ヘアスタイル・髪型
2019.4.25

前髪トレンドスタイル|シースルーバングなど2019流行りの前髪スタイルや長め前髪×レングス別スタイル&アレンジ法

前髪トレンドスタイルまとめ。ウザバング、シースルーなど2018年から続く流行の前髪から長め前髪のショート・ボブ・ミディアム・ロングのレングス別スタイル、印象が変わる長い前髪のアレンジ法をご紹介します。どれも即今っぽくなれちゃうスタイルばかり!前髪から流行を取り入れてみては♪

【目次】
2018-19トレンド前髪!今年っぽい人気バング
流行りのシースルーバング
長め前髪×ショート・ボブ
長め前髪×ミディアム・ロング
長め前髪の巻き方&アレンジ法

2018-19トレンド前髪!今年っぽい人気バング

透け感のある前髪が今年っぽい!

透け感のある前髪が今年っぽい!
【How to“ベース&カラー”】
サイドの長さがあごのラインとなるよう前下がりでカット。動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぎます。前髪は、眉下くらいでカット。少し隙間ができるよう調整して、サイドに軽く流す“おろし流し”に。8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。

透け感のある前髪が今年っぽい!
【How to“スタイリング”】
髪を乾かしたらストレートアイロンを使い、サラッと滑らせながらワンカールに巻くだけでの簡単スタイリング。ヘアオイルを全体的に馴染ませ、トップと顔周りにはスプレーを。最後に表面の毛束感をプラスしたら完成です。トレンドのウェットな質感を取り入れ、ツヤ感のある仕上がりに。髪が広がりやすい人にもオススメなスタイルです。

透け感のある前髪が今年っぽい!キュートなナチュラルショート

透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪
【How to“ベース&カラー”】
やや前下がりのロブスタイルにカット。顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。

透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪
【How to“スタイリング”】
ドライのポイントは、トップの髪を後ろ方向へ流すこと。乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、落ちる位置ではなく、髪を顔の横まで引き出してアイロンを巻くと、カール感がランダムになりラフなイメージに。顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流します。硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませたら完成です。

ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

ちょっぴりワイドな前髪

ちょっぴりワイドな前髪
【How to“ベース&カラー”】
ワンレングスでカットし、トップと顔まわりに骨格に合わせてレイヤーを入れた重めのデザイン。直毛の場合、毛先にパーマをかけても。前髪の幅をやや広くすることで、奥行きが出てよりメリハリのあるスタイルに。カラーは、8トーンのWフェイスカラーのオリーブアッシュ。ほんのり透ける美人色で、この春のイチオシ。ちなみに、Wフェイスカラーとは、落ち着いた色味でも、光に当たると柔らかさや透け感といった2つのニュアンスを楽しめるカラー剤のこと。軽さが欲しい春夏に特におすすめです。

ちょっぴりワイドな前髪
【How to“スタイリング”】
根元を立ち上げて、全体的にボリュームを出すように乾かすのがポイント。特に、トップはしっかりボリュームを出して。この時、前髪とトップは、弱風でこするように手を動かしながら乾かします。アイロンは26mmを。毛先から内巻きカール、その上を外巻きでとツーカールをミックスすることで、今っぽい動きに!バックの耳下はボリュームを出さないように、内巻き&外巻きをランダムにワンカールで。最後にシアバター系のワックスを全体に揉み込み、サイドのボリューム感を整えます。

ちょっぴりワイドな前髪のミディは、ゆるふわカールで大人フェミニンに!

今っぽい下ろしバング

今っぽい下ろしバング
【How to“ベース&カラー”】
襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。前髪は目の上ギリギリでカット。隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。カラーは8トーンのアッシュブラウン。程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。

今っぽい下ろしバング
【How to“スタイリング”】
乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイルです!

