ヘアスタイル・髪型
2021.9.13

大人の抜け感ヘアは、顔まわりが鍵!色っぽパーマのお洒落ロング|最旬ヘアカタログ

\"\"

15周年を迎えた人気サロン、GARDENから秋のおすすめスタイルが到着。ちょっぴりクリエイティブなデザインを教えてくれたのは、drive for garden のヘアスタイリスト・一番合戦彩さんです。今回、ヘアアクセサリーのポイントも伝授してくれました。

この秋、ロングに限らず、ショート、ミディアムでも注目したいのが顔まわりのニュアンスカール。おくれ毛のデザインが、今っぽい抜け感を演出するので要チェックを!マスク生活のアクセントにもなります。また、ヘアアクセが熱い今季。どんなファッションにもマッチするシンプルなバレッタやクリップと合わせるのがおすすめ。さらに、夏の日差しで黄色く退色した髪色には、ラベンダーがベストチョイス。程よい“くすみ感”で、髪を柔らかく見せてくれます。

ニュアンスカールで、秋っぽく今どきに

1

【how to“カット&カラー”】
全体の長さを鎖骨下15センチでカット。表面に低めにレイヤーを入れて動きを出しやすくします。ベースの厚みを残すのが今っぽさのポイント。顔まわりのニュアンスとして、短めのおくれ毛やもみ上げを作ります。おくれ毛となじませることで、生え際の産毛を活かすことも。カラーは、7レベルのモノグレージュに。黄色っぽく退色した髪色をカバーするラベンダーをMIXすることで、透明感のある柔らかい質感を叶えます。

2

【how to“パーマ&スタイリング”】
人気の高まっているパーマスタイル。26mmのロッドをメインに、フォワード&リバースのMIX巻きに。顔まわりに細めのカールをつくることで、女性の色気を引き出してくれます。

スタイリングは質感重視で、重めのオイルを全体につけます。ツヤ感、束感を出しながら、ウェーブの動きのある仕上がりに。ヘアアクセは、チェーンタイプのネックレスを使用していますが、シンプルなバレッタやクリップでも。動きがつくように、ゆるめに止めるのがポイントです。

 

drive for garden

一番合戦彩さん

ボブやミディアムを得意とし、かわいい&かっこいいスタイルに定評あり。カットのみならず、トレンドを取り入れたヘアアレンジは、今っぽくおしゃれになれると評判。
joemi-by-unami%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:drive for garden(ドライブフォーガーデン)
担当サロンページはこちらから
drive for garden(ドライブフォーガーデン)

 

撮影/Shin Chishaki(will creative) モデル/内野七星 文/小平多英子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事