ボディケア
2019.10.7

医師が教えるデリケートゾーンの洗い方|デリゾケアの最新情報とおすすめアイテムもチェック!

デリケートゾーンのお手入れは万全ですか?デリケートゾーンは体の中でも繊細な部分。じつは臭いや汚れ、かゆみやかぶれなどのトラブルを抱え、誰にも言えずに悩んでいる人も少なくありません。ここでは医師や美容家などスペシャリストによるデリケートゾーンの洗い方やケア方法を紹介。おすすめのケアアイテムを使って、今からでもケアを始めてください。大人女性たるもの、見えないところも美しく!

【目次】
医師が教える、デリケートゾーンの洗い方
海外のデリケートゾーンケア事情
デリケートゾーンのニオイ&汚れにおすすめのケアコスメ

医師が教える、デリケートゾーンの洗い方

教えてくれたのは・・・内科医・認定産業医 tenrai株式会社代表取締役医師 桐村里紗先生

デリケートゾーンは専用ソープが必須?

予防医療を“ライフスタイルデザイン”再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)など

デリケートゾーンは専用ソープが必須?

【デリケートゾーンの臭いは、専用のソープを使わないと取れない?】
「デリケートゾーンは皮膚が薄く、また、膣付近は、膣内を守る乳酸菌の一種・デーデルライン桿菌によって弱酸性の環境が保たれています。

一般的なソープはアルカリ性で、洗浄力の高すぎる界面活性剤が使用されていることが多いため、陰部の皮膚を痛め、膣内の環境を悪化させる可能性があります。陰部の洗浄には、弱酸性で穏やかな洗浄力の専用ソープを使用する方が安全といえます」(桐村先生・以下「」内同)

【膣内が臭う原因によっては洗いすぎは逆効果】
「しかし、膣内が臭う場合は、おりものの中に繁殖する雑菌や病原菌が原因になっている可能性があります。この場合は、ソープでの洗浄は一時的な効果しかありませんし、洗いすぎは逆効果になる可能性があります。

また、洗いすぎによって、雑菌が繁殖すると、ドブのようなニオイがする細菌性膣炎になる可能性も。そして、場合によっては、性感染症であるクラミジアやトリコモナスによる感染症が原因である可能性がありますので、専用ソープを使っても臭いが気になる場合という場合には、婦人科に相談するのがベストです」

【ソープで対策可能なデリケートゾーンの臭いとは?】
「デリケートゾーンの臭いの発生部位がどこかによって、ソープで対策可能な場合と、ソープでは対策できない場合があります。

デリケートゾーンが臭う原因は、主にふたつ。

ひとつ目が、膣の外である外陰部から発生する臭い。もうひとつが上で紹介した膣内で繁殖した雑菌や病原菌による臭いです。外陰部は、密集した陰毛が生えており、汗をかきやすい上、下着やおりものシート、ナプキンで群れて雑菌が繁殖しやすくなります。人の汗には2種類あります。体温調整のための汗として全身からかくエクリン汗腺からの汗と、フェロモン腺の名残であり、脇や外陰部など、毛の生えている場所からかくアポクリン汗腺からの汗があります。

外陰部は、陰毛の根元にアポクリン汗腺があり、ここからかく汗は、細菌の餌となる栄養が豊富です。アポクリン汗腺の発達には個人差がありますが、発達している人ほど、陰部は臭いやすくなりますので、デリケートゾーンを清潔に保つためにも、専用のソープを使うことは効果的でしょう」

“デリケートゾーンの臭いは専用ソープじゃないと取れないってホント?真相を医師に直撃!

デリケートゾーンの臭い対策は?

【デリケートゾーンからもワキガ臭はする】
「ワキガは、一般的には、脇の下から発生するものが多いですが、陰部からもワキガ臭がする、いわゆる“すそワキガ”体質というものがあります」(桐村先生・以下「」内同)

【ワキガは遺伝性であり、個性のひとつ】
「ワキガは遺伝性の体質で、汗の管のうち、動物のフェロモン腺の名残であるアポクリン汗腺が発達している人に発生します。アポクリン汗腺は、脇の下や陰部、肛門、乳輪、耳の中などの毛穴に開口しています。タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などの栄養成分が豊富。なので、常在菌が増えやすく、その発酵臭が独特なワキガ臭となるのです。

日本人には、ワキガ体質はあまり多くないほうですが、広く世界を眺めると、これは特殊なことです。欧米人にはより多く見られます。だからこそすそワキガの場合は、場所的にも人知れずかなり悩んでしまうケースが多いようです。ちなみに、脇の下のワキガ臭がある人が、必ずしも、すそワキガとは限りません」

【すそワキガは天然素材のインナーや専用ソープで予防】
「すそワキガは、アポクリン汗腺の発達の程度により個人差があります。軽い場合では、なるべく蒸れないようにすること、ニオイを作る常在菌の繁殖を防ぐことが効果的です。また、部分的に陰部のニオイ専用のソープを使用することも良いでしょう。加えて、通気性のいい天然素材のインナーを着用したり、汗をかいたと思ったらすぐに履き替えて。

一方、蒸れ対策としては、ヘアの処理や脱毛も効果的。毛は蒸れる原因になり、細菌が繁殖しやすい環境を作ります。ヘアがなくなることでこの環境を改善することができますよ」

デリケートゾーンからもワキガ臭が発生するってホント?ワキじゃないのに?真相を医師に直撃!

