ヘアアレンジ・髪型
2020.11.18

【簡単20連発】自分でできる、ヘアアレンジのやり方【長さ別】

\"\"

不器用さんでも自分で簡単にできるヘアアレンジのやり方をロング・ミディアム・ボブの長さ別にご紹介。動画を見ながら今すぐ真似できちゃうアレンジ法がたくさん!

「ロング」さんが自分でできる簡単アレンジ【5選】

【1】<ハーフアップ>くるりんぱを取り入れることで簡単に立体的に

エレガント&小顔な印象を呼び込むAラインハーフアップ。毛先に向かって広がるAラインスタイルには、顔をひと回り小さく演出する効果があります。ねじりを加えてハーフアップを立体的に作りスタイルにメリハリをつけると、小顔効果がアップ。

Point

毛束を結び目の奥へ入れて「くるりんぱ」をして。次に、両側の耳上から毛束を取り、くるりんぱをした毛束の下でハーフアップにする。ふたつの毛束を合わせたら再びくるりんぱをし、最後にバレッタをつける。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
6:4の割合で分け目をとったら、顔まわりの毛束をねじる。

【STEP2】
ゴムで結んでハーフアップにする。

【STEP3】
毛束を結び目の奥へ入れ込みくるりんぱをし、毛束をしごく。

【STEP4】
両側の耳上の毛束を結び目より低い位置でゴムで結び、ハーフアップに。

【STEP5】
ふたつの毛束をまとめて、くるりんぱする。

【STEP6】
ゴムをバレッタで隠して完成!

【SIDE】

【BACK】


初出:梅雨のヘアアレンジ~小顔効果も抜群のAラインハーフアップ~

記事を読む

【2】<ポニーテール>あえてボサボサにしてふわふわ感を出す

あえて適当っぽく!自由奔放なゆるぼさがカギ。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
手ぐしで高めの位置に髪を集める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP2】
前髪を左右一束ずつ出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP3】
トップとサイドの髪を引き出して立体感を出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP4】
ゴムで強めに結ぶ。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP5】
縦に結び目を引っ張って結び目を締める。結び目が隠れるように、毛先を巻き付けてピンで留める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【BACK】

【SIDE】


初出:冬ポニーテール<ロング>

記事を読む

【3】<くるりんぱ>凝った編み込みみたいに見える上級者風アレンジ

バックを器用に編み込んだみたいな上級者見えアレンジ!

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
前髪を上げたら、両端の毛束を少し引き出します。ちょこっと前髪を残した方が、正面から見たときにおしゃれっぽく。

【STEP2】
アップにした前髪をゴムでひとつに結んだら、ゴムを少し下にずらして輪っかを作り、毛先をその中に入れ込みます。

【STEP3】
くるりんぱした毛束をふたつに分けたら、ゴムを押し上げるような感覚で左右にギュッと引っ張る。

【STEP4】
結び目に毛束をぐるっと巻きつけゴムを隠し、ピンで固定します。ピンは外から見えないようになるべく奥に挿し込んで。

【STEP5】
次は耳上の髪をまとめて2段目のくるりんぱをし、同じくゴムは隠します。毛束を適度に引き出してラフさを出して。

【BACK】

【SIDE】

【4】<三つ編み>ねじりを組み合わせた複雑だけど実は簡単アレンジ

作り込んだように見せないリラックス感を纏って。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
トップを中心に表面に逆毛を立てます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_02

【STEP2】
前髪を残して、耳上の髪を逆サイドまでねじってピンで留めます。上からさして、寝かして、ねじった髪の中に差し込む。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_03

【STEP3】
トップにボリュームつけます。反対側の髪もねじって留めます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_05

【STEP4】
右側の残った髪を逆サイドにねじって留めます。うなじの後れ毛を引き出します。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_06

【STEP5】
毛先まで三つ編みをし、ところどころつまみ出して3つ編みをほぐします。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_07

【STEP6】
毛先から細く毛束を取って巻きつけます。ピンを上から挿して固定します。前髪をもんで表面の毛束をつまみ出します。ねじった部分も髪引き出してゆるさを出します。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_09

