ヘアスタイル・髪型
2019.10.18

人気のヘアスタイルでイメチェン!30代・40代の大人女性におすすめ髪型カタログ

大人の女性にぴったりの最旬人気ヘアスタイルをご紹介。自分のスタイルを確立している30代~40代の大人の女性のイメチェンはなかなか勇気が要るもの。でも今の髪型にマンネリを感じていたら思い切ってチャレンジ!ショート・ボブ・ミディアム・セミロング・ロングのレングス別に若々しく見えるけど幼く見えず大人の女性のやわらかさや色気、かわいらしさやかっこよさを引き出すスタイルが満載です!切りたくない人はパーマもおすすめ♪

【目次】
ショートヘアは女っぽさを残してボーイッシュにならない
ボブスタイルは美人見えシルエットで小顔に
ミディアムヘアは作りこまないカジュアルがポイント
セミロングは大人の色気と可愛らしさを両立して
ロングヘアは清潔感のあるヘルシースタイルで
切りたくない&伸ばしかけの人はパーマで印象チェンジ

ショートヘアは女っぽさを残してボーイッシュにならない

幼くなりがちな丸みのあるショートは長め前髪で大人顔に

幼くなりがちな丸みのあるショートは長め前髪で大人顔に

\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK。ストレートも、ふんわりも、ちらっと見える目元が色っぽさを演出。ショートは幼く見えがち?そんなことはありません。こちらのショートヘアは、長めの前髪がポイントとなり、大人の色気が漂うスタイルとなっています。前髪の隙間から覗く目元がセクシーな雰囲気をプラス。男ゴゴロをぐっと掴めそうです。

・オイルで仕上げたストレート、ふわっとボリューム感を出したスタイル、どちらもハマるデザインに。耳にかければ、より大人ムードな印象を与えてくれます。コンパクトにまとめるショートスタイル。直毛の方のみならず、広がりやすい髪質ならストレートパーマと組み合わせればお手入れも簡単に。やや重みを残したこちらのスタイル、この秋注目です。

\How to ベース&カラー/

・サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでベースをカットします。トップには角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取ります。耳にかけた時に“ぴょんぴょん”と毛が飛び出さないよう計算して、毛量調整は控えめに。

・カラーは、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウンに。アッシュに寄り過ぎていないため、顔色をキレイに見せる効果があり、オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味です。

幼くなりがちな丸みのあるショートは長め前髪で大人顔に

\How to スタイリング/

・ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てます。乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通します。

・ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルを選びます。オイルを全体的に馴染ませ、手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。ふんわりさせる場合、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。

長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK

柔らかく優しげな表情になるゆるふわショートボブ

柔らかく優しげな表情になるゆるふわショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。やわらかい印象のナチュラルショート。ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。

・前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは前下がりのショートボブにカット。顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。

・量感を調整して、重すぎない印象としています。カラーは6レベルのアッシュグレーに。ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。

柔らかく優しげな表情になるゆるふわショートボブ

\How to スタイリング/

・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。
・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。
・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

ボブスタイルは美人見えシルエットで小顔に

襟足の外ハネ&くびれシルエットで作る美人ボブ

襟足の外ハネ&くびれシルエットで作る美人ボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア。上品なツヤ感を演出し、伸ばしかけのハネを生かしたスタイル。柔らかいフォルムで女性らしい雰囲気のボブヘア。すっきり爽やかな印象を与えながら、髪の質感を艶やかでキレイめにすることでフェミニンな表情を叶えています。ショートボブからボブへの伸ばしかけでも、髪のハネを生かすことができるので挫折知らずです。

・また、技ありの“ダブルバング”が、大人っぽい透け感と髪の流れを実現。ダブルバングとは、幅&奥行きの狭い前髪の上に、長めの髪を重ねることで、重さを残しつつ今どきの抜け感を表現できる前髪デザインのことです。サイドの重さは残し、バックには軽さを出したメリハリのあるこちらのスタイル。軽く耳にかけるとファルムが作りやすく、バランスのいい美人見えヘアが完成します。

\How to ベース&カラー/

・顎下3㎝の長さに設定し、グラデーションで平行ラインにカット。バックからレイヤーを入れて丸みのあるシルエットに仕上げます。前髪は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整します。

・カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。

襟足の外ハネ&くびれシルエットで作る美人ボブ

\How to スタイリング/

・乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布します。全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。

・ツヤ感が欲しいときは、アウトライン以外を内巻きにしても◎。乾かす前にオイルを付けているのでスタイリング剤は無しでもOK。最後に両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がりです。

大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア

シースルーバング×小顔ショートボブで大人かわいく

シースルーバング×小顔ショートボブで大人かわいく

\ヘアスタイルのポイント/

・シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ!

