオーガニック系が一押し。

伸ばしかけヘアを楽しむ!愛されボブはシースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

スタイリング次第で2WAYを楽しめる!

スタイリング次第で2WAYを楽しめる!
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。
・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。
・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。
・横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめる。
・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。
・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

スタイリング次第で2WAYを楽しめる!
【How to“スタイリング”】
・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。
・表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルに。
・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリング。
・ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギ。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

骨格カバー&小頭効果!

骨格カバー&小頭効果!
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。
・顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。
・サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカット。
・頬ラインに設定することで、柔らかい印象に。
・カラーは、6レベルのフォギーベージュ。
・フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップ。

骨格カバー&小頭効果!
【How to“スタイリング”】
・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。
・頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。
・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。
・ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。
・ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整える。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出

ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出
【How to“ベース&カラー”】
・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。
・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカット。
・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。
・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラス。

ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出
【How to“スタイリング”】
・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすことまた、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。
・乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。
・表面は内巻きにワンカール。
・さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。
・シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成。

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

こなれ感漂うミディアム

カジュアル感がかわいいIラインシルエット

カジュアル感がかわいいIラインシルエット
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨上の長さで前上がりにカットしたローレイヤー。
・パーマをかけた時に厚みや広がりが出ないように毛量感を調整し、毛先はスライドカットで束感が出るようにする。
・カラーは、面をキレイに見せツヤ感のある髪に仕上げるため、7トーンのアプリコットブラウンに。
・ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色。
・パーマをかける場合、太めロッド&大きめカールのデジタルパーマを施す。

カジュアル感がかわいいIラインシルエット
【How to“スタイリング”】
・スタイリングは、ドライ後にツヤが出るクリームワックスを中間から毛先に塗布し、やや重めの質感で毛束を作る。
・前髪は流行りの透け感バングでも、暖色系の色味は厚みを感じやすいので、束感を強調しながら流すことで軽さや今っぽさを表現。
・パーマ無しの場合、太めの38mmのアイロンで、顔周りはリバースに、バックはランダムにゆるく巻いてからスタイリング剤をつけて整える。

ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット

美人かき上げ前髪で大人の女っぽさを加える

美人かき上げ前髪で大人の女っぽさを加える
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨下くらいのワンレングスでカット。
・トップと顔まわりにレイヤーを入れ、アウトラインは重さを残す。
・前髪はどのパートでも分けられるようにセンターで分ける。
・ややラウンドにカットしたら、流しやすいように調整を。
・カラーは、9レベルのショコラブラウン。
・落ち着いたブラウンで色持ちが良く、少しだけ暖色寄りなので、顔色が悪く見えやすい人にオススメなカラー。

美人かき上げ前髪で大人の女っぽさを加える
【How to“スタイリング”】
・髪が乾いたら、こめかみ上とこめかみ下にブロッキング。
・32mm のアイロンを使い、こめかみ下を外巻きでワンカール。
・こめかみ上は、内巻きと外巻きのミックス巻きで。
・前髪はリバース方向に外巻きカールを。
・仕上げは、セミウェットな質感のヘアオイルを3滴ほど毛先から馴染ませる。
・前髪は手に残ったオイルを毛先に少量付けるだけでOK。
・髪の広がりが気になる場合は、スタイリング剤を少しずつ足してみて。

かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに

柔らかく揺れる上品系モテヘア

柔らかく揺れる上品系モテヘア
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。
・顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れる。
・前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪に。
・カラーは、8レベルのショコラブラウンに。
・ショコラブラウンは、やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導く。また、退色しても美しい色をキープできる。

柔らかく揺れる上品系モテヘア
【How to“スタイリング”】
・髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておく。
・全体をアイロンで巻いている間にクセづけ。
・サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、髪を持ち上げて巻くとランダムで、柔らかな動きになる。
・最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げる。

抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア

動きのある大人のこなれ感を演出

動きのある大人のこなれ感を演出
【How to“ベース&カラー”】
・毛先の厚みを残したミディアムレイヤーは、内巻きでも、外ハネでもどちらでも楽しめる鎖骨下のレングス。
・耳下にはレイヤーを入れず、表面のみにしっかりレイヤーを入れているので、毛先の重さを残しながら、軽さ&動きのあるスタイル。
・春夏にぴったりのカラーは、10トーンのシナモンベージュで明るめに。
・髪にツヤ感をプラスし、肌色をぱっと明るく見せてくれる色味。

動きのある大人のこなれ感を演出
【How to“スタイリング”】
・髪を乾かしたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。
・レイヤーがたっぷり入っているので、サイド3段、バック4段に分けて巻くようにすると上手くいく。
・また、内巻き&外巻きをミックスさせることでランダムな動きを演出。
・ややセット力のあるシアバター系のワックスを毛先から中間まで、髪をほぐしながら塗布。
・ふわりと空気を含ませるようにシルエットを整えたら完成。

流し前髪×たっぷりレイヤーで、動きのある大人の”こなれミディ”は春夏におすすめ!

