ボディケア
2022.1.8

【簡単7選】足のリンパマッサージ、効果的なやり方は?

\"\"

足の疲れやむくみを撃退し、すっきり美脚を作るリンパマッサージ術をご紹介します。まずはリンパ節の位置、むくみを引き起こす原因からチェックしてみましょう。毎日のケアに取り入れて欲しい、リンパマッサージのやり方を足首、ひざ裏、ふくらはぎの部位別に!

足の「リンパ節」をチェック!

エイジングデザイナー

村木宏衣さん

筋肉、骨格、リンパにアプローチする理論と手法でリフトアップからボディメイキングまで悩みを解決。著書に『10秒で顔が引き上がる奇跡の頭ほぐし』(主婦の友社)など多数。
Check
  • 体のいちばん下にある脚はむくみが出やすく、血流も悪い場所。
  • ふくらはぎのヒラメ筋、腓腹筋のふたつをほぐして、筋肉のポンプ機能を高めるケアをしましょう。
  • 血液とリンパを押し流すことで、筋肉のこりがほぐれ、すっきり引き締まった脚を目指せます。

【ポイント】

Check
  • 重点的にほぐしたい筋肉は、ヒラメ筋と腓腹筋
  • ここが固くなると、血流が悪化してむくみやすくなり、ふくらはぎが太くなる。
  • また、鼠蹊リンパ節の詰まりは太もものセルライトに、膝窩リンパ節はひざ上の肉を作ってしまうので、同時にしっかりほぐしましょう。

初出:白髪・薄毛、脚のむくみを解消! 血流アップマッサージ&コスメ【美的GRAND】

記事を読む

足のむくみを引き起こす「4つの原因」

【1】「座り」っぱなし

美容矯正師・美容矯正サロン「LELEPONO」(レレポノ)オーナー

渡部 剛志さん

ホットペッパービューティーにて、千葉県小顔矯正・造顔サロン部門で口コミランキング1位を獲得。美容整体のみならず、顔の左右差や歪みを徹底的に整え、小顔へ導く実力派予約困難サロンとして話題を集める。

「ふくらはぎは第二の心臓といわれている部分。ここを動かすことにより、血流のポンプのような機能を果たしています。しかし、長時間、椅子に座りっぱなしでいると、ふくらはぎの筋肉は使われません。そのため、リンパの流れも滞り、脚のむくみを引き起こします。また、お尻や太ももの裏も圧迫されている状態ですよね。これも、血流の滞りをおこさせます。筋肉も凝り固まってしまい、腰にもコリやハリといった腰痛の要因となる症状を引き起こします」(渡部さん)

 

初出:腰痛や脚のむくみは座りっぱなしが原因ってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

【2】「立ち」っぱなし

下北沢病院 院長

菊池 守先生

きくちまもる/医学博士、日本形成外科学会専門医。米国ジョージタウン大学創傷治癒センター留学中に足病学と出合う。現在は足のトラブルにトータルで対応する診療に力を注ぐ。

「立ちっ放しは、ふくらはぎの筋肉が使われずポンプ機能が低下するので、血液やリンパが滞りむくみます。休憩時間に足をマッサージしたり、屈伸をしたりするのがおすすめ」(菊池先生・以下「」内同)

【3】デスクワークで足を「組む」

足を組んでいると、循環を股関節でさらに遮ってしまうので、足のむくみを悪化させる原因に。また足をずっと同じ方向で組んでいると、骨盤のゆがみにもつながります」


初出:外反母趾にむくみ…あなたの足は大丈夫? 放っておくと危険習慣6つ

記事を読む

【4】体が「冷える」

御苑アンジェリカクリニック院長

神藤慧玲(しんとう えり)先生

千葉大学医学部を卒後後、千葉県内・東京都内の大学病院をはじめ北里研究所病院東洋医学研修や慶愛クリニックにて臨床経験を積み、2017年新宿御苑前に「御苑アンジェリカクリニック」を開院。西洋医学と東洋医学の知見を生かして婦人科系、冷え、妊活外来、鍼灸治療など、あらゆる角度から最適な治療を提案。

