ボディケア
2017.11.19

小顔になる体操&マッサージ|すぐにできて効果抜群!「小顔ダイエット」の方法まとめ

「顔、小さいね」。これって女性にとって最高の褒め言葉ですよね。できるものなら、モデルのようにフェイスラインがキュッと引き締まった小顔を手に入れたいと願う多くの女性のために…今回は、簡単にできて、すぐに小顔効果が出る体操やマッサージの方法をご紹介しましょう! 日頃の習慣に取り入れやすいものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

【目次】
簡単なのに効果抜群!仲里式メソッドの小顔体操
顔ヨガに体の体操も…習慣づければ小顔になれる!
自宅でできてすぐに効果が!小顔になるマッサージ

簡単なのに効果抜群!仲里式メソッドの小顔体操

小顔フェイシャルヨガインストラクターの仲里あやねさんによると、“パーツを大きくして肌の面積を少なく見せる”、“目や口のパーツをエクササイズでメリハリをつけて大きくする”、“フェイスラインを鍛えてシャープにする”ことで、顔の縦横幅は変わっていなくても小顔に見えるそう。ここでは、仲里式メソッドに基づく小顔体操の基本から応用編までをご紹介します。

毎日やれば10日で小顔効果!口周りや舌をたっぷり動かす小顔体操

小顔フェイシャルヨガインストラクターの仲里あやねさんによると、“パーツを大きくして肌の面積を少なく見せる”、“目や口のパーツをエクササイズでメリハリをつけて大きくする”、“フェイスラインを鍛えてシャープにすることで、顔の縦横幅は変わっていなくても小顔に見える”というのが“仲里式メソッド”。

小顔の道に欠かせない仲里式メソッドの基本の3ステップをご紹介します。

【STEP1:ほぐす】
次のエクササイズの効果を上げるために、マッサージで顔のコリをオフ。
(1)肩周りと首
肩を後ろに回し、肩胛骨が動くのを意識しながら左右10セットずつ回す。次に、頭に手を乗せて、手の重みを使いながら、首を前後左右に伸ばす。
毎日やれば10日で小顔効果!口周りや舌をたっぷり動かす小顔体操
毎日やれば10日で小顔効果!口周りや舌をたっぷり動かす小顔体操
(2)目元
眉頭下、黒目上、目尻上の3か所を、親指の腹を入れ込むように丁寧に押す。3セット行う。
毎日やれば10日で小顔効果!口周りや舌をたっぷり動かす小顔体操
(3)フェイスライン
こめかみ、かみ合わせ、エラ、口角下の4か所のコリをとる。こめかみを人さし指の腹で、かみ合わせを親指の腹で息を吐きながら押し、エラと口角下は指の第2関節でもみほぐす。各3秒×3セット。


(4)鼻筋
息を吐きながら、人さし指の腹を小刻みに動かしてもみ込むようにしながら、鼻のつけ根、中央、小鼻横の3か所を押す。各3秒×3セット。

【STEP2:パーツを大きく】
目や口を大きく見せることで、肌の面積を少なくすれば、小顔効果が!
201705gnakasatoshiki11
201705gnakasatoshiki12
(1)眼筋を鍛えて目力UP
目を大きく見開きながら、鏡の中の1点を見つめる。そのまま黒目を上下左右に動かす。呼吸は続けながら、テンポよく10セット行う。

(2)口周りを鍛えてほうれい線を薄く
口いっぱいに含んだ空気を、口の中で上下左右に動かす。テンポよく10セット行う。

(3)口周りの筋肉を動かしてメリハリのあるぷっくり唇に
口を「いー」「うー」「んー」と大きく動かす。「いー」では、奥歯を食いしばらず、「んー」ではしまい込んだ唇をかまないように。10セット行う。

【STEP3:フェイスラインを鍛える】
Vラインがシャープなだけで小顔に見えます。首筋まで動かせばフェイスラインすっきり!
(1)二重あご&たるみ防止
上を向いた状態で、STEP2の(3)の「いー」「うー」に加えて、舌を出す「べー」を行う。口周りと首筋それぞれの筋肉を使っているのを確かめて。各3秒×10セット行う。

(2)シャープなあご先に
舌を下へできるだけ長く出して「べー」。5秒×10セット行う。
(3)Vラインをキープ
上前歯の裏に舌を当て、ストローを唇くわえる。テレビを観ながらなど、1日15~20分ほど行えば効果抜群!

毎日続けて変わる! 仲里式メソッドで10日で必ず小顔に!

面長さんは表情筋を鍛える体操をプラス!

