ヘアカラー
2022.10.13

【実例13選】パープル系ブラウンをとことん楽しむ方法

\"\"

パープルとブラウンを合わせることで大人な艶カラーになるパープルブラウン。『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

パープルブラウンってどんなヘアカラー?

パープルとブラウンをミックスしたカラー。深みがある色持ちのいいカラーです。


初出:ナチュラル美人ヘア|ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか

記事を読む

パープルブラウンが似合うタイプとは?

「ブルべ冬」タイプさんが特におすすめ

株式会社Style Works代表

三輪詩織さん

パーソナルカラー診断や骨格診断サービスを提供するサロンを、東京・大阪・名古屋に展開。芸能人や経営者をはじめ、ビジネスマン・OL・主婦・学生など幅広い層を対象に、年間2,500名以上が来訪。「今1番人気のパーソナルカラーサロン」と話題になっている。

ブルーベースで「冬」タイプのあなたには、強めのコントラストのあるカラーがおすすめ

【ヘアカラーを選ぶポイント】
「青みや赤みが強めのコントラストがあるカラーを選ぶと顔映りが良くなります。地毛の黒髪もお似合いですが、カラーを入れることでより軽やかで洗練された印象に」(三輪さん/以下「」内同)

【おすすめのカラー&トーン】
「カラーはブルーブラック、ブルージュ、パープルブラウン、バイオレットなど。トーンは5トーン以上で、冬さんは暗めが似合う方も入ればハイトーンが似合う方もいます。色味との相性によって見え方は若干変わるので美容師さんと相談してみてください」


初出:ヘアカラー診断|イエベ・ブルべ別あなたに似合う髪色はこれ!

記事を読む

シアー感カラーのおしゃれ「ショート・ショートボブ」【2選】

【1】ブラウン×パープルのエアリーヘア


【how to ベース&カラー】

  1. ショートボブのベースはグラデーションでカットし、トップと顔まわりにレイヤーを入れる。トップの長さを残すことで女性らしい丸みのあるシルエットに。
  2. 前髪はパーマをかけて眉にかかるくらいの長さにカット。幅を薄めにとり、透けバングにする。
  3. カラーは、ブラウンにパープルをミックスした8レベルのショコラベージュに。ツヤ感があり冬におすすめのシアーな色味。

【how to パーマ&スタイリング】

  1. パーマは17mmと20mmのロッドを使い、ランダムな外ハネ&カール感の表情をつくりる。顔まわりは“縦の動き”を出すために斜め巻きのスパイラルで。
  2. スタイリングは、根元を中心に7割ほどドライしたら、シアバターorソフトワックスを毛先と顔まわりに塗布。
  3. 全体に付けないことでセミドライな質感に仕上げ、バングと顔まわりのフレームラインをウェットな質感にすることでメリハリのあるスタイルが完成。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 野沢伯行さん

 

初出:ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力のショートボブ

記事を読む

【2】コクのある艶と透け感がちょうどいいショートボブ

シンプルなあごラインボブに遊びを加えているのは、ハイライトを施したツヤカラー。全体に毛束を細く取ってトーンアップ し、上からラベンダーとブラウンを混ぜたカラーをオン。光が当たったときに透けるため、髪をソフトに見せてくれる効果も。

SIDE

BACK

担当サロン:Bloc 百冨友香理さん

 

初出:コクのあるツヤを出す〝ラベンダーブラウン〟

記事を読む

ナチュラル美人が叶う「ボブ」【5選】

【1】ハイライトを入れたラベンダーブラウンで-5歳ヘア


顔周りのレイヤーによる外への毛流れと、後頭部に入れたレイヤーのふんわり感で、美人見え間違いなしのひし形シルエットに。襟足を絶妙に削ったウルフが、軽やかさを演出。

SIDE

BACK


全体にハイライトを入れてから、白髪が気になる根元は白髪染め、ほかは普通のカラーを重ねてラベンダーブラウンに。

担当サロン:WAKU(ワク) 土屋佑児さん

 

