ヘアカラー
2020.7.23

グラデーションカットの「こなれ感」がすごい!【髪型15選】

グラデーションカットを加えた女性らしいシルエットのヘアスタイル。ショート、ボブ、ミディアム、ロングのレングス別にお届けします。ふんわりとしたかわいらしいイメージに変身しちゃいましょう♪

【目次】
女性らしい丸みシルエットがかわいい【ショート&ショートボブ】
ナチュラルな洒落っ気たっぷりの【ボブ】
柔らかくおしゃれな【ミディアム】
女性らしさを演出する【ロング】

女性らしい丸みシルエットがかわいい【ショート&ショートボブ】

グラデーションカットのひし形シルエットで小顔見せ

グラデーションカットのひし形シルエットで小顔見せ

【How to ベース&カラー】
あごラインでカット。バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。カラーは10トーンのフォギーベージュ。ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせる。表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。

グラデーションカットのひし形シルエットで小顔見せ

【How to スタイリング】
トップを持ち上げながら乾かす。また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぐ。また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすい。トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。この毛束が表面にふわっとした立体感を出す。ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせる。前髪の毛先にもなじませサイドに流して。トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすい。

ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

サイドのグラデーションカットで丸みのある優しい印象に

サイドのグラデーションカットで丸みのある優しい印象に

【How to ベース&カラー】
襟足は短めにすっきりレイヤーでカット。サイドの長さをリップラインに設定し、グラデーションでカット。前髪はトップに丸さとボリュームが出るように深めに取り、眉毛が隠れるギリギリの長さに。カラーは9レベルのピンクベージュをセレクト。ベージュにほんのりピンクのニュアンスを加え、透明感や柔らかさのある仕上がりに。

サイドのグラデーションカットで丸みのある優しい印象に

【How to スタイリング】
トップがふんわりするように根元を持ち上げながらドライしたら、32mmのアイロンで前髪を軽くカールをつける。この時、挟んだ髪を横にスッと抜きながら外すとキレイな流れがつくれる。硬毛や直毛なら前髪のみパーマをかけても。ツヤ感と軽いセット力のあるバームタイプのスタイリング剤を全体的に馴染ませ、耳にかけたら完成。耳にかける時、ひし形シルエットとなるようサラっとかけるのがスタイルを決めるコツ。

前髪ありのモテショート|大人かわいい&小顔見せは“ひし型シルエット”のおかげ

後頭部のグラデーションカットでふんわりと

後頭部のグラデーションカットでふんわりと

【How to ベース&カラー】
襟足の長さを1〜2cmくらいに設定し、後頭部にふんわり丸みのあるグラデーションでカット。サイドはやや前下がりに切る。前髪はリップラインの長めに設定。カラーは光に透けるような軽さのあるフォギーブラウンに。ブラウンとグレーをミックスしたニュートラルカラー。

後頭部のグラデーションカットでふんわりと

【How to スタイリング】
パーマは18〜24mmのロッドを使い、平巻きワンカールでゆるめパーマをかける。スタイリング時はツヤ感を出すため、乾かす前にヘアオイルorヘアミルクを塗布してからドライ。乾かす時、前髪だけかき上げるようにオールバックにすることに気をつけて。最後に、少量のシアバターを中間〜毛先にまんべんなくつけたらフィニッシュ。

パーマで柔らかさをプラス!女性らしい美フォルムショートヘア

前下がりのグラデーションカットで手軽で可愛くキマる!

前下がりのグラデーションカットで手軽で可愛くキマる!

【How to ベース&カラー】
襟足のレングスを、首の長さ&太さのバランスで決めたら、レイヤーでスッキリとカット。その後、顔まわりに重さが残るようにやや前下がりのグラデーションでカット。前髪は巻いて目にかかる長さに設定し、幅を狭めにして薄めバングをつくる。さらに、前髪とサイドを繋ぐラインを頰くらいすることで小顔見せに。カラーは8レベルのオレンジベージュに。元気な印象を与えて愛されカラーで、ツヤ感をもたらす色味。

前下がりのグラデーションカットで手軽で可愛くキマる!