「むくみとは体内の循環・排泄機能が低下し、体内の水分が溜まった箇所が膨れたような状態になること。医学用語では浮腫(ふしゅ)と言います。循環・排泄しきれなかった水分が体内に溜まると、身体の末端が冷えて毛細血管やリンパの働きまで鈍くなります。これによりさらにむくみを招くのです。

むくむから冷えるし、冷えるからむくむ。どちらが発端なのかは生活習慣や体質によっても違いますが、冷えとむくみは相互関係にあります」(神藤先生)

 

初出:体が冷えるとむくみやすいってホント?真相を医師に直撃!美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

「2つの足首」マッサージ

【1】足首を動かして「冷え」を解消

皮膚科医

高山かおる先生

たかやまかおる/足育研究会代表。済生会川口総合病院医師。専門は接触性皮膚炎、フットケア。’07年に現病院で皮膚科のフットケア外来を開局。

「足のむくみや冷えは、ふくらはぎの筋力低下が一因。心臓から足先に送られてきた血液をまた心臓に押し戻すふくらはぎの筋ポンプ作用が不充分で、血液やリンパが足にたまってしまうのです。解消法は、ふくらはぎはもちろん、足首、足指も積極的に動かして、血流やリンパの流れを促すこと。足指を20秒くらいギューッとつかんで圧をかけ、パッと離す。それを繰り返すだけでも、勢い良く血が巡り、冷えが和らぎます。足首回しや指先ジャンケンも◎。毎日のルーティンに組み込んで!」(高山先生・以下「」内同)

【How to】
「体のいちばん下にある足は、最も酷使されているパーツ。足のコンディションに気を配り、お手入れをする習慣が、体全体のヘルスUPにつながります」

\足のコンディションチェックを習慣に!/

【足首回し】

  1. 左手で左足の足首を支え、右手の指を左足の間に入れてギュッと握る。
  2. そのまま右手で左足首をゆっくりと回す。
  3. 5〜10回転したら逆も同じ数回転。反対の足も同様に。

【指先ジャンケン】

  1. 床に腰を下ろし、両足を前に出す。指を全部折り込んで「グー」、親指を立てて残り4本を折り込んで「チョキ」、5本とも開いて「パー」。
  2. これを10〜30回繰り返す。


初出:足の冷えに悩んでいる方必見! 簡単にできる対処法を女医が回答

記事を読む

【2】足首のリンパを流して「くびれ」を作る

ダイエット美容家

本島彩帆里さん

産後1年3か月で20kgのダイエットに成功。Instagramや雑誌・書籍などで活躍する。著書『「もんでヤセない身体はない」式 しぼり棒 1本で脂肪の攻め方10通り!』(角川SSCムック)も話題。

【How to】

  1. 人さし指と中指を曲げてかぎ爪状にしたら、2本の指の間に足首のアキレス腱のつけ根を挟み込むイメージで、ふくらはぎの真ん中までぐっと押し流す。
  2. 各5回以上


初出:本島彩帆里さん「頑張りすぎず、コツコツ続けるのがポイント!」|美脚の作り方

記事を読む

「3つのひざ裏」マッサージ

【1】ひざ下マッサージで「夕方のむくみ」を解消

エイジングデザイナー

村木宏衣さん

サロン『Amazing beauty』代表。独自の美容メソッドを確立。著書は『10秒で顔が引き上がる 奇跡
の頭ほぐし』(主婦の友社)など。

「足先も使いながらひざ下の前側と後ろ側の筋肉を動かすと、滞った血液やリンパを力強く押し流せます。同時に、指先で指圧することもポイント。筋肉に対して垂直に指先を押すことで、筋肉の深部までほぐせます」(村木さん)

【How to】
(1)いすに座り、両手の親指以外の指をひざ裏の中央にある横ジワに直角に当て、食い込ませる。かかとは床につけ、爪先だけ10回上げ下げする。

(2)親指と人さし指で足首のすねを挟み、こすり上げる。指が引っかかるひざ下のツボを押し、(1)と同様に爪先を10回上げ下げする。


初出:おなかをすぐサイズダウンさせるテニスボールの使い方とは|ボディのむくみ&こり悩みを美のプロが解決!

