食・レシピ
2019.11.1

バルサミコ酢で作る美味しい美容レシピ♪その栄養とは?ドレッシングや料理に使って美肌に!

甘酸っぱくてコクのある味わいが魅力のバルサミコ酢。ドレッシングやソースに使えばサラダやいつもの料理が一味違ったものに♪そしてその栄養は美容に嬉しいものばかり!特に抗酸化作用の高いポリフェノールは美肌づくりにも欠かせません!そんなバルサミコ酢を使った美味しくキレイになれるおすすめレシピを披露。もし手に入らない場合の代用は、黒酢がおすすめです。女優から栄養士さんまで…『美的』でご紹介のバルサミコ酢の良いところをまとめてご紹介。

【目次】
バルサミコ酢とは?美容に嬉しい効能が!
キレイになれる栄養満点!低糖質・低カロリーでダイエットにもおすすめ
おすすめバルサミコ酢レシピで美味しくキレイに
バルサミコ酢を使ったドレッシングでサラダをもっと美味しく!
代用するなら「黒酢」がおすすめ!

バルサミコ酢とは?美容に嬉しい効能が!

ヨーロッパの黒酢と呼ばれるコクのあるお酢

ヨーロッパの黒酢と呼ばれるコクのあるお酢

\バルサミコ酢の効能/

「ヨーロッパの黒酢」と呼ばれ、抗酸化作用の高いポリフェノールを豊富に含む。老化予防に優れており、ハリと潤いのある肌や髪をキープする。ソースの隠し味にバルサミコ酢を使えば、甘みもコクもぐっと引き立ちます。

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(14)バルサミコ酢で本格派の味!しいたけのお豆腐ハンバーグ

キレイなあの有名人もハマっている!

\憧れ顔No.1の石原さとみさんもインタビューでコメント/

“葉もの野菜のおいしさに目覚めました”

「昔は火が通った野菜じゃないと苦手で。でも最近はクレソンやルッコラなどの生野菜が大好き。適当にカットしてナッツなどのパワーフードを刻んで振りかけ、ちょっぴり奮発して買ったおいしいバルサミコ酢とオリーブオイルをひと回し。すっごく簡単なのに満足感たっぷり。」

石原さとみさんインタビュー「無理をしない美容が今、心地いい」美容やファッション、ハマっているレシピまで…大公開!

キレイになれる栄養満点!低糖質・低カロリーでダイエットにもおすすめ

豊富なポリフェノールで抗酸化作用たっぷり

\門司紀子さんが教えてくれました/

豊富なポリフェノールで抗酸化作用たっぷり

大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。

【ビューティ食材:バルサミコ酢】

・胃腸を元気にして消化を助け、代謝を促す働きがあるお酢。なかでも葡萄から作られるバルサミコ酢は、ポリフェノールが豊富で抗酸化効果が高く、美肌をサポートするだけでなく生活習慣病を予防したり、体内バランスを整えてくれる優れたビューティ食材。

・ダイエットのお供にも、バテ予防にもぴったり。オリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうで味付けしてシンプルにいただくサラダは、素材の旨味が際立つシンプルな美味しさ!おすすめは、冷蔵庫に残った彩り野菜とオレンジをざくざくカットしてサラダに。ビタミンCたっぷりで美肌にもいいオレンジの爽やかさがバルサミコ酢のまろやかな酸味とマッチして、美味しいサラダ。

バルサミコ酢で夏美人!【オレンジと彩り野菜のサラダ】Today’s SALAD #41

ビタミンCが摂れる野菜やフルーツとの相性バッチリ

\美容家 君島十和子さんが教えてくれました/

ビタミンCが摂れる野菜やフルーツとの相性バッチリ

モデルを経て、20数年に及ぶ美容体験を基に化粧品ブランド〝フェリーチェ トワココスメ〟を設立。成分や製法に徹底的にこだわったプロダクツを常に開発。

Q.アンチエイジングに良い食材って何かありますか?

A.バルサミコ酢とビタミンC!
「老化とは酸化のことなので、抗酸化作用のある食材を意識して取り入れて。ブドウの果汁を煮詰めて発酵させたバルサミコ酢はポリフェノールがたっぷりなので、お酢の中でも抜群の抗酸化力! 壊れやすいビタミンCは、生野菜や果物からとりましょう」

美容家 君島十和子さんに聞きたい! アンチエイジングに良い食材って何かありますか?

実はグルテンフリーなのでダイエットに向いている!

\エリカ・アンギャルさんが教えてくれました/

実はグルテンフリーなのでダイエットに向いている!

