健康・ヘルスケア
2021.9.11

体温を上げる方法まとめ|習慣・マッサージ・食事など

\"\"

体温を上げる方法のまとめ。女性にとって「冷え」は大敵!代謝が落ちてやせにくくなったり、体もだるくなったりなど、体の不調ばかりではなく、肌色もくすんだり、むくみやすくなったり、美容面でのダメージも相当なもの。ここでは冷えないカラダを作るべく、体温を上げる方法を集めました。体温が上がれば、血流もアップし、体も肌も調子が良くなっていいことづくめ! 運動や食事など、どれも無理なく続けられそうなものばかり♪自分に合った温活術をお試しください!

体温を上げる「メリット2つ」

【1】免疫力が30%アップする

柔道整復師、関西医療大学準研究員

松本恒平先生

日本の各種古典整体療法・調息整体・正体術・身体バランス法黒川瀞雄先生に師事。日本の整体流派を7つに渡り受講。施術の他、各地での講演にも引っ張りだこ。最新刊「究極の免疫セルフケア」(飛鳥新社)も好評発売中。

「体温が1度上がることで免疫力が30%アップすると考えられています。」(松本先生)

【2】自律神経の乱れを整える

「自律神経の乱れからくる冷えも、体の内側からしっかり温めることで改善されると言われています。」(松本先生)

 

初出:「白湯」は沸騰させたらダメって本当? 真相を体のメンテナンスのプロに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

体温を上げる「方法3つ」

【1】1日1回、湯船にきちんとつる

日本美腸協会 代表理事

小野 咲さん

看護師として働く中で腸の大切さを痛感し、腸の研究に没頭。美腸エステ『GENIE』を立ち上げ、日本美腸協会を設立。全国でセミナーを開講中。

「1日1回、湯船にきちんとつかって体を温めることは、副交感神経を優位にして腸の働きを促すためにも効果的。38~40℃のぬるめの湯に15分程つかっていると、深部体温が上がるとされています。」(小野さん)

 

初出:簡単便秘解消法|就寝1時間前の入浴&腸もみで腸の働きをUP♪

記事を読む

【2】ツボを押す三陰交(さんいんこう)

ピラティス インストラクター

黄 秀京(ファン スギョン)さん

元プロビーチバレーボール選手。トレーニングをしていても冷えが解消されず、ケガが多かったことから、ピラティスをスタート。インナーの筋肉の重要性を実感し、指導も行うように。

「脚の内側にある“三陰交(さんいんこう)”というツボは、下半身の冷えに効果的。ツボの位置がわかれば服の上からでも押せます」(黄さん)

「三陰交のツボの位置は、内くるぶしの上から指4本分の所。骨の近くだから冷えていると痛いですが、効きます 」(黄さん)

 

初出:美容のプロの温め術|あったかアイテムやマッサージ…簡単温め術8つ

記事を読む

【3】体を温める「陽性食品」を上手に取り入れましょう

内科医

石原新菜先生

イシハラクリニック副院長。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。2006年帝京大学医学部卒業後、同大学病院の研修医を経て、父・石原結城實のクリニックへ。漢方医学を中心にさまざまな病気の治療に当たる。『やせる、不調が消える 読む冷えとり』(主婦の友社)など、冷え、ショウガに関する著書多数。

「漢方には、体を冷やす『陰性食品』と体を温める『陽性食品』という考え方があります。冷えを防ぐには、食材の陰・陽を正しく把握して、体を温める陽性食品を上手に取り入れることが大切です」(石原先生)

体温を上げる代表的な「食べ物」3選

【1】陽性食品

「体を温める陽性食品は、寒い土地が原産地で冬が旬、色が濃くて塩気が強く、水分が少なく硬めなものが多いのが特徴。りんご、さくらんぼ、ごぼう、にんじん、れんこん、しょうが、黒砂糖、玄米、そば、漬け物、チーズ、海藻類、タラコ、ちりめんじゃこ、鮭、カニ、卵、赤身の魚や肉、紅茶、黒豆などが当てはまります。」(石原先生)

