お悩み別ケア
2021.5.1

背中がニキビで汚い…皮膚科医が教える「原因」と「対処法」

\"\"

鏡で背中を見て「汚い!」と感じた人必見!皮膚科医が、背中ニキビの「原因」や市販薬での「セルフケア」、皮膚科を受診する目安をお教えます。ニキビ跡が色素沈着やシミになる前に!正しい「治療」と「対処法」をチェック!

背中ニキビの4つの原因

【1】カビ

東京イセアクリニック 渋谷院院長 日本皮膚科学会会員 日本美容皮膚科学会会員 日本抗加齢医学会会員

大山希里子先生

「患者さまとのコミュニケーションを大切にして真摯に向き合うこと」を理念に、日々の診療を行う。皮膚科医として知識のグレードアップを怠らず、美容医療はもちろん化粧品などの知識も豊富。

背中ニキビの原因は、カビが原因の毛包炎(毛嚢炎)の可能性も。

「毛穴には【1】軟毛性毛包【2】終毛性毛包【3】脂腺性毛包の3種類があり、このうちニキビができるのは脂腺性毛包です。

背中は脂腺性毛包があるため、ニキビができやすい部位。
しかし、赤く腫れた丘疹や膿をもった膿瘍の場合、ニキビと似て非なる毛包炎(毛嚢炎)の可能性もあります。

毛包炎(毛嚢炎)とニキビの違いは、原因菌。皮膚には誰しも持っている常在菌として、ニキビを発生させるアクネ菌以外にも、黄色ブドウ球菌、真菌(カビ)がいます。汗や湿気などにより細菌や真菌(カビ)が繁殖し、傷や摩擦により肌のバリア機能が低下している毛穴から侵入することで炎症をきたすため、

毛包炎(毛嚢炎)が発生しやすいのは汗のかきやすい夏場です」(大山先生)

【2】洗い残し

「背中ニキビができる原因として考えられるのは、髪の毛を洗った際のシャンプーやコンディショナー、トリートメントなどの洗い残しの影響や、髪の毛との接触による整髪料汚れなど。これらの汚れの蓄積が毛穴を詰まらせる原因となり、炎症を起こしやすくなります。その日の汚れを都度きちんと落とすことがニキビ予防に有効です。夜ではなく朝に入浴する習慣も、背中ニキビができやすくなるでしょう。毎日のメイク落としはしていても、背中まで気が回らない人も多いはず。意識的に背中を洗う習慣をつけるようにしましょう」(大山先生)

 

初出:体や背中のニキビの原因はカビのせい? 皮膚科医に訊いた気になる背中ニキビの予防法とケア方法

記事を読む

 

美容家

深澤亜希さん

透き通るような美肌は業界随一。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)など。
関連記事をチェック ▶︎

背中についたシャンコンなどがしっかり洗い流せていない可能性も

「特にロングヘアの人は、髪を横へ流して背中を十二分に流すこと。湯船につかることもニキビ予防になります」(深澤さん)

 

初出:背中ニキビや腕や脚の毛穴…薄着になる前になんとかしたい! おすすめアイテムやケア方法をご紹介!

記事を読む

【3】過剰な皮脂分泌

「ニキビの主な原因は過剰な皮脂分泌、内分泌的因子、毛包漏斗部の角化異常、ざ瘡桿菌(かんきん)の増殖と炎症です。そして、皮脂の過剰な分泌は、疲れやストレス、睡眠不足などによってホルモンバランスが崩れることが原因です。」(大山先生・以下「内同」)

【4】乾燥や間違ったスキンケア

「乾燥や、間違ったスキンケアも原因。毛の出口部分の角化異常は、擦れることや、ターンオーバーの乱れなどで起きます。ターンオーバーの乱れはバリア機能も低下させます」

 

初出:胸ニキビや背中ニキビを跡を残さず治したい! 皮膚科医に訊いた「できる原因」と「予防&ケア」方法

記事を読む

背中ニキビの治し方

【1】市販薬でセルフケア

顔、胸、背中のニキビはどれも同じ市販薬を使えます。ニキビに効果があるのは、第二類医薬品で殺菌作用と抗炎症作用のある薬です。」(大山先生)

市販薬の成分
【ニキビ菌を抑える成分】
イソプロピルメチルフェノール、レゾルシン、ホモスルファン、ピオニン

【炎症、赤みを抑える成分】
イブプロフェンピコノール、グリチルレチン酸、グリチルレチン酸ジカリウム。

【肥厚化した角層を柔らかくする成分】
イオウ、サリチル酸、グリコール酸

【血行を促進する成分】
トコフェノール酢酸エステル

「市販のお薬を選ぶときには、自分の症状にあわせて、これらの有効成分が配合された薬を選ぶと良いでしょう」

 