シドニー工科大学卒、健康科学学士。元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント。グルテンフリーの日本導入に尽力。自身もグルテンフリー生活でベストな体型・体調をキープしている。

グルテンフリーって?

グルテン(小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種)を抜くことで、自然にヤセられ、キレイになれるとミランダ・カーやレディー・ガガなどのセレブもこぞって実践しています。

グルテンフリーの調味料

●塩 ●こしょう ●米みそ(麦みそはNG) ●ハーブ類 ●米酢(醸造酢は小麦使用の可能性あり) ●ワインビネガー ●バルサミコ酢 ●リンゴ酢 ●砂糖・黒砂糖 ●はちみつ ●メープルシロップ ●アガベシロップ

小麦を食べない「グルテン フリー」でヤセる!

おすすめバルサミコ酢レシピで美味しくキレイに

きのこと卵のバルサミコソテー

きのこと卵のバルサミコソテー

4種類のきのこをふんだんに使い、卵とベーコンでたんぱく質もしっかり補給。さらに、バルサミコ酢には、血糖値の上昇を抑えて、脂肪がたまりにくい体にしてくれる働きが。バルサミコ酢の酸味が卵の甘みでマイルドに!

【材料(2人分)】

・玉ねぎ…1/8個
・ベーコン…30g
・A[しいたけ…2個 しめじ…1/2株 エリンギ…1本 まいたけ…1/2株]
・塩…小さじ1/2
・バルサミコ酢…大さじ2
・イタリアンパセリ… 1本
・オリーブオイル…大さじ2
・卵…2個
・酢…大さじ1
・黒こしょう…適量
・粒マスタード…小さじ2

【作り方】

1.   フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにした玉ねぎと細長く切ったベーコンを炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、食べやすい大きさに切ったAを加えて炒める。塩とバルサミコ酢を加え、刻んだイタリアンパセリの葉を加える。
2.  小鍋に湯(分量外)を沸かして酢を加え、箸でぐるぐる回して水流を作った真ん中に卵を割り入れる。2分半程して、白身が固まったら取りだす。
3.  1を器に盛り、2をのせて、黒こしょうを粗く挽く。粒マスタードを添える。

バルサミコ酢ときのこは相性抜群!きのこのバルサミコソテー、ポーチドエッグのせ

鉄分たっぷりレバーのバルサミコ酢炒め

\管理栄養士 浅野まみこさんが教えてくれました/

鉄分たっぷりレバーのバルサミコ酢炒め

病院や企業での栄養相談の経験を生かし、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティング、講演、イベントなどで活躍中。『やせられないのは「夕方の空腹」が原因だった!』(青春出版社)など著書多数。

鉄分たっぷりレバーのバルサミコ酢炒め

鉄分、ミネラル、クエン酸をたっぷり補給。

【材料(2人分)】

・鶏レバー…150g
・A[塩…小さじ1/4 黒こしょう…少量 酒…大さじ1]
・小麦粉…大さじ1
・しいたけ…3個
・赤ピーマン…2個
・ほうれん草…30g
・にんにく…1片
・輪切り唐辛子…少量
・エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1
・B[赤ワイン…50ml バルサミコ酢…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 はちみつ…大さじ1 無塩バター…5g レモン…大さじ1]
・黒こしょう…少量

【作り方】

1.  鶏レバーはひと口大に切り、水で血合いをよく洗い流す。キッチンペーパーで水分を拭き取り、Aにつける。
2.  しいたけは4等分に切る。赤ピーマンは縦に1cm幅に切る。ほうれん草は3cm幅に切る。にんにくはみじん切りにする。
3.  1の鶏レバーの水気をきり、小麦粉を軽くはたく。
4.  フライパンに、エクストラバージンオリーブオイルとにんにく、輪切り唐辛子を入れて中火で熱したら3を炒める。焼き色がついたら、いたけと赤ピーマンを加え、全体に火が回った所でBを加えて煮詰めながら、味を調える。
5.  ほうれん草を加えてひと煮立ちさせる。器に盛り黒こしょうを散らす。

鶏レバーのバルサミコ炒め煮

ごぼうのバルサミコ金平(左)

ごぼうのバルサミコ金平(左)

手軽に繊維補給できる副菜として大活躍!