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

アンニュイな印象でこなれて見せるウザバング

アンニュイな印象でこなれて見せるウザバング
【How to“ベース&カラー”】
自然にハネるようにあご下3cm、襟足を長めに残してカットします。巻いたときラフな動きを出すためトップと顔周りにレイヤーを。さらに毛量調整をするセニングカットを多めに入れます。前髪は鼻頭で平行カット、薄めに取り束感が出やすいように毛量調整を。サイドは自然に流れるようにカットします。カラーは10トーンのピンクアッシュ。ナチュラルなハイライトを入れ、セニングカットにより立体感を強調します。ピンクは肌なじみが良く、顔色を美しく見せる効果あり。

アンニュイな印象でこなれて見せるウザバング
【How to“スタイリング”】
ウザバングは普通に乾かすと動きが出にくく、本当にウザいだけの前髪に。まず前髪を含め全体を前に引き出すように乾かします。8割程度乾いたら、今度はかき上げるように立ち上げながら乾かして。これでふわっとした立体感あるウザバングに。32mmのアイロンで、表面の毛束を多めに取り、1.5回転内・外交互に巻きます。ざっくりしたMIX巻きにしたいので巻き過ぎは注意。130℃~150℃の低温で巻くのがおすすめです。裾は自然に外ハネになるようカットしていますが、足りない部分はアイロンでプラスを。ウエットな質感になるワックスとミルクトリートメントを1:1で混ぜ、全体の毛束を根元から持ち上げながらもみ込みます。このとき巻きをしっかり崩し、空気を含ませながら束感を整えます。前髪にもなじませ毛先を自然にサイドに流して完成です。
ウザバングはこなれ感が高く、伸ばしかけでも楽しめる前髪です。前髪を切るか伸ばすか悩み前に、「中途半端を楽しむ」もぜひ候補に入れてみて!

長め前髪の“ウザバング×外ハネMIXボブ”なら、時短でラフなこなれ髪が手に入る!

今っぽさのある隙間前髪

今っぽさのある隙間前髪
【How to“ベース&カラー”】
サイドは平行ライン。肩に当たる長さでカットすると、巻いたとき肩につかず軽やかな印象に。顔周りはやや前上がりにカットし、内巻き部分が重たく見えないようにします。表面に少しだけレイヤーを入れふわっとした毛束を作ります。前髪は薄めに取り、目の上で流れるように毛量調整しながらカット。こめかみ部分はやや長めにカットし、前髪の端とサイドが90°にならないように自然につなげます。ゆるやかな曲線を作ると幼い印象になりません。カラーは8トーンのナチュラルブラウン。落ち着いたカラーですがツヤ感と透け感が出るので重たくならず、上品な印象に。退色しにくいのもおすすめポイントです。

今っぽさのある隙間前髪
【How to“スタイリング”】
ドライヤーで乾かすとき、トップの毛束は上に引き上げながら乾かします。普段の分け目から5㎜ズラして分けると、トップがふわっと立ち上がり立体感が出ます。裾はナチュラルなカールを作れるストレートアイロンを使い、毛先だけなめらかな内巻きに。150℃ぐらいの低温に設定するとカールがつきにくく、失敗せず自然なカールを作ることができます。さらにハチ上の毛束を横に引き出しやや高い位置から同じように巻くと、表面にふわっとした毛束が作れます。ソフトワックスを指先に少量伸ばし、毛先にもみ込みながら束感をつけます。トップをつまんで根元の立ち上げ部分にもなじませ、さらに前髪の毛先にもなじませたら完成です。
内巻きボブはスタイリングも簡単なので、忙しいOLにもおすすめ。この冬、清楚な愛され系女子を目指すなら真っ先にTRYしてほしいスタイルです!

清楚な愛され系女子をかなえる“隙間前髪×内巻きボブ”|頭の形をキレイに見せるトップのボリュームがカギ!