 

初出:冷えはダイエットの大敵!体を冷やす食品・体を温める食品とは?【女医に訊く#93】

記事を読む

【2】熱を作る筋肉の材料(クルミ、サバ、肉類、チーズ)

料理家

須磨映理子さん

都内にあるイタリアンレストランでシェフを務めた後、独立。食から美と健康をサポートしながら、国内のさまざまな地域で地産食材を広める活動を行っている。

「食事で熱を作るときに筋肉を使うので、筋肉のもととなるたんぱく質は積極的にとるべき栄養素。特に朝は熱を作り始める時間なので、朝食で取り入れるようにしてください」(須磨さん)

【3】薬味・スパイス(しそ、しょうが、唐辛子、シナモン)

薬味やスパイスは、体を温める作用のほか、食欲増進効果も期待できます。朝食が進まない人は、朝から取り入れてみてください」(須磨さん)

 

初出:おいしく食べて冷えを解消する朝ごはんレシピ|1品で栄養◎! タンパク質と温め食材で冷え知らず♪

記事を読む

美と健康のプロが教える、簡単「お料理レシピ」5選

しょうが×ねぎで温め 中華風とろみスープ

料理家・美容薬膳研究家

ちづかみゆきさん

国際中医薬膳師資格をもち、季節や美容に適した薬膳料理教室meixue主宰。著書に『暮らしの図鑑 薬膳』(翔泳社)。

【材料】
豚ひき肉…100g
鶏ガラスープ…2カップ
わけぎ(または九条ねぎ)…1/2束

しょうが
にんにく
花椒(かしょう)
オイスターソース
しょうゆ

【作り方】
1.ごま油で豚ひき肉100gと、しょうが、にんにく、花椒(かしょう)適量を炒め、鶏ガラスープ2カップを入れる。
2.アクを取り、オイスターソース、しょうゆ、酒、塩を適量入れる。
3.斜め細切りにしたわけぎ(または九条ねぎ)1/2束を加え、再度沸騰したら同量の水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつける。

炒めみそ汁

NPO法人日本ホリスティック ビューティ協会代表理事

岸 紅子さん

美容家、発酵食スペシャリスト、みそソムリエ。大学時代にホリスティック医療と出合い、さまざまな自然療法を学ぶ。

「みそ汁は炒めみそ汁の方が温まります。真剣に温活したいときは重ね煮。体が芯から温まるので作り置きします」(岸さん)

【材料】
ごぼう…1本
れんこん…1節
にんじん…1/2本
こんにゃく…1枚
水…500cc

ひよこ豆みそ…適量
玄米麹大豆み…適量

万能ねぎ(好みで)

【作り方】
1.細切りしたごぼう1本をごま油で炒める。
2.れんこん1節、にんじん1/2本は薄切り、こんにゃく1枚をちぎって炒め、水500ccを入れて煮込む。
3.ひよこ豆みそと玄米麹大豆みそを合わせて溶かす。好みで万能ねぎを散らす。

根菜の重ね煮

【材料】
椎茸のせん切り…300g
玉ねぎの薄切り…600g
にんじんのせん切り…200

塩…少量



【作り方】
1.鍋に自然塩を少量振り入れ、椎茸のせん切り300g、玉ねぎの薄切り600g、にんじんのせん切り200gの順に軽く手で押しながら重ねていく。
2.最後に塩を振ってフタをし、とろ火で30~40分程煮る。
3.でき上がったら冷まし、保存容器に入れる。冷蔵庫で1週間保存できる。

酒かすで作る根菜かす汁

看護師・内視鏡技師

胃腸良子さん

ナースキュア代表。内外美容を重視し、ブロガーネーム「胃腸良子」で腸内からのエイジングケアを発信中。

温かな汁もので 冷え対策も栄養も◎

【材料】
豚肉
ざく切りにした大根
にんじん
ごぼう
しめじ
こんにゃく…すべて適量

酒かす

【作り方】
1.ざく切りにした大根、にんじん、ごぼう、しめじ、こんにゃく、豚肉をだし汁で煮込み、酒かす適量を溶かす。
2.さいの目に切った豆腐を入れてひと煮立ちさせる。みそを溶かし、青ねぎを散らす。