デリケートゾーンの洗いすぎには要注意!

【疲れがたまると、デリケートゾーンのニオイがきつくなる】
「デリケートゾーンの主なニオイの原因は、膣内に暮らす常在菌によるものです。

健康な場合は、デーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の一種が生息していて、膣内を酸性にして、雑菌から膣内を守っています。デーデルライン桿菌は、セックスなどで膣内に環境雑菌が入ってしまった場合にも殺菌してくれます。デーデルライン桿菌でしっかりと守られている場合、ちょっと酸っぱいニオイがしますが、そんなに悪臭ではありません。

ところが、疲れて免疫力が弱ってしまうと、膣内の環境が悪化して、便に含まれる大腸菌や腸球菌などの菌が膣内に入りやすくなります。すると、おりものがお通じ臭いという危機的な事態にも」(桐村先生・以下「」内同)

【加齢や洗いすぎもデリケートゾーンのニオイの原因に】
「年齢とともに膣内が乾燥する場合や、ニオイが気になるあまりにアルカリ性の石鹸やビデでしょっちゅう膣内を洗浄してしまう場合にも、膣内の環境が乱れて雑菌が繁殖しやすくなります。

ニオイが気になる人ほど、膣内を洗いすぎてしまう傾向にありますが、デーデルライン桿菌を洗い流すことは逆効果です。環境の雑菌が繁殖して膣炎になると、ドブ臭いニオイがしてくる可能性もあります。おりものシートを長時間つけて蒸れることも悪化の原因になりますよ」

【ニオイを抑えるためには】
「ストレスや疲労は、免疫力低下の大敵です。いちばん大切なことは、しっかり睡眠をとること。夜更かしをせず、朝寝坊せず、規則正しい睡眠時間を確保することが免疫力アップの要です。

また、女性の場合は、冷えによっても女性ホルモンの分泌が乱れ、免疫力低下の原因になります。特に子宮卵巣のあるお腹を冷やさないこと。足を温めることでも血液が温まり、お腹が温まります。冷たい食べ物も食べ過ぎないように注意しましょう」

【年齢によるニオイにはホルモン治療やレーザー治療も】
年齢による膣内の乾燥は、女性ホルモン低下と加齢現象に伴い、膣内の細胞が萎縮してしまうことが原因。細胞自体の萎縮なので、一般的には生活習慣では後戻りさせることが難しくなります。不快感に悩む女性も多く、治療には、女性ホルモンを局所に補う膣用の坐薬や女性ホルモン配合の外用剤などがあります。最近では、細胞の萎縮を改善するレーザー治療(モナリザタッチなど)が高い治療効果を上げていますよ。

疲れるとデリケートゾーンが臭くなるってホント?真相を医師に直撃!

デリケートゾーンのニオイ&汚れにおすすめのケアコスメ

トレスマリア|ソープ

おすすめソープ3選
“大切エリア(デリケートゾーン)”のお手入れブランドとして誕生したトレスマリアのジェルタイプのソープ。トレスマリア独自のデリケートゾーンの3ステップケア“あらうるおす”(洗う・潤す・見つめる)の“洗う”部分を担う。国産の“シャクヤクコンプレックス”と10種の美容成分を配合。天然由来のクリアピンク色のこっくりとしたリッチなテクスチャーで、泡立てずにジェルを指ですべらせながら丁寧にマッサージ。肌をやさしくなめらかに清浄し、整えてくれる。ローズマリー、カミツレ、ヨモギをブレンドした心安らぐさわやかなハーブの香り。デリケートゾーンにやさしい弱酸性で、合成着色料、紫外線吸収剤、パラベン、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、すべて無添加。
180g ¥3,800

コラージュ|フルフル泡石鹸[ピンク][医薬部外品]

コラージュ/コラージュフルフル泡石鹸(ピンク)[医薬部外品]

抗真菌(抗カビ)成分“ミコナゾール硝酸塩”と殺菌成分を配合した薬用抗菌石鹸『コラージュフルフル石鹸シリーズ』の女性のデリケートゾーン向け石けん。クリーミーな泡が汚れをすばやく浮き上がらせるので、ゴシゴシこする必要はない。ムレやすく、雑菌が増えたりニオイが気になる女性のデリケートゾーンの皮膚を洗浄することに加え、肌トラブルの原因にもなる真菌や細菌をダブルで抗菌し、清潔にしてくれる。人の皮膚と同じ弱酸性で、低刺激性、無香料、無色素。
本体:150ml ¥1,800、300ml ¥2,300/つめかえ用:210ml ¥1,380

おすすめボディソープ65選|保湿に香り、無添加、ニキビケア、メンズ向け…特徴別に市販ボディソープをたっぷりご紹介!