流行りのシースルーバング

シースルーバングの外ハネミディでおしゃれ可愛い旬なモテヘアに

シースルーバングの外ハネミディでおしゃれ可愛い旬なモテヘアに
【How to“ベース&カラー”】
長めのワンレングスボブのベースに、レイヤーを入れます。セニングは全体的に入れずに、間引くようにポイントで毛量調整をすることで、ふんわりとした印象に。前髪は眉下の長さでカットし、軽さのあるシースルーバングで抜け感を。カラーは、日本人の肌色と抜群に相性のいい“シフォンブラウン”。ウォーム系で落ち着きのあるカラーリングです。

シースルーバングの外ハネミディでおしゃれ可愛い旬なモテヘアに
【How to“スタイリング”】
髪を乾燥から防ぐため、保湿力の高いミルクを塗布してからドライ。動きがつくよう根元に風を当て、乾いたら低温に設定した26mmのアイロンで外ハネに。さらにトップは、内巻きにワンカール。トップの内巻きは、髪を高く引き出してから巻くとラフな印象に。ウェットな質感に仕上がるシアバター系スタイリング剤を、毛先からクシュっと髪を持ち上げるようになじませます。前髪は、手に残っているスタイリング剤を、毛先から手ぐしを通すようにつけて整えます。

前髪をシースルーバングの外ハネミディにしたら、おしゃれ可愛い旬なモテヘアに

シースルーバングの“重めAラインロング”で今っぽ上品な華やか女子に!

シースルーバングの“重めAラインロング”で今っぽ上品な華やか女子に!
【How to“ベース&カラー”】
胸上レングスの、裾に重たさを残したワンレンベース。正面から見たとき巻いた毛束が重ならないように、顔周りからもみ上げ前の毛束は鎖骨近くからレイヤーを入れます。前髪は薄めに取り目の上ギリギリでカット。ところどころ隙間ができるようにカットしシースルーバングに。カラーは10トーンのショコラブラウン。暖色系は艶が出やすく、毛先がパサついて見えがちなロングにおすすめ。透明感のある明るい肌にも見えます!

シースルーバングの“重めAラインロング”で今っぽ上品な華やか女子に!
【How to“スタイリング”】
裾に重たさがあるカットのため、ボリュームが毛先に溜まりがちに。全体の根元を立ち上げるように、指の腹を頭皮に当て下から上へ擦りながら乾かすと空気感のあるヘアを作りやすくなります。特にハチ上からトップの毛束はしっかり立ち上げながら乾かして。サイドを内側の毛束と表面の毛束の2段に分け、3mmのアイロンで内側の毛束はフォワード、表面の毛束はリバースにそれぞれ2回転巻きます。顔周りの毛束はリップラインからリバース巻きにすることで小顔効果を狙います。また顔周りにリバース巻きがあると華やかな印象にも。束感を作る柔らかなワックスにツヤを出すオイルを混ぜ、巻いた毛束をしっかりほぐしながらなじませます。顔周りに重たさを感じたら片側だけ耳掛けしても◎。
乾かし方と巻いた後の崩し方がラフな質感に仕上げるコツ。キレイな巻きでなく崩した毛先がおしゃれなので、慣れれば時短でできる華やかロングです!

シースルーバングの“重めAラインロング”で、今っぽ上品な華やか女子に!

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”
【How to“カット&カラー”】
サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカットします。顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。カラーは7トーンのカシスブラウン。ピンク系のカラーは最近のトレンドです。ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せます。

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”
【How to“パーマ&スタイリング”】
24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかけます。顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かします。前髪のシースルーバングは、くしでとかすと適度な隙間が作れて◎。パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成です。
小顔に見せつつ柔らかな雰囲気も楽しめるショートボブ。パーマでスタイリングは簡単なので、朝が忙しいOLやママにもぜひおすすめしたい髪型です!

小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

きちんとかわいいシースルーバングの片耳掛けボブ

きちんとかわいいシースルーバングの片耳掛けボブ
【How to“ベース&カラー”】
アゴラインでカットし、表面には軽くレイヤーを入れます。前髪は薄めに取り目の上ギリギリでカット。毛先が流れるようにカットし、サイドバングは頬ラインまで自然に繋げます。カラーは8トーンのフォギーベージュ。赤みがあるベージュカラーはどんな肌とも相性が良く、自然になじんで顔色を良く見せます。またツヤ感が高いので髪がキレイに見え、好感度の高い印象を与えます。

