メイクHOW TO
2020.11.26

【初級~上級】プロが教える、アイシャドウの使い方のコツ

\"\"

アイメイクの印象を大きく左右するアイシャドウ。アイシャドウを塗る時に気をつけるべきポイントやコツとは?アイシャドウの種類別、目の形別、色別などその使い方を基本から上級編まで分かりやすく解説!

「塗る場所」は大きく分けて3つ!

Check
  • アイホール
  • 目の際・二重幅
  • 下まぶた・涙袋

【1】アイホール

アイホールは上まぶたのくぼみの部分で、目頭~目尻まで半円状に広がっています。薄い色やベースの色を塗る場合が多いです。

【2】目の際・二重幅

目の際はまつ毛の生え際部分でアイホールより狭い範囲です。濃い色や締め色を使う場合が多いです。二重の人は目の際より広めに二重幅全体に塗ることも。

【3】下まぶた・涙袋

目の下のまぶたです。この目の下に沿ってできるふくらみが涙袋です。下まぶたに色を入れることでアイメイクの幅が広がります。粘膜ギリギリの所が下まぶたの際になります。

アイシャドウを使う時に意識したい「コツ」

「濃さ」×「広さ」を意識する!

自分のいつものアイシャドウは濃いのか?薄いのか?ふとわからなくなることはありませんか。まず初めに、オレンジのアイシャドウを例に、色づきが濃くても薄くても、また塗る範囲が広くても狭くても、今っぽく仕上がる“メイクの程度”を検証してみましょう。

メイクの程度がわかれば、組み合わせでイメージ自在!

【濃さについて】
2度塗りをするなど、肌色が透けないくらいしっかり発色させた場合は「濃いめ」、1度塗りでさらによくぼかして肌色がほんのり色づく程度は「薄め」、その中間くらいが「普通」の濃さだといえます。

【広さについて】
広さはアイホールを基準にして、アイホール全体に塗ると「広め」、アイホールの1/3で「狭め」、その中間が「普通」の広さです。

 

Check
  • 濃く塗れば塗る程、色の主張が強くなるので、その分、塗る範囲を狭くしていくとバランスが良くなります(つまり「濃い」×「広い」は盛りすぎ、「薄い」×「狭い」は盛らなすぎということに)。
  • 同じアイシャドウでも、メイクをする濃さや広さを変えると、印象や雰囲気がガラリと変わります。
  • 眉やアイライン、マスカラの濃さや長さなどによる違いも併せて、自分なりにちょうどいいメイク感を見つけてみましょう!

ちょっとの違いでこんなに印象が変わる!

\リラックスカジュアルには…薄×広/

\きちんと感のある好感度メイクには…普×普/

\スタイリッシュに見せたいときは…濃×狭/

「色別」に見るちょうどいい濃さと広さ

幅広に塗ると派手すぎる色、地味すぎる色…ちょうどいい広さと濃さの違いをチェック!

【シアーピンク】 抜け感のある優し気な目元に

パール感が強いシアーカラーは、透け感を生かして広範囲に薄く使うとちょうどいい。パールベージュや水色なども同様!

【オレンジ】 オン/オフ問わず好感度

オレンジは濃さと広さを普通にするとオフィスにもお出かけにもOKで、男女ともに好感度高し。ブラウンやボルドーも同様。

【カーキ】 クールでスタイリッシュな印象

マットなスモーキーカラーはカラーライン感覚で効かせると派手になりすぎずちょうどいい。グレーやネイビーでも同様。

アイシャドウの「種類別」基本の塗り方

いろんな質感のアイシャドウも、ツールを活用すれば濃さが安定!

【パウダーアイシャドウ】×ブラシ塗り

\左右にワイパー塗り4往復!/

しっかり色づくパウダーアイシャドウは、ブラシでふんわりぼかし塗りをするとちょうどいい濃さに。

【リキッドアイシャドウ】×指塗り

\3点おいて指でトントン20回!/

リキッドアイシャドウは、こすらず、まぶたに密着させる感覚で優しく指でタッピングを。範囲内にまんべんなくのばす。

【クリームアイシャドウ】×チップ塗り

\中央から左右へ8往復!/

クリームシャドウは、アイカラーチップを使うとムラなくのばしやすい。中央から左右ジグザグに塗り広げて。

「目の形別」の正解はコレ!気を付けたいポイント

目の形ごとに濃さ×広さは要調整!

【重めのまぶたさん】は薄く広くが正解!

