ヘアスタイル・髪型
2020.5.30

ミディアムウルフカットは女性におすすめな美人ヘア!雰囲気もおしゃれに

ショートだとかっこよさが強くなってしまうウルフも、ミディアムヘアで作ると、女性らしく美人度もUP。シルエットもおしゃれで、大人な女性にもおすすめのスタイルです。ハードルが高い方には、ミディヘアをアイロンを使ってウルフ風に変身する方法もご紹介します。

【目次】
女性らしい美人シルエットのミディアムウルフ
前髪なし、ふんわり毛先がポイントのウルフ
パーマなし、アイロンを使ったウルフ風アレンジ

女性らしい美人シルエットのミディアムウルフ

短めバングの華やかミディ

短めバングの華やかミディ

【How to ベース&カラー】
ベースを鎖骨下くらいの長さに設定し、前上がりでカット。スタイルのポイントとなるレイヤーは、襟足の重さが残るようにトップからしっかり入れる。前髪は直線ラインがでるように眉上の短い長さでカットし、重めの仕上がりに。カラーリングは、モード感を演出するためダークブラウンに染めます。暗過ぎず、クールな雰囲気に。

短めバングの華やかミディ

【How to スタイリング】
ドライ後、19mmのアイロンで毛先を外ハネに。外ハネだけでもOKですがさらに髪の遊びが欲しい時は、内巻き&外巻きをミックスさせた波ウェーブにしても。顔まわりは、内と外をランダムに巻いて。最後に、ふんわりとした仕上がりになるクリームバースを手にしっかり馴染ませたら、ポニーテールを結ぶイメージで根元から空気を入れながら塗布。前髪はバームとオイルを混ぜ、かき上げるように付けます。自然におろしてから、束感と透け感を整えたら完成。

今年顔のウルフヘアでモードに決める! 短めバングの華やかミディ

ベースは重め、顔周りだけ軽い、“NEOウルフ”ヘア

ベースは重め、顔周りだけ軽い、“NEOウルフ”ヘア

【How to ベース&カラー】
前髪は目にかからない長さで直線的にカットし、隙間を作りやすいよう毛量調整。裾はバックからサイドにかけて鎖骨丈でカット。動きを出しやすくするようトップや表面に軽くレイヤーを入れ、さらに顔周りに大胆にレイヤーを入れる。特にもみあげからこめかみに落ちる毛束は、引き出しながら高い位置からレイヤーを。裾にはレイヤーを入れずカットラインを残しているので、軽くならず重たい印象に。顔周りだけしっかりレイヤーを入れているのがNEOウルフ。カラーは9トーンのオレンジショコラブラウン。黄みを抑えるバイオレットがMIXされ、ツヤのある明るめブラウンに仕上がる。

ベースは重め、顔周りだけ軽い、“NEOウルフ”ヘア

【How to スタイリング】
レイヤーは毛束を前に引き出して乾かすと髪が丸く膨れ、頭でっかちな印象に。必ずドライヤーを前からあて、毛束が後ろに流れるように乾かすのがポイント。また、かき上げながら乾かすとトップが適度にふんわりして◎。32mmのアイロンで裾を外ハネに。その後耳上に落ちるレイヤーの毛束を内巻きワンカール、さらにトップのレイヤー部分を外巻きワンカールに。裾はしっかりハネさせつつ、耳上とトップのカールはクセ付け程度でOK。もともとクセやうねりがある人はあえて巻かなくても大丈夫。束感やツヤの出るオイルを手のひらに少量のばし、巻いたカールをほぐすようになじませます。もみあげ前のこめかみに落ちる毛束を残してふわっと耳掛けすれば完成。レイヤーのウルフカットといえども、古くならず今っぽさが際立つNEOウルフ。前髪があると柔らかい印象ですが、もっとクールに攻めたいなら前髪ナシでも◎。

お帰りレイヤー! 顔周り軽め×裾重ための“NEOウルフ”セミディが今旬カッコいい

鎖骨ラインのミディアムのウルフ風スタイル

鎖骨ラインのミディアムのウルフ風スタイル

鎖骨ラインのミディアム。たっぷりとレイヤーを入れて毛先だけを内巻きにすると、個性を感じるウルフ風スタイルに。細かく入れたハイライトが動きをサポートして、立体感アップ。

鎖骨ラインのミディアムのウルフ風スタイル

\ポイント/
前髪は手前から作って幅を狭くし、サイドへは斜めにつながるようにする。四角いおでこを隠しながら、ベース形のフェースラインを女性らしく中和する役割に。

フェースラインもカバー! おでこの形別・最旬トレンド前髪カタログ

前髪なし、ふんわり毛先がポイントのウルフ

かわいい毛先のニュアンスが鍵!レイヤーミディ

レイヤーミディ+長め前髪の重軽MIX

【How to ベース&カラー】
顎下5cmくらいの長さで緩やかな前上がりでベースをカット。顔まわりとトップをメインにハイレイヤーを入れる。バックのアウトラインとなる襟足は、重さを残すようにする。前髪は鼻先の長さでカット。カラーリングは7レベルのスターダストベージュに。バイオレットをミックスした色味で、ツヤを与えて落ち着いたイメージに。ほんのり赤みのあり大人っぽい仕上がりとなるカラー。

レイヤーミディ+長め前髪の重軽MIX

【How to スタイリング】
分け目がつかないように、根元を起こしながらドライヤーで乾かす。ストレートアイロンで、部分的に外ハネをつくって空気感のある仕上がりに。襟足は外ハネにする。ややセット力のあるソフトワックスを全体的にくしゃっと揉み込むように塗布。毛先をつまんでランダムに動かし、ニュアンスをつけたら完成。

ふわっと動く外ハネヘアで、大人かわいいニューカマーのウルフカット

パーマなし、アイロンを使ったウルフ風アレンジ

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

教えてくれたのは…ヘアサロンkate スタイリスト MIYOさん

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

Before

\アレンジ方法/

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

【STEP1】髪の表面だけストレートアイロンをかける
「ボリュームダウンしすぎないように、ストレートアイロンをかけるのは、髪の表面のみ。髪の根元近くから毛先まで均一にアイロンでのばしていきます」

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

【STEP2】はねやすい後ろの毛先を外ハネに
「ロングボブは毛先がはねやすいので、流れに逆らわずに外ハネに。ストレートアイロンで、毛先3cmだけ手首を返すくらいの軽いカールをかけると、今っぽい外ハネスタイルになります」

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

【STEP3】前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく
「サイドにレイヤーが入っているので、前髪からサイドの毛先は内巻きにしてウルフ感を出します。後ろの外ハネと違う動きがついて、軽やかな印象に」

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

【STEP4】毛先にヘアクリームをつけて毛束感を出す
「指の間にヘアクリームを広げ、手ぐしで毛先になじませます。後ろの髪だけではなく、前髪とサイドにもつけて、全体的に毛束感を出すのが、さらに今っぽくするコツです」

\使用したヘアクリームはコレ!/

前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

「ヘアワックスとしてもハンドクリームとして使えるサロンオリジナルのヘアクリーム。毛先にツヤと潤いを与えながら動きを出してくれます」
kate ジェントリーバーム 48g  ¥2,200

【完成】
オンスタイルにもぴったりなナチュラルな外ハネスタイル。動きのある毛束感が、こなれた印象に。

乾燥して膨らみやすいのに毛量の少ない髪…ダウンスタイルにするときのストレートアイロンテク|ロングボブのはねやすさを生かした外ハネスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 98】

※価格はすべて税抜きです。
※一部サロン専売品が含まれます。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事