ヘアスタイル・髪型
2019.8.12

前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。ズバリ“女性らしさ”にこだわったスタイルは、前髪の長さを残し、前髪からサイドにかけてのラウンドしたマッシュラインが、やさしい印象を演出してくれます。襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。

丸みがあって女性らしいシルエットのこちらのひし形ショートボブ。カジュアルになりがちなショートボブでありながら、丸く甘めのスタイルで女らしい表情になっています。また、襟足をスッキリさせることで、涼しげな仕上がりになっているのもポイントです。顔周りはマッシュラインでカットし、ふわっとした柔らかいニュアンスを演出。前髪ありでも、軽く流すことで大人女性でも挑戦しやすいスタイルになっています。

サイドバングが少し長めなので、肌の露出する面積が狭くなり輪郭カバーも望めるボブヘア。頭の形も補正するので、ハチ張りさんにもおすすめです。

 

ふわっとしたひし形シルエットで輪郭をカバー。抜け感のある前髪も◎

 

%e2%91%a0

 

【how to“ベース&カラー”】

首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカットします。重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。顔周りはマッシュラインでカット。前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出します。カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。

 

 %e2%91%a1

【how to“スタイリング”】

オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライします。乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通します。キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになります。ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOKです。

 

 

joemi-by-unami%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ)
担当サロンページはこちらから
joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ)

 

ヘアスタイリスト/小倉太郎(joemi by Un ami) モデル/荒谷柚風 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事