記事を読む

【2】「ストレッチボール」でコリほぐし

美脚モデル

土屋巴瑞季さん

15歳で『CanCam』モデルとしてデビュー。表紙を飾るなど人気を博し、25歳となった現在は『美的』『Oggi』など数々の女性誌で活躍中。

「ひざ裏を刺激してリンパを流したり、脚全体に滑らせてこりをほぐしたりできる万能なボール。テレビを見たり音楽を聴きながら、1時間くらいコロコロしていることも」※テニスボールでも代用可(土屋さん)

【How to】
(1)ひざ裏を中心にコロコロ

(2)脚全体に滑らせ、むくみを流す


初出:美脚モデルが実践!“魅せ脚”をつくるための簡単ストレッチ|ボディの色気は「見せパーツ一点集中!」

記事を読む

【3】ひざ周りマッサージで「たるみ」も撃退

美容家

深澤 亜希さん

幅広い知識と審美眼を生かし、美容誌や美容セミナーをメインに活躍。透き通るような美肌のもち主としても有名
関連記事をcheck ▶︎

「グーにした第2関節で、下→上へ引き上げたり、ひざ裏のリンパ節を刺激するとスッキリします。むくみを感じたら即、実践!」(深澤さん)

【How to】
(1)第2関節の角を使い、ひざから太ももへ引き上げるように流します。片脚10回ずつ2セット。これを日課にしましょう。

(2)ひざ裏のリンパは、老廃物がたまりやすい場所。親指を除く4本の指で約3秒間押して刺激します。強く押しすぎは×。


初出:ひざの黒ずみ&たるみを解消! 美容賢者直伝、ひざの緩みSTOPケア10

記事を読む

「2つのふくらはぎ〜太もも」マッサージ

【1】「血流アップ」マッサージでスリムな脚に

エイジングデザイナー

村木宏衣さん

筋肉、骨格、リンパにアプローチする理論と手法でリフトアップからボディメイキングまで悩みを解決。著書に『10秒で顔が引き上がる奇跡の頭ほぐし』(主婦の友社)など多数。

【How to】
(1)脚のつけ根に当たる鼠蹊部はリンパ節だけではなく、大きな血管も集中するので、まずはここからほぐしていく。指先で鼠蹊部を押しながら、ひざ上をつかんで、ひざまで動かす。

(2)ひざを立てふくらはぎをつかみ、爪先を上げ下げする。これで筋肉のこりが取れて、弾力が復活して血流が良くなる。つかむ位置をずらしながら、ふくらはぎの数か所で行う。

\つかみ方/


初出:白髪・薄毛、脚のむくみを解消! 血流アップマッサージ&コスメ【美的GRAND】

記事を読む

【2】即効性のある「リンパ流し」

エステティシャン 

高橋 ミカさん

mise beauté 主宰。大手エステサロンを経て、27歳で独立。2004年「missi beauté(ミッシィボーテ)」をオープン。高級マンションでのセレブでプライベートな空間を自ら演出
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • デトックスできる簡単なマッサージで、たまった老廃物を流してスッキリ見せましょう。
  • 滑りやすいように、クリームかオイルを塗ってから。

【How to】
(1)絞る!
ふくらはぎを順手でしっかりつかむ。手を密着させて雑巾を絞るように5~6回往復。足首から少しずつ上に上げていき、太ももまで。

(2)しごく!
手をグーにして第2関節のとがった部分で、くるぶしの上からひざ下まで5~6回しっかりしごき上げる。少しずつ場所を変え、太ももも。


初出:「あれ、脚細くなった?」ストッキングやスカートの長さ、コントゥアメイクで下半身のやせ見えがかなう!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事