初出:胸ニキビや背中ニキビを跡を残さず治したい! 皮膚科医に訊いた「できる原因」と「予防&ケア」方法

記事を読む

【2】医療機関を受診する

\医療機関での受診がおすすめなのはこんなとき/

Check
  • 炎症が強い
  • 赤くて痛みがある
  • 多発している
  • 繰り返している
  • 市販薬で改善しない

「どれかひとつでもあてはまるようなら、早めに医療機関を受診しましょう」

 

初出:体や背中のニキビの原因はカビのせい? 皮膚科医に訊いた気になる背中ニキビの予防法とケア方法

記事を読む

【3】抗生剤を使う

「炎症があれば早めに抗生剤を内服することや清潔操作(無菌状態での処置)での排膿も、跡を残さないために大事な治療になってきます」

 

初出:胸ニキビや背中ニキビを跡を残さず治したい! 皮膚科医に訊いた「できる原因」と「予防&ケア」方法

記事を読む

「ニキビ跡」の対処法

ニキビ跡の「種類」と「対処法」

「ニキビ跡には、

褐色調の跡で残っている色素沈着と、
ニキビのふくらみがひいても赤みが残った炎症後紅斑、
ケロイド状の肥厚性瘢痕、
陥凹した萎縮性(クレーター状)瘢痕

があります。胸部は紫外線対策が疎かになりやすいことから色素沈着をおこしやすく、ケロイド状の瘢痕が残りやすい部位でもあるんです。大前提に、どんなニキビもできてしまったら跡にならないように治療することが重要なのですが、ニキビ跡の治療もいくつかあります。」

色素沈着を起こしている場合には、ビタミンC、トラネキサム酸の内服、紫外線対策、ターンオーバーを促進するようなトレチノイン外用、ケミカルピーリングが効果的です。

炎症後紅斑は、時間経過で徐々に改善していくものですが、色素レーザーなどは改善促進効果があります。

ケロイド状の肥厚性瘢痕は、自然治癒は難しいです。テープでの圧迫療法、ステロイドのパッチや、局所注射、レーザーなどが治療となります。

萎縮性(クレーター状)瘢痕も自然治癒は難しく、ピーリング、レーザーでの治療を行います」

 

初出:胸ニキビや背中ニキビを跡を残さず治したい! 皮膚科医に訊いた「できる原因」と「予防&ケア」方法

記事を読む

背中ニキビの予防する4つのポイント

【1】ニキビ専用の基礎化粧品を使う

アヴェーニュー表参道クリニック 皮膚科医

太田 理会医師

藤田医科大学医学部卒、藤田医科大学ばんたね病院、福井県済生会病院にて研鑽を積む。皮膚科医、美容皮膚科が専門。丁寧なカウンセリングを通じて患者様のお悩みに正面から向き合いたいと思っています。どんなことでもお気兼ねなくご相談ください。

「お肌のことを考えると、ニキビができてしまったときは、ニキビ専用の基礎化粧品を使用するのがベスト。

選ぶ基礎化粧品はニキビができる原因や肌の状態によって変わってきます。例えば、脂っぽい肌でニキビの炎症が酷いときには、殺菌作用や皮脂量をコントロールしてくれるタイプがよいでしょう。一方で乾燥している場合には、ニキビの炎症を抑えながらも低刺激で、肌に潤いを与えてくれるタイプがおすすめです」(太田先生)

【2】ノンコメドジェニック表記のあるものを使用する

「ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくい製品かをテストし、その結果ニキビができにくいと証明されたものです。ノンコメドジェニックと表記されている中でも、脂肌用、敏感肌用、乾燥肌用など種類が分かれているので、自分の肌に合ったものを選んで」(太田先生)

 

初出:ニキビができたら専用の基礎化粧品に変えるべき?皮膚科に訊いてみた【今さら聞けないニキビケアの基本】

記事を読む

【3】刺激を与えない

美容家

深澤亜希さん

透き通るような美肌は業界随一。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)など。
関連記事をcheck ▶︎

刺激はNG。ボディタオルで泡を転がすように洗いましょう

「なめらかな手触りのボディタオルで優しく洗い上げて」(深澤さん)

 

初出:背中ニキビや腕や脚の毛穴…薄着になる前になんとかしたい! おすすめアイテムやケア方法をご紹介!

記事を読む

【4】ケミカルピーリング

「顔と同様に、ケミカルピーリングでターンオーバーを整え、ニキビができにくい肌に整えるケアも予防になりますよ」(大山先生)

 

初出:胸ニキビや背中ニキビを跡を残さず治したい! 皮膚科医に訊いた「できる原因」と「予防&ケア」方法

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事