初出:頭の形がよく見えて、小顔効果も!−5歳がかなうヘアスタイル|美的GRAND

記事を読む

【2】ラベンダーカラーとハイライトで大人へア

Point

トレンドの外ハネボブ&シースルーバングを大人が取り入れるなら、前髪の横幅を少しワイドにするといいです。こめかみ部分が分かれてオデコが見えすぎると老けて見えてしまう為、眉尻と生え際の間に、前髪がくるように作るのが、ポイントです。カラーは、ハイライトをたくさん入れる事で、白髪が目立ちづらくなり、おすすめです。


【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩につく長さの外ハネボブで髪に動きを付けています。
  2. 前髪は薄めに作りシースルーぎみにして大人可愛い感じを演出。
  3. カラーは、10トーンのラベンダーブラウンに、15.6トーンのハイライトを入れたスタイルです。


【how to“スタイリング”】

  1. トップの根元を水で濡らし、ドライヤーで根元が立ち上がるように乾かします。
  2. その後、ストレートアイロンで中間からはさみ、滑らせるようにしながら毛先を外ハネにします。
  3. オイルとバームを1:1の割合で混ぜ、根元近くからしっかりとつけます。前髪は中間から毛先につけます。
  4. 最後に分け目をセンターより、ややサイドにずらして根元にハードスプレーをかけて完成です。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:大人も楽しめる人気のラベンダーカラーで白髪をなかったことに

記事を読む

【3】パープル系カラーのゆるめ外ハネボブ


【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩にぎりぎりつかないくらいの長さでカット。毛先がハネにくい長さなので、巻いても下ろしてもキマる扱いやすいレングス。
  2. 前髪は、流すようにサイドに向かって長くしていく。頬のラインが隠れるようにすると、自然な流れを演出できる。
  3. カラーは7レベルのラベンダーアッシュ。レベルは、6だと暗く、8だと明るすぎるので、7レベルがお仕事女子には程よい色味。パープル系は肌なじみがよく、ツヤがある髪に見せてくれる効果も。


【how to“スタイリング”】

  1. 26mmのアイロンで、顔周りの毛先は外ハネに。その他は内巻きにする。部分的にゆるく外巻きにすることで、自然な印象に。
  2. 前髪は、ストレートアイロンでさらっと通す程度で、少しカールがつくようにするとキレイな流れに。仕上げのオイルは、全体的に軽く手ぐしを通すくらいでつける。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

 

初出:透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に。地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

記事を読む

【4】ブラウン×紫×ロゼの抜け感ナチュラルヘア


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになる。
  2. 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにする。
  3. カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラー。


【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げる。
  2. 乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにする。
  3. ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。その後、全体になじませて毛束感を出す。スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がる。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:ナチュラル美人ヘア|ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか

記事を読む

【5】くびれボブのラベンダーブラウン


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、アゴラインのボブ。サイドとバックは重さを残し、やや前上がりにカットします。
  2. 前髪は、巻いてほお下1cmとなる長さで切り、キレイに流れるように調整します。
  3. カラーは6レベルのラベンダーブラウンをチョイス。肌なじみがよく、長い時間綺麗な色を楽しめます。特に、色落ちすると黄色くなってしまう方におすすめ。


【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで全体を外ハネに。ポイントのS字カールは、もみ上げ〜こめかみの髪を上半分は内巻き、下半分を外巻きにすることで実現。
  2. 前髪は、3パネルに分けて、内巻きにすると束感のある仕上がりに。
  3. 最後にしっとりめのオイルorバームを、中間から毛先に塗布したら完成です。

担当サロン:GARDEN ginza(ガーデンギンザ) 石原萠さん

 

初出:レイヤーなしでもナチュラルなくびれを実現!小顔も望める女っぽボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

色っぽい艶カラーの「ミディアム」【4選】

【1】ラベンダー系艶ブラウンの大人っぽミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドは平行で顔周りはやや前下がり、自然にハネる鎖骨にかかる長さでカット。ハチ部分に少しだけレイヤーを入れ、表面に軽さを出します。毛先にはレイヤーを入れず重たさを残すのが今どき。
  2. 前髪は薄めに取り、目にかかる長さにカット。こめかみに落ちる毛束はやや長めにカットし、自然にサイドに繋げる。
  3. カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ラベンダーが黄みを抑え色ヌケを防ぎ、上品な艶ブラウンを長続きさせる。

