食・レシピ
2019.11.28

寝る前にホットミルクを飲むと良い、は本当か?医師や美容プロの見解をまとめました!

寝る前のホットミルク。なんとなく体にもよくてよく眠れるというイメージがありませんか? 一方で、寝る前に牛乳などのドリンクを飲むのはデメリットしかないという声もあります。実際のところ、どうなのでしょう?『美的』や『美的.com』で伺った各分野のスペシャリストにご意見をまとめました。

【目次】
快眠?リラックス?ホットミルクの効果を検証!
医師&女優が実践!就寝前のホットミルク

快眠?リラックス?ホットミルクの効果を検証!

快眠セラピストが教える!ホットミルクの効果は半々

<教えてくれた人 快眠セラピスト・睡眠環境プランナー/三橋美穂さん>

快眠セラピストが教える!ホットミルクの効果は半々

【寝る前にホットミルクを飲むと、入眠しやすいってホント?】
眠れない夜のお供といえば、体も心も温まるホットミルク。リラックスするせいか、心地よい眠りに誘われる気もしますが……実際のところはどうなのでしょう。

<答え:半分ホント、半分ウソ>
「巷でホットミルクがよいと言われているのは、牛乳の中に含まれる“トリプトファン”という成分が睡眠ホルモンの元である“メラトニン”へ変化するからです。しかし、ホットミルクから入眠効果を得られるほどのトリプトファンを摂取しようとした場合……なんとドラム缶1杯くらいは必要。

ホットミルクに限らず、温かい飲み物を飲むと血行が促進され、手足がポカポカしてきますよね。このようなリラックス状態だと寝つきもよくなりますが、何が何でもホットミルクがいい! という訳ではありません。ホットミルクじゃなくても、OKなのですよ(笑)。カモミールなどのハーブティーもよいですね」

【食事や飲み物よりも…!NG行動を避けるべし】
「ぐっすり眠ろうとするあまり、あれこれ食べたり飲んだり……食事や飲み物で睡眠を促そうとするのはおすすめしません。それよりも、“やってはいけないNG行動”を避けて。例えば、寝る直前にカフェインを摂取したり、ベッドへスマホを持ち込んでポチポチ、就寝時間が近いのにいつまでも明るい蛍光灯の下でゴロゴロ。これでは入眠を誘うどころか、体内時計を乱してしまうことになります」

それってウソ?ホント?“ホットミルクでぐっすり”に関する真相を快眠セラピストに直撃!

スリープマイスターが教える!ホットミルクは効果アリ

<教えてくれた人 東京西川・スリープマスター/杉原桃菜さん>

スリープマイスターが教える!ホットミルクは効果アリ

私たちは身体の中心部の体温が下がるときに眠気が高まる仕組みをもっています。スムーズに寝付くためにも、寝る前に身体をあたためることがポイント!ここでは、快眠と冷え対策におすすめの飲み物をご紹介しますね。

スリープマイスターが教える!ホットミルクは効果アリ

【おやすみ前におすすめ】
☆ホットミルク:カルシウムにはイライラを抑える鎮静作用があります。また、牛乳に含まれるたんぱく質は睡眠物質であるメラトニンの元となるため、積極的に摂りましょう。

今日からできる!あたたかく眠るワンポイントレッスン

ビューティーエキスパートが教える!ホットミルクの効果アリ

<教えてくれた人 ビューティーエキスパート/大高博幸さん>

ビューティーエキスパートが教える!ホットミルクの効果アリ

就寝前に飲むホットミルクは、グリシンというアミノ酸が 血管を拡張し、体の深部の体温を下げるのに 一役 買ってくれます。気持ちも ほっこりと安らいで、よく眠れるはずです。

眠りを味方につけて、綺麗をチャージ!【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.483 】

内科医が教える!ホットミルク効果よりも……

<教えてくれた人 内科医/奥田昌子先生>

内科医が教える!ホットミルク効果よりも……

【内臓脂肪をため込まないための快眠法という観点からはハーブのリラックス効果で副交感神経がUP→安眠へ!】

内科医が教える!ホットミルク効果よりも……

「ハーブティーを飲んで内臓脂肪が落ちることはありませんが、カフェインが入っていない上、安眠に向けてリラックスする効果があるので、就寝前の飲み物としておすすめ。ホットミルクは、乳脂肪が多いので、内臓脂肪がつきやすいという欠点があります」

カーテンなしVS遮光カーテン、光環境も内臓脂肪をため込む原因に!?

医師&女優が実践!就寝前のホットミルク

医師の“不眠”に心を緩める癒しケア

<教えてくれた人 産婦人科医師・医学博士/対馬ルリ子さん>

医師の“不眠”に心を緩める癒しケア

【幸せホルモン分泌のために、心を緩めて質の良い眠りを】
女性特有の悩みに向き合い続ける対馬ルリ子先生。春先の不眠や心の不調について伺いました。
「女性は、気候に合わせてホルモンが変動しやすいですが、このバランスがうまくとれないと、心地よく過ごせません。今は女性も男性並みに働く時代ですが、頑張りすぎると交感神経優位の状態が続きます。そして、疲労物質の代謝やデトックス、美肌に大切な成長因子の分泌は副交感神経優位のときに行われます。ずっと交感神経が優位だと、むくみ、便秘、肌あれ、精神的緊張、不眠を引き起こすのです。まずは、寝る前1時間はPC、スマホ断ちを。香りや感触の良いもので身を包むのも効果的」

<How to care>

医師の“不眠”に心を緩める癒しケア

■寝る前にホットミルクを1杯■
幸せホルモンの材料となるトリプトファン(アミノ酸の一種)を含むホットミルクを寝る前に1杯飲むと、気持ちも安らぎ、ぐっすり眠れます。

「心を緩めるケア」が叶える 質の良い睡眠de心も体も元気に!

女優の睡眠前お気に入りドリンク

<教えてくれた人 女優/内山理名さん>

女優の睡眠前お気に入りドリンク

【手作りGHEE入りホットミルク】

女優の睡眠前お気に入りドリンク

「GHEE(ギー)は、無塩バターを煮詰めて作るオイル。活力や消化力を高める効果があるそうです。眠る前にホットミルクに入れて飲むと、気持ちが穏やかになります」

内山理名式リセットヨガ|朝と夜、ちょこっとだけ! 「うるぷる肌」を取り戻そう

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事