 

初出:【温活レシピ】温め×血流UP食材で寒い日も冷え知らず♪ 美と健康のプロが教える簡単レシピ

記事を読む

ささ身と根菜のジンジャーティースープ

「ささ身も根菜もジンジャーも温め食材。さらに、温かいものを食べれば体は温まるので、このスープは最強の温めメニューです」(須磨さん)

【材料】(1~2人分)
ささ身…2本
かぶ…1個
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/2本
れんこん…100g
ごぼう…約30cm
コンソメ…1個
レモンジンジャーティー…2パック
イタリアンパセリ…適量
オリーブオイル…適量
塩…適量
水…適量

【作り方】
1.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをなじませ、ささ身の表面に焼き色をつける。
2.鍋にオリーブオイルと一口大に切った野菜をすべて入れて軽く炒める。
3.一口大に切った1を2に入れてなじませたら、水をひたひたに入れる。
4.3が沸騰したらアクを取り、コンソメとレモンジンジャーのティーバッグを入れて鍋に蓋をし、野菜がやわらかくなるまで煮る。
5.塩で味を調えたら器に盛りつけ、仕上げに刻んだイタリアンパセリを散らす。

 

初出:おいしく食べて冷えを解消する朝ごはんレシピ|1品で栄養◎! タンパク質と温め食材で冷え知らず♪

記事を読む

美のプロが教える、体温を上げる「飲み物」8選

葛湯

美容エディター

野澤早織さん

飲み物での温活がメイン。デスクワーク中はコーヒーもカフェインレスにして過剰摂取を防ぎ、足首を定期的に回しています。


「熱々葛湯を少しずつフーフーしながら飲めば、おなかの中からじわじわと温まり、心もホッとします。葛湯は必ず本葛で!」(野澤さん)

チャイ

美容エディター

野村サチコさん

インド旅行で飲んで感動してチャイ好きに! スパイス効果で温まります。食事には温かいスープ、みそ汁は欠かせません。

「シナモンやジンジャーなどがたっぷり。甘みも程よい」(野村さん)

ホットスムージー

児玉由希さん

自分で調合して作るスパイスカレーは内側から温かに。ホットスムージーは甘みの中にしょうがやシナモンが効いておいしい!

「冷凍で届くので水を加え、つぶして混ぜ、耐熱皿に移してレンジでチン。簡単です」(児玉さん)

ホット豆乳+シナモン

女性医療ジャーナリスト

増田美加さん

Tie2を活性化するため、シナモンやルイボスティーをとるように。常温かホットで冷たい飲み物は避け、筋トレ、入浴も日課です。

「シナモンパウダーを振ったホット豆乳は1日1回は飲みます」

ヨモギ茶

ヘア&メイクアップアーティスト

高橋里帆さん


冷たいものは避ける、湯船につかる、規則正しい生活で自律神経を整えるように。ヨモギ茶はもう3年以上飲み続けています。
関連記事をチェック ▶︎

「毎日1杯は飲んでいます。内臓を温め、自律神経を整えてくれるそうです。飲むようになって冷えが改善され、よく眠れるように」(高橋さん)

 

初出:寒い冬にも飲んでぽかぽか♪ 今すぐ真似できる美容エキスパートの“温活ドリンク”口コミ集5つ

記事を読む

ジンジャー甘酒

麹を発酵させて作った甘酒を用意。甘酒を温め、しょうがパウダーを加える。しょうがパウダーは好みの量でOK。小さじ1/4~1/2ぐらい、たっぷりめに入れるのがおすすめ!

 

初出:【温活レシピ】温め×血流UP食材で寒い日も冷え知らず♪ 美と健康のプロが教える簡単レシピ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事