・大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。

・オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。

\How to ベース&カラー/

・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。

・横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

シースルーバング×小顔ショートボブで大人かわいく

\How to スタイリング/

・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。

・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

ミディアムヘアは作りこまないカジュアルがポイント

前髪ありでも大人っぽく見えるカジュアルミディ

前髪ありでも大人っぽく見えるカジュアルミディ

\ヘアスタイルのポイント/

・前髪ありミディアムヘアでも大人っぽさを演出!柔らかくラフな動きの愛されミディ。セミウェットな質感と束感でこなれ感のあるレイヤー。レイヤーの毛先の軽さがポイントのミディアム。柔らかい印象に見える秘訣は、スライドカットによる先細り感とカラーリングがもたらす透明感の相乗効果です。

・前髪を長めで浅く設定すること+前髪からサイドにかけてラウンドにつなぐことで女性らしい雰囲気に仕上がっています。また、黒目と黒目の間のラインを平行につくることで目力UPにも。可愛らしさはもちろん、髪の質感にトレンドを取り入れしゃれ感のあるスタイルにもなっています。前髪を作りたいけれど大人っぽいスタイルにしたい、柔らかく触れたくなるような髪の質感に見せたい、髪にツヤ感が欲しい、という人にぜひ挑戦してもらいたいミディアムレイヤーです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは鎖骨下の長さで前上がりのワンレングスでカット。表面からレイヤーを入れて軽さと動きを出します。前髪は目の上ギリギリの長さでカットして、サイドにかけて緩やかなラウンドで繋ぎます。

・また、浅めにすることが幼く見えないポイント。毛量調整はスライドカットで先細りの柔らかい仕上がりに。カラーは10レベルのオレンジベージュに染めます。やや明るめのレベルで透明感とツヤ感のある髪をもたらす色味です。

前髪ありでも大人っぽく見えるカジュアルミディ

\How to スタイリング/

・根元をふんわりと立ち上げるようにドライし、乾いたら32mmのアイロンで毛先を外ハネに巻きます。頭のハチ上は、アイロンで巻く毛束を真上に引き出して内巻きにワンカール巻くことで動きをプラス。前髪は巻き過ぎないように通すくらいでOK。

・スタイリング剤は、ナチュラルな束感とツヤを引き立てるためシアバター&オイルをミックスし、髪を一つ結びにするように手ぐしを通しながら塗布します。こうすることで内側の髪にもしっかりスタイリング剤をつけることができ、髪の動きを表現することができます。前髪はシアバターのみを少しだけ塗布し、透け感のアクセントを整えたら完成です。

前髪ありミディアムヘアでも大人っぽさを演出! 柔らかくラフな動きの愛されミディ

レイヤーで作るくびれシルエットが色っぽい大人セミディ

レイヤーで作るくびれシルエットが色っぽい大人セミディ

\ヘアスタイルのポイント/

・くびれセミディヘアは、ラフさが鍵!ナチュラルな大人の色気を演出。小顔効果あり!透けバングの色っぽレイヤーヘア。人気のくびれミディ、ナチュラルでもおしゃれ見えするポイントはレイヤーの動きにあり。決め過ぎていないラフさが、大人女性のこなれ感を演出します。

・また、きゅっと“くびれ”をつくることで、色気や女っぽさを感じさせてくれるスタイルになっています。前髪は、薄めにつくり透け感が今っぽさをプラス。おろし流しも可能なので、雰囲気を変えたい時にも◎。サイドバングをほお骨にかかる長さに設定することで、小顔効果も絶大なミディアムヘア。伸ばしかけで長さは変えたくないけど、イメージを変えたいという人にイチオシのスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは鎖骨下の長さでアウトラインを前上がりにカットします。動きやくびれを演出するレイヤーをトップと顔まわりに入れます。前髪は目にかかるギリギリでカットして目力アップ効果に。