【材料】

・ごぼう…1本(200g)
・蒸し大豆(または水煮)…100g
・A[バルサミコ酢…大さじ3 しょうゆ…大さじ1 1/2 はちみつ…大さじ1 1/2]
・オリーブオイル…大さじ1/2
・粗挽きこしょう・パセリ…各適量

【作り方】
1.  ごぼうは太めのささがきにして水にさらした後、水気を拭き取る。
2.  フライパンにオリーブオイルを熱し、ごぼうを炒める。少ししんなりしたら、大豆、Aを加えて炒め煮にする。
3.  汁気がほぼなくなったらこしょうを振り、保存容器に入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫に保存。好みでパセリを振る。

クリーニングしてキレイになる! 腸内環境リセットレシピ

竹の子と鶏手羽先のバルサミコしょうゆ煮

竹の子と鶏手羽先のバルサミコしょうゆ煮

お酒が進む、ちょっと濃いめの味。鶏手羽先は煮込むことで肌のハリに欠かせないコラーゲンがじわっと出てきます。

【材料】(2〜3人分)

・竹の子水煮…220g
・鶏手羽先…5本
・いんげん…4本
・A[砂糖…大さじ2、しょうゆ…大さじ3、バルサミコ酢…大さじ2、水…200ml]
・みりん…大さじ1
・オリーブオイル…小さじ1

【作り方】

1.  竹の子は1.5cm厚さの食べやすい大きさのくし切りにする。いんげんは下ゆでし、3cm長さに切る。
2.  フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱する。鶏手羽先を入れ、皮目に焼き色がつくまで焼く。
3.  竹の子とAを加える。ひと煮立ちしたら弱火にし、落とし蓋をして20分煮込む。
4.  いんげんとみりんを加え、全体を混ぜながら中火で1分程煮込む。

春を感じる『竹の子』は、食物繊維たっぷり!|家呑みごはん #14

バルサミコ酢を使ったドレッシングでサラダをもっと美味しく!

シンプルなバルサミコ酢ドレッシングはフルーツサラダにも◎

シンプルなバルサミコ酢ドレッシングはフルーツサラダにも◎

オリーブオイルとバルサミコ酢、塩、こしょう、少しのメープルシロップで。フルーツサラダに合う!

サラダ連載も大好評! 人気美容エディターは“オイル”にこだわっていた!

疲労回復!オレンジと彩り野菜のサラダ

疲労回復!オレンジと彩り野菜のサラダ

【材料】

・ミニトマト     5個
・パプリカ      1/2個
・ズッキーニ     1/3本
・ヤングコーン    2本
・オレンジ      1個
・オリーブオイル   大さじ1
・バルサミコ酢    大さじ1~2
・塩こしょう     適宜

【作り方】

1.   パプリカ、ズッキーニ、ヤングコーンはそれぞれ食べやすい大きさにカットして、レンチンまたは茹でてやわらかくする。食感が残るよう、やわらかくなりすぎないよう注意。さらにミニトマトは半分にカットして、具材をすべてボウルに入れる。
2.   オレンジをカット。上下をカットしたあと、リンゴの皮をむく要領でぐるぐる側面の皮をむく。さらに実は縦半分にカットして、ひと口大にカット。
3.   1のボウルにオレンジを加え、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうで味を調える。お皿にもって出来上がり!

バルサミコ酢で夏美人!【オレンジと彩り野菜のサラダ】Today’s SALAD #41

玉ねぎとバルサミコ酢ドレッシングで食べる彩トマトのサラダ

玉ねぎとバルサミコ酢ドレッシングで食べる彩トマトのサラダ

トマトはリコピンが豊富で、活性酸素を減らす抗酸化力が抜群です。今回のサラダは、おろし玉ねぎをベースにしたあっさりドレッシングがポイント。さっぱりとしたカッテージチーズと合わせて、見た目にも楽しい彩りあふれるひと皿に♪

【材料】

・玉ねぎ…1/4個
・オリーブオイル…大さじ1
・醤油…大さじ1
・バルサミコ酢…大さじ1
・きび砂糖…少々
・塩こしょう…適宜
・ミニトマト…10個程度
・カッテージチーズ…適宜

【作り方】

1. 玉ねぎの皮をむき、根元をカットして大根おろしでおろす。おろした玉ねぎは耐熱容器に移し、電子レンジに30秒ほどかけ熱を加える。熱を加えることで玉ねぎのえぐみ絡みが和らぎ、マイルドな風味に。
2. 1にオリーブオイル、醤油、バルサミコ酢、きび砂糖、塩を加えてドレッシングを作る。砂糖、塩の量は適宜調整して、自分好みの味に。
3. ミニトマトは半分にカット。
4. 皿にミニトマトとカッテージチーズを並べ、ドレッシングをかけて完成。

