ヘアスタイル・髪型
2020.6.2

耳かけボブのおしゃれスタイル【12選】一気に大人っぽくなること間違いなし!

いつものボブヘアに飽きた人必見!一気に大人っぽくあか抜ける耳掛けボブスタイルをご紹介します!前髪ありのかわいいスタイルから前髪なしの大人っぽスタイル、楽チンスタイルのパーマヘアからなりたい雰囲気に合わせてチョイス♪簡単に印象チェンジが叶うヘアアレンジテクも一緒にチェックしてみてください!

【目次】
前髪ありの耳掛ボブで大人かわいく
前髪なしの耳掛けボブで大人っぽくクールに
スタイリング簡単のパーマヘア!
ヘアアクセを使ってもっとおしゃれにアレンジ♪

前髪ありの耳掛ボブで大人かわいく

重たく見えない“重軽Aライン”

重たく見えない“重軽Aライン”

【How to ベース&カラー】
あご下でカットしたワンレンベース。表面に束感が出やすくするよう毛先にグラデーションカットを。シルエットに丸みがつきやすくなるので、柔らかく見せる効果も。前髪は目にかかる長さにカットし、毛先を流しやすくするために毛量調整を。カラーは11トーンのアッシュベージュ。透け感のあるほんのり明るめカラーで、軽く見せつつ赤みを抑えて上品さをキープ。

重たく見えない“重軽Aライン”

【How to スタイリング】
頭皮を指でこするようにしながらドライすると、根元がふわっと立ち上がる。スタイリングの始めに、前髪の表面と内側の毛を2段に分け、それぞれ細めのカーラーで毛先を1回転巻いておく。26mmのアイロンで裾の毛先を内巻きにワンカール。巻いた毛先に動きが出るよう、内・外ランダムに散らす。さらに表面の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ、ふわっとした束感を作る。全体の毛束の内側からスプレーワックスを吹きかけ、軽くもみ込んで自然なふんわり感を。前髪のカーラーを外し、スプレーワックスを吹きかけた指先で毛先をサイドに流せば完成。

長めのボブだけど重たく見えない!今どき上品ヘアは“重軽Aライン”

赤みを抑えた外国人風カラーでこなれ感をプラス

赤みを抑えた外国人風カラーでこなれ感をプラス

【How to ベース&カラー】
前髪は眉にかかる長さで、隙間が作れるように毛先を調整してカット。サイドは襟足から3cmのワンレンベース。動きが欲しい顔周りや表面にはレイヤーを入れる。カラーは全体に細かくハイライトを入れた上から、9トーンのアッシュベージュを重ねる。ハイライトが目立たずなじむので、自然な明るさと立体感を出す。またアッシュベージュは、黄み系のくすみカラー。日本人の肌色になじみやすい色なので、ハイトーンでも上品カジュアルな印象に。

赤みを抑えた外国人風カラーでこなれ感をプラス

【How to スタイリング】
全体をバサバサッと乾かした後、26mmの細めのアイロンで毛先を内・外MIX巻きに。くるんとカールすると野暮ったくなるので、160℃程度の低めの温度設定で軽く巻くと今っぽい仕上がりに。顔周りを外ハネにするとフェースラインが隠れて小顔効果も期待できる。前髪は真っすぐ下ろさず、毛先に軽く隙間を作って。軽く耳掛けをし、ウエット系のスタイリング剤を全体の毛先にもみ込み、束感と立体感を出せば完成。

外国人風♪重ねハイライトの“外ハネボブ”で夏バカンスを盛り上げて!

人とは違ったおしゃれを楽しみたい人におすすめ

人とは違ったおしゃれを楽しみたい人におすすめ

【How to ベース&カラー】
あごラインの前下がりでベースをカット。顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラス。前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整。カラーは10レベルのアッシュベージュに。女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げる。

人とは違ったおしゃれを楽しみたい人におすすめ

【How to スタイリング】
ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かす。髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻く。前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませる。ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

前髪なしの耳掛けボブで大人っぽくクールに

ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪

ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪

【How to ベース&カラー】
ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。前髪はリップラインで、薄めにカット。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整。カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があるカラー。

ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪

【How to スタイリング】
髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きに。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りに。前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成。

ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

大人っぽく見える絶妙バランス!

大人っぽく見える絶妙バランス!

【How to ベース&カラー】
前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。カラーは7トーンのアッシュブラウン。ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出。落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えない。

大人っぽく見える絶妙バランス!