【How to スタイリング】
ドライ前にオイルタイプのトリートメントを塗布し、しっかり乾かしながら根元から毛先までツヤ感を出す。乾いたらストレートアイロンを使いCカールで柔らかい曲線を演出。表面はふわっと仕上げ、前髪はサイドに流れるように。最後に、トリートメントワックスなどをサラっとつけたら完成。スタイリング剤はつけ過ぎに注意。

薄め前髪の大人ナチュラルなショートボブなら、手軽で可愛くキマる!

イングラデーションを入れてコンパクトなフォルムに

イングラデーションを入れてコンパクトなフォルムに

【How to ベース&カラー】
襟足を浮かない長さに設定し、やや前下がりのワンレングスでカット。襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出す。前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカット。カラーは7レベルのオリーブグレージュに。オリーブとグレーをミックスすることで、赤みをしっかり消しつつ透明感のある髪色に仕上げる。

イングラデーションを入れてコンパクトなフォルムに

【How to スタイリング】
髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かす。ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mmのカールアイロンで毛先を外ハネ。クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。

前髪の束感とツヤ感でつくる、ほめられショートボブ

ナチュラルな洒落っ気たっぷりの【ボブ】

イングラデーションで自然な丸みをプラス

イングラデーションで自然な丸みをプラス

【How to ベース&カラー】
あごラインでベースをカット。毛先がハネないように、イングラデーションを少し入れて、髪が顔に沿うように自然な丸みを持たせる。前髪は目元の上くらいの長さで、重くならないように透け感を。カラーは7レベルのアッシュブラウンをチョイス。地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれる。

イングラデーションで自然な丸みをプラス

【How to スタイリング】
3cmのストレートアイロンで軽く毛先を内巻きに。巻きすぎると横に広がってしまうので、顔に沿うスタイルを残すため、さらっと通す程度で。前髪も同様に。アイロンを使うことでツヤがアップし、よりキレイな髪に見せてくれる。仕上げのオイルはあまりつけすぎないように、毛先や前髪に指先で塗布。全体に“ささっと”と仕上げるのが、ナチュラルさを演出するポイント。

透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に|地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

やや前下がりのグラデーションにカットで美シルエットに

やや前下がりのグラデーションにカットで美シルエットに

【How to ベース&カラー】
ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。前髪はリップラインで、薄めにカット。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整。カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があるおすすめのカラー。

やや前下がりのグラデーションにカットで美シルエットに

【How to スタイリング】
髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きに。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りに。前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成。

ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

平行ラインのグラデーションで大人フェミニンスタイルに

平行ラインのグラデーションで大人フェミニンスタイルに

【How to ベース&カラー】
鎖骨上くらいの長さ設定で、平行ラインのグラデーションボブに。ふんわりとした後頭部と作るよう前下がりのレイヤー、こめかみや顔まわりには輪郭を包むように前上がりのレイヤーを入れる。前髪は浅め&やや幅広に取り、目にかからないギリギリの長さでカット。前髪とサイドを自然なラインでつなげることで、大人っぽい雰囲気に。カラーは8レベルのショコラベージュをセレクト。チョコレートのようなほんのり赤みを感じるブラウンとベージュをミックスし、ツヤと軽さのある仕上がりに。

平行ラインのグラデーションで大人フェミニンスタイルに

【How to スタイリング】
パーマは、低温デジタルパーマで18〜23mmのロッドを使い、毛先1カール強のパーマをかける。髪への負担が少なくツヤの出るパーマなので、ダメージを気にする人にもおすすめ。スタイリングは、根元からドライし、手ぐしでカールを伸ばすようにふんわり乾かす。ヘアオイルやヘアバターをえり足などのバックから塗布し、その後全体に馴染ませる。最後に手に残っているスタイリング剤を前髪に付けたらフィニッシュ。

透け前髪&顔周りひし形シルエットで、大人フェミニンなボブをかなえる!

