ヘアスタイル・髪型
2019.9.26

2019年秋冬はミディアムストレートヘアが新鮮!どんな年代や輪郭にも似合う万能スタイル

伸ばしかけでもOK!どんな人にも似合うミディアム×ストレートヘアをご紹介。レイヤーカットでおしゃれに仕上げるのが今旬!ナチュラルなストレートヘアは前髪ありなしで印象が変わります♪黒髪にも似合うスタイルや40代の大人女性に似合うヘア、丸顔・面長さんの輪郭悩みをカバーする小顔フォルムなどストレートミディで美人ヘアに変身。

【目次】
レイヤーカットでおしゃれが加速!
前髪なし×ストレートヘアはワンレンが正解
前髪ありはラフでナチュラルな自然体ヘアで
黒髪系ダークカラーにも相性ぴったり◎
40代の大人の女性にこそ似合うミディアムストレート
丸顔&面長さんを小顔に見せるスタイル

レイヤーカットでおしゃれが加速!

しっかりレイヤーで動きを出した浮遊感ミディ

レイヤーで動きを出した浮遊感ミディ
\ヘアスタイルのポイント/

・“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです。毛束感と浮遊感をプラスした目力アップの美人レイヤー。子供っぽく見えがちなぱっつん前髪ですが、シースルーバングとすることで、清楚さと色っぽさがミックスされたミディアムレイヤーに。前髪が目にかかるギリギリの長さなので、目の印象を強調して女性らしさをアップさせるポイントです。

・さらに、デザインを美しくしているカギは、顔と髪の長さの黄金比率にもあり!顔の長さと前髪の長さが等倍になるよう、前髪カットすると、バランスが良く見え美人度を底上げしてくれるのです。たっぷりレイヤーでラフな動きと軽さが出て、毛束感と浮遊感のある色っぽミディ。これからの季節に注目したいスタイルなのはもちろん、前髪を作ってみたい、動きが出にくい髪質の人にもおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・アウトラインは前上がりでカット。フロントに軽さを出します。レイヤーをしっかり入れて、毛の重なりや動きを表現します。前髪は、目の位置ギリギリでカット。

・セニングを入れると短い毛がぴょんと飛び出すので、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。カラーは9レベルのシナモンベージュに染めます。ツヤ感のあるニュートラルなカラーで、大人かわいい雰囲気を与えます。

レイヤーで動きを出した浮遊感ミディ
\How to スタイリング/

・ドライ時に気をつけたいのが前髪の乾かし方。弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かしましょう。32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻きます。さらに、顔まわりは中間にもカール感を作ります。

・毛束をほぐしてからウェットな質感に仕上がるシアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布します。髪の質感に統一感があると今っぽくなるので、全体的に付けるのがマストです。

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

ハチ上&顔周りレイヤーで作るクビレシルエット

ハチ上&顔周りレイヤーで作るクビレシルエット
\ヘアスタイルのポイント/

・首元のくびれ×外ハネが今っぽおしゃれミディ。猛暑が過ぎ去って、気付けば秋到来。ファッションだけでなく、髪型も秋仕様にシフトチェンジするのがおしゃれ女子です!

・そこでおすすめしたいのが、首元でくびれたような外ハネを作る、くびれミディ。春夏に大人気だった外ハネにトレンドのレイヤーをプラスした、顔周りに動きのあるスタイルです。くびれ感がややレトロな印象なので、こっくり重ための秋ファッションとも相性抜群。

・毛先を巻くだけなので、スタイリングが簡単なところもおすすめポイントです。また顔周りに落ちる毛束でフェースラインを隠せるので小顔効果もあり。トレンドシルエットで、簡単にスタイリングできて、小顔効果も狙えるくびれミディ。

\How to ベース&カラー/

・自然にハネる鎖骨丈でやや前下がりにカット。ハチ上の表面と顔周りにレイヤーを入れ動きを出しやすくします。裾にはレイヤーを入れず重たさを残すことが、今っぽいレイヤーヘアを作るカギに。前髪を薄く取りリップラインでカット。フェースラインを隠すようにパラッと落ちるので小顔効果を狙えます。