トマトで夏美人!「彩りトマトのサラダ おろし玉ねぎドレッシング」Today’s SALAD #87

温州ミカンと春菊、生春巻きの皮のサラダ

温州ミカンと春菊、生春巻きの皮のサラダ

中途半端に余る生春巻きの皮をサラダにインしてベトナム屋台風に。ドレッシングが染みるとやわらかに。春菊もカロテノイドとビタミンCがたっぷり。

【材料】(2人分)

・温州ミカン…1個
・春菊…2株(約40g)
・生春巻きの皮…2枚

[ドレッシングの材料]
・ベーコン…1枚
・バルサミコ酢…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1/2
・オリーブオイル…小さじ1と1/2
※ドレッシングは和風など好みの市販品でもOK。

【作り方】

1.     温州ミカンは表皮をむき、一口大の乱切りにする。春菊は5cm長さに切り、太い茎の部分は食べやすいよう、さらに縦に切る。生春巻きの皮は手で大きめに割る。
2.  ドレッシングを作る。ベーコンは1cm幅に切る。フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンをカリカリになるまで炒める。これにバルサミコ酢、しょうゆを混ぜ合わせる。
3.  1を器に盛り、熱々の2を回しかけ、全体を和える。少しおいて、生春巻きの皮がやわらかくなったら食べ頃。

旬をまるごと! 家呑みごはん #10|3〜4個で1日のビタミンC摂取量をクリア!『温州みかん』

アボガドとカプレーゼチーズのボトルサラダ

アボガドとカプレーゼチーズのボトルサラダ

トマトとバジル、モッツァレラチーズの定番カプレーゼに、ビタミンEが豊富なアボカドをプラス。さっぱりしているのにコクがあり、クセになるおいしさです。

【材料】

・アボカド…1/2個
・レモン汁…少量
・ミニトマト赤黄各…10個
・バジル…7~8枚
・モッツァレラチーズ…1個
・レタス…2枚
・ドレッシング【バルサミコ酢大さじ1・オリーブオイル大さじ1・しょうが少量・塩小さじ1/3】

【作り方】

1. アボカドはスライスしてレモン汁をかける。ミニトマトは2等分に、チーズは細長く切る。レタスは手で一口大にちぎる。
2. コンテナに材料が層状になるように重ね入れる。

アボカドのカプレーゼ

代用するなら「黒酢」がおすすめ!

クエン酸とアミノ酸が豊富で脂肪燃焼に◎

クエン酸とアミノ酸が豊富で脂肪燃焼に◎

■アムリターラ かめ壺仕込み 自然栽培玄米黒酢 2年熟成

\黒酢のイメージが変わる飲みやすい味!/

・クエン酸とアミノ酸のWパワーで脂肪を燃焼。黒酢は脂肪燃焼や老廃物を排出してむくみにくくするクエン酸とアミノ酸が豊富。

・リニューアルされたアムリターラの黒酢は、ツンと来る刺激がなくまろやかでコクがあるから、そのままでもおいしく飲めちゃいます。玄米で仕込んで長期間熟成しているから、まろやかな味に。 500ml ¥1,100

保存版!ダイエット&スタイル維持におすすめ食材 総取材!体重が気になるけどどうしても

アスパラと鶏肉の黒酢スープで美肌に

アスパラと鶏肉の黒酢スープで美肌に

コクうまスープがごはんに合う!普通の酢よりアミノ酸やカリウムが多い黒酢。ハリ肌を作る鶏肉にスープが染みてジューシー!

【材料(2人分)】

・アスパラガス…8本
・新玉ねぎ…1/2個
・鶏もも肉…150g
・にんにく…2片
・しょうが…40g
・水…400ml
・ごま油…大さじ1
・A【昆布だし(顆粒)…8g 黒酢…大さじ4 酒…大さじ1 塩…少量 ブラックペッパー…少量】

【作り方】

1. アスパラガスは根元のかたい部分を落とし、5mm厚さに斜め切りに、新玉ねぎは薄切りにする。鶏もも肉は一口大に切る。にんにくは粗みじんに切り、しょうがはせん切りにする。
2. 鍋にごま油を中火で熱し、にんにくとしょうがを炒める。香りが立ってきたら、鶏肉を入れて炒める。
3. 水を入れ、沸騰したら新玉ねぎを加えて3 分程煮る。アスパラガスを加え、さらに1 分程煮る。
4. Aを入れて味を調える。

しょうがとクミンで肌老化の大敵「糖化」を防ぐ! 抗糖化おかずスープレシピ3つ

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事