お手入れラクちんなのに女っぽい

お手入れラクちんなのに女っぽい
【How to“ベース&カラー”】
・やや前下がりのロブスタイルにカット。
・顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。
・前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。
・カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。
・ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。

お手入れラクちんなのに女っぽい
【How to“スタイリング”】
・ドライのポイントは、トップの髪を後ろ方向へ流すこと。
・乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、落ちる位置ではなく、髪を顔の横まで引き出してアイロンを巻くと、カール感がランダムになりラフなイメージに。
・顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流す。
・硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませたら完成。

ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

ゆるふわカールで大人フェミニンに!

ゆるふわカールで大人フェミニンに!
【How to“ベース&カラー”】
・ワンレングスでカットし、トップと顔まわりに骨格に合わせてレイヤーを入れた重めのデザイン。
・直毛の場合、毛先にパーマをかけても。
・前髪の幅をやや広くすることで、奥行きが出てよりメリハリのあるスタイルに。
・カラーは、8トーンのWフェイスカラーのオリーブアッシュ。
・ほんのり透ける美人色。

ゆるふわカールで大人フェミニンに!
【How to“スタイリング”】
・根元を立ち上げて、全体的にボリュームを出すように乾かすのがポイント。特に、トップはしっかりボリュームを出して。
・この時、前髪とトップは、弱風でこするように手を動かしながら乾かす。
・アイロンは26mmを。毛先から内巻きカール、その上を外巻きでとツーカールをミックスすることで、今っぽい動きに!
・バックの耳下はボリュームを出さないように、内巻き&外巻きをランダムにワンカールで。
・最後にシアバター系のワックスを全体に揉み込み、サイドのボリューム感を整える。

ちょっぴりワイドな前髪のミディは、ゆるふわカールで大人フェミニンに!

とことんカジュアルに!

とことんカジュアルに!
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカット。
・顔周りからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。
・目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整。
・10トーンのカーキベージュは、柔らかさのある春にぴったりな色味。
・ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。

とことんカジュアルに!
【How to“スタイリング”】
・絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できる。ただし、前髪に分け目がつかないよう注意。
・カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。J
・セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整える。
・髪の広がりが気になる人は、オイルを使っても◎。

“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!

上品見えセミロング

王道のひし形シルエットでフェミニンに

王道のひし形シルエットでフェミニンに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨下10cmの長さで、前下がりのグラーデーションでカット。
・軽い動きを出すため全体にレイヤーを入れる。
・さらに、チョップカットで質感を調整。
・前髪の幅は狭めで、ラウンド気味にカット。
・カラーは日本人の髪の赤みを消す9レベルのアッシュベージュに。カラーでも柔らかい印象を与える。

王道のひし形シルエットでフェミニンに
【How to“パーマ&スタイリング”】
・パーアはデジタルパーマをセレクト。26mmのロッドでサイド2本、バック4本、トップも1回転半巻く。
・ドライ時は、前髪は地肌をこすりながら、トップはボリュームをつぶさないように乾かす。
・乾いたらウェットな質感になるオイルを手ぐしを通すように少量塗布。
・塗布する順番は、中間から毛先につけてから根元に。
・パーマがかかっているので、アイロン無しでもニュアンスのあるカール感を叶える。
・ツヤ感が大切なデザインなので、スタイリング剤は保湿力のあるタイプを選んで。

前髪ありヘア&王道の菱形セミロングは、柔らかい印象でも目ヂカラのあるモテ顔に!

ハイライトカラーできれいめヘルシー

ハイライトカラーできれいめヘルシー
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨下5㎝の長さで前上がりにカット。
・前髪はアゴラインにカットし、前髪から表面にレイヤーを入れる。
・ベースの厚みは残しつつ、レイヤーの動きがある仕上がりに。
・細めのハイライトを全頭に入れてから、アッシュベージュをオンカラー。
・髪の赤みを抑えた、透明感のある色味なので夏にぴったりの涼しげな色味。

ハイライトカラーできれいめヘルシー
【How to“スタイリング”】
・ドライ時は、フォワード方向に髪をクルクルねじりながら乾かすとラフな動きが再現される。
・表面は、ねじった髪の束を真上に引き上げると◎。
・もちろん、アイロン仕上げでもOK。
・アイロンを使う場合は太めの38mmで、内巻きワンカールに。
・スタイリング剤をつける前に、手で形を崩すことがポイント。
・少し固めのスタイリング剤を毛先中心になじませたら完成。

前髪なしセミロングは、人気上昇中の“ハイライト”カラーで、きれいめヘルシーに!