・カラーは8トーンの赤みのないシルキーベージュ。くすみ過ぎず透明感と柔らかさがあるベージュなので肌がきれいに見えて◎。落ち着いた印象で秋に映えるカラーです。

ハチ上&顔周りレイヤーで作るクビレシルエット
\How to スタイリング/

・タオルドライ後すぐにトップをセンターで分けず、手ぐしで片サイドに寄せながら乾かします。反対サイドにも寄せて乾かしてからざっくりセンターで分けると、パカッと割れずふんわりしたトップに。32㎜のアイロンで裾全体を外ハネに巻きます。さらに表面のレイヤー部分の毛束を持ち上げ、高い位置でふわっと内巻きに。

・この“内・外”のカールでくびれヘアに。前髪の毛先も軽く外ハネに巻きます。スタイリング剤はパサつきを抑え今っぽいウエットな質感になるシアバターを。髪になじみやすくするためオイルを少し混ぜてから、毛先にしっかり揉み込み徐々に全体になじませます。表面のレイヤー部分は毛束を持ち上げるようになじませ、ふわっとした束感を作って。

・顔周りの前髪を残して軽く耳掛けし、手に残ったスタイリング剤を前髪や耳掛けしたときに見えるもみあげの毛になじませれば完成です。レイヤーが入っているのでくびれや外ハネなど簡単に動きをつけられる秋旬ヘア。顔周りが軽くても裾に重たさを残しているので、大人でも楽しめるカジュアルスタイルです。

秋ヘアの大本命! 小顔効果も狙える、ミディ丈の“くびれレイヤー”

ハイレイヤー×外ハネでカジュアルに

ハイレイヤー×外ハネでカジュアルに
\ヘアスタイルのポイント/

・“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!ナチュラルな外ハネに、抜け感と大人の女っぽさをプラス。外ハネやボブの進化系として、近頃流行りつつあるレイヤーたっぷりなミディをご提案。乾かすだけで“くびれ感”のある外ハネになってくれる、お手軽スタイリングが嬉しいスタイルです。

・前髪は、人気のシースルーバング。人とは違ったデザインにチャレンジするなら、目にかかる長さの“うざバング”がおすすめ。長めの前髪は流すこともできるので、2WAYの異なった雰囲気を楽しむことができます。おでこが透けるので、前髪が長くても軽さと大人っぽさを演出。ナチュラルで抜け感のあるミディアムレングス。ハイレイヤーなので、乾かすのも簡単かつ時短スタイリングを叶えてくれます。カジュアルでも、しゃれたニュアンスがあるので、これからの季節に注目のデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカット。顔周りからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。

・10トーンのカーキベージュは、柔らかさのある春にぴったりな色味。ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。

ハイレイヤー×外ハネでカジュアルに
\How to スタイリング/

・絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できます。ただし、前髪に分け目がつかないよう注意して。カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。

・セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整えます。髪の広がりが気になる人は、オイルを使っても◎。

“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!

頬に沿うレイヤーがおしゃれなくびれストレート

頬に沿うレイヤーがおしゃれなミディアムくびれストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・鎖骨下4cmの長さで少し前上りにカット。
・顔周りは頰に沿うようにレイヤーを丸く入れ、全体はあごのラインで段を作ります。
・裾はある程度厚みを残してすかっとさせない方が、今っぽくカジュアルな雰囲気に。

メンズライクなゆるコーデにギャップを作るくびれライン♪

前髪なし×ストレートヘアはワンレンが正解

ストレートヘアはサラツヤな質感が大事

ストレートヘアはサラツヤな質感が大事
\ヘアスタイルのポイント/

・風になびく「サラツヤ ストレート」で爽やか女っぽく!
・晴れた日は湿気が少ないストレート日和。
・とかすだけでまっすぐなツヤ髪を作る“ダフニ”と、柔らかく潤わせいい香りになるミストで、素のツヤ髪自体を飾りに。

ストレートヘアで晴れた日は爽やかヘア♪風になびくのサラツヤ髪の作り方

センターパートのかきあげ前髪で作る美人ヘア

センターパートのかきあげ前髪で作る美人ヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに。美人かき上げ前髪が、大人の女っぽさを加える好印象ヘア。自然体でもこなれた雰囲気の女性。洗練されたヘアスタイルの印象から、スマートな暮らしぶりまでも想像できそうなミディがこちらです。

・軽すぎない毛先重めの今っぽレイヤーは毛先にラフな遊びがあり、肩で跳ねても違和感のない動きのあるデザインとなっています。また、ふわっとした長めの前髪がおしゃれ感を演出。かき上げた時も品のある髪の重なりが生まれ、さりげなく女っぽさのアピールもできます。