\完成/

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a4_10

【BACK】

【SIDE】


初出:アンニュイ三つ編み<ロング>

記事を読む

【5】<サイド寄せ>ドレスアップにもぴったりなダウンアレンジ

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
手ぐしでざっくり9:1に分ける。

【STEP2】
少ないサイドの髪を1回外側にねじり、ピンで留める。

【STEP3】
コームを留めたい位置の5cm前からすっと差し込む。

【STEP4】
手ぐしで下から上に逆毛を立ててボリューム感を出す。

【STEP5】
顔周りのボリュームを整える。


初出:こなれドレスヘア「ざっくり片寄せヘア」

記事を読む

「ミディアム」さんが自分でできる簡単アレンジ【5選】

【1】<ハーフアップ>うねるクセもそのままこなれ感をアップさせてくれる

毛先のうねりが定番ハーフアップを華やかに格上げ!上品な仕上がりが人気のハーフアップだけれど、ストレートヘアのままでは動きが少なく、地味になりがち。うねりを生かせば、こなれ感が生まれます。

Point

根元中心にライトワックスをつけた後、両側のこめかみから毛束を取り、上方向へ同時にねじりながら中央へ集めてバレッタで留める。ねじった毛束を軽くほぐし、最後に同じワックスを毛先へもみ込み、動きを出す。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
根元中心にライトワックスをもみこむ。

【STEP2】
両側のこめかみから毛束をとり、同時に上方向へねじる。

【STEP3】
ねじった毛束をバレッタで留め、ハーフアップに。

【STEP4】
トップの毛束を指でつまみ出し、軽くほぐす。ソフトワックスを毛先側へもみ込み、動きを出す。

【SIDE】

【BACK】


初出:梅雨にこそ挑戦!湿気によるうねりを生かしたハーフアップでこなれ感アップ!~ミディアムヘア~

記事を読む

【2】<ポニーテール>最初にワックスをもみ込むだけでふわっとかわいくなる

「起き抜けのまとめ髪」みたいな無防備さを演出。

\動画で詳しくやり方をCHECK/

\How to/

【STEP1】
ワックスを髪全体につけてふわふわベースを作る。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP2】
後頭部で髪をひとつにまとめる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP3】
前髪・耳横・トップの髪の毛を引っ張り出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP4】
後頭部の高い位置にポニーテールを作る。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP5】
結び目を上下にひっぱる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP6】
結び目が隠れるように、毛先を巻き付けてピンで留める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP7】
逆毛を立ててポニーテルを崩す。ふわっとしたフォルムに。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【SIDE】

【BACK】


初出:冬ポニーテール<ミディアム>

記事を読む

【3】<くるりんぱ>ほどよい脱力感がかわいいお手軽アレンジ

オフィスでの好感度も狙える、知的おしゃれないいとこどりスタイル。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
ワックスを手のひらになじませてトップを揉んでボリュームを出す。

【STEP2】
前髪を上げて両端の毛束を引き出す。

【STEP3】
ゴムを下にずらしながらくるりんぱをして毛束を左右に引っ張り結び目を締める。

【STEP4】
前髪をゴムでしばり、耳上の髪をまとめてもう一度くるりんぱにする。毛束をゴムに巻き付けてピンで留める。

【STEP5】
ランダムにつまみ出して立体感を出す。

【STEP6】
残りの髪をひとつにまとめてゴムで結ぶ。

【STEP7】
毛束をゴムに巻き付けてピンで留める。

【STEP8】
ランダムにつまみ出して立体感をだす。

【STEP9】
前髪と耳上の髪を少し引き出して揉む。

【SIDE】

【BACK】


初出:連続くるりんぱ<ミディアム>

記事を読む

【4】<三つ編み>アンニュイな雰囲気が簡単に作れるリラクシーアレンジ

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_09

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
トップを中心にブラシで表面に逆毛を立てます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_01

【STEP2】
耳上の毛束を高等部までねじってピンで留めます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_03

【STEP3】
反対側もおなじようにねじってピンで留め、トップをつまみ出してボリュームをつけます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_04