きちんとかわいいシースルーバングの片耳掛けボブ
【How to“スタイリング”】
全体の裾の毛先を32mmのアイロンでしっかり外ハネに。トップの毛束を真上に持ち上げ、おでこから後頭部に向かい3つに分けます。それぞれ後ろに向かって平巻き1.5回転。この毛束が表面に落ち、耳上でふわっと見えます。前髪も軽く内巻きワンカールに。柔らかい質感のワックスとツヤの出るオイルを混ぜ、毛先から全体にもみ込みます。さらに手に余ったスタイリング剤を前髪になじませて。クシを使い前髪をとかすと、バランスの良いシースルーバングが簡単に作れます。最後に片側だけ耳に掛け、耳上の毛束をふわっとさせたら完成です。
巻いてから耳に掛けるのでペタッとならず、ボリュームが出やすいのもポイント。毛量が少ない人にもおすすめしたい、印象をコントロールできる万能ヘアです!

シースルーバングの”片耳掛けボブ”で、きちんとかわいいトレンド髪に!

長め前髪×ショート・ボブ

長め前髪はさらりと流しふわっと春らしいショート

長め前髪はさらりと流しふわっと春らしいショート
【How to“ベース&カラー”】
前髪は目と鼻の間くらいの長さで、サイドに流せるようにカット。サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げます。トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出します。襟足はすっきりまとまるようにカットします。カラーは、8レベルのブルーアッシュ。退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラスします。

長め前髪はさらりと流しふわっと春らしいショート
【How to“スタイリング”】
ひし形シルエットをイメージしながら全体的を乾かします。乾いたらストレートアイロン、もしくは、32mmのアイロンで表面を全体的にワンカール。アイロンが苦手な場合、くるくるアイロンを使ったり、マジックカーラーをトップに2〜3個巻いても◎。スタイリングは、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませたら、ボリュームを出したいトップと顔周りにスプレーを。ふわりと動きのあるひし形シルエットが、1日中キープできます。

ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー

暗めカラー+長め前髪で洒落感アップの大人モードなマッシュショート

暗めカラー+長め前髪で洒落感アップの大人モードなマッシュショート
【How to“ベース&カラー”】
前髪は目の上ギリギの長さにカットして、サイドバング、顔まわり、サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイル。襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残します。カラーは、6トーンのフォギーベージュ。赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。

暗めカラー+長め前髪で洒落感アップの大人モードなマッシュショート
【How to“スタイリング”】
仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かします。トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。時短を叶えるデザインなので、忙しい人はもちろん、品のあるショートヘアにチャレンジしたい人にも注目のスタイルです。

大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ

丸みシルエットで“小顔”見せがかなう長め前髪のマッシュショート

丸みシルエットで“小顔”見せがかなう長め前髪のマッシュショート
【How to“ベース&カラー”】
長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできます。トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。カラーは、9トーンのフォギーベージュ。ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラーです。

丸みシルエットで“小顔”見せがかなう長め前髪のマッシュショート
【How to“スタイリング”】
スタイリングで動きを出しやすくするため、前髪は左右に振りながら乾かします。その後、26mmのアイロンで毛先をワンカール。さらに、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きをプラス。スタイリング剤は、ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整えて完成。カジュアルでも、モードでも、どんなファッションにもマッチする人気のマッシュショート。メリハリのある女性らしいスタイルなので、ぜひチャレンジしてみて。

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

前髪長め×後頭部の丸みシルエットの老けて見えない大人の柔らかボブ

前髪長め×後頭部の丸みシルエットの老けて見えない大人の柔らかボブ
【How to“ベース&カラー”】
襟足はあごラインの延長線上でカット。後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。顔周りはあごラインの前下がりカット。トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れます。カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8〜9トーンのカーキ系ベージュ。肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイントです。

前髪長め×後頭部の丸みシルエットの老けて見えない大人の柔らかボブ
【How to“スタイリング”】
トップは根元だけ1〜2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かします。トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出します。毛先はアイロンを90°に回転し、緩やかな内巻きカールに。そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすいです。
スタイリングはコツいらずで簡単なので、朝が忙しい働き女子やママにもおすすめ。老けずにきちんと感が手に入る、まさに大人のためのスタイルです!

前髪長め×後頭部の丸みシルエットで、老けて見えない大人の“柔らかボブ”に!

