食・レシピ
2020.3.14

“奇跡の野菜”で体も肌も若返り♪ 「ビーツとクレソン、グレープフルーツのサラダ」Today’s SALAD #110

img_20200304_182613_653

【本日のビューティ食材:ビーツ

色鮮やかな濃いピンク色が特徴的なビーツ。生のビーツからサラダを作るのはちょっぴりハードルが高いように思われますが…活用しないと損をしてしまいそうなほど栄養素がたっぷり! ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル成分はとくに豊富で、歯や骨を丈夫にしたり、血液をつくり出したり、むくみを防いだり…健やかなカラダづくりにひと役買ってくれます。ビタミンA、B、Cもたっぷり含んでいるので、肌&体のサビを防ぎ、キレイな毎日もサポートしてくれる効果が。生のビーツを使う場合は、皮をむかずにそのまま30分程ゆでる下ごしらえ(赤い色味がなるべく抜けないよう、「皮はむかずに」がポイント)が必要ですが、今回はサラダにそのまま使える加工されたビーツを使って、お手軽サラダをご提案! 組み合わせたのはビタミンCたっぷりで美肌効果抜群のグレープフルーツと、抗酸化力の高いクレソン。

20200224_170220

使ったのはこちらのビーツ! オーストラリア産の小ぶりのベビービーツを無添加で加工し、食べやすくしたもの。ビーツならではのちょっぴり土くさい美味しさ&鮮やかな彩りが楽しめます。

 

材料
ベビービーツ           2~3個
クレソン             1/2束
グレープフルーツ         1/2個
オリーブオイル       大さじ1
赤ワインビネガー      大さじ1弱
ディジョンマスタード    少々
塩・こしょう        少々

 

作り方

(1)ベビービーツは食べやすい大きさにカット。

20200224_170425

(2)クレソンは長さ3~4cmにカット。

20200224_170112

(3)グレープフルーツは皮をむき、食べやすい大きさにちぎる。

20200224_170924

(4)ボウルに具材を入れ、オリーブオイル、赤ワインビネガー、マスタード、塩こしょうで味を調える。

20200224_171242

(5)皿に盛ってできあがり。

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事