イングラデーションを仕込んでハネにくく自然な内巻きワンレンボブ

イングラデーションを仕込んでハネにくく自然な内巻きワンレンボブ

【How to ベース&カラー】
ベースを肩上のギリギリ結べる長さでワンレングスにカット。前髪はサイドと同じ長さに揃える。ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げる。カラーリングは、暗めの5レベル・アッシュベージュをチョイス。赤みを押えつつ透明感があり、ダークカラーでも柔らかい表情の色味に。

イングラデーションを仕込んでハネにくく自然な内巻きワンレンボブ

【How to スタイリング】
ドライ時のポイントは、分け目がつかないようにふんわりと乾かすこと。生えグセに逆らうようにドライヤーの風を当てるとナチュラルなボリューム感に。乾いたら32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけで、簡単にスタイルがキマる。保湿力があり立体的なスタイルをキープできるバター系のスタイリング剤を毛先に馴染ませ、揉み込んでから軽く崩したら完成。

前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出

柔らかくおしゃれな【ミディアム】

ローグラデーションカットで切りっぱなしより柔らかさと丸みのある仕上がりに

ローグラデーションカットで切りっぱなしより柔らかさと丸みのある仕上がりに

【How to ベース&カラー】
鎖骨くらいの長さでやや前上がりのローグラデーションでカットすることで、切りっぱなしより柔らかさと丸みのある仕上がりに。トップと顔まわりをスライドカットで調整して束感が出やすいように。前髪は奥行きを浅めに取り、カットライン残しながらチョップカットを入れる。カラーは9レベルのシナモンベージュに少しだけローズをMIX。ローズの赤紫色が効いて、くすみのないツヤ感のある色味に仕上がる。

ローグラデーションカットで切りっぱなしより柔らかさと丸みのある仕上がりに

【How to スタイリング】
根元を立ち上げながらドライヤーで乾かしたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。髪を落ちる位置ではなく、耳から横に引き出して高い位置で巻くのがポイント。こうすることで軽いカールの重なり生まれて、抜け感のあるスタイルに。ボリュームが出やすい人は、襟足は巻かなくてもOK。最後に、ツヤ感と動きの出るヘアバターを全体的に馴染ませ、束感を整えたら完成。

短めバング×縦長シルエットのロブヘアは、抜け感がちょうどいい!

中間からトップにかけてのグラデーションカットで抜け感たっぷりに

中間からトップにかけてのグラデーションカットで抜け感たっぷりに

【How to ベース&カラー】
ベースは、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。中間からトップにかけてグラデーションでカットし、トップには動きを出すレイヤーを入れる。前髪は目にかからないギリギリの長さでカットすることで、かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめる。カラーは、8レベルのシアーベージュに。ややくすみのあるベージュで、寒色でありながら透明感と柔らかさのある色味に。また、色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にも◎。

中間からトップにかけてのグラデーションカットで抜け感たっぷりに

【How to スタイリング】
パーマをかける場合、デジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻く。ドライ時、前髪の根元をつぶさないように気をつけて。乾いたら32mmのアイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きに。最後に乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませる。前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

毛先にグラデーションカットを入れて女らしさと親しみやすさを

毛先にグラデーションカットを入れて女らしさと親しみやすさを

【How to ベース&カラー】
鎖骨下3cm、水平にカットし丸みが出るよう毛先はグラデーションカット。裾は重たさを残しつつ、表面にレイヤーを入れ動きを出しやすく。さらに全体にスライドカットを入れふんわり感をプラス。前髪は目の上で自然に流れるようスライドカットを。カラーは9トーンのチョコレートアッシュ。赤みも黄みも出さず透明感があり、好感度の高いカラー。