美肌見せカラーでイイ女感をプラス

美肌見せカラーでイイ女感をプラス
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨下5cmの長さでやや前上がりにカット。
・こめかみ上にレイヤーを入れ、毛先の厚みは残しつつ、ふんわり柔らかい動きをプラス。
・前髪は幅を“浅く広く”するのがポイントとなり、隙間ができてこなれ感のある印象に。
・カラーは9レベルのシナモンベージュをワンメイク。
・ベージュにバイオレットとグレーをミックスしたカラーで、バイオレットが黄色を補正し、無彩色のグレーが髪の透明感をアップさせ、顔映りのいい仕上がりに。

美肌見せカラーでイイ女感をプラス
【How to“パーマ&スタイリング”】
・毛先に24〜26mm のロッドでパーマをかける。
・毛先のニュアンスとなるようサイドは左右2本ずつ、バックは7本、1.5回転巻く。
・スタイリングは、ドライしてから、軽い質感で動きの出るクリームバターを全体的に塗布。
・毛先だけではなく、1本1本の根元〜毛先までを薄くつけるイメージで、髪をねじりながらつけたり、結ぶように指を通すとうるおいとツヤ感のあるスタイルが完成。

美肌見せカラー×柔らかセミディヘアでイイ女感を!パーマで作る毛流れで今っぽさも

目力アップの美人レイヤー

目力アップの美人レイヤー
【How to“ベース&カラー”】
・アウトラインは前上がりでカット。
・フロントに軽さを出す。
・レイヤーをしっかり入れて、毛の重なりや動きを表現。
・前髪は、目の位置ギリギリでカット。
・セニングを入れると短い毛がぴょんと飛び出すので、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。
・カラーは9レベルのシナモンベージュに染める。
・ツヤ感のあるニュートラルなカラーで、大人かわいい雰囲気を与える。

目力アップの美人レイヤー
【How to“スタイリング”】
・ドライ時に気をつけたいのが前髪の乾かし方。弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かすこと。
・32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻く。
・さらに、顔まわりは中間にもカール感を作る。
・毛束をほぐしてからウェットな質感に仕上がるシアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布。
・髪の質感に統一感があると今っぽくなるので、全体的に付けるのがマスト。

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

大人の可愛らしさを引き立てるしゃれ感ヘア

大人の可愛らしさを引き立てるしゃれ感ヘア
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨下5cmのワンレングスでベースをカット。
・チョップカットで質感調整して、毛束感とニュアンスをつくる。
・柔らかく女性らしい印象のポイントとなる前髪は、緩やかなマッシュラインで甘さを表現し、薄めで長さをやや残して今っぽく仕上げる。
・カラーリングは、7レベルのオリーブグレージュ。
・寒色であっても、ツヤ感と透明感のある涼しげな色味。

大人の可愛らしさを引き立てるしゃれ感ヘア
【How to“スタイリング”】
・動きを出すイメージでラフにバサバサっと乾かしたら、32mmのアイロンで毛先と表面を内巻きにワンカール。
・スタイリング剤は、伸びがよいクリームバターを塗布して毛束感をつくる。
・塗布のコツは、こめかみ辺りで上下に髪をブロッキングし、こめかみ下はボリュームダウンするように、こめかみより上は、ポニーテールを結ぶ要領でつけると表面がペタッとせずに動きのあるスタイルに仕上がる。
・髪が乾燥しやすい人は、オイルを付けてからクリームバターを塗布するとまとめやすくなる。

クセ毛活かしのセミロングは梅雨時期こそオススメ!薄め前髪+透けニュアンスで涼しげに!

女性らしさたっぷりのロングヘア

大人セクシーなハイレイヤー

大人セクシーなハイレイヤー
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは胸くらいの長さのロングレイヤー。
・ハイレイヤーにすることで毛先の遊びをプラス。
・前髪は顔まわりのレイヤーに繋げて、一体感のあるスタイルに仕上げている。
・カラーは7ベレルのスモーキーアッシュに。
・アッシュにグレーのニュアンスをミックスして、オレンジ色をオフする寒色系でありながら、ツヤ感のある色味。

大人セクシーなハイレイヤー
【How to“スタイリング”】
・全体的に乾かしたら32mmのアイロンを使い、まず毛先から耳下くらいまで巻き込む。
・その後、アイロンを縦使いにして、中間のカールが強くなるよう毛先にかけてスパイラルで巻く。
・前髪はアイロン、ブロー、マジックカラーでも毛流れが作れればOK。
・スタイリング剤は、ツヤ感の出るオイルか、バーム系ワックスを使い手ぐしを通すように塗布。
・その後、毛先のカールを裂くように散らして、ラフ感をプラスしたらフィニッシュ。

長め前髪のロングヘアは、大きめカールとラフな遊びで今どきに!

