ヘアアレンジ・髪型
2020.2.11

細くて毛量が少ないのに膨らみやすい髪…するんっとまとめには?|秘訣は乾かし方!根元は潰さずに日中の広がりSTOPを【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 99】

細くてかなりのドライヘアのため、ダウンスタイルだとモワモワッと髪が広がりやすいというMIYOさん。広がりを抑えるには、髪を乾かすときのひと工夫がポイントだとか。
「髪が濡れてキューティクルが開いているときに、洗い流さないヘアトリートメントをたっぷりとなじませます。ヘアトリートメントは、セラムとオイルのW使いが◎。セラムで乾燥ダメージをケアしながら、オイルで広がりを落ち着かせてくれます。そして、乾かすときは髪を引っ張って、“まっすぐ”を記憶させるようにしています」
具体的な“広がらない髪の乾かし方”をレクチャー!

 今月の賢人File

ヘアサロンkate スタイリスト MIYOさん

3q6a2314_750

名前:MIYO(みよ)

年齢:33

髪質:柔らかくて細い。毛量も少なめ。

髪の長さ:鎖骨下くらいの長さのロングボブ。前髪は口元くらいまでの長さ。

ヘアカラー:ナチュラルブラウン

パーマ:ナシ

髪コンプレックス: ロングボブで毛先がはねやすい。かなりのドライヘアで膨らみやすいクセもある。

賢者プロフィール:表参道の人気ヘアサロン『kate』のスタイリスト。美容師歴13年。幅広い年齢層のお客様から指名が多く、特にボブスタイルなど、短めのスタイルのカットが得意。MIYOさんがいるサロンはこちら→https://kate-hair.jp

 髪の根元は潰さずに髪の広がりを1日中抑える髪の乾かし方How to

STEP1】ヘアセラムとオイルを1:1で混ぜ合わせる

3q6a2642_750「乾燥して広がりやすい髪をケアするヘアセラムとオイルを混ぜて使います。使う量はそれぞれ3〜4プッシュと多め。髪が濡れている状態だと浸透しやすく、べたつかずに栄養たっぷりの髪に」

STEP2】手ぐしで髪全体にまんべんなく塗布

3q6a2442_750STEP1】のヘアトリートメントを手のひらで混ぜ合わせ、指の間にも広げてから髪全体に塗布していきます。このとき、頭皮につけてしまうと毛量が少ない私のトップはペタンとしてしまうので、根元ギリギリのところまで塗布するようにします」 

愛用しているヘアトリートメントはコレ!
3q6a2790_750
右/「シアバターとボタニカルエキスで乾燥ダメージをケアしながら髪をまとめてくれます」ナプラ N.スタイリングセラム 94g 1,800 左/「適度な重さで髪の広がりを抑えてくれるオイル。きれいなツヤも出ます」ナプラ N.ポリッシュオイル 150ml 3,400

STEP3】髪をぎゅっとつかんでなじませる

3q6a2458_750STEP2】で塗布したヘアトリートメントがしっかりなじむように、髪をぎゅっと絞るようにつかんでいきます。このひと手間で、広がりがぐっと収まります」

STEP4】髪を引っ張りながら乾かしていく

3q6a2427_750「髪を乾かすときに、少し引っ張りながら乾かしていくと、ドライヤーの熱で“まっすぐ”が記憶され、するんっとまとまりの良い髪に。濡れている状態から引っ張って乾かすのがポイントです」 

【完成】

3q6a2507_750乾きも広がりを感じさせないサラふわなスタイルの完成!
ヘアトリートメントをたっぷりとつけたとは思えないナチュラルな仕上がりに。

 

 

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事