食・レシピ
2020.11.21

ビタミンAを含む果物を使ったレシピ6選と化粧水まとめ

\"\"

免疫力アップの効果や抗酸化作用が高く美容効果抜群のビタミンA。今回はビタミンAを含む果物を使ったレシピや化粧水をご紹介します。来る冬・風邪などを引かないようにするために免疫力アップで備えましょう。

ビタミンAの効果

抗酸化作用が高く、粘膜を強くし免疫力を高めたり、眼精疲労や皮膚・髪を丈夫にするなどその美容効果は抜群。

ビタミンAを含む果物を使ったレシピ6選

【1】柿とパクチー、大根のサラダ

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」」といわれるほど栄養価が高い柿。皮膚を強くしたり、シミやくすみを改善するだけでなく、免疫力を高めて風邪などのウイルスを防ぐ働きのあるビタミンCはみかん約2個分、一日の必要量をまかなえるほど。粘膜を強くし、免疫機能を高めるビタミンAも豊富。またβ-クリプトキサチンという成分を含み、ビタミンCとの相乗効果でガン予防にもパワーを発揮。たっぷりの食物繊維で老廃物の排出をサポートしたり、アルコールを分解するタンニンや、利尿効果を助けるカリウムが豊富で、二日酔い回復や高血圧の予防にも効果が。柿を普通に食べるのに飽きたらぜひ、サラダにも挑戦を! 今回のサラダはデトックス&アンチエイジング効果に優れた香味野菜・パクチーとの組み合わせ。柿の程よい甘さと、パクチーの独特の風味、ヨーグルトの酸味が効いた爽やかなドレッシングがマッチして、フレッシュな美味しさが楽しめます。

【材料】
柿…1個
パクチー…1/2束~1束
大根…4~5cm
プレーンヨーグルト…大さじ2
マヨネーズ…大さじ2
レモン汁…大さじ2
黒こしょう…適宜

【作り方】
(1)柿の皮をむき、食べやすい大きさにカットする。種がある場合は種のある部分は取り除く。
(2)大根は皮をむき、粗めの千切りにし、柿と一緒にボウルに入れる。
(3)パクチーは洗ってから、3~4cmの食べやすい大きさにカット。
(4)ドレッシングを作る。小さ目のボウルか深さのあるお皿にヨーグルト、マヨネーズ、レモン汁、黒こしょうを入れ、スプーンで均一になるように混ぜる。
(5)2のボウルにパクチーと4のドレッシングを加え、ざっくりとあえる。
(6) 味見して適宜調味料を足し、お皿に盛る。

 

初出:美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #12「柿とパクチー、大根のサラダ」

記事を読む

【2】柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ

今が旬の柿をサラダに。ビタミンCが豊富でシミやくすみを改善する効果があるうえ、免疫力を高めて風邪などのウイルスを防ぐ働きも。ビタミンAもたっぷりで、粘膜を強くし、免疫機能を高める機能もバッチリ。またβ-クリプトキサチンという成分を含み、ビタミンCとの相乗効果でガン予防にもパワーを発揮するのだとか。忘年会などでお酒を飲む機会が増えるこの時期、二日酔い回復にもひと役買ってくれます。残業が続いて忘年会で暴飲暴食、風邪も猛威を振るう季節。パワフルな柿にクレソンを組み合わせ、抗酸化効果をアクティブに狙ったお手軽サラダでパワーチャージをぜひ!

【材料 作りやすい分量】
柿…1/2個
クレソン…1わ
モッツァレラチーズ…1/2個(またはチェリーモッツァレラ 5~6個)
オリーブオイル…大さじ1
白ワインビネガー…大さじ1
塩こしょう…適宜

【作り方】
(1)柿は半分にカットし、皮をむきへたを取り除き、食べやすい大きさにカット。
(2)クレソンは葉~茎を3㎝幅くらいにカット。
(3)ボウルに柿とクレソンを入れ、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩こしょうで味を調える
(4)皿に盛りながら、モッツァレラチーズをトッピング。

 

初出:冬の美肌&体調管理に柿!「柿とクレソン、モッツァレラチーズのサラダ」Today’s SALAD #65

記事を読む

【3】しゃっきりパプリカとキウイの黄色いドレッシング

ビタミンC+A+Eの抗酸化パワーも美白の秘訣! 美白対策はインナーケアからが正解。旬のパプリカ、キウイ、トマトのビタミンC&A豊富な野菜と、抗酸化作用のあるカレー粉で。スパイシーで食欲も進む! 黄色い夏野菜を使った《ベジドレ》レシピ。