カジュアルにも上品にもなれる前髪長めショートボブ

カジュアルにも上品にもなれる前髪長めショートボブ
【How to“ベース&カラー”】
サイドはあご下4.5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカットします。後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見えます。襟足は首に沿うようにカット。前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作ります。カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えません。

カジュアルにも上品にもなれる前髪長めショートボブ
【How to“スタイリング”】
トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かします。後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻きます。特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。前髪は軽くリバース巻きにします。ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成です。
上品に仕上げたければ、巻かずに毛流れを整えるだけでOK。顔周りが長いのでアレンジの幅が効くのが嬉しいスタイル。ショートボブはおしゃれな大人女子に大人気なので、まだの人は今すぐTRYを!

大人髪で遊ぶならこれ! 毛先の動かし方でカジュアルにも上品にもなれる“前髪長めショートボブ”

前髪長め×平巻きパーマボブ

前髪長め×平巻きパーマボブ
【How to“ベース&カラー”】
あごラインのグラデーションボブベース。前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。カラーは10トーンのウォームベージュ。黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。

前髪長め×平巻きパーマボブ
【How to“パーマ&スタイリング”】
ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。

パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。乾燥を防ぐトリートメントの使用やケア効果の高いシアバターを使ってダメージを防ぐことも、大人のハイトーンカラーを楽しむ重要ポイントです!

“前髪長め×平巻きパーマボブ”で、大人のハイトーンカラーを楽しんで!

長め前髪×ミディアム・ロング

斜め前髪×ワンカールセミロングでふわっと華やか!

斜め前髪×ワンカールセミロングでふわっと華やか!
【How to“ベース&カラー”】
鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残します。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。前髪は頬の位置から流れるようにカット。8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラーです。

斜め前髪×ワンカールセミロングでふわっと華やか!
【How to“スタイリング”】
トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカールします。サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流します。トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成です。

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

長め前髪×ヌケ感ミディで童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!

長め前髪×ヌケ感ミディで童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!
【How to“ベース&カラー”】
鎖骨ラインの前上がりベースでサイドとバックは繋げてカット。前髪は頬ラインからサイドに流れるようにカットします。顔周りにレイヤーを、全体の中間から毛先に毛量調整カットを。全体の毛先に太めのロッドで内巻き1回転半のパーマをかけます。パーマはアイロンで巻いたような質感になる、低温デジタルパーマがおすすめ。カラーは7トーンのアッシュベージュ。赤みがなく透明感が出るカラーなので、肌を白くキレイに見せる効果あり。落ち着いて見えますが透け感が出るので、上品な軽やかさもあります。

長め前髪×ヌケ感ミディで童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!
【How to“スタイリング”】
先に根元を乾かしてから、全体を9割乾かします。手前からドライヤーの熱をあてると根元が立ち上がって◎。シアバターなどトリートメント系のスタイリング剤を全体の中間から毛先にもみ込みます。1回転半の内巻きパーマは毛先をランダムに動かしやすく、内・外に重なるカールを作れます。これが色っぽいヌケ感に。前髪にもスタイリング剤をなじませ、毛先をサイドに流せば完成です。裾は軽く動かしているだけなので、シルエットは上品な大人めIライン。そこに毛先のヌケ感で、童顔になじむ柔らかさや色気をプラスしています。ただ大人っぽいを目指すだけではなく、顔の印象を計算して作られたスタイル。童顔でも無理ない大人の色気を出したい人におすすめです!

“長め前髪×ヌケ感ミディ”で、童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!

デジタルパーマ×長め前髪は最強!