【STEP4】
1段下の毛束も後ろまでねじってピンで留めます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_05

【STEP5】
残った髪はうなじまで編み込んで、そこから3つ編みをします。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_06

【STEP6】
ゴムをしたにずらしながら先端を結びます。ところどこと毛束を引き出してほぐし、前髪は揉んで動きをつけます。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_07

\完成/

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a42_08

【5】<サイド寄せ>アシンメトリーな大胆分けでトップのぺたんこも解消

左右の毛量をアンバランスにするだけで、髪のうねりやハネがニュアンスに。トップに高さが出るので、髪がつぶれやすい人にもおすすめです。

Point

6:4の割合で分け目をとったら、毛量が少ない方のこめかみの毛束を上下にふたつに分け、それぞれをねじってピンで留める。ソフトワックスをなじませた手のひらで前髪を斜めに流した後、毛先にも手ぐしを通して毛束感をつけるのがコツ。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
6:4の割合で分け目をとる。

【STEP2】
分け目にドライヤーの温風をあて、ふんわりくせづけ。

【STEP3】
毛量が少ない方のこめかみの毛束をねじり、ピンで留める。

【STEP4】
耳上の毛束も同様にねじり、ピンで留める。

【STEP5】
ワックスをなじませた手のひらで、前髪を斜めに流す。

【STEP6】
手のひらに残ったワックスを毛先になじませて完成。

【SIDE】


初出:くせやうねりが気になるこの時季おすすめのヘアアレンジ!~動画つき~

記事を読む

「ボブ」さんが自分でできる簡単アレンジ【5選】

【1】<ハーフアップ>広がりやすい髪もボリュームとして活かせるアレンジ

ボリュームを味方にトップに高さを出した華やかハーフアップ。湿気を含んで広がりやすくなった髪をボリュームとして利用し、華のあるアレンジに。ハーフアップにすれば、膨張しやすいハチ上もスマートに抑えられ、頭が小さく見えます。

Point

まずは、コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れをメーク。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
まずは、コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。

【STEP2】
その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れをメーク。

【SIDE】

【BACK】

初出:湿気で広がりやすくなった髪をボリュームとして利用!梅雨のおすすめヘアアレンジ

記事を読む

【2】<ハーフアップ>くせ毛でも大丈夫なウェット質感がポイント

ウエットな質感の重みで、くせをスタイリッシュに制す!ぬれたように艶めくスタイリング剤を全体になじませた後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、毛束をねじって下からアメピンを挿して固定。バレッタもつけて補強を。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
ウェットな質感のスタイリング剤を髪全体によくなじませる。

【STEP2】
顔まわりの毛束を残して、ハーフアップにする。

【STEP3】
ハーフアップにした毛束を約2回転、タイトにねじる。斜め下からアメピンをさして留める。

【STEP4】
仕上げにバレッタもつけて、きちんと固定。


初出:簡単×最旬「梅雨アレンジ」で雨の日もハッピーに♪~動画つきヘアアレンジ~

記事を読む

【3】<ポニーテール>2段階でまとめれば短い髪でもすっきり崩れにくく

パーツ別にさりげなく押さえ込めば、おしゃれ&くずれない!手が込んで見えるけれど、ハーフアップにねじりテクを組み合わせ、毛先を結んだだけ。パーツ別に押さえているから、もちがいいのも特徴。爽やかで女性らしく、雨の日デートにもぴったり。

Point

こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップにした後、耳上の毛束をそれぞれねじり、結び目付近でアメピンを挿して留める。マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、全体をゴムで1本に結ぶ。仕上げに、トップを指で軽くつまんでほぐして。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
トップの髪をまとめてゴムで結び、ハーフアップにする。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【STEP2】
耳上の毛束をねじり、ハーフアップの結び目の近くでアメピンを挿して固定。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【STEP3】
反対側も同様に行い、ハーフアップ風にします。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【STEP4】
マジェステをつけて、結び目とアメピンを隠します。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【STEP5】
髪全体をまとめ、低い位置でゴムで結びます。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【STEP6】
トップや後頭部から指で毛束を軽くつまみ、ほぐします。襟足に後れ毛を作っても可愛く仕上がります。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【SIDE】