Check
  • 上まぶたがまつげの根元にかぶさる、まぶた重めさんは、二重さんよりも色を薄め、広めに塗ると良いバランスに。
  • 特に暖色系は腫れぼったく見えるので薄めに。やや広めに塗ると目を開けたときの色の見え方がキレイ。

【一重さん】は濃く普通の広さが正解!

Check
  • まぶたが目にかからないすっきり一重さんは、眉と目の距離が長い傾向。
  • そのため、アイシャドウは二重さんよりも濃いめ、広めに設定するとまぶたのハリ感が出て、目と眉の間隔も調整でき、好バランス。

【奥二重さん】は薄く狭くが正解!

Check
  • 目頭側にだけうっすらと線が入っている、まつげの根元がまぶたに隠れているといった奥二重さんは、二重さんよりもアイシャドウを薄め、狭めに調整を。
  • 濃い色でキワを塗りつぶさないようにして二重の線を生かして。


初出:「アイシャドウ濃すぎ!?」はもう終わり! 濃さや広さ…アイシャドウの塗り方の正解は?

記事を読む

【くっきり二重さん】は色で抜け感を作るのが正解!

「くっきり目元」さんの特徴

Check
  • 二重幅が広く、線がはっきりしている
  • 瞳が大きく、色はダークめ
  • まつげが濃密
  • 目幅が縦に大きい

例えば、暖色系を効かせて、エフォートレスな目力へ。ピンク、オレンジ、ボルドーといった暖色系には膨張効果があり、くっきり目元さんの強い目力を適度にオフするのが得意。ベースに仕込んだりポイントで効かせれば、こなれた眼差しへ。


初出:セルヴォーク&THREEの暖色系渋色アイテムで柔らかエレガントEYEを演出【くっきり目元さんの秋メイク】

記事を読む

人気の「色別」アイシャドウの使い方【3段活用術】

田中みな実さん、セルフメイクプロデュ-ス力も天才なんです! 「アイシャドウとリップの“使い慣れない色”を楽しみながら攻略するコツは、段階的にトライすること」――そんなみな実さんの言葉から生まれたこの企画。。“ちょい足しニュアンス”から“がつんと効かせ”まで、ホップ・ステップ・ジャンプで徐々に色に慣れていきましょう。3パターンのメイクをぜひ参考にして。

「ボルドー」シャドウの3段活用

\岡田知子さん×田中みな実さんが教えてくれました/

(右)田中みな実さん/昨年発売した写真集『Sincerely yours…』(宝島社)が大ヒット。圧倒的美容アイコンとして人気を博す。

(左)岡田知子さん/時代に合ったしゃれ感メイクといったらこのお方。女性がもつ裏面の魅力を引き出す奥深い表現力に定評あり。

田中さん :カラーメイクは違和感を楽しんだ者勝ち!わずかでも新しい色を取り入れながら、そんな自分に少しずつ慣れていくのが楽しむ極意かなぁって。私の考えをセンス抜群のメイクでブラッシュアップしていただけて光栄です。

岡田さん :恐れ入ります!でも本当にそのとおり。普段入れない所に色を入れてみるだけでも上級者感が味わえたりね。不安な人は、親しみのあるブラウンがセットされたカラーパレットがなじみやすくておすすめ。

\このアイシャドウでトライ/

■ディオール サンク クルール クチュール

温かみのあるブラウンに、アクセントカラーのボルドーがイン。肌に溶け込む生質感パウダー。

価格
¥7,600 689

【ホップ】初めては、安心感のあるブラウンをベースにちょこっと使い

「オフィスでも浮かないベーシックな仕上がりを目指したい人は、王道アイメイクにさりげなく色を忍ばせて。ブラウンシャドウをベースに「いつもの感じ」をキープしながら、ボルドーを目尻だけに重ねてニュアンスチェンジ。シンプルなようで、個性とトレンドを感じる。そんな表現がかなうのも、カラーメイクの醍醐味です」


  1. アイホールにAのライトブラウンを。上下キワにBのブラウンを引いてマイルドに引き締める。
  2. Cのボルドーは、指を使って上まぶた目尻側に軽くのせ、ふわっとぼかす。
  3. 最後にアイライナーで上まつげの隙間を埋める。


【ステップ】慣れてきたら、色がダイレクトに伝わる下まぶたにオン

「派手にはしたくないけれど、もう一歩冒険したい。そんな人の次なる一手は、下まぶたで遊んでみる。いつもだったら明るい色や抜け感のある色を使いがちな所に、思い切ってボルドーを差してみれば、ハッとする程こなれた印象に。上まぶたはいつものブラウン使いで正統派に仕上げれば、適度なバランスを保てます」


  1. アイホールにA、二重幅より広めにBを重ねブラウングラデに。
  2. 目尻側が少し長めになるよう、下まぶた全体にCを細く引く。
  3. そこに合わせて、アイライナーを上まぶたのキワに長めに引き、ワイドな目力を強調。


【ジャンプ】余裕が出てきたら、太めの囲み仕上げでほんのりモードに振ってみる!

