ヘアカラー
2024.2.12

シルバー系の髪色、透け感と透明感アップ【スタイル7選】

外国人風カラーが楽しめるシルバー系。暗髪でも透明感が出る髪色を掲載。ヘアカラー別に『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

「シルバーグレージュ」シルバー系カラースタイル【2選】

【1】色持ちがいい外国人風スタイル

Point

カラーは11トーンのシルバーグレージュ。人気の暗髪色です。伸びてきても根元が気にならない色見なので、色持ちがいいところがおすすめです。


【how to“ベース”】
ロングヘア+ローレイヤーのスタイルです。日常で扱いやすく纏まりが良くなる様に少しのレイヤーで設定。毛量調節はやや控えめに、タプッと韓国っぽく重めにカットしています。


【how to“スタイリング”】
フロントの前髪と顔まわりは骨格に沿う様にデザイン!アイロン入らずでオイルのみの仕上げで再現性も抜群です。全体は32ミリのコテで内巻きにワンカール、外ハネワンカールの組み合わせ。顔まわりはリバース巻き(後ろに巻き込むやり方)を髪表面の中間で一回転するだけで韓国っぽく流れる様に!最後はオイルをサラッとつけてラフに崩して完成です。

担当サロン:Press. Salon (プレスドットサロン)  徳崎 ヨシヒデさん

【2】暗髪でも透明感出しスタイル

Point

カラーはブリーチなしカラーで7トーンのシルバーグレージュに。暗髪でも透明感が出ておすすめです。


【how to“ベース”】
ふんわりとボリュームのあるAラインシルエットにすることで小顔効果が生まれます。シースルーバングと組み合わせることでより韓国っぽヘアに。


【how to“スタイリング”】
32ミリのカールアイロンで毛先を強めに内巻きに巻いていきます。(巻きつけるほど韓国っぽさが出るので根元あたりまで巻きつけましょう)。顔周りのサイドバングをリバース巻きしていきます。オイルとバームを1:1でつけて愛されヘアの完成です。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン)  田邊可奈さん

「シルバーラベージュ」シルバー系カラースタイル【2選】

【1】3色をミックスした肌馴染みスタイル

Point

カラーはシルバーラベージュ8トーン暗すぎず透明感のあるヘアカラーです。


【how to“ベース”】
全体的に重めなスタイルでまとまりよくするために、あまりレイヤーは入れていません。もともと、このモデルさんは髪も細めなので、レイヤーを入れるとスカスカになる恐れが!あまり入れずに重めにしておき、動きはスタイリングで出すのが◎。前髪はシースルーで目の上ギリギリに設定。おでこを隠して、小顔効果を出しています。


【how to“スタイリング”】
全体的に32ミリのコテで外巻きに、巻きすぎず緩く巻いてナチュラルな仕上がりにしました。前髪も軽くワンカール入れると、眉上できれいにまとまります。頬骨辺りにふんわりウエーブが来るようにすると、顔周りがきれいに見えます。最後に軽くオイルをつければ完成。ウエーブが取れやすい方は、オイルとワックスのミックスがおすすめです。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート)  田山穂波さん

【2】柔らかい質感になれるカラースタイル

Point

カラーは単色ではなく5トーンと13トーンの加減法、グレー、ベージュ、アッシュ、パープル、ピンク、ラベンダーなどの配合で嫌な黄色味を押さえつつ、誰もが憧れる透明感のある柔らかい質感の11トーンのシルバーラーベージュに調合しています。


【how to“ベース”】
ミディアムヘア+ローレイヤーの巻き髪スタイル。乾かすだけで簡単内巻きに出来るように設定、その上に巻きやすさとカールの取れにくさを考慮した毛量調節カットを施しています。程よく動く毛先が扱いやすくも可愛いを叶えたデザインです。顔まわりはお顔にフィットする様にミリ単位まで拘り、邪魔にならないノンストレスな顔まわりにデザイン、小顔効果にもなれるのでおすすめです。


【how to“スタイリング”】
フロントの前髪はアイロンを使用せずとも顔まわりに馴染むので手間無くオイルのみで。全体はコテ26ミリを使用。ハチ下は波巻きで柔らかくウェーブに、ハチ上はリバース(後ろに巻き込むやり方)、フォワード(前に巻き込むやり方)をミックスさせるだけでOK。最後はオイルをサラッとつければ艶もきれいに出て完成です。

担当サロン:Press. Salon (プレスドットサロン)  徳崎 ヨシヒデさん

「シルバーブルージュ」シルバー系カラースタイル【2選】

【1】ウエット感と赤みを抑えたスタイル

Point

カラーは11トーンのシルバーブルージュで夏っぽくかろやかな雰囲気に。透明感も出るし色持ちも抜群の優秀カラーです。ハイトーンすることで暗すぎないので夏にもおすすめ。


【how to“ベース”】
レイヤーベースで切るので、毛先は重すぎず少し軽めで、動きの出やすい軽やかな質感にしました。かき上げた時に綺麗な毛流れが欲しいので、顔周りもしっかりレイヤーを入れて巻きやすくしました。


【how to“スタイリング”】
32ミリのコテで全体を中間から外巻きワンカールして、顔周りはリバース巻きで流すように軽く巻くと小顔効果抜群の韓国ヘアに。毛先の軽やかな質感、顔まわりのリバース巻きでを意識することでさらに小顔に。スタイリング剤はオイルをつけます。ちょっとウエット感を出すことで艶感アップ。根元はケラふわをつけてふわっとさせることで、根本からの立ち上がりを含め、シルエットも綺麗になります。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート)  中園祥吾さん

【2】色落ちしてもキレイなスタイル

Point

カラーは10トーンのグレー×ベージュ×ブルーを組み合わせた“シルバーブルージュ”に。寒色系のカラーになりますが、暗髪ブームの今、赤みが出ず色持ちもいいので人気です。


【how to“ベース”】
カットはワンレンのセミディへアに。毛先を重たくカットすることで巻いたときにたぷんっと感が出て可愛い。


【how to“スタイリング”】
32ミリのコテで毛先外ハネにしてから中間はミックス巻きにします。スタイリングが面倒な方はパーマをかけてもOK。スタイリング剤はオイルを毛先から揉みこむようにつけていきます。いっきにモード感×こなれ感が出てオススメです。

担当サロン:AFLOAT GINZA(アフロート ギンザ)  白川 雄副さん

「パールシルバー」シルバー系カラースタイル

Point

カラーは18トーンまでブリーチを2回繰り返し、最後にパールシルバーを重ねて、柔らかくて、少し温かみのあるシルバーに仕上げました。白髪があっても、また白髪染めとしてもできるおしゃれカラーです。


【how to“ベース”】
ショートウルフベース。首のあたりにくびれを作ることでウルフ感がアップ。


【how to“スタイリング”】
濡れた状態からトリートメントオイルを少量つけ、ドライヤーで乾かします。26.5ミリのカールアイロンで、毛先だけを軽く巻き、トップは軽くふんわりさせて最後に艶のあるワックスを、少量揉み込みます。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー)  唐沢ゆりこさん

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事