・ナチュラルさがミックスされた大人のキレイめヘア。どんな顔型ともマッチする万能なヘアスタイルです。髪の広がりを抑えられるので、毛量が多くて悩んでいる人でもチャレンジしやすく、しゃれ感をプラスしてくれます。

\How to ベース&カラー/

・ベースは鎖骨下くらいのワンレングスでカット。トップと顔まわりにレイヤーを入れ、アウトラインは重さを残します。前髪はどのパートでも分けられるようにセンターで分けます。

・ややラウンドにカットしたら、流しやすいように調整をします。カラーは、9レベルのショコラブラウン。落ち着いたブラウンで色持ちが良く、少しだけ暖色寄りなので、顔色が悪く見えやすい人にオススメなカラーです。

センターパートのかきあげ前髪で作る美人ヘア
\How to スタイリング/

・髪が乾いたら、こめかみ上とこめかみ下にブロッキングします。32mm のアイロンを使い、こめかみ下を外巻きでワンカール。こめかみ上は、内巻きと外巻きのミックス巻きで。前髪はリバース方向に外巻きカールを。

・レイヤーの動きがプラスされるので、さっとワンカールさせるだけでスタイルが決まる時短ヘアです。仕上げは、セミウェットな質感のヘアオイルを3滴ほど毛先から馴染ませます。前髪は手に残ったオイルを毛先に少量付けるだけでOK。髪の広がりが気になる場合は、スタイリング剤を少しずつ足してみて。

かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに

女度が上がるノーバングロブが気分!

ノーバングロブ=前髪なし+ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・ノーバング(前髪なし)ロブ(鎖骨よりも少し長いロングボブ)のこと。
・おでこを出すことでカジュアルさと女っぽさが両方手に入るノーバングロブは、近年ハリウッド女優やモデルを中心に世界的にブームに。
・長すぎず短すぎない絶妙なレングスだから、ヘアアレンジも自由自在!

ノーバングロブ=前髪なし+ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・ゆるんとした毛先の動きが柔らかさを醸し出す。
・前髪は重たくならないようあごラインに設定し、鎖骨下5㎝から前上がりにカット。
・顔周り&ハチから上のみにレイヤーを入れて毛先の動きを出やすくします。
・知的おしゃれなセンターパートもおすすめ。

「スタイリングによって表情が変わるから飽きが来ない!」By Un ami omotesando・津村佳奈さん

ノーバングロブ=前髪なし+ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・少し重みを残すのが大人のニュアンス。
・やや前下がりのカットでシャープさを出すことで、甘くなりすぎないように調整します。
・毛先には重さを残したまま内側だけに軽さを入れると、程よい重みを出す束感と空気感が両立した新鮮なロブスタイルに。

「毛先がはねて遊ぶようなルーズさや抜け感がポイントです」By kiito・岩井典久さん

おしゃれで小顔効果も狙える! この春トライすべきは“ノーバングロブ”に決まり!

手ぐしでカジュアルにまとめたノーバングスタイル

前髪なし×手ぐしミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・これが手ぐし風束感セミディ。ファッション界では数年前からいわれている“ノームコア”が、ヘア界にも!
・抜け感のある緩さが特徴で、曖昧な動きや隙間のある束感により、リラックスした雰囲気に。

「重さより、今は軽やかさがキーワード。手ぐしで整えただけでOKなルーズさも、こなれ感が出て魅力的。清楚なセミディと組み合わせると、バランスがいいです」(GARDEN Tokyo・津田 恵さん)

前髪なし×手ぐしミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・くせを生かしたしなやかな毛流れがほの甘セクシー。
・重みのあるワンレンのミディアムベースに、根元近くから束感が出るカットでニュアンスを実現。
・中間〜毛先はくせをそのまま生かし、スプレーワックスで空気感をキープ。
・わざとらしくない緩やかさが、フェミニンで優しげな女性像を演出します。

手ぐし風束感セミディで春カジュアルをアップデート!