・サイドバングは頰にかかる長さでカットして前髪と自然なラインでつなげます。カラーは、10トーンのアッシュベージュに。ベージュにアッシュを加えることで、赤みを抑えながら、くすみのない柔らかな印象に仕上げます。

レイヤーで作るくびれシルエットが色っぽい大人セミディ

\How to スタイリング/

・ドライ時は、根本を前方向に向かって乾かします。全体が乾いたら32mmのアイロンを使い、サイドの髪を毛先から外巻き→内巻きと1回ずつ波ウェーブに巻きます。バックは外ハネだけでOK。その後、もみ上げと表面の髪を細く束で取り、リバースに巻きます。

・前髪はストレートアイロンがオススメですが、カールアイロンを使う場合中間から軽く通すだけに。ややウェットな仕上りになるバーム系のスタイリング剤を馴染ませたらフィニッシュ。

くびれセミディヘアは、ラフさが鍵! ナチュラルな大人の色気を演出

セミロングは大人の色気と可愛らしさを両立して

やわらかいゆるカールが大人の余裕が醸し出す

やわらかいゆるカールが大人の余裕が醸し出す

\ヘアスタイルのポイント/

・大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!前髪をかき上げた時もふわりとやらわかい色気が漂います。緩やかカール×レイヤーのこちらのセミロング。レイヤーがしっかり入っているので軽い表情となり、ひし形シルエットの美バランスに。ボリュームが出にくく、ペタッとしやすい人でも、程よい抜け感のあるスタイルに仕上がります。

・毛先をスライドカットで先細りにすることで、繊細さや柔らかさを演出し、ヘルシーな雰囲気に。また、カールの緩やかな曲線が色気をプラスします。ベージュカラーをチョイスすることにより、柔らかい印象をさらに高め、肌トーンアップにも。スタイルのポイントである「SUGAMIパーマ」は、通常のパーマよりもダメージレスで、クルリとしたカール感ではなくニュアンスのある、よりやわらかい仕上がりを叶えるパーマです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは胸の高さくらいで前上がりのワンレングスでカット。レイヤーはしっかり目に入れて、動きと軽さを出します。前髪はリップラインに設定。

・かき上げて髪が落ちてきた時の透け感を計算して、やや薄めに作ります。カラーは、8レベルのブラウンベージュに。そろそろ秋仕様に、ややこっくりした色味にシフトして。

やわらかいゆるカールが大人の余裕が醸し出す

\How to スタイリング/

・パーマは「SUGAMIパーマ」を28mmのロッドを使い、ニュアンスが出やすいようにフォワードとリバースをランダムに巻きます。
・スタイリングは、ばーっとドライヤーで乾かしてから、軽めのワックス、もしくはクリームをクシャクシャっと全体的に揉み込んだらフィニッシュ。
・前髪はセンターパートがオススメですが、生えグセが強い場合は、自然な分け目を活かしてリラックス感のあるスタイルを楽しんで。

大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!

華やかさとかわいさを備えた大人フェミニンスタイル

華やかさとかわいさを備えた大人フェミニンスタイル

\ヘアスタイルのポイント/

・斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に。動きとツヤ感がポイントのフェミニンスタイル。エレガントさをキープしつつ、動きのあるスタイルを取り入れたいなら、ふんわり動きのあるワンカールが断然今っぽい。動きがありながら、ベースに重さを残しているので、カジュアルになり過ぎない大人かわいいスタイルです。

・顔まわりとトップに入れたレイヤーが、ふわっと柔らかな動きを演出。髪のボリュームが出にくい人にもおすすめです。毎日のスタイリングもワンカールでOKなので、時短で簡単におしゃれを楽しむことができます。また、頬骨の高さでカットした前髪が、骨格をカバーして小顔効果もアリ。さらに、

・顔まわりをリバースに流せば、華やかな雰囲気となり表情を明るくしてくれます。ツヤ感があり、毛先に程よい厚みがありまとまりのあるデザイン。スタイルチェンジをして、トレンド感をプラスしたい人にも◎。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残します。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。