デジタルパーマ×長め前髪は最強!
【How to“パーマ&カラー”】
裾は鎖骨丈、顔周りはあごラインからレイヤーを入れ前上がりにカット。トップにも少しレイヤーを入れシルエットに丸みが出し、柔らかい印象を作ります。前髪は軽く流せるように薄めに取り、目の下5㎝くらいでカット。全体の毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをon。前髪の毛先にもパーマをかけます。マジックカーラーで巻いたような柔らかさにしたいので、ロッドは太めを選ぶことが必須です。カラーは11トーンのスモーキーベージュ。やや明るめのトーンですがくすみ感があるので軽く見えず、上品さを保ちながら華やかな印象を与えます。

デジタルパーマ×長め前髪は最強!
【How to“スタイリング”】
ドライヤーでトップの根元を立ち上げるように乾かしてから、前髪を7:3に分けます。後頭部の中央で全体を左右に分け、毛束をざっくり取り内巻きにねじりながらドライ。このひと手間でカールが復活しやすくなり、持ちも良くなります。前髪も毛先をねじりながら乾かし、サイドに流して。デジタルパーマと相性の良い、水分の多いムースを全体の毛先にもみ込みカールを整えれば完成です。
ワンカールの毛先は動かし方次第で内巻きにも外巻きになるので、外ハネを多く作ればよりカジュアルな仕上がりに。セミロングなので結ぶこともでき、アレンジの幅が広いところも◎。時短で大人かわいいが手に入るだけでなくアレンジも楽しめる、嬉しいが詰まったスタイルです!

“デジタルパーマ×長め前髪”は最強!セミロングの忙し女子が時短で大人かわいくなれる方法って?

長め前髪&大きめカールで抜け感ある大人フェミニンに

長め前髪&大きめカールで抜け感ある大人フェミニンに
【How to“ベース&カラー”】
アウトラインは胸上くらいの長さ。襟足〜サイド、顔まわりにレイヤーを入れ、動きがしっかり出るようにカット。さらに、軽さ+動きが出やすいように表面にもレイヤーを。前髪は、フロントを目の上ギリギリの長さでカット。サイドとつながるラインはやや長さを残し、自然に繋げます。適度な重さを残すため、毛先にはセニングを入れず、スカスカにならないよう毛量調整をします。カラーは、8トーンのアッシュグレージュ。赤みを抑え、透明感と柔らかい質感に。

長め前髪&大きめカールで抜け感ある大人フェミニンに
【How to“スタイリング”】
根元をフォワードに向けて乾かしたら、アイロン前に保湿力のあるオイルトリートメントを髪全体につけます。アイロンは32mmを使い、毛先を外ハネに。髪の中間部分は、フォワードとリバースのMIX巻きを施し、ランダムな動きを作ります。さらに、表面は毛束を細めに取りゆるくカールを作ります。ふわっと柔らかいカール感がプラスされることで、ラフでヌケ感のあるスタイルに。動きを出したい中間の髪を引き出し、軽めのワックスで束感を作れば完成です。

セミロングは、長め前髪&大きめカールで、抜け感ある大人フェミニンに

長め前髪の浮遊感ウエーブで今っぽ可愛いくアップデート!

長め前髪の浮遊感ウエーブで今っぽ可愛いくアップデート!
【How to“ベース&カラー”】
胸丈で前上がりにカット。毛束に浮遊感を出しやすくするため、表面にしっかりレイヤーを入れます。裾が軽くなると古い印象になるので、裾には入れないで。前髪は目の下より長め、流しやすくするため隙間を作るようにカット。こめかみ部分の毛束は長めに残し、自然にサイドに流すと小顔に見えます。カラーは9トーンのモノトーンフォギーベージュ。赤みを抑えたグレージュカラーで透明感と柔らかさがあります。ふわっとした毛束に透け感を出し、より軽やかに見せる効果も。

長め前髪の浮遊感ウエーブで今っぽ可愛いくアップデート!
【How to“スタイリング”】
トップの毛束は持ち上げながら乾かすとふわっとします。裾はバサバサッと手ぐしを通しながら乾かして。前髪を持ち上げ、マジックカーラーで内巻きに巻いておきます。32㎜のアイロンで、全体の毛束の中間から毛先に向かって内・外ランダムに巻いて。顔周りは輪郭に沿うようリバースに巻くと小顔に見えます。表面のレイヤーの入っている毛束をところどころ取り、内・外ランダムに巻きをプラスします。これが浮遊感のある毛束に。前髪のカーラーを外し毛先をサイドに流します。流れにくい人は毛先だけアイロンでサイドに流して。巻いた全体の毛束の内側から手ぐしを通し、空気を入れるようにしっかりほぐします。柔らかな質感になるミルクワックスを全体的にもみ込み、さらに表面をふわっとさせ浮遊感のある毛束を作れば完成です。
巻きはほぐすので、きれいに作ろうとしなくてOK。とにかく表面をふわっとさせるようにスタイリングを意識すれば、可愛いのレベルは格段に上がります。ちょっとしたテクニックで印象が変わるのでぜひマスターを!