前髪ありはラフでナチュラルな自然体ヘアで

目の上ギリギリバング×鎖骨レングスでゆるふわヘア

目の上ギリギリバング×鎖骨レングスでゆるふわヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・鎖骨にぶつかり自然なハネ感をKEEP!巻き過ぎないラフさが今っぽい♪ボリュームがなく、すぐにペタッとなる猫っ毛。ラフな空気感のゆるふわヘアに憧れるけど、コシのない猫っ毛では到底無理。作れてもすぐにボリュームダウンしちゃう…。と、嘆いている人に朗報。猫っ毛でもゆるふわヘアをKEEPできる嬉しい髪型があるんです。

・それを実現するのに重要なことは、髪の丈感。鎖骨にぶつかってハネるミディ丈にすることで、毛先が自然に動いてふわっとゆれて見えます。髪が長過ぎると重力でボリュームダウンするし、短過ぎるとゆれる余裕がなくペタンコに。ミディこそ、猫っ毛でもふわっとしたボリューム感をKEEPできる最適な長さなんです。

・また顔周りと表面にレイヤーを入れるのこともゆるふわ感を出しやすくするカギに。さらにシアバターでしっとりした束感を作ると、ゆるふわの動きに存在感が出ます。そんな計算された鎖骨でハネるミディスタイル。猫っ毛だけどボリュームがほしいという人は今すぐTRYを!

\How to ベース&カラー/

・鎖骨や肩にあたってハネるように、ベースは鎖骨より2〜3㎝長めにカット。前上がりのローレイヤーベースで、毛の断面が細くならないように厚みを残してカットします。ふわっとした動きが出るよう顔周りと毛先にレイヤーを。

・前髪は目の上ギリギリで、隙間ができるよう薄めにカットします。こめかみ部分は長めにしてサイドとつなげ、小顔効果を狙って。カラーは9トーンのフォギーアッシュ。くすみ過ぎずツヤのあるアッシュで、肌の色や瞳をキレイに見せます。

目の上ギリギリバング×鎖骨レングスでゆるふわヘア
\How to スタイリング/

・猫っ毛の人は乾かし方が重要です。最初は分け目で分けず、前髪を含めトップの毛束を左右に寄せながら乾かして。乾いてから自然に分かれる位置を探して分け目を作ると、トップがふわっとします。

・32㎜のアイロンで裾を内平巻きに。このとき片側づつ、それぞれ縦に4つ分けて巻くとカールがきちんとつきます。巻くときは毛束を耳の位置まで持ち上げ、毛先から内平巻きワンカール。レイヤーが入っているのでカールがひとつにまとまらず、毛先の長さによってカールが自由に動きます。

・鎖骨付近で自然にハネる毛束と平巻きが重なりラフなカールに。シアバターを極少量手のひらになじませます。髪全体に、内側から手ぐしでほぐしながらシアバターをなじませしっとりした質感に仕上げつつ、ふわっとした束感を作ります。前髪の毛先にも軽くなじませ束感を。前髪に隙間を作ると顔に縦のラインができて大人っぽい印象に。

・ハネ感のあるミディは夏に引き続き今秋冬も大人気。スタイリングも簡単なので、猫っ毛の人だけでなくおしゃれヘアを探している人にもぜひおすすめしたいスタイルです!。

コシのない猫っ毛の憧れ“ラフなゆるふわヘア”は鎖骨でハネるミディ丈なら叶う!

アシメ前髪でおしゃれ度アップ

アシメ前髪×ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定したら、毛先を間引くようにアシメトリーにカット。
・逆サイドは耳につなぐようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。
・全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。

ミディアムなら、毛先に大きめワンカールが大人っぽくハマる

眉上ぱっつんバングはストレートと相性◎

あか抜け眉上前髪×ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/
・幅狭めの水平カットでこなれた印象に。前髪を厚めに取り、眉上でパッツン気味にカット。
・小顔に見えるよう横幅は狭めにし、サイドはレイヤーを入れず水平ラインを強調。
・毛先にワックスをもみ込み束感を出す。大人だからこそ眉上バングは目を引き、それだけでこなれた度UP。

思いきった眉上バングで、あか抜けた印象にチェンジ!

