ヘアカラー
2020.3.25

レッドブラウンなど赤みのある暖色系ヘアカラーでおしゃれ&フェミニンに!

赤みを抑えたカラーも人気ですが、おしゃれかつ女性らしさをアップしてくれるのには、レッド系の髪色がおすすめ。赤茶系のメイク同様に今っぽ顔にしてくれます。美肌がより際立つおすすめカラーをご紹介します。

【目次】
程よいツヤ感と肌まで綺麗に見せてくれるレッドブラウン
ピンク系ブラウンは女性らしい柔らかい雰囲気のある色味
おしゃれで明るい印象になるオレンジブラウン

程よいツヤ感と肌まで綺麗に見せてくれるレッドブラウン

ほんのり赤みを感じるブラウンとベージュをミックス

ほんのり赤みを感じるブラウンとベージュをミックス

【how to“ベース&カラー”】
・鎖骨上くらいの長さ設定で、平行ラインのグラデーションボブに。
・ふんわりとした後頭部と作るよう前下がりのレイヤー、こめかみや顔まわりには輪郭を包むように前上がりのレイヤーを入れる。
・前髪は浅め&やや幅広に取り、目にかからないギリギリの長さでカット。前髪とサイドを自然なラインでつなげることで、大人っぽい雰囲気に。
・カラーは8レベルのショコラベージュをセレクト。チョコレートのようなほんのり赤みを感じるブラウンとベージュをミックスし、ツヤと軽さのある仕上がりとなる。

透け前髪&顔周りひし形シルエットで、大人フェミニンなボブをかなえる!

肌をキレイに見せる赤みを含むブラウン

肌をキレイに見せる赤みを含むブラウン

【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨下3㎝、やや前上がりにカット。カールの動きを出しやすくするため、顔周りと耳より上の広めのトップにレイヤーをたっぷり入れる。
・カラーは9トーンのセンシュアルブラウン。センシュアルとは、気品や知性をもつ色っぽさの意味。
・ギラつかず肌をキレイに見せる赤みを含むブラウンで、上品な大人っぽさを演出。なによりツヤが際立つカラーなので、髪にくすまずきれいなツヤを与えたい人におすすめ。

セミロングがこなれる! “かき上げ前髪”を今っぽく見せる3つのルール

ブラッドオレンジのような深みのある赤みをプラス

ブラッドオレンジのような深みのある赤みをプラス

【how to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨レングスでカットし、全体的にローレイヤーを入れる。毛量が多い人は、しっかり毛量調整を。
・前髪は目と眉の間くらいの長さで浅めにカットし、すき間と束感ができるように調整。
・カラーは暖かみのある9レベルのウォームブラウンに染める。ブラッドオレンジのような深みのある赤みをプラスしてツヤ感のある仕上がりに。

肩でスウィングするローレイヤーヘア。透け前髪とのコンビで今年顔のミディ

ピンク系ブラウンは女性らしい柔らかい雰囲気のある色味

ピンクMIXのフォギーベージュにブラウンをプラス

ピンクMIXのフォギーベージュにブラウンをプラス

【how to“ベース&カラー”】
・前下がりのグラデーションは、重めにするのが今っぽの秘訣に。レイヤーを入れて軽さを出す。
・前髪は目の下の長さでカット。襟足はレイヤーカットで、短めにすっきりさせることで“くびれ”のあるラインが生まれる。
・カラーは今季おすすめのピンクMIXのフォギーベージュに。柔らかさのあるブラウンで女性らしい雰囲気のある色味。

色香な長め前髪&ニュアンシーな抜け感たっぷりショート

暖かみのある上品なカラーリビングコーラル

暖かみのある上品なカラーリビングコーラル

【how to“ベース&カラー”】
・胸丈ラインの前上がりレイヤーベース。レイヤーを入れるのは頬ラインから、耳前の毛束のみ。耳後ろやバックの毛束にはレイヤーを入れず重たさを残す。
・ふわっとした軽やかさが出やすいよう、表面にも軽くレイヤーを。カラーは8トーンのリビングコーラル。
・全体を1色で染めることでツヤ感を強調。暖かみのあるカラーなので上品さや柔らかさを演出する効果もあり。

ストレートロングを軽やかに見せる“前上がりレイヤー”で、おしゃれ清楚な大人女子に

ピンク系カラー、カシスブラウン

ピンク系カラー、カシスブラウン

【how to“カット&カラー”】
・サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカット。
・顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。
・後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。
・カラーは7トーンのカシスブラウン。ピンク系のカラーは最近のトレンドです。ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。

小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

おしゃれで明るい印象になるオレンジブラウン

色持ちがよいオレンジブラウン

色持ちがよいオレンジブラウン

【how to“ベース&カラー”】
・前髪を目の上ギリギリの長さでカットし、サイドは耳たぶが見える長さに設定しグラデーションでカット。
・前髪とサイドを緩やかなラインで繋いで、ナチュラルなマッシュスタイルに。
・トップの角を落とす程度のレイヤーを入れ、毛先の厚みを残しつつ毛量調整。襟足は短めにカットし首元をすっきりと。
・カラーはこの秋冬のトレンドであるオレンジブラウンに。色持ちがよく、流行に敏感な人にイチオシのカラー。

小顔見せの大人かわいいマッシュショートヘアで、ナチュラルに愛らしく!

顔色をよく見せツヤもプラス

顔色をよく見せツヤもプラス

【how to“ベース&カラー”】
・マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れる。
・前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。
・カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンに染める。顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色

ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色

【how to“ベース&カラー&パーマ”】
・鎖骨上の長さで前上がりにカットしたローレイヤー。
・パーマをかけた時に厚みや広がりが出ないように毛量感を調整し、毛先はスライドカットで束感が出るようにする。
・カラーは、面をキレイに見せツヤ感のある髪に仕上げるため、7トーンのアプリコットブラウンに。ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色。
・パーマをかける場合、太めロッド&大きめカールのデジタルパーマを施す。

ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット

オレンジショコラブラウンに黄みを抑えるバイオレットをMIX

オレンジショコラブラウンに黄みを抑えるバイオレットをMIX

【how to“ベース&カラー”】
・前髪は目にかからない長さで直線的にカットし、隙間を作りやすいよう毛量調整。裾はバックからサイドにかけて鎖骨丈でカット。
・動きを出しやすくするようトップや表面に軽くレイヤーを入れ、さらに顔周りに大胆にレイヤーを入れる。特にもみあげからこめかみに落ちる毛束は、引き出しながら高い位置からレイヤーを。
・裾にはレイヤーを入れずカットラインを残しているので、軽くならず重たい印象に。顔周りだけしっかりレイヤーを入れているのがNEOウルフ。
・カラーは9トーンのオレンジショコラブラウン。黄みを抑えるバイオレットがMIXされ、ツヤのある明るめブラウンに仕上がる。

お帰りレイヤー! 顔周り軽め×裾重ための“NEOウルフ”セミディが今旬カッコいい

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事