【BACK】


初出:ハーフアップにちょこっとテクで女性らしさがぐっとアップ♪梅雨ヘアアレンジ~ボブ~

記事を読む

【4】<ポニーテール>逆毛を立てるだけで仕上がりが全然ちがう

逆毛を立ててふんわりさせ、髪のゴワつきをカムフラ!まずは、ブラシを使って全体的に逆毛を立て、髪を柔らかく演出。その後、サイド表面の毛束を3本ねじる。反対側も同様にねじったら、全体をひとつにまとめてゴムで結ぶ。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
ブラシを使い、髪全体に逆毛を立てる。

【STEP2】
サイドから毛束を3~4本とり、それぞれねじる。反対側も同様にねじる。

【STEP3】
全体をざくりまとめ、ゴムで結べば完成。


初出:簡単×最旬「梅雨アレンジ」で雨の日もハッピーに♪~動画つきヘアアレンジ~

記事を読む

【5】<ねじりアレンジ>編まないので不器用さんでも簡単にできる

うねりや広がりがリラックス感を誘う上品カジュアルヘア。うねりが最も目立ちやすいのは、前髪や顔周りの毛束。そこをアレンジで黙らせつつハチの広がりを抑えれば、ほかはラフな動きとして見えるように。編まないから、初心者でも簡単にできます。

Point

こめかみから上の毛束をふたつに分け、2本を交差させていく。反対側も同様に交差させたら、クリップを使ってセンターでまとめる。ストレートアイロンを斜めに入れて顔周りの毛束を1回転巻いた後、やや固めのワックスを毛先へもみ込む。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
片側のこめかみの毛束を2つに分け、2本を絡み合わせる。

【STEP2】
反対側も同様に行い、ヘアクリップで留めてハーフアップに。

【STEP3】
ストレートアイロンを斜めに入れ、顔まわりの毛束を1回転巻く。

【STEP4】
反対側も同様に。やや固めのヘアワックスを毛先側へもみ込んで仕上げる。


初出:【動画つき】ヘアアレンジ初心者にも◎ 上品カジュアルヘア

記事を読む

手軽な「お団子ヘア」でかわいくアップアレンジ【5選】

【1】ざっくりまとめるだけの低めお団子の作り方

こなれ感とかわいさが両立する、コロンとしたミニマムシニヨン。実はピンを使わない方法もあるんです。忙しい朝にも手早く可愛くなれる、ゴムだけでできるお団子ヘアのアレンジ方法です。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
前髪やサイドを少しだけ残し、残りの髪をひとつにまとめます。ブラシは使わずに手ぐしてザクッとするのがこなれ感を出すポイント。結ぶ位置は低めに。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【STEP2】
ゴムを髪に引っかけ、輪っか結びをする途中でストップ。毛束を全部ゴムに通し切らないで!毛先を輪の上に折り返したら、それごとゴムで縛ります。お団子がふたつあるような感じになっていればOK。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【STEP3】
余った毛先をゴムに挟み込んで完成。ピンを使わないで済むだけでなく、毛先が収まることで手の込んだヘアアレンジに見えます。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【BACK】

【SIDE】


初出:ざっくりお団子<ロング>

記事を読む

【2】毛先をゴムの間に入れ込むだけの簡単お団子

「結びっ放し」をやめるだけでおしゃれ度急上昇。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
手のひらを髪の毛の内側に差し込み、空気をいれる。

2

【STEP2】
前髪をセンター分けにし、サイドの後れ毛を残してまとめる。

3

【STEP3】
まとめた部分を押さえ、後頭部とトップの毛束を引き出す。

5

【STEP4】
お団子を作り、残った毛束を結び目に巻きつけ毛先をゴムに挟む。

6

【STEP5】
お団子を押さえながら毛束を引き出してほぐす。

7

【STEP6】
前髪と後れ毛を揉みながら前に出す。

8

【STEP7】
サイドに指先で毛束を作り散らす。

9

【BACK】

【SIDE】


初出:ざっくりお団子<ミディアム>

記事を読む

【3】クリップを使えば簡単におしゃれ度アップ

ねじって留めただけのシンプルテクもアクセ効果でクラスアップ。ひとつ結びをぐるっとねじって留めた、リラックス感たっぷりのおうちアレンジも、トレンドアクセがあればたちまち気の利いた印象に! 誰でもできるスタンダードな形だからこそ、アクセで差をつけるのが大人女子のテク。

