ボディケア
2019.4.3

1日5分! 簡単ボディリンパマッサージで夏までにしなやかボディに!

リンパドレナージュサロン『Flow』を経て、心と体両面をケアする美容法をさまざまなメディアで発信している美容コンサルタントの余慶尚美さんにリラックスしながらスッキリさせられる“ボディリンパマッサージ”を教えてもらいました。まずは自分のおしりタイプをチェックして。

>>https://www.biteki.com/life-style/body-care/382998

毎日の新習慣にして“溜めない体”作りを!

運動が苦手な人や、リラックスしながら「ガードル地帯」をケアしたい人におすすめなのが、下半身のリンパマッサージ。今回はそのメソッドを美容コンサルタントの余慶尚美さんに教えていただきました!

「下半身…特につま先に行くに従って、血流もリンパの流れも滞ってしまいがち。なのでまず基本メソッドでは足指→足首→ひざ裏→鼠蹊部へと、リンパの流れに沿ったマッサージを行うことで、体の巡りを整えます。これだけでもOKですが、プラスαでおしりタイプ別のマッサージを行うとより効果的です。まず『垂れ尻洋梨』さん。おしりが垂れる=消化機能が低下してむくみやすいということなので、両脚の内側全体をほぐしましょう。『ペタンコ尻』さんは太ももの裏とおしりとの境界線が曖昧なので、ヒップアップのツボ周りと裏ももをしっかり揉みほぐします。『反り腰でっ尻』さんは固くなりがちな股関節と腰の後ろを柔軟に。『四角ピーマン』さんは腰の横や横尻=体の側面に多く贅がついている状態なので、伸ばしてからしっかりほぐして代謝アップを狙います。どのおしりタイプの人も、お風呂上がりの体が温まっている状態でマッサージを行うのがポイントです。運動に比べると緩やかではありますが、ボディラインは確実に変わるはず。ぜひ毎日の習慣にしてくださいね!」

どんなおしりタイプの人もOK! 6STEPの基本リンパマッサージ

【STEP 1】足指パッドで足指を開く

201905gbody1
パンプスをはく人は特に、足指全体が縮こまって巡りが悪くなっている状態なので、まず足指にソフトタイプのパッドをはめて、しっかり開くことからスタート! 足指パッドがない人は、手指を使って開いてもOK。

【STEP 2】足指パッドをつけたまま足指を1本ずつ伸ばす

201905gbody2
足指パッドで開いた足指を、1本1本丁寧に伸ばす。足指のつけ根からつま先まで、痛気持ちいいぐらいの強さでつまみ流すように伸ばすのがポイント。これだけで、足指を使ってちゃんと地面を踏み締められる状態に。

【STEP 3】ゴルフボールで足裏全体をほぐす

201905gbody3
ゴルフボール1個を土踏まずの下に置き、グリグリと押し回すようにほぐすことで扁平足もケア。土踏まずのアーチがない扁平足は、腰痛やひざ痛、肥満などの原因になりやすい。立って行うと痛すぎる可能性があるので、座った状態で片足ずつ、各30秒間行って。

【STEP 4】内くるぶしをほぐしながら足首を回す

201905gbody4
足首が固まっていると脚が太くなったり、冷えやむくみの原因に。まず右手で右足の内くるぶしをほぐしながら左手で右足首を回す。反対側も同様に、各30秒間行って。内くるぶしには老廃物を流すツボが集中しているので、押さえる位置をずらしながら行うのがコツ。

【STEP 5】ドライブラッシングでリンパドレナージュして全身の巡りをアップ!

201905gbody5
ひざ裏と鼠蹊部にある大きなリンパ節を両手でプッシング。その後、ボディブラシを使って足首→ひざ裏、ひざ裏→鼠蹊部へと撫で上げるようにブラッシングしてリンパを流す。太ももの裏は後ろから前(鼠蹊部)へと回り込ませるようにして流すのがポイント。

【STEP 6】太もも裏~おしりの筋肉をストレッチ

201905gbody6
仕上げに太ももの裏~大臀筋のストレッチを。床に座ってあぐらをかいた状態から、片足のひざを胸にグーッと近づける。これを左右各30秒ずつ行って。寝転がったまま行っても◎。

 

教えてくれたのは…
201905goshiri3
美容コンサルタント 余慶尚美さん
リンパドレナージュサロン『Flow』を経て、心と体両面をケアする美容法をさまざまなメディアで発信。不調を的確にケアするツボ・マッサージ法には特に定評あり。

 

『美的』4月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物) ヘアメイク/相馬久美子 スタイリスト/坂下シホ モデル/メイ・パクディ イラスト/きくちりえ(Softdesign) 構成/内田淳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事