・前髪は頬の位置から流れるようにカット。8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラーです。

華やかさとかわいさを備えた大人フェミニンスタイル

\How to スタイリング/

・トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカールします。

・サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流します。トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成です。

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

ロングヘアは清潔感のあるヘルシースタイルで

ウェーブで動きをつけたおしゃれロングで脱マンネリ

ウェーブで動きをつけたおしゃれロングで脱マンネリ

\ヘアスタイルのポイント/

・ルーズなウェーブロングは、前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに。甘すぎないナチュラルヘアは、洗練されたおしゃれ感に。アイロンで仕上げたこなれ感のあるウェーブロング。交互に内巻きと外巻きを施したルーズ感に、毛先につれて明るく見えるバリアージュ風のハイライトを入れることでさらに動きをプラスします。

・ヘルシーで元気な印象を与え、動きのあるロングヘアは、脱マンネリロングにもおすすめです。前髪は薄めでサイドと馴染むようにつくりますが、前髪として存在させることで顔まわりにふわりとした動きを演出してくれます。顔まわりの骨格補正も望め、丸顔さんにも◎。秋にもぴったりなロングヘアです。女性らしいイメージにはしたいけど、甘すぎないスタイルにしたいなら即チャレンジを!

\How to ベース&カラー/

・ベースを胸上くらいの長さで前上がりにカットしたローレイヤー。前髪は顎下5cmくらいに設定し、サイドと馴染むくらいにい薄めにつくります。毛量調整をして、動きが出るようにします。

・カラーは、全体を9レベルのアッシュベージュに染めてから、頭のはち上にのみ細かめのハイライトを重ねます。寒色系をチョイスすることで、ヘルシーな女らしさに。

ウェーブで動きをつけたおしゃれロングで脱マンネリ

\How to スタイリング/

・センターパートに分けたら根元からしっかりとドライします。乾いたら38mmの太めのアイロンで、サイド左右2パネルを毛先から内巻き、外巻きを1回転ずつ交互に根元まで巻きます。

・トップ付近は内巻きと外巻きの間隔を広めにして、あえて巻かない髪をつくることでルーズ感&こなれ感な表情に。スタイリング剤は、中間から毛先にヘアオイルを揉み込んで、束感を整えたら完成です。

ルーズなウェーブロングは、前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

かきあげセンターパート×ハイライトカラーでかっこいい大人ヘア

かきあげセンターパート×ハイライトカラーでかっこいい大人ヘア

\ヘアスタイルのポイント/

・ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング。柔らかい束感と抜け感を表現する色っぽローレイヤーロング。ロングは断然、重めのレイヤーがトレンドです。こちらのスタイルは、重さのあるカットの中にカラーリングで軽さをミックス。

・抜け感や透明感をプラスしています。細めのハイライトによるコントラストが、気品のある立体感を生み、やさしくフェミニンなイメージを与えてくれます。また、襟足までしっかりハイライトが入っているので、これから暑くなる季節にアップやアレンジをした時も毛先の色がグラデーションとなり、おしゃれなニュアンスに。

・毛先に重さや厚みは残しつつ、レイヤーの動きが軽い質感となる重軽ヘア。ふんわりとした柔らかさと女性らしさが漂うロングは、髪質が硬く見えやすい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースをワンレングスでカットしたら、低めにレイヤーを入れます。毛量調整は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に行います。前髪はサイドより短めにカットして、やや軽い印象に。ふわっと7:3くらいのパートで分けてもいいし、オールバックにしても決まるデザインです。

・カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねます。赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりになっています。

かきあげセンターパート×ハイライトカラーでかっこいい大人ヘア

\How to スタイリング/

・根元に空気感が出るように全体を乾かします。ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作ります。

・スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。クールに決めたいならオールバックがオススメです。

ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

切りたくない&伸ばしかけの人はパーマで印象チェンジ

ショートに飽きたらニュアンスパーマで雰囲気を出して

ショートに飽きたらニュアンスパーマで雰囲気を出して

\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目。おしゃれをとことん楽しむなら、耳かけショートでアクセ映えを!この秋、注目急上昇中の耳かけショート。今っぽいウェットな質感&ふわっとした髪のニュアンスが、女の色香をアップさせてくれます。もみあげのタイトさと、パーマのふんわり感のコントラストが効いた大人かわいいスタイルは、耳にかけることでピアスなどのアクセサリー映えも◎。