【how to“スタイリング”】

  1. パサつきが気になる人は、髪が濡れているときにツヤの出るトリートメントオイルを揉み込んでから乾かして。この段階でオイルを仕込むと髪がしっとりし、男ウケに必要なツヤ感をKEEPできる。また乾かすときは毛先を手ぐしで外ハネにするとスタイリングがよりスムーズに。
  2. 32mmのアイロンで、毛先のみ外ハネにワンカール巻きます。カールをつけすぎると子供っぽく見えるので、アイロンを滑らせる程度で軽くハネさせて。
  3. バーム系のスタイリング剤を毛先にもみ込みハネ感を整え、前髪の毛先をサイドに流せば完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:時短で今っぽい♪前髪ありの“外ハネミディ”は男ウケも狙える万能ヘア!

記事を読む

【2】ラベンダー×ブラウンの上品ミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 顔まわりに重さがでるように、耳より前を前下がりにカット。顔まわりはしっかりめにレイヤーを入れ、中間部分は重さが残るようにグラデーションに。さらに空気感がでるように部分的にチョップカットで調整。
  2. 前髪はリップラインに設定してカット。
  3. カラーは、8レベルのマロンブラウンに染める。ラベンダーとブラウンをミックスした暖色系でツヤ感があるカラー。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは20、23、26mmのロッドを使い、毛先を2回転半巻く。前髪は太めの26mmで。パーマの種類は、デジタルパーマでも、コールドパーマでもOK。
  2. スタイルングは、前髪以外はハーフウェットの状態で、シアバターとオイルを手の平で混ぜてから全体的に揉み込むように塗布。前髪は、完全にドライしてから中間から毛先にスタイリング剤を。保湿力があり、ツヤ感とウェットな仕上がりになるスタイリング剤を選んで。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ) 新谷千絢さん

 

初出:洗練&可愛いを両立したセミディヘア!レイヤー&パーマで程よいボリュームを

記事を読む

【3】深みのある艶感カラーのフェミニンミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸上の緩やかな前上がりベース。毛先に軽くレイヤーを入れる。前上がりのカットラインは、後ろから毛束を持ってきたとき胸上で重たくならず程良い厚みに。毛束の先が細くなるスライドカットで、束感を作りながら全体の毛量を調整。こめかみからトップにも軽くレイヤーを入れ、トップがボテっとならないよう後頭部に向かう毛流れを作る。
  2. 前髪は目の下、サイドは流れるようにカット。
  3. カラーは8トーンのラベンダーとショコラブラウンのMIX。赤みを抑えた深みのある艶で、軽やかな透明感を演出。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき、トップは後ろに流すように乾かして。前に流すとトップがボテっと重たくなるので注意。
  2. まず両黒目の間に落ちる前髪を22~26mmのカーラーで巻く。さらにサイドの前髪も同じくカーラーで巻いて。裾は毛先を中心に32mmのアイロンで内巻きワンカール。表面のみところどころ、巻いたすぐ上に毛束を外平巻きし“Sの字”を作ります。巻いてすぐにカールをほぐすと柔らかな髪質に見えて◎。
  3. 前髪のカーラーを外し、毛先をサイドに流す。
  4. パサつきを抑えつつ繊細な束感が出やすいオーガニック系のオイルを馴染ませれば完成。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:硬い髪を柔らか印象に!“ふわっと毛束”ヘアなら優しげフェミニンに

記事を読む

【4】バイオレット×ブラウンのNEOウルフ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 前髪は目にかからない長さで直線的にカットし、隙間を作りやすいよう毛量調整。裾はバックからサイドにかけて鎖骨丈でカット。
  2. 動きを出しやすくするようトップや表面に軽くレイヤーを入れ、さらに顔周りに大胆にレイヤーを入れる。特にもみあげからこめかみに落ちる毛束は、引き出しながら高い位置からレイヤーを。
  3. 裾にはレイヤーを入れずカットラインを残しているので、軽くならず重たい印象に。顔周りだけしっかりレイヤーを入れているのがNEOウルフ。
  4. カラーは9トーンのオレンジショコラブラウン。黄みを抑えるバイオレットがMIXされ、ツヤのある明るめブラウンに仕上がる。