Point

前髪と耳前の後れ毛を残し、後頭部の中央辺りを手ぐしでざっくりしたひとつ結びに。結び目のゴムは毛束の一部で隠して留め、毛束は根元近くをぐるりと丸めてクリップで挟む。毛先はまとまりすぎないように散らして。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
ベース巻きをする。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。その後、リバース、フォワードと交互に繰り返して巻く。

2020-08-18_1

【STEP2】
カールをほぐしながら全体にワックスを行き渡らせる。すべてを巻き終えたら手ぐしでほぐす。ワックスを手にのび広げ、下から手を入れ髪になじませる。

2020-08-18_6

\ワックスはこれくらい/

2020-08-18_5

【STEP3】
手ぐしで後ろで一つにまとめる。

2020-08-18-21-06-11_1

【STEP4】
結び目を押さえながら、髪をところどころつまみだす。毛束の一部をゴムに巻きつけ、ピンで固定する。

2020-08-18-21-06-11_2

2020-08-18-21-06-11_3

【STEP5】
毛束をくるりとまとめ、毛先は残したまま3角クリップでとめる。

2020-08-18-21-06-11_4

【STEP6】
スプレーを手につけ、前髪を分けて整えて完成。

2020-08-18-21-06-11_5

初出:3角クリップでこなれトレンドヘアアレンジ【ミディアム編】

記事を読む

【4】キラキラコームでカジュアルアレンジをクラスアップ

カジュアルなアップお団子をドレッシーな印象にチェンジ。ビジューやラインストーンのついたコームは一見派手だけど、頭の形に沿うようにつくので溶け込みやすく、髪表面から見える部分は意外と小さいからトライしやすい。顔周りをタイトにしたアレンジの、女性らしいアクセントに最適。

Point

髪全部をアップにした、タイトなお団子アレンジ。フレッシュでアクティブに見えがちだからこそ、キラキラコームでエレガントなエッセンスをIN。大人にハマる爽やかさに見違えるはず!全体の髪を高い位置でひとつに結ぶ。結んだ毛束は丸めてお団子にし、ピンで固定。下からかきあげるように、サイドにコームを飾る。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
ベース巻きをする。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。巻いた部分の毛束を外し、毛先を巻き直す。

【STEP2】
その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返して巻く。全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

【STEP3】
ソフトワックスをよく手に広げて、下から手を入れてなじませる。カールをほぐしながら、全体にワックスをいき渡らせてベース巻きは出来上がり。

【STEP4】
やや上を向きながら、手ぐしでタイトに整えながら髪を高い位置に集め、高い位置でゴムで結ぶ。キュッとしごく。

【STEP5】
落ちてる前髪はオールバックに整えピンで固定。

【STEP6】
毛束をねじりながら、くるっと丸めてお団子にしピンで固定。お団子の髪をところどころつまみ出す。

【STEP7】
右サイドの下から上へコームを押し込んで出来上がり。


初出:さりげなく女性らしさをアップ? キラキラコームを使ったすっきりアレンジ【Long編】

記事を読む

【5】3ステップで完結する時短アレンジ

うねり髪はあえてラフに束ねてふわくしゅヘアへ。

\動画で詳しくやり方をCHECK/

\How to/

【STEP1】
低い位置で全体をまとめ、毛束を折ってゴムでくくります。

【STEP2】
毛先を結び目に巻きつけたら、ゴムへ入れ込んで溜めます。

【STEP3】
あとは結び目の近くにパールピンをつけるだけ。


初出:梅雨のうねりはうまく利用♪ふわくしゅヘアに~動画つきヘアアレンジ~

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事