美容家・深澤亜紀さん推薦のケアアイテム

美容家・深澤亜紀さん推薦!3アイテム
【専用でなくても、低刺激モノならOK!】
ドラッグストアで今すぐ買いたい、という人には、ベビー用の泡ソープもおすすめ。低刺激な処方なので安心して使えます。

■第一三共ヘルスケア|ミノン 全身シャンプー 泡タイプ[医薬部外品] 500ml ¥1,400

美容家・深澤亜紀さん推薦!3アイテム
■サンルイ・インターナッショナル|アンティーム フェミニン ウォッシュ 120ml ¥2,000

美容家・深澤亜紀さん推薦!3アイテム

みんなに聞けないデリケートゾーンのお悩み…専用ソープは使ったほうがいいの?

植物療法士・森田敦子さん推薦アイテム&ケア方法

植物療法士・森田敦子さん推薦アイテム&ケア方法
【ボディの中でも特に繊細なパーツ。専用のものでケアして!】
「体はパーツごとで皮脂腺の量や皮脂膜の厚さも違います。顔は洗顔料、髪にはシャンプーと使い分けるように、専用のものでケアしましょう」(森田さん・以下「」内同)

植物療法士・森田敦子さん推薦アイテム&ケア方法
a.肌本来がもつ常在菌や潤いを保持しつつ、気になるニオイやかゆみの元を洗い上げる。
サンルイ・インターナッショナル|アンティーム フェミニン ウォッシュ 120ml ¥2,000

b.しっとりと潤いを与える。
同|ローズローション 100g ¥3,000

c.デリケートゾーンだけでなくわきなどの黒ずみもケアできる美白クリーム。
同|ホワイト クリーム 100g ¥2,600

【健康的なデリケートゾーンっていったいどのような状態のこと?】
A.清潔である、潤いがある、筋力があることが鉄則!
「ひとつはニオイや蒸れ、かゆみの原因を洗い流し、清潔な状態であること。ふたつ目は、表面の皮膚が保湿され、乾燥していなく、腟内が粘液で潤っていること。3つ目は、腟や肛門周りの筋力があること。これが健康的なデリケートゾーンです!」

【初心者でも取り入れやすい、デリケートゾーンケアって?】
A.常に清潔に保つ努力をし、専用のクリームなどでしっかり保湿を!
「見たことがない人も多いはずなので、まずは鏡で見ることから始めてみて。ヘアがあって見づらい人はVIO脱毛をしてみるのも◎。そしてデリケートゾーン用のアイテムで洗浄&保湿のケアを」(森田さん)

【デリケートゾーンの老化を食い止めるには、どうすればいい?】
A.骨盤底筋群を鍛える&オイルマッサージが効果的

植物療法士・森田敦子さん推薦アイテム&ケア方法
「骨盤底筋群を鍛えるには、まず姿勢正しく立ち、息を吸いながら、肛門を締めるイメージで腟を引き上げ3秒キープ。これを数回繰り返して。ふたつ目は専用のマッサージオイルを清潔な指で腟壁に優しく塗ります。萎縮・乾燥の予防ケアにも」

植物療法士・森田敦子さん推薦アイテム&ケア方法
デリケートゾーンを優しくほぐして、ふっくらとした弾力を生み出す。
■BCL|ウーマンエッセンシャルズ マッサージオイル 100ml ¥4,200

デリケートゾーンも老ける!? 見えないパーツこそケアして老けない身体に!

ナチュラル志向のケアアイテム

その名のとおり、“デリケート”な部分だからこそ、低刺激で安全性の高い成分を使ったナチュラル志向のケアアイテムに注目が集まっています。

ナチュラル志向のケアアイテム4選
a. 美容成分たっぷりのジェルソープ。
トレスマリア|ソープ 180g ¥3,800
「赤ちゃんにも使える程低刺激で、乳酸菌、セラミドなど美容成分たっぷり!」(トレスマリア バルドゥッチ淳子さん)

b. 優雅な蘭の香りの拭き取りローション。
BCL|ウーマンエッセンシャルズ リフレッシュ スプレー 30ml ¥2,400

c. 100%食べられる成分!ひと吹きして拭き取ればすっきり!
ステラシード|クイックピュア ミスト 60ml ¥980

d. デリケートゾーンに合わせた弱酸性の泡ソープ。
ピュビケア オーガニック|フェミニン シフォン ソープ ローズ&イランイラン 220ml ¥2,100

「デリケートゾーン美容専門サロンの約1万人のお客様の声から生まれました!」(ピュビケアサロン白金台 オーナー 得田 由美子さん)

ムレてにおいが気になる…『デリケートゾーン』のにおいの原因とケアアイテムをご紹介!

※価格はすべて税抜きです

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事