シャープなカットの長め前髪がスタイリッシュ

長め前髪×ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・シャープなカットラインが甘さを払拭。コンサバ服に差をつけるスタイルは必見!
・また、目元が隠れる程長くて薄い前髪も、実は計算あってのもの。

「仕事で着る機会の多いコンサバ服をよりこなれた感じに着こなしたいと思い、少しだけエッジのあるスタイルに変えました。コンサバコーのハズし役にはもちろん、プライベートでよく着るカジュアル服とも相性がいいんです」(宮田さん)
「流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。この前髪にしてからは童顔や丸顔が目立たなくなり、大人っぽい服も似合うようになりました」

今、この髪型を マネしたい ! 人気ヘアアイコン達を大解剖! Part2 宮田聡子さん

黒髪系ダークカラーにも相性ぴったり◎

暗めカラーでも重くならないエアリーヘア

暗めカラーでも重くならないエアリーヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で♪お手入れラクちんbut女っぽさも流行感も手に入る。控えめなカラーで好印象をアピールしたいけど、トレンドのヘアスタイルも楽しみたい、そんな人への一押しスタイルがこちら。暗めのカラーでありながら、ふわりとラフな動きがあり、重みを感じさせないデザイン。

・ボブより長めのロブスタイルは、肩に当たって自然とハネてくれるので、スタイリングも簡単!幼いイメージとなりがちなフルバングでも、透け感があれば大人っぽい雰囲気になります。レイヤーが程よくプラスされ、顔周りに動きがあるミディ。丸いシルエットで、ナチュラルの中に女性らしさや抜け感のある注目のスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・やや前下がりのロブスタイルにカット。顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。

・カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。

暗めカラーでも重くならないエアリーヘア
\How to スタイリング/

・ドライのポイントは、トップの髪を後ろ方向へ流すこと。乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、落ちる位置ではなく、髪を顔の横まで引き出してアイロンを巻くと、カール感がランダムになりラフなイメージに。

・顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流します。硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませたら完成です。

ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

赤みを抑えた透明感カラーでやわらかい印象に

赤みを抑えた透明感カラーでやわらかい印象に
\ヘアスタイルのポイント/

・硬い髪を柔らか印象に!“ふわっと毛束”ヘアなら優しげフェミニンに!表面のふわっとした浮遊感ある毛束が、髪を柔らかく見せるカギに。扱いにくい毛量が多くて硬い髪質。パサついて見えやすいこともあり、短くカットしてごまかす人も多いのでは。そんな、柔らかなロングに憧れるけどこの髪質では無理…と諦めていた人におすすめしたいのが、こちらのセミロング。

・ただすいて毛量を少なくしているのではなく、ハサミを少しずつ滑らせるスライドカットにより毛束が先細になるように作っています。それにより、毛量を抑えながらも自然と束感ができ柔らかな印象に。また前髪はおでこが見える斜め流しで重たく見えず、女らしさもあります。

・ただ毛量を減らすのではなく、束感を作りながら減らすカット技術により、多め&硬めの髪でも柔らかに見え女っぽさも引き出すスタイル。胸より上で揺れるセミロングはアイロンで扱いやすく、ふわっと感も出やすいのでおすすめです!

\How to ベース&カラー/

・胸上の緩やかな前上がりベース。毛先に軽くレイヤーを入れます。前上がりのカットラインは、後ろから毛束を持ってきたとき胸上で重たくならず程良い厚みに。毛束の先が細くなるスライドカットで、束感を作りながら全体の毛量を調整します。

・こめかみからトップにも軽くレイヤーを入れ、トップがボテっとならないよう後頭部に向かう毛流れを作ります。前髪は目の下、サイドは流れるようにカット。カラーは8トーンのラベンダーとショコラブラウンのMIX。赤みを抑えた深みのある艶で、軽やかな透明感を演出します。

赤みを抑えた透明感カラーでやわらかい印象に
\How to スタイリング/

・乾かすとき、トップは後ろに流すように乾かして。前に流すとトップがボテっと重たくなるので注意。まず両黒目の間に落ちる前髪を22~26mmのカーラーで巻きます。さらにサイドの前髪も同じくカーラーで巻いて。裾は毛先を中心に32mmのアイロンで内巻きワンカール。表面のみところどころ、巻いたすぐ上に毛束を外平巻きし“Sの字”を作ります。

・巻いてすぐにカールをほぐすと柔らかな髪質に見えて◎。前髪のカーラーを外し、毛先をサイドに流します。パサつきを抑えつつ繊細な束感が出やすいオーガニック系のオイルを馴染ませれば完成です。顔周りを軽く見せたい人は耳掛けをしてもOK。スタイリングは崩すことが前提なのでキレイに巻かなくてよく簡単です。硬い髪を柔らかく見せたい人や軽いロングに憧れている人は、カットのテクニックに注目してぜひTRYを!

