ヘアカラー
2020.3.26

ヘアカラーはバイオレット系で決まり!暗めもかわいい紫アッシュ・ブラウン・ベージュ

いつものヘアカラーにバイオレットカラーをミックスしてみませんか?一気に女の子らしくなること間違いなしです!アッシュ、ブラウン、ベージュ、暖色カラーの中から自分にぴったりくるものを見つけて。雰囲気チェンジにもってこいのヘアカラー、ぜひ挑戦してみて♪

【目次】
アッシュカラーミックスでおしゃれに
上品にかわいくキマるブラウンカラーミックス
ベージュカラーミックスで透け感アップ
暖色系カラーで大人感をキープ!

アッシュカラーミックスでおしゃれに

「パープルグロスブラウン」

「パープルグロスブラウン」

【How to“ベース&カラー”】
・ブラウンに、寒色のアッシュと赤みのあるバイオレットを3:1の割合で混ぜてワンカラー。
・アッシュの透明感とバイオレット のこっくりしたツヤ感を兼ね備えたカラーは、洗練された印象。
・サイドパートのゆるっとしたロングを、都会的にクラスアップ。

明るくも深みのある〝パープルグロスブラウン〟

上品にかわいくキマるブラウンカラーミックス

「オレンジショコラブラウン」

「オレンジショコラブラウン」

【How to“ベース&カラー”】
・前髪は目にかからない長さで直線的にカットし、隙間を作りやすいよう毛量調整。
・裾はバックからサイドにかけて鎖骨丈でカット。
・動きを出しやすくするようトップや表面に軽くレイヤーを入れ、さらに顔周りに大胆にレイヤーを入れる。
・特にもみあげからこめかみに落ちる毛束は、引き出しながら高い位置からレイヤーを。
・裾にはレイヤーを入れずカットラインを残しているので、軽くならず重たい印象に。
・顔周りだけしっかりレイヤーを入れているのがNEOウルフ。
・カラーは9トーンのオレンジショコラブラウン。
・黄みを抑えるバイオレットがMIXされ、ツヤのある明るめブラウンに仕上がる。

「オレンジショコラブラウン」

お帰りレイヤー! 顔周り軽め×裾重ための“NEOウルフ”セミディが今旬カッコいい

ベージュカラーミックスで透け感アップ

「フォギーベージュ」

「フォギーベージュ」

【How to“ベース&カラー”】
・やや前下がりのロブスタイルにカット。
・顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。
・前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。
・カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。
・ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。

「フォギーベージュ」

ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

「シナモンベージュ」

「シナモンベージュ」

【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨下5cmの長さでやや前上がりにカット。
・こめかみ上にレイヤーを入れ、毛先の厚みは残しつつ、ふんわり柔らかい動きをプラス。前髪は幅を“浅く広く”するのがポイントとなり、隙間ができてこなれ感のある印象に。
・カラーは9レベルのシナモンベージュをワンメイク。
・ベージュにバイオレットとグレーをミックスしたカラーで、バイオレットが黄色を補正し、無彩色のグレーが髪の透明感をアップさせ、顔映りのいい仕上がりに。

「シナモンベージュ」

美肌見せカラー×柔らかセミディヘアでイイ女感を!パーマで作る毛流れで今っぽさも

暖色系カラーで大人感をキープ!

「ピンクバイオレット」

「ピンクバイオレット」

【How to“ベース&カラー”】
・肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れる。
・顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。
・裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則。
・前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整。
・カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。
・アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象に。

「ピンクバイオレット」

流行の外ハネボブは“短め前髪×レイヤーボブ”で、パッと見おしゃれ美人にブラッシュアップ!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事