食・レシピ
2021.5.7

レモンサワーや緑茶ハイ…仕事終わりの1杯はキレイになれる缶チューハイで決まり!

「楽しい、おいしい、心も体もリラックス」が美に効くからか、お酒を素敵にたしなむ人が意外と多い美容人。美容通&お酒通な8人に、最近の“とっておき”を語ってもらいました。今回は「チューハイ系」をご紹介♪

至福の家呑み、何飲む?リスト【チューハイ系編】

202106gp169-1
「チューハイ」は「焼酎ハイボール」が語源ともいわれています。今では焼酎、ジン、ウオッカなどを炭酸、お茶、ジュースなどで割ったものも。「サワー」は、柑橘系の果汁を合わせたものが一般的ですが、「東ではサワー、西ではチューハイ」と呼ぶ傾向も。例えば、レモンサワーならビタミンCなど、美に効く成分が多いものも人気です。

 

無糖・無炭酸でおなかにたまりにくい!
\門司さんLOVE/
(1)宝焼酎のやわらかお茶割り
すっきりとしたまろやかな宝焼酎をべースに、一番緑茶を使った無炭酸の緑茶ハイ。苦みや渋みが少なく、やわらかな口当たり。

「とにかく飲みやすく、悪酔いしないんです。料理も選ばず、合わせやすい!」

335ml ¥155
(宝ホールディングス)

 

美肌を導くビタミンCがたっぷり
\宇垣さんLOVE/
(2)キレートレモンサワー
レモン果汁を20%使い、1本に含まれるクエン酸は3,000mg、ビタミンCは350mg!レモンのすっぱさを感じるしゃきっとした味。

「さっぱり飲める柑橘系のサワーが好き。ビタミンCもとれるので、罪悪感なく楽しめます」

350ml ¥176
(サッポロビール)

 

教えてくれたのは…
美容エディター 門司紀子さん
6月の料理レシピ本発売に向けて奮闘中。
「お酒は料理をさらにおいしく、場をさらに楽しくする名脇役!」

フリーアナウンサー 宇垣美里さん
プロも驚く美肌のもち主。「つらくなったら飲まない」がモットー。飲んでむくんだら、電気バリブラシでケア。

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/sono(bean) スタイリスト/洲脇佑美 構成/旧井菜月、松田亜子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事