硬い髪を柔らか印象に!“ふわっと毛束”ヘアなら優しげフェミニンに

黒髪ワンレンミディはイイ女の定番ヘア

前髪なし×黒髪ワンレンミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・黒髪のリッチさが束感でモードに。ランダムな分け目とウエットな束感でモードな雰囲気に。
・黒髪のワンレンボブという強さに、ウエットな束感でモーそな雰囲気をプラスした、エッジの効いたスタイル。
・アイロンで毛先をワンカールさせてフェミニンな要素を作ると、グッと取り入れやすくなります。

キーワードは“ツヤ”と“動き” 黒髪をおしゃれに見せるスタイル~黒髪ミディアムヘアver.~

40代の大人の女性にこそ似合うミディアムストレート

程よく重さを残せば上品な大人の色気が漂う

程よく重さを残せば上品な大人の色気が漂う
\ヘアスタイルのポイント/

・抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア。自然な色気を演出するなら、毛先に揺らぎをプラスするレイヤースタイルで決まり!顔まわりにレイヤーを入れた重めのロブスタイル。レイヤーの動きが女性らしい柔らかさと上品な空気感を漂わせてくれます。これまでにレイヤーを入れすぎて後悔した経験がある人もいるのでは?

・こちらのミディは、顔まわりのこめかみ中心にレイヤーを入れているため、まとまりがよくなり、軽さも出るのでチャンレジする価値アリです!また、長めの前髪は、流行りの“透け”を作ることでこなれた雰囲気を演出。大人の色気をさりげなく感じさせてくれます。

・前髪はアイロン仕上げではなく、マジックカーラーを使って根元からふんわり、やさしい印象に。重めのカットでまとまりはありつつ、抜け感と動きがあり、柔らかい印象の大人ナチュラルなデザイン。髪が広がりやすく、毛量の多い人でも軽さのあるヘアスタイルを楽しめます。

\How to ベース&カラー/

・ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れます。前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪にします。

・カラーは、8レベルのショコラブラウンに。ショコラブラウンは、やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導きます。また、退色しても美しい色をキープできます。

程よく重さを残せば上品な大人の色気が漂う
\How to スタイリング/

・髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておくこと。全体をアイロンで巻いている間にクセづけします。マジックカーラーは、楕円型の2つのカーラーで挟むタイプの前髪用がおすすめ。

・サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、髪を持ち上げて巻くとランダムで、柔らかな動きになります。最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げます。

抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア

大人な前髪を作ってクールビューティーに

大人前髪×ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・頰でふわっと揺れる大人な前髪を作る。
・ワンレンだった顔周りの毛を鼻先でカットして前髪を作り、自然にサイドにつなげる。
・トップの根元を濡らし、毛束を左右に振りながらドライ。6:4で分け、アイロンで毛先をワンカール。
・大人っぽさをキープしつつ軽やかな印象に。

鼻先カットで 脱・のっぺりワンレン !

柔らかい雰囲気を出した大人フェミニン

流し前髪×鎖骨ミディアムストレート
柔らかさとツヤ感を重視したフェミニンな「グレージュカラー」

真似できる!今秋のトレンドのヘアスタイル6選☆

小顔効果も!大人のナチュラルストレート

小顔効果も!大人のナチュラルミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・上品な大人のミディは、シースルーバングとレイヤーがポイント。
・前髪を2cm程度カットし、頰の内がひし形になるように斜めに流すことで、顔を小さく見せ、目の印象もグッと高まります。
・のっぺりしていたカラーはハイライトを入れてふわっと軽さを出して!

巻きを卒業、大人のナチュラル小顔ミディへ

丸顔&面長さんを小顔に見せるスタイル

顔を包みこむような大人かわいいミディアムボブ

顔を包みこむような大人かわいいミディアムボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・ふんわり内巻きに入る毛先が、女性らしさをUP。これから髪を伸ばしていきたい人にオススメなのが、鎖骨ラインのミディボブ。ハネやすい長さとなりますが、顔まわりとトップにレイヤーを入れることで、内巻きにまとまるように。

・とにかくスタイリングが簡単で、時短でも決まるのが嬉しいポイントです。アップスタイルにも対応できる長さも◎。前髪とサイドをつなぐ髪を頬骨に落ちる位置で切り、毛量を調整する顔まわりの技ありカットで、気になる丸顔を補正して小顔効果も。抜け感のある前髪が、柔らかく大人かわいいイメージに。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨ラインでバックから平行にカットし、グラデーションを入れます。内巻きにまとまるよう、顔まわりとトップにレイヤーを入れます。レイヤーは重さをとる程度に。