【How to スタイリング】
顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなる。全体の毛束の中間から毛先に向かって32mmのアイロンで軽くワンカール。やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイント。ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出す。前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。よりスッキリ感が出る。

長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

今っぽくおしゃれな内巻きスタイル

今っぽくおしゃれな内巻きスタイル

【How to ベース&カラー】
肩上でカットしたボブベース。毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作る。前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流す。カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えない。またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。黄みも抑えるので上品な発色をキープする。

今っぽくおしゃれな内巻きスタイル

【How to スタイリング】
乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてる。それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。32mmのアイロンで毛先を内側にワンカール。さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませる。このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすくなる。片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けを。耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成。

“内巻きボブ”を今っぽおしゃれに作るカギは、耳前のふわっと毛束にあり!

スタイリング簡単のパーマヘア!

サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

【How to ベース&カラー】
前髪を6:4で分ける。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくする。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。全体の毛先に22mmのロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができる。カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラー。

サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

【How to スタイリング】
乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなる。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活する。ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成。デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣。

面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

ニュアンスパーマで大人カジュルに

ニュアンスパーマで大人カジュルに

【How to ベース&カラー】
ショートボブのベースはグラデーションでカットし、トップと顔まわりにレイヤーを入れる。トップの長さを残すことで女性らしい丸みのあるシルエットに。前髪はパーマをかけて眉にかかるくらいの長さにカット。幅を薄めにとり、透けバングに。カラーは、ブラウンにパープルをミックスした8レベルのショコラベージュに。ツヤ感があり冬におすすめのシアーな色味。

ニュアンスパーマで大人カジュルに

【How to スタイリング】
パーマは17mmと20mmのロッドを使い、ランダムな外ハネ&カール感の表情をつくる。顔まわりは“縦の動き”を出すために斜め巻きのスパイラルで。スタイリングは、根元を中心に7割ほどドライしたら、シアバターorソフトワックスを毛先と顔まわりに塗布。全体に付けないことでセミドライな質感に仕上げ、バングと顔まわりのフレームラインをウェットな質感にすることでメリハリのあるスタイルが完成。

ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力のショートボブ

裾に外ハネをプラスすると大人っぽさUP

裾に外ハネをプラスすると大人っぽさUP

【How to ベース&カラー】
表面にレイヤーを入れた、肩上のグラデーションボブベース。前髪は8:2で分け、リップラインでカット。前髪とサイドを繋げないことで、顔周りの動きを出しやすく。全体の毛先から中間にかけて細めのロッドで内外MIXしてパーマを。毛先がランダムに動き大人っぽく。カラーは8トーンのパールブラウンで、内側のみ11トーンのブラウンで。パッと見はツヤのある上品ブラウンですが、内側の毛先からチラッとハイトーンカラーを覗かせることで都会的な遊び心をプラス。

裾に外ハネをプラスすると大人っぽさUP

【How to スタイリング】
ドライヤーでまず根元をしっかり乾かす。毛先はパーマで作ったカールを持ち上げながら軽く乾かして。毛先にカール用ムースを揉み込みランダムな動きを出す。裾に外ハネをプラスして、全体が丸いシルエットにならないように意識する大人っぽい印象に。前髪は根元を持ち上げキープスプレーを吹きかけ、毛先はサイドに流す。片側を耳にかけてすっきりさせれば完成。

アシンメトリーで魅せる “外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女!

ヘアアクセを使ってもっとおしゃれにアレンジ♪

アシンメトリーサイドねじり

アシンメトリーサイドねじり

【How to】

アシンメトリーサイドねじり

トップの毛束を取り少しずつ髪を拾いながら外側にねじり、耳上でピンで固定。

アシンメトリーサイドねじり

質感変え+アシメフォルムで印象チェンジ

質感変え+アシメフォルムで印象チェンジ

【How to】

質感変え+アシメフォルムで印象チェンジ

(1)ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。

質感変え+アシメフォルムで印象チェンジ

(2)9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。

ショートヘアの簡単イメチェン|梅雨の湿気による髪の広がりをカバー!

ぐっとおしゃれになるサイドねじり留め

ぐっとおしゃれになるサイドねじり留め

【How to】

ぐっとおしゃれになるサイドねじり留め

(1)前髪を9:1の大胆なサイドパートにする。根元からしっかりと髪をかき分けてからしばらく手で押さえ、くせをつけて。

ぐっとおしゃれになるサイドねじり留め

(2)分け目側のサイドの髪を、後ろ向きにねじりながら耳にかけて飾りピンで固定。おしゃれなニュアンスをプラス。

外出先でもささっとできちゃう夏ヘアアレンジ~サイドねじり留め~

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事