健康・ヘルスケア
2020.8.5

便秘や尿漏れ、冷え…こっそり「膣トレ」で女性特有のお悩みを解消!|膣環境セルフチェックボックス付

助産院院長、たつのゆりこ先生にどこでもできる「膣しめトレ」を教えていただきました。すき間時間に、立ってても座っててもできるんです。血流がアップするから、PMS対策、冷え対策、スタイルアップにも効果アリ。Be born助産院 院長のたつのゆりこ先生にお話を伺いました。

立っても座ってもOK! どこでもこっそりできる「膣しめトレ」

冷えて「膣」は硬くなって、美的世代でも尿もれが!

「若い子でも尿もれが多い」と話すのは、自宅で簡単にできる“膣トレ”を指導する、助産師のたつのゆりこ先生。

「若い女性ほど、体も膣も冷えているからです。膣は細かい毛細血管だらけ。冷えて血流が悪くなると、細胞に栄養が行き届かず、膣が硬くなります。骨盤内全体も硬くなるので、尿もれや性交痛を感じるように。“膣トレ”は、膣を締める力をコントロールする骨盤底筋の筋力を上げるトレーニング。筋力アップに伴い、血流がアップするので、代謝も上がって冷えや便秘も解消。中にはPMSが軽減した人も。若いうちから“膣しめトレーニング”を取り入れてみてください」(たつの先生)

 

【Step1】肛門を引き締めて、おなかやお尻を動かさない

よくヨガで「肛門を締めて」と言われると、おなかやお尻にグッと力を入れて、締めた気になっている人が多いけれど間違い。まず肛門をすぼめる意識で。肛門を締めるときは、おなかやお尻を絶対に動かさない。

 

【Step2】膣と尿道を締めてみる

次に膣と尿道を締めてみる。イメージがつかない人は、おしっこをするときに、途中でクッと止めてみて。そのときに力が入った部分が骨盤底筋。尿道や膣がキュッと締まったはず。この感覚を覚えてから、呼吸を始めましょう。

 

【Step3】肛門・膣・尿道を引き上げるように息を吐く

息を吐くと横隔膜が弾みで上がって、骨盤底筋も一緒に引き上がる。この仕組みで、息をゆっくり吐きながら、肛門・膣・尿道を上にグッと引き上げる。へそをグッとおなかのほうに近づけるように、膣口をおなかの中に引き込むイメージで。そのまま5秒キープ。

kd_%e7%be%8e%e7%9a%84%e8%86%a3%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%85%a5%e7%a8%bf-2_1
POINT
吐くと同時に引き上げる!

 

【Step4】膣口をゆるめるように息を吸う

逆に、息を吸うと横隔膜が収縮して骨 盤底筋は下に引っ張られる。この仕組みで、今度は息を吸いながら、骨盤底筋を下に下ろしていくイメージで膣口をゆるめていく。Step3と4の呼吸トレーニングを繰り返し10回行えば、こっそり膣トレの完了。

kd_0701%e5%86%8d%e5%85%a5%e7%a8%bf
POINT
吸うと同時にゆるめる!

膣環境をセルフチェック!

□ シャワーのみで過ごす日が多い

□ 冷たい飲み物&食べ物が好き

□ 寝る時間は24時過ぎ

□ お尻の形がハート形じゃない

□ 下の絵のツボが固い

kd_%e7%be%8e%e7%9a%84%e8%86%a3%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%85%a5%e7%a8%bf-2_4

上のリストに該当している人は、膣が硬くなっている可能性大。さらに、便秘の人は膣トレが効かないことがあるので、挑戦する前に、まず便通改善を。食生活や生活習慣で、膣状態が変わってくるので、膣しめトレと同時に生活習慣の見直しもスタートを。

 

湯船でオイルなで洗いをすると効果アップ!

kd_%e7%be%8e%e7%9a%84%e8%86%a3%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%85%a5%e7%a8%bf-2_3
外陰部にオイルを塗布し、湯船で薄手のタオルを使い“なで洗い”をすると、膣が柔らかくなり膣トレ効果がアップ。コツは腹式呼吸をしながら、気持がいいと感じる部分で手を動かすこと。血流がアップするので、恥じらわずに挑戦してみて。

 

デリケートゾーンのお手入れこそ、心地よいものを選ぼう

膣トレに併せて、膣ケアも行うと◎。心地よさ重視で選んで。

kd_mm_so_bot_cut
スーッとなじみの良いオイル。
モディッシュ ママズケア スムージングオイル 30ml ¥6,200

 

kd_%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%ab%e6%b3%a1%e7%9f%b3%e9%b9%b8_k_150ml
包み込むような心地の良い泡で、デリケートゾーンのニオイもセーブ。
持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸[ピンク] 150ml ¥1,800(編集部調べ)

 

教えていただいたのは…
kd_y103
Be born助産院 院長 たつのゆりこ先生
助産師・看護師・鍼灸師。大学病院から助産院、自宅出産介助まで幅広い経験をもち、東洋医学、アーユルヴェーダの知識を生かして活躍。美と健康を育む「膣トレ」を提唱。

 

『美的』2020年9月号掲載
イラスト/黒猫まな子 構成/むらなかさちこ、有田智子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事