【材料 作りやすい分量】
黄パプリカ…1/2個
ミニトマト(黄色)…5個
キウイ…1個
玉ねぎ…1/8個
[A]…カレーパウダー(小さじ2)、塩(小さじ1)、レモン汁(1/2個分)、オリーブオイル(大さじ3)

【作り方】
野菜、フルーツはすべてみじん切りにしてボウルに入れ、[A]とよく混ぜ合わせる。

 

初出:美白対策はインナーケアから! 黄色い夏野菜を使った“ベジドレ”レシピでキレイをチャージ!

記事を読む

【4】キウイの白みそ和え

みそと合わせて腸内を活性化。 甘ずっぱさとコク、スパイシー感が絶妙。作り置くと水分が出るので食べる直前に和えて。

【材料 1人分】
グリーンキウイ…1個
白みそ…小さじ2
メープルシロップ(またははちみつ)…小さじ1
黒粒こしょう…小さじ1/2

【作り方】
(1)キウイは皮をむき、大きめの乱切りにする。
(2)ボウルに白みそとメープルシロップを入れて練り混ぜ、(1)、粗くつぶした黒粒こしょうを加えて和える。

【5】2色のキウイとフェタチーズ

キウイの皮の食物繊維とはちみつのオリゴ糖で腸活。甘じょっぱさにハマる。

【材料 1人分】
グリーンキウイ…1/2個
ゴールドキウイ…1/2個
[A]…フェタチーズ(塩抜き不要のもの)…30g、青じそ…1枚(手でちぎる)、はちみつ…大さじ1

【作り方】
(1)グリーンキウイはスポンジで皮をこすり洗いしてうぶ毛を取り、皮ごとくし切りにする。ゴールドキウイは皮がかたいのでむき、くし切りにする。
(2)(1)とAを和える。

【6】キウイの塩らっきょうサラダ

キウイ+n-3系オイルで免疫力アップ&風邪予防に。たくあんやべったら漬けを合わせても。

【材料 1人分】
グリーンキウイ…1個
塩らっきょう…2~3粒
ピンクぺッパー…適量
えごま油(または亜麻仁油など)…小さじ1

【作り方】
(1)キウイは皮をむいて薄切りにし、器に並べる。
(2)(1)に、粗みじん切りにした塩らっきょう、ピンクペッパーを散らし、えごま油を回しかける。

 

初出:旬をまるごと! 家呑みごはん #7|美肌・美腸・風邪予防に不可欠な美フルーツ『キウイフルーツ』

記事を読む

ビタミンA配合の化粧水

ビタミンAの1つレチノール

皮膚科医

友利 新先生

都内2か所のクリニックに勤務。美容知識の豊富さと、わかりやすい解説で、TVや雑誌、講演会などで幅広く活躍中
関連記事をcheck ▶︎

有効成分として承認されているレチノールは「ビタミンA」の一つ。表皮のターンオーバーを促してくれるので、シミの予防になる。また、真皮でコラーゲンやエラスチンの効果を高めてくれるので、ハリやたるみ、シワの予防になる。厚生労働省ではシワやたるみの改善になるということで認められている成分の一つです。

レチノールの種類

  1. ビタミンA誘導体(レチノール誘導体)=守りのビタミンA
  2. レチノイン酸=攻めのビタミンA

 

 

初出:動画で医師に学ぼう!シワ・たるみの悩みには、「レチノール」を味方に!友利新先生の“化粧品成分”早耳NEWS!#11

記事を読む

Quanis(クオニス)ローション

角層内に存在し、潤いを引き寄せてキープする働きをもつ“NMF”に着目。加水分解シルクが肌にNMFを与えると同時に、グリセリルグルコシドがNMFの産生をサポート。潤いケアのみならず、シワやたるみの肌悩みにアプローチするレチノール&ペプチドもブレンド。

価格容量発売日
¥4,200150ml2020-11-25
ローションの詳細はこちら

サナ なめらか本舗 リンクル化粧水 N

イソフラボン含有の豆乳発酵液に加えて、保湿成分のピュアレチノールを配合してパワーアップ。

価格容量発売日
¥1,000200ml2019-08-06
なめらか本舗 リンクル化粧水 Nの詳細はこちら

※価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事