毛先にグラデーションカットを入れて女らしさと親しみやすさを

【How to スタイリング】
パーマは髪質に合わせ、硬毛の人はクセがつきやすいデジタルパーマ、軟毛の人はダメージの出にくいエアーパーマがオススメ。表面は23mmのロングロッドでスパイラル巻き、それ以外は20mmのロッドで平巻きメインのパーマをかける。前髪は25mmのロッドで内巻きに。スタイリングは濡れた根元を乾かしてから、毛先は手のひらに乗せ、持ち上げて軽く握るように乾かすとカールが復活する。ムースをもみ込み、片側だけ軽く耳にかければ完成。

前髪ありの“揺れパーマミディ”は、スタイリング簡単なのに男ウケ抜群の最強モテヘア!

重さが残るグラデーションカットで洗練された雰囲気を

重さが残るグラデーションカットで洗練された雰囲気を

【How to ベース&カラー】
顔まわりに重さがでるように、耳より前を前下がりにカット。顔まわりはしっかりめにレイヤーを入れ、中間部分は重さが残るようにグラデーションに。さらに空気感がでるように部分的にチョップカットで調整。前髪はリップラインに設定してカット。カラーは、8レベルのマロンブラウンにラベンダーとブラウンをミックスした暖色系でツヤ感があるカラー。

重さが残るグラデーションカットで洗練された雰囲気を

【How to スタイリング】
パーマは20、23、26mmのロッドを使い、毛先を2回転半巻く。前髪は太めの26mmで。パーマの種類は、デジタルパーマでも、コールドパーマでもOK。スタイルングは、前髪以外はハーフウェットの状態で、シアバターとオイルを手の平で混ぜてから全体的に揉み込むように塗布。前髪は、完全にドライしてから中間から毛先にスタイリング剤を。保湿力があり、ツヤ感とウェットな仕上がりになるスタイリング剤を選んで。

洗練&可愛いを両立したセミディヘア!レイヤー&パーマで程よいボリュームを

女性らしさを演出する【ロング】

グラデーションでカットの重ためスタイルでヘルシーに色っぽく

グラデーションでカットの重ためスタイルでヘルシーに色っぽく

【How to ベース&カラー】
グラデショーンベースの重ためのロング。ワンレンではなく、グラデーションでカットしているため、丸みがあり女性らしいスタイルに仕上がっている。顔まわりと表面にレイヤーを入れ、スライドカットと毛量の調整で浮遊感のあるデザインに。カラーは、10レベルのブランジュ。ブランジュは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、透け感があり軽い印象を与える。また、肌ぐすみのカバー効果も。

グラデーションでカットの重ためスタイルでヘルシーに色っぽく

【How to スタイリング】
全体を乾かしたら、32mmのアイロンを使い、サイド3段、バック4段に分けてワンカール。アウトラインのみ外巻きに、その他は内巻きでカールをつける。レイヤーを入れた顔まわりと表面は、髪を細い毛束で拾ってワンカール。そして、巻いたらほぐすのがほつれ感をつくる鍵。最後に、シアバターとオイルをミックスし、毛先中心に塗布。根元は少なめにつけて、セミウェットな質感に。手ぐしを通しながら、髪を高い位置(耳くらいの高さ)からパラパラと落としつつほぐして整えたら完成。

前髪なしのレイヤーロングは、“ほつれ感”プラスで今どきの色っぽ美人に

全体的なグラデーションカットでカジュアルなレディスタイルに

全体的なグラデーションカットでカジュアルなレディスタイルに

【How to ベース】
キレイめな印象にまとめながら、パーマの動きでラフさを加えたカジュアルなレディスタイル。全体をグラデーションカット、ハチ上とサイドにはレイヤーを入れ、中間~根元は軽さが出るようにカット。顔周りに深めから作った前髪でふわっと女性らしさも演出。

ゆるニュアンスパーマで女性らしい印象に !

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事