「ボルドーメイクに慣れてきたら、囲み目風アイで新境地を開拓。上下のまぶたに広く赤みを加える大胆な色使い。大人っぽく着地させるコツは、“ホップ”でも応用したヌーディカラーとの合わせ技。攻めたメイクには、必ずどこかに王道要素を取り入れて、上級見えしながらも突飛にならない、絶妙な仕上がりを目指して」


  1. Aのライトブラウンを眉下まで広くのばす。
  2. Bの深い赤みブラウンを下まぶた全体に太めに入れてぼかし込む。
  3. Cを二重幅→タレ目ゾーンにかけて、くの字になるように重ねて赤みをプラス。
  4. マスカラは盛らずにさらっと。



初出:田中みな実さんがディオールの大人気ボルドーシャドウで3パターンのメイクにトライ♪

記事を読む

「イエロー」シャドウの3段活用

『美的クラブ』へ一斉アンケート!読者が今季チャレンジしたいアイカラーを聞きました。今回はイエローシャドウをホップ・ステップ・ジャンプの3段階で攻略!

\美的クラブVOICE/

「派手見えせずポイントになる使い方が知りたい」(主婦・33歳)
「万人受けする使い方は?」(会社受付・31歳)
「ブラウンと合わせることが多いけれど、ワンランク上の楽しみ方も知りたい」(販売・28歳)

\このアイシャドウでトライ/

■SHIRO カレンデュラアイシャドウリキッド

単色からレイヤードまで、アレンジの効く透けイエロー。保湿効果のある“カレンデュラ”を配合し、メイクしながら肌の乾燥を防ぐ。

価格
¥3,500 0I04

【ホップ】イエローをベースに仕込んでブラウンをライトアップ

  1. イエローをアイシャドウベース的にアイホールに薄く仕込む。
  2. ブラウンシャドウを同じ範囲に重ねて。これなら、イエローの存在感が出しゃばらず、明るいブラウン感覚で気軽に楽しめるはず。

【ステップ】組み合わせるブラウンの質感を遊ぶと、イエローのこなれ度アップ

  1. イエローと相性がいい上、メイクに落ち着きをもたらす安定のブラウンをアイホールに。艶めく質感で、シンプルな中にも遊び心をプラスして。
  2. 下まぶた全体にイエローを添えれば、くすみが晴れて若々しい印象に。

【ジャンプ】潔い単色囲みメイクでHAPPY感をトッピング!

  1. 上級者は単色使いでイエロー全開に!アイホールと下まぶたをぐるりと囲めば、笑顔が映える明るい眼差しに。
  2. 透け感のあるイエローは、くすみをトーンアップするコントロールカラーにもなって大人まぶたに相性◎。


初出:SHIROのイエローシャドウを3段階使い! 単色でも組み合わせても…最旬メイク方法

記事を読む

「パープル」シャドウの3段活用

初めてトライする人から、チャレンジ精神旺盛な人まで。それぞれのハードルに合わせて実践できる3段活用法をご紹介!

\美的クラブVOICE/

「ケバく見えそうで苦手意識があります…」(会社員・32歳)
「色自体は好きなのに、老け見えしてしまうのが悩み」(会社員・33歳)
「キツくない抜け感EYEに仕上げるには?」(秘書・26歳)

\このアイシャドウでトライ/

■エレガンス アルモニーアイズ

キレイめに色を取り入れられるよう計算された2色パレット。ブラウンとディープモーヴが溶け合うようになじみ、自然な立体感を演出。

価格
¥3,500 6

【ホップ】王道ブラウンを味方に、くの字に取り入れニュアンスだけプラス

  1. 優しい眼差しを生み出す柔らかブラウンが味方なら、キツく見えがちなパープルも怖くない!アイホールにブラウンを広げる。
  2. 目尻側くの字にパープルをふわっと重ねて程よいアクセントに。

【ステップ】部分的にふわっと。抜け感たっぷりのパープルが新鮮

  1. 慣れてきたらパープルを単色使い。老け見えを防ぐカギは、余白を多めにとること。目を伏せた瞬間ハッとするような、さりげない主張が狙い。
  2. 上まぶた目尻側の二重線をなぞるようにふんわり入れ、キワはノータッチ。

