ヘアスタイル・髪型
2019.6.24

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

気温が上昇するとドライヤーやアイロンの熱で、シャワーをしたばかりでも汗だく……なんて経験ありませんか?暑い季節のスタイリングは手軽にさっと終えたいものです。こちらのショートボブ、アイロンを使わず、スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイルです。スリークとは、なめらか、ツヤがある、といった意味だそう。長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。前髪のパートはどこで分けてもOK。前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイルです。

丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象を受けるのは毛先のシュッとした先細り感。その繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的です。

繊細な毛先と華奢なシルエットで、愛らしいモテヘアに

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】

サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバーしてくれます。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくします。前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げます。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】

時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調します。乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になります。襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン)
担当サロンページはこちらから
MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン)

撮影/團野 ヘアスタイリスト/秋山智彦(MINX 青山店) モデル/おしかたまほ 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事