・前髪が薄めに作り、ヌケ感を演出。カラーは、赤みを抑えた8レベルのグレージュブラウン。退色しても赤みが出にくく、透け感のある色味をキープ。ナチュラルな艶と透明感を兼ね備え、落ち着いた大人女子に。

顔を包みこむような大人かわいいミディアムボブ
\How to スタイリング/

・パサつきを防ぐため、オイルトリートメントを塗布してから乾かします。毛先が内巻きにまとまるようにカットされているので、根元を後ろから前方向へ乾かすだけでOK。乾いたら、毛先を32mmのアイロンでワンカール。

・さらに、表面を巻くと、動きが出て軽さのアクセントに。前髪を決めるコツは、黒目と黒目の間の髪だけを取り出してカールをつけること。馴染みよく、毛流れのある前髪に。最後に、保湿力のあるミルクを毛先と前髪につけ、整えたら完成です。

前髪ありの内巻きミディボブは、丸顔カバーで大人かわいい印象に!

丸顔さんをすっきりさせるクビレミディスタイル

丸顔さんをすっきりさせるクビレミディスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・アンダーベースに厚みを持たせることで古く見えず今っぽい印象に。裾にレイヤーを入れ首元でキュッとくびれたスタイルはカジュアルでトレンド感あり。ただ外ハネにするのではなく、レイヤーで段を入れた上でハネさせるのがポイントです。

・このくびれミディ、トレンド感だけでなく丸顔をカバーしたり、毛量が多くボリュームが出やすい髪をすっきり見せたりする嬉しい効果も。顔周りの毛束で丸みのある頬ラインを隠し、あご下から外ハネにすることで視線を外に持っていきます。これで丸顔の印象は軽減。またレイヤーを入れることで必然的に毛量が減り、広がりにくくなります。

・ところで、このスタイルにちょっと懐かしさを感じる人も多いのでは? 確かにひと昔前に流行ったレイヤーヘアとも言えそう。でもどこか新鮮さがあります。その秘密は、レイヤーを入れる位置にあり。昔は頬ラインなど高めから入れて裾がスカスカでしたが、今どきはあご下から入れ裾に重たさを残すのがポイントです。トレンドを抑え、丸顔や毛量多めの悩みをカバーするミディ。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下でカット、顔周りはあご下からレイヤーを入れます。裾をスカスカにはしないで、内側の毛束に重たさを残すが今っぽいレイヤーの鉄則です。表面にも軽くレイヤーを。前髪を重たくすると幼く見えるので軽めに取り、流したとき目の上にくるように、目にかかる長さでカットします。

・カラーは6トーンのブラウンベース。光に当たると透けて見えるアッシュをプラスし、透明感と軽やかさを出します。髪型がカジュアルな分、オフィスでもOKな髪色で落ち着かせると大人っぽい印象に。

丸顔さんをすっきりさせるクビレミディスタイル
\How to スタイリング/

・乾かすとき、全体の毛束を前に前に持っていくと生えグセが直りスタイリングしやすくなります。32㎜のアイロンで裾の毛束は外巻きワンカール。レイヤーの入っている表面の毛束は、持ち上げて高い位置から内巻きワンカール。これで表面はふわっと内巻き、裾は外ハネでくびれスタイルができます。

・前髪は毛先を軽く巻いてサイドに流して。程良くウエットに仕上がるオイルを毛先に少量なじませて完成です。外ハネはパサつきやすいので、オイルの質感でしっとりツヤを出すと◎。
くびれミディはトレンドに敏感な人から始めるスタイル。友達がする前に、いち早くTRYすることをおすすめします!

丸顔や毛量多めの人は“くびれミディ”ですっきり小顔&トレンド感を手に入れて!

長めカット&サイド流し前髪で小顔に

長めカット&サイド流し前髪で小顔ミディアムストレート
\ヘアスタイルのポイント/

・“気持ち短めカット”で今っぽい下ろし前髪に。目にかかる前髪は分かれやすく、ペタっとしがち。
・目にかからないくらいでやや短めにカットし(工藤さんの場合0.8㎝)毛先を軽く巻くと、分かれにくい今どき下ろし前髪に。
・眉尻近くの前髪を長めにカットし、巻いてサイドに流すと小顔効果もあり。

前髪0.8cmカットで、おしゃかわ女子に変身 !

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事