【ジャンプ】キツ見えを回避しながらインパクトを残す、下まぶた点線ライン

  1. 下まぶたを主役にした上級パープルメイクも、やっぱり抜け感が必須!上まぶたはブラウンでベーシックに仕上げる。
  2. 下まぶたのキワに点線を引くようにチョンチョンとパープルをのせて。マスカラの色もひとひねり。


初出:エレガンスのパープルシャドウはこう攻略! 段階的にトライして最旬冒険色もお手の物♪

記事を読む

「ネイビー」シャドウの3段活用

アイシャドウの“使い慣れない色”を楽しみながら攻略するコツは、段階的にトライすること!今季使ってみたいネイビーカラーを段階的に試してみて♪

\美的クラブVOICE/

「顔色が悪く見えそうでトライできずにいます」(会社員・29歳)
「オフィスでもできる取り入れ方と、アフターファイブでの切り替え方が知りたい」(会社員・31歳)
「こなれて見える使い方は?」(貿易事務・30歳)

【ホップ】締め色を、いつものブラウン→ネイビーで知的に昇華

  1. 深みのあるネイビーは、アイライナーとして活用するも良し。左下のブラウンをアイホールに入れる。
  2. 右下のネイビーをキワに細く引いてシックな印象に。正統派な雰囲気を醸しつつ、さりげない差し色でこなれ感を。

【ステップ】影が落ちる部分に取り入れれば顔色に影響なし

  1. 王道からもう一歩先へ進みたい人は、ネイビーを目尻下側のタレ目ゾーンに。元々影が落ちやすい部分だからこそ、悪目立ちせず適度な気分転換に。
  2. 上まぶたには左下のブラウンを、目頭側くの字には右上のパールをのせて抜け感を。

【ジャンプ】下まぶた使いは、あえての余白残しがこなれて見える!

  1. ちょっぴり攻めの姿勢で挑むなら、ネイビーがもつクールな空気感を生かしたメイクを。アイホールに左下のブラウン、目尻側に右上のパールを重ねて軽さを出す。
  2. 下まぶた目頭側のキワにネイビーをさっとひと筋。


初出:ボビイ ブラウンのネイビーシャドウを段階的に取り入れて知的な印象へ♪

記事を読む

いつもと違うアイメイクへ!「上級者」な塗り方

新しいメイクを取り入れると、まるで新しい自分になったように全体の印象は大きく変わるもの。“この入れ方で、そんなふうに見えるのー?”。“え、ここにこの色をー?”そんな驚きと共に、いつものメイク概念をひっくり返す鮮度の高い顔にトライ!新しいメイクで、新しい私へGO!

【上級テク1】あえての際抜きでぱっちりアイを作る

アイシャドウはキワ抜きで、ライン効果をもたらす

“ダークカラーのアイシャドウは、締め色として目のキワ側に”というルールを取り払うと、新たな発見が。アイホールにのばしつつ、あえて目のキワ2mmには入れないでおくと肌色の部分が澄んだラインのように見え、不思議と目元がぱっちり。


  1. ダークカラーのアイシャドウをアイホールにのばす。
  2. その際、目のキワから2mmには広げずに何もついていない状態をキープ。

【使用アイテム】

■SHIRO カレンデュラアイシャドウリキッド

繊細に輝くスモーキーなカーキ。深みのある発色でまぶたの立体感をアピール。

価格
¥3,500 0I01

初出:アイシャドウの締め色は“あえてキワ抜き”すると目元ぱっちり|冬の掟破りメイク

記事を読む

【上級テク2】下まぶた×キラキラシャドウで最高におしゃれ

キラキラシャドウが最もおしゃれに見えるのは、下まぶたの中央

黒目の下に、涙の滴のような輝きのアクセントがキラリ!ごく少量のワンポイントのせなら、涙袋がナチュラルに強調されて、ピュア感がありつつおしゃれな目元に。ラメシャドウは、シルバーではなく肌なじみのいいゴールドを選ぶのも浮いて見せないポイント。


  1. 少量を指の先端にとり、黒目の下にチョンとのせるだけ。
  2. 二重や奥二重、一重まぶたなど目の形を問わず誰でも似合って、時短メイクにも◎。

【使用アイテム】

■コスメデコルテ AQ アイシャドウ

大粒のパールが上質なきらめきを放つアンティークゴールド。ぴたりと密着。

価格
¥3,800 12

初出:【誰でも似合う】キラキラシャドウが最もおしゃれに見えるのは、下まぶたの中央|冬の掟破りメイク

記事を読む

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事