ボディケア
2019.4.2

おしりタイプ別トレーニング|1日3分! 簡単自宅トレーニングで美尻を目指す!

大人気整体トレーニングルーム&スクール「ナオコボディワークス」主宰の骨盤矯正パーソナルトレーナーのNaokoさんに、本気でやせたい人におすすめのおしりタイプ別“おしりリセットエクササイズ”を教えてもらいました。まずは自分のおしりタイプをチェックして。

>>https://www.biteki.com/life-style/body-care/382998

垂れ尻洋梨タイプは横尻を鍛えて開いた骨盤を引き締める!

【STEP 1】横向きに寝てひざを開く

201904g309oshiri1

201904g309oshiri2
横向きに寝転んで上体を起こし、下側の手で頭を支える。ひざは曲げ、ひざからつま先までを浮かせた状態から、ひざを左右にガバッと開いてゆっくり3~5呼吸キープ。反対側も同様に。

【STEP 2】脚を伸ばしてつま先を回す

201904g309oshiri3
【STEP 1】の状態から両脚をつま先まで伸ばす。上の方の脚を上げ、脚全体を3~5呼吸ずつ、時計回り→反時計回りの順で回す。開いた骨盤をケアできる上、おしりと脚の形もキレイに整う。

ペタンコ尻タイプは後傾になった骨盤を正しい位置に戻す!

【STEP 1】うつ伏せになって両脚を上げる

201904g309oshiri4
うつ伏せになって両手のひらを額の下あたりに置く。頭を浮かせてひざを開いて曲げ、つま先だけをくっつける。両ひざをできる所まで上げて、3~5呼吸キープ。きついと感じる人は額を手につけて行ってもOK。

【STEP 2】片脚ずつ交互に上げる

201904g309oshiri5
【STEP 1】の状態から今度は片脚ずつ、交互に上げる。片脚を上げるごとにゆっくり3~5呼吸するという動きを3〜5セット行って。肩に力を入れず、下半身の力だけを使うよう意識して。上がりにくい方の脚を多めに行うのもおすすめ。

反り腰でっ尻タイプは前傾になった骨盤を戻して腹筋を!

【STEP 1】頭とひざを近づけておなかを凹ませる

201904g309oshiri6
3角座りの状態から両腕で両ひざを抱えるようにして足首をつかみ、足先を上げる。おなかをグーッと凹ませながら額とひざを近づけて、ゆっくり3~5呼吸キープ。これなら骨盤を正しい位置に整えながら腹筋もできて一石二鳥。

【STEP 2】そのまま寝転んだり起きたりを繰り返す

201904g309oshiri7
【STEP 1】の状態をキープして、おなかをグーッと凹ませながら、起き上がりこぼしのように寝転んだり起きたりを繰り返す。これを3~5往復行ってさらに腹筋を強化。

四角ピーマンタイプはつま先上げスクワットで脂肪燃焼!

【STEP 1】上下にスクワット

201904g309oshiri8
脚を広めに開き、つま先を浮かせることで前傾姿勢になるのを防ぎながら、上下にスクワット。ゆっくりと3~5回行うだけでも体の後ろ側の大きな筋肉を鍛えられるから、効率よく脂肪を燃焼できる。

【STEP 2】重心を左右に移動

201904g309oshiri9
次にテーブルなどに手を置き、つま先は浮かせたままで左右に重心を移動させる。これをゆっくりと3~5往復。もっと効かせたい場合は両手を上げて手のひらを合わせ、もう3~5回スクワットを行って。

 

教えてくれたのは…
201905goshiri1
骨盤矯正パーソナルトレーナー Naokoさん
予約が1年半待ちの人気整体トレーニングルーム&スクール「ナオコボディワークス」主宰。著書『おしりリセットダイエット』(主婦の友インフォス)も大好評。

 

『美的』4月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物)、塩谷哲平(t.cube/人物) ヘアメイク/相馬久美子 スタイリスト/坂下シホ モデル/メイ・パクディ イラスト/きくちりえ(Softdesign) 構成/内田淳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事