【how to“スタイリング”】

  1. レイヤーは毛束を前に引き出して乾かすと髪が丸く膨れ、頭でっかちな印象に。必ずドライヤーを前からあて、毛束が後ろに流れるように乾かすのがポイント。またかき上げながら乾かすとトップが適度にふんわりして◎。
  2. 32mmのアイロンで裾を外ハネに。その後耳上に落ちるレイヤーの毛束を内巻きワンカール、さらにトップのレイヤー部分を外巻きワンカールに。裾はしっかりハネさせつつ、耳上とトップのカールはクセ付け程度でOK。
  3. もともとクセやうねりがある人はあえて巻かなくても大丈夫。束感やツヤの出るオイルを手のひらに少量のばし、巻いたカールをほぐすようになじませる。もみあげ前のこめかみに落ちる毛束を残してふわっと耳掛けすれば完成。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 大沼圭吾さん

 

初出:お帰りレイヤー! 顔周り軽め×裾重ための“NEOウルフ”セミディが今旬カッコいい

記事を読む

深みや透明感のパープルブラウン「ロング」【2選】

【1】深みカラー「パープルグロスブラウン」のロング


【how to“カラー&スタイル”】

  1. ブラウンに、寒色のアッシュと赤みのあるバイオレットを3:1の割合で混ぜてワンカラー。
  2. アッシュの透明感とバイオレット のこっくりしたツヤ感を兼ね備えたカラーは、洗練された印象。
  3. サイドパートのゆるっとしたロングを、都会的にクラスアップ。


担当サロン:Sui(スイ) 坂口勝俊さん

 

初出:明るくも深みのある〝パープルグロスブラウン〟

記事を読む

【2】透明感の出る秋色ラベンダーブラウン


【how to“ベース&カラー”】

  1. ストレートがきれいなので、頬から下に動きが出るようなカット。
  2. 前髪はサイドにきれいにつながっていくワイドのシースルーバング。おでこをしっかり隠せるので、でこ広でお悩みの方におすすめ。
  3. カラーは、ブリーチなしで濃いめのラベンダーを入れてます。色落ちがまろやかなブラウンになるので色落ちを綺麗にしたい方は絶対おすすめ!ラベンダーで透明感のあるうるツヤ透明感カラーに。


【how to“スタイリング”】

  1. 頬下からカールが来るように設定。38mmのコテで緩めに全体をワンカール。
  2. 内巻きにして、最後に軽く全体をほぐす。
  3. トップのストレートとボトムのカールが絶妙なバランスのシルエットがきれいなスタイルが完成。

担当サロン:Louwe 渋谷(ローウェ) reinaさん

 

初出:お肌の透明感がアップする!秋におすすめの「ラベンダーカラー」

記事を読む

色落ちを防ぐケア方法【4つ】

kakimoto arms SHINJUKU トップカラーリスト

安岡 勲さん


【1】夜はしっかり保湿してカラー落ちをガード

濡れた髪にきちんと栄養を入れて乾かし、オイルでコーティングしておくケアを夜に行っておくと、寝ている間の摩擦から髪が保護でき、色もちにつながります。

【2】シャワーのお湯は38~40℃。洗髪後は放置せずすぐに乾かす

お湯が熱すぎると色落ちが速まるだけでなく、頭皮にも負担がかかります。濡れた髪はキューティクルが開き色素流出の要因にもなるため、即ドライが肝心。

【3】紫外線ケアは必須!退色スピードが変わる

例えば衣類でも直射日光に当たると色褪せするように、ヘアカラーも退色します。また、髪が乾燥して色落ちが速まるためUVケアは必須。肌と同じように毎日予防を。

【4】カラー直後2週間は専用アイテムで色素の流出を食い止める

カラー当日は洗わないこと! 染まっているように見えても、髪内部の結合が終わっていないためです。その後2週間はカラー用アイテムを使うと、退色スピードが緩やかに。

 

初出:ヘアカラーを長持ちさせるコツとは?40代からの髪色は白髪を生かしておしゃれ見せ♪【美的GRAND】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事