ハイライトカラーで仕込む今っぽい抜け感

ハイライトカラーで仕込む今っぽい抜け感
【How to“ベース&カラー”】
・ベースをワンレングスでカットしたら、低めにレイヤーを入れる。
・毛量調整は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に行う。
・前髪はサイドより短めにカットして、やや軽い印象に。
・ふわっと7:3くらいのパートで分けてもいいし、オールバックにしても決まるデザイン。
・カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねる。
・赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりに。

ハイライトカラーで仕込む今っぽい抜け感
【How to“スタイリング”】
・根元に空気感が出るように全体を乾かす。
・ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作る。
・スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。
・ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。
・クールに決めたいならオールバックがオススメ。

ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

うるサラ質感で最強のモテヘアに!

うるサラ質感で最強のモテヘアに!
【How to“ベース&カラー”】
・胸ラインくらいのワンレングスベースでカットし、ローレイヤーを入れる。
・レイヤーは、顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整えるくらいの方が、髪の面をキレイに見せることができる。
・前髪はあご下7cmくらいの長めにカット。
・センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。オールマイティに対応できる。
・カラーは、8レベルのアッシュベージュ。
・軽さのある色味なので8レベルでも重たく見えず、透明感を感じさせてくれる。

うるサラ質感で最強のモテヘアに!
【How to“スタイリング”】
・根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かす。
・乾いたらストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きに。
・よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!
・最後に、保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。

長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に
【How to“ベース&カラー”】
・グラデショーンベースの重ためのロング。
・ワンレンではなく、グラデーションでカットしているため、丸みがあり女性らしいスタイルに仕上がる。
・顔まわりと表面にレイヤーを入れ、スライドカットと毛量の調整で浮遊感のあるデザインに。
・カラーは、10レベルのブランジュ。
・ブランジュは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、透け感があり軽い印象を与える。
・また、肌ぐすみのカバー効果も。

ほつれ感プラスで今どきの色っぽ美人に
【How to“スタイリング”】
・全体を乾かしたら、32mmのアイロンを使い、サイド3段、バック4段に分けてワンカール。
・アウトラインのみ外巻きに、その他は内巻きでカールをつける。
・レイヤーを入れた顔まわりと表面は、髪を細い毛束で拾ってワンカール。そして、巻いたらほぐすのがほつれ感をつくる鍵。
・最後に、シアバターとオイルをミックスし、毛先中心に塗布。
・根元は少なめにつけて、セミウェットな質感に。
・手ぐしを通しながら、髪を高い位置(耳くらいの高さ)からパラパラと落としつつほぐして整えたら完成。

前髪なしのレイヤーロングは、“ほつれ感”プラスで今どきの色っぽ美人に

ゆるい抜け感でしゃれ見え

ゆるい抜け感でしゃれ見え
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは緩やかな前上がりでカット。
・顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカット。
・前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整。
・重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに仕上がる。
・また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラス。

ゆるい抜け感でしゃれ見え
【How to“スタイリング”】
・髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。異なったカールを重ねることで動きを出す。
・耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻くことでランダムなカール感となり、女性らしいイメージに仕上がる。
・最後に、少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成。

美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも

部分アイロンテクで大人かわいいスタイルに

部分アイロンテクで大人かわいいスタイルに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースの長さはあまり変えずにやや前上がりに、ワンレングスでカット。
・軽さと動きを出すため、こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぐ。
・厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整。
・9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラー。

部分アイロンテクで大人かわいいスタイルに
【How to“スタイリング”】
・全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで襟足と顔周りにカールをつけるだけのお手軽スタイリング。
・顔まわりは、細かめに毛束を取り外巻き&内巻き交互にカールを。
・表面のみ、1cm四方でリバースに巻く。
・仕上げにつけるオイルは、ごく少量で◎。
・広がりや毛先のパサつきが気になる人にも、オイルはぴったりなスタイリング剤。
・また、カールが取れやすい人は、アイロン前にオイルをつけるとスタイルが長持ちする。

髪伸ばしかけの人、必見。長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事