長め前髪の“浮遊感ウエーブ”で、いつもの巻き髪ロングを今っぽ可愛いくアップデート!

長め前髪の巻き方&アレンジ法

キマりすぎない緩さを狙ったラフかきあげバング

キマりすぎない緩さを狙ったラフかきあげバング
カジュアルなかきあげスタイルが定番化している今、もっともっとラフにくずした脱力スタイルで差をつけてみませんか?前髪が時折はらっと落ちるくらい、セットしてない風の無防備さが“自然体で女っぽい”雰囲気を後押しします。

【How to】

キマりすぎない緩さを狙ったラフかきあげバング
(1)前髪をブローする
かきあげる方の前髪を下ろし、ロールブラシを使って、丸みをつけるようにブローする。

キマりすぎない緩さを狙ったラフかきあげバング
(2)水スプレーをかける
ブローがよれない程度に、前髪に軽く水スプレーを吹きかけ、ラフなくずし感と束感を作る。

キマりすぎない緩さを狙ったラフかきあげバング
(3)根元にスプレーをかける
前髪をかきあげながら根元にスプレーを吹きかけ、立ち上げを程よくキープする。

今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

イノセントな空気感をまとわせる外ハネセンターパート

イノセントな空気感をまとわせる外ハネセンターパート
つまらなくなりがちなセンターパートには、外ハネニュアンスで変化をつけてみて。あえて目尻にかかるように計算したうねりが表情を曖昧にさせ、アンニュイな魅力を引き出します。縦ラインが強調されてフェースラインもスッキリ!

【How to】

イノセントな空気感をまとわせる外ハネセンターパート
(1)分け目をセンターに
コームで全体をセンター分けにする。事前にブローでくせをとっておくとキレイに分かれる。

イノセントな空気感をまとわせる外ハネセンターパート
(2)アイロンで前髪を外ハネに
作り込みすぎない自然なくせが作れるストレートアイロンを使用。前髪を挟んで毛先を外ハネに。

今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

軽やかなシースルーバングでウブかわいく

軽やかなシースルーバングでウブかわいく
ほわんと柔らかい毛流れにウブなかわいさがにじみ出るシースルーバング。前髪が自由奔放に揺れるラフ感こそがポイントだから、ちょっとくずれたってむしろかわいい手間いらずなスタイルです♪

【How to】

軽やかなシースルーバングでウブかわいく
(1)前髪を薄く分けとる
前髪を薄めに分けとって前に下ろし、残りを後ろに向けてコテで平巻きにする。

軽やかなシースルーバングでウブかわいく
(2)水スプレーをかけながらくずす
薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける。

軽やかなシースルーバングでウブかわいく
(3)スプレーをかけてキープする
後ろに流した前髪が戻らないよう、根元にキープスプレーをかける。

今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

しっとり大人めにまとめるならタイトレトロバング

しっとり大人めにまとめるならタイトレトロバング
レトロなムードが新鮮なタイトバング。艶やかな面でしっとり大人の表情を引き出しつつ、全体はあえてくせっぽく。優等生にまとまりすぎず、今っぽいカジュアルさをかなえるには、この“ゆるぴた”バランスが正解。

【How to】

しっとり大人めにまとめるならタイトレトロバング
(1)前髪を分けてブローする
前髪を8:2で分けたら、ブラシでなで押さえながらドライヤーを当て、毛流れを定着させる。

しっとり大人めにまとめるならタイトレトロバング
(2)毛先にワックスをなじませる
前髪のツヤを生かすバーム状ヘアワックスをセレクト。毛先に軽くなじませて流れをキープ。

今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事