・前髪はやや薄めで長めにすることで、立ち上げることも、雰囲気を変えておろし流しにもアレンジ自在です。ショートで前髪をつくってみたいという人にもぴったりのスタイル。顔型を問わずトライできるショートスタイル。ボリュームが出にくい人はパーマがマストですが、広がりやすい人はパーマ無しでもすっきり耳にかけることでボリュームをおさえることができます。

\How to ベース&カラー/

・サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。バックとトップもグラデーションでつなげます。襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。

・前髪は、目が隠れるくらいの長さでカットします。カラーは9レベルのウォームベージュをセレクト。赤みを抑える色味でありながら、髪にまろやかさとツヤ感を与え、柔らかい質感に見せる効果があります。

ショートに飽きたらニュアンスパーマで雰囲気を出して

\How to スタイリング/

・ダメージレスでトリートメント効果が望めるGDC(ガーデンオリジナルデジタルキュア)というデジタルパーマを20mmのロッドでかけます。すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻きます。

・スタイルングは、ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布します。もみあげはしっかり目につけるのが鍵。アイロンで仕上げる場合は、26mm、もしくはストレートアイロンで。最後に、前髪を3〜5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感をプラスすることをお忘れなく。

長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

伸びてまとまりずらいショートボブもスタイリングが楽に

伸びてまとまりずらいショートボブもスタイリングが楽に

\ヘアスタイルのポイント/

・マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく。今っぽヘアのワイドバングにトライするならこちらが一押し。前髪に束間と隙間をつくることで涼しげで、こなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。

・マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルとなります。ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象のショートヘアに。ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメです。こなれ感のあるヘアは、今季注目のラバージュカラーを先取り。

\How to ベース&カラー/

・ベースのカットはショートボブに。動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。襟足はすっきり切り込みます。前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。

・また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。カラーリングは、8レベルのラバージュに。ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせます。

伸びてまとまりずらいショートボブもスタイリングが楽に

\How to スタイリング/

・26mm~32 mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るようにパーマをかけます。もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。

・スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かします。8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。最後に表面と前髪の束間を整えたら完成です。

マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

ハネやすい長さのミディアムヘアをキレイなIラインシルエットに

ハネやすい長さのミディアムヘアをキレイなIラインシルエットに

\ヘアスタイルのポイント/

・ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット。大きめカールのカジュアル感がちょうどいいミディ。ヘアスタイルのトレンドはI(アイ)ラインへ移行しつつあるとか。Iラインとはすそ広がりのAラインとは違い、毛先に重さや厚みのないシルエットになります。こちらのミディはパーマスタイルでも広がらないよう毛量調整をしてラフな動きとニュアンスを演出。

・外ハネミックスがしゃれ感をプラスしてくれます。肩に当たるハネを動きとして活かせるので、伸ばしかけでもストレスと無縁です。また、髪色を暖色系のアプリコットブラウンにすることで、パサつきを抑え、髪表面のキレイさやツヤ感を引き立ててくれます。今年っぽいシルエットでカジュアルな雰囲気を目指すなら断然このミディ!やわらかい女性らしさや髪のツヤ感が欲しい人にもおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨上の長さで前上がりにカットしたローレイヤー。パーマをかけた時に厚みや広がりが出ないように毛量感を調整し、毛先はスライドカットで束感が出るようにします。

・カラーは、面をキレイに見せツヤ感のある髪に仕上げるため、7トーンのアプリコットブラウンに。ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色です。パーマをかける場合、太めロッド&大きめカールのデジタルパーマを施します。

ハネやすい長さのミディアムヘアをキレイなIラインシルエットに

\How to スタイリング/

・スタイリングは、ドライ後にツヤが出るクリームワックスを中間から毛先に塗布し、やや重めの質感で毛束を作ります。
・前髪は流行りの透け感バングでも、暖色系の色味は厚みを感じやすいので、束感を強調しながら流すことで軽さや今っぽさを表現します。
・パーマ無しの場合、太めの38mmのアイロンで、顔周りはリバースに、バックはランダムにゆるく巻いてからスタイリング剤をつけて整えます。

ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット

極ゆるカールで作る脱力セミディヘアでイイ女度アップ

極ゆるカールで作る脱力セミディヘアでイイ女度アップ

\ヘアスタイルのポイント/

・美肌見せカラー×柔らかセミディヘアでイイ女感を!パーマで作る毛流れで今っぽさも。ニュアンスカールが柔らかく揺れる前髪ありのローレイヤーセミディ。肌のくすみが気になる季節は、髪のカラーリングで美肌見せ効果を狙って。ベージュにバイオレットやグレーをミックスしたカラーが透明感をアップさせてくれます。スタイルは、アイロン仕上げのようなデザインを叶えるセミディ。

・後ろに流れるレイヤーにより、コンサバに寄り過ぎず今年っぽい表情に。また、レイヤーによって生まれる短い髪が顔の輪郭と重なり丸みラインを形成して、柔らかく女っぽいイメージを演出します。狭めの前髪は、ぱつんと揃った厚みがありながら、隙間から肌を見せるのがポイント。この抜け感と縦長シルエットのコンビネーションにより、前髪ありでも大人っぽい印象を与えてくれます。

\How to ベース&カラー/

・ベースは鎖骨下5cmの長さでやや前上がりにカットします。こめかみ上にレイヤーを入れ、毛先の厚みは残しつつ、ふんわり柔らかい動きをプラス。前髪は幅を“浅く広く”するのがポイントとなり、隙間ができてこなれ感のある印象になります。

・カラーは9レベルのシナモンベージュをワンメイク。ベージュにバイオレットとグレーをミックスしたカラーで、バイオレットが黄色を補正し、無彩色のグレーが髪の透明感をアップさせ、顔映りのいい仕上がりに。

極ゆるカールで作る脱力セミディヘアでイイ女度アップ

\How to スタイリング/

・毛先に24〜26mm のロッドでパーマをかけます。毛先のニュアンスとなるようサイドは左右2本ずつ、バックは7本、1.5回転巻きます。スタイリングは、ドライしてから、軽い質感で動きの出るクリームバターを全体的に塗布します。

・毛先だけではなく、1本1本の根元〜毛先までを薄くつけるイメージで、髪をねじりながらつけたり、結ぶように指を通すとうるおいとツヤ感のあるスタイルが完成します。

美肌見せカラー×柔らかセミディヘアでイイ女感を!パーマで作る毛流れで今っぽさも

うねるロングヘアはダメージレスなストレートパーマが正解

うねるロングヘアはダメージレスなストレートパーマが正解

\ヘアスタイルのポイント/

・清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪レイヤーでふんわり&最新ストパがナチュラル感の鍵。ストレート×ロングの最強タッグで、女の色香を引き立てるスタイル。

・自然体で気取らず、女性らしさの漂うレイヤーロングは、前髪なしで大人っぽく、知的で品のある好印象ヘアに。そして、ナチュラルで柔らかなストレートの秘密は、「SUGAMI ストレート」というメニューにアリ!最新のストレートパーマは、ダメージレスなうえ、素髪のようなナチュラルな仕上がりを叶えてくれます。

・前髪はセンターパートにすることで、ピュアなかわいらしさを演出。さっとかき上げれば、男ゴコロをぐっと掴むセクシーな雰囲気に。また、毛先を逃して、髪の中間を太めのアイロンで巻くことでカジュアル感のあるヘアも楽しめます。「髪が広がりやすい」「クセ毛でまとまらない」という人でも、扱いやすくなるのでおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下15cmでベースをカットしたローレイヤー。前髪は長めに残し、全体とつなげています。前髪の分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。カラーは地毛の明るさを生かし6レベルのベージュブラウンで染めます。

・スタイルのポイントとなるストレート感は「SUGAMIストレート」で。酸性タイプの低ダメージのストレートパーマで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりになります。

うねるロングヘアはダメージレスなストレートパーマが正解

\How to スタイリング/

・濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから乾かします。根元がふんわりするように乾かしたら、ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。くるくるドライヤーを使っても◎。

・保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュです。ロングストレートのキレイに見せる一番のポイントは“ツヤ感”なのでトリートメントも抜かりなく!

清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事