食・レシピ
2020.1.22

ピスタチオには栄養がたっぷり!美容効果も♪おいしく食べれるレシピをご紹介

小さい一粒に栄養がたっぷりと詰まった「ピスタチオ」。女性に嬉しい美容効果も期待できちゃうんです♪そんな「ピスタチオ」を使ったおいしいレシピもご紹介!美と健康のためにも毎日の食卓に積極的に取り入れていきたいですね。

【目次】
気になる「ピスタチオ」の効能とは?
ただ食べるだけじゃもったいない!上手な食べ方・レシピご紹介

気になる「ピスタチオ」の効能とは?

お酒のおつまみとしてもおなじみのナッツのひとつ、ピスタチオ。固い殻をむきながらナッツそのものを楽しむ場合も多いですが、近年はアイスクリームやケーキなどペーストやクリームに混ぜたものをスイーツでもよく見かけますよね。ピスタチオは食物繊維豊富、さらにはビタミンB1 や、カリウムをはじめとしたミネラルを多く含むのが特徴です。

ただ食べるだけじゃもったいない!上手な食べ方・レシピご紹介

「イチジクとブルーチーズ」

「イチジクとブルーチーズ」

【材料&作り方】
(1)ライ麦入り食パン1枚をトーストする。「味のベース」はちみつ発酵バター大さじ2を塗り、6等分に切る。
(2)イチジク1個を皮ごと6等分のくし形切りにしてのせ、小さく切ったブルーチーズ10g、刻んだピスタチオ5粒を全体に散らす。

たっぷりフルーツでビタミン補給! スイーツ系オープンサンドレシピ

「キャロットジンジャースープ」

「キャロットジンジャースープ」

【材料(3人分)】
にんじん…1本
玉ねぎ…1/2個
しょうが…10g
オリーブオイル…適量
野菜ブロス…600ml
ローリエ…1枚
クミンパウダー…適量
塩・こしょう…適量
ピスタチオ・ルッコラ(トッピング)

【作り方】
(1)にんじん・玉ねぎはスライスする。しょうがはせん切りにする。
(2)鍋にオリーブオイルを入れて玉ねぎから炒め、塩少量を振って甘みを引き出す。しょうがとにんじんを加え炒める。野菜ブロス、ローリエ、クミンパウダーを加えて約25分煮る。
(3)ローリエを除き、ピューレにする。 塩・こしょうで味を調える。

血行も代謝もUP! 温まる飲み物レシピ<おなかとお尻が冷たいぽっちゃり体型タイプ>

「ブーケサラダ with イチゴドレッシング」

「ブーケサラダ with イチゴドレッシング」

【材料(2人分)】
ルッコラ…8本
三つ葉…8本
ホワイトセロリ…8本
フリルレタス…2枚
ディル…4本
シブレット(またはあさつき)…適量
イチゴドレッシング…大さじ4
ピスタチオ…好みで

【作り方】
(1)葉もの野菜やハーブをブーケのようにまとめ、シブレットで束ねる。
(2)(1)を器に盛り、スプーンを使ってドレッシングを添える。好みで粗みじんにしたピスタチオを散らす。

葉もの野菜を花束風にしたおしゃれレシピ!ブーケサラダ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事