面長さんは、上記の“STEP1”を全て行った後、頬骨下をほぐす動きをくわます。手をグーにして、指の第2関節で筋肉を動かしまほう。3秒×3回。
面長さんは表情筋を鍛える体操をプラス!
また、上記の“STEP2”(1)の目を見開くポーズと、(3)の「うー」「いー」を順番に各3秒ずつ3セット以上行うと、表情豊かに。さらに、“STEP3”(3)のストロートレーニングは口角を上げる効果があるので、欠かさず行いましょう。
そしてこれらに加え、口角横の筋肉を左右交互に10回ずつ動かして筋トレを! はじめは指で筋肉を動してOK。慣れてきたら、唇のセンターがずれないように指を添えて口角上げを行いましょう。
面長さんは表情筋を鍛える体操をプラス!
ビフォーアフターがこちら!
面長さんは表情筋を鍛える体操をプラス!
明らかにフェイスラインがすっきりしましたね。

\面長顔さん必見!/表情筋を鍛えて小顔に♪ 10日間でこんなに変わりました!

いつもの動きにちょこっとプラス!小顔になれる簡単習慣

普段の生活習慣の中にちょこっとだけ動きを加えるだけ。仲里さん伝授! 小顔効果のある簡単な動きをご紹介します。

メイクをしながら、フェイスラインをすっきり!
いつもの動きにちょこっとプラス!小顔になれる簡単習慣
メイク中は、目線よりやや上の高さに鏡を持ってくることで、上首とフェイスラインをスッと伸ばしてたるみ予防。

歯磨きしながら、目力強化!
いつもの動きにちょこっとプラス!小顔になれる簡単習慣
黒目を、歯を磨く方向に合わせて上下左右に動かせば、ぱっちり大きい目に!

写真を撮りながら、口角アップ!
いつもの動きにちょこっとプラス!小顔になれる簡単習慣
舌を上前歯の裏側につけながら笑うと口角UPなうえに、写真写りばっちりな笑顔に!

お茶をしながら、口周りを筋トレ!

熱い飲み物を冷ますとき、「うー!」と思いっきり口をすぼめて筋トレ。

会話しながら、Vラインをほぐす

さりげなくあご周りのVラインに手を添えながら温めて。左右差が出ないようにほぐしましょう。

食事しながら、顔全体で柔軟体操

食事をしたり、会話をするときは、顔の動きをオーバーに。顔全体のコリが取れる上に、表情豊かに見えて一石二鳥。

顔ヨガに体の体操も…習慣づければ小顔になれる!

口の閉じ方や立ち方を気をつけたり、ほんの少しの時間を使って顔ヨガが小顔体操をしてみたり…生活習慣をちょっと変えるだけで、小顔に近く方法をまとめてご紹介します。

食いしばりがたるみに?小顔になる正しい歯のポジション

歯科医師の宝田恭子先生に聞いた、顔のたるみを防ぐ正しい歯の食いしばり(ポジション)はこちら。
食いしばりがたるみに?小顔になる正しい歯のポジション
口を閉じているときは、上下の歯の間に2〜3mmの隙間があるのが正常な状態。
長時間下を向くなどして上下の歯が触れ合っている状態が続くと、筋肉が常に緊張して、あごの疲労感などが発生。たるみにもつながるので、正しい姿勢で、上下の歯に隙間があることを意識しましょう。

日常のこんなところでも!今日からできる小顔への近道とは

歩き方を気をつければ小顔に!?

口を開けたり閉じたりするときに使う顎関節は、骨盤と神経で連動してます。そのため、正しい歩き方をせずに骨盤がゆがんでいますと、顎関節、さらには顔全体のゆがみやむくみにつながってしまうのです。
小顔を目指すための正しい歩き方をご紹介します。
歩き方を気をつければ小顔に!?
肩の力を抜き、上半身は肩甲骨を寄せて、お腹の内側の筋肉をのばし、骨盤を立てます。太ももはなるべく高く上げて、靴の裏が見えるように足を返し、着地の際はかかとではなく爪先から足をつけるようにしましょう。

あわせて、首のストレッチも習慣づけると小顔効果がさらにアップ!
歩き方を気をつければ小顔に!?
まっすぐの姿勢で左右の肩甲骨を中央に寄せるようにしながら、あごを真上に上げます。首の筋肉を伸ばしながら20秒キープしましょう。

今度こそ小顔になりたい方必見!歩き方を気をつけるだけでデカ顔脱出!?

深澤亜希さんは「あいうえお体操」で小顔キープ!

深澤亜希さんは「あいうえお体操」で小顔キープ!
便秘や睡眠不足など、むくみの原因はさまざま。美容家の深澤亜希さんが、顔のむくみがひどい日に取り入れているのが、顔を大きく動かすストレッチ。クリームマスクをしながら、口を大きく開いて「あいうえお」と唱える「あいうえお体操」を実践すれば小顔効果大だそうです!

美容家・深澤亜希さん発!即、小顔になれるアイウエオ体操

むくみを解消して小顔に!顔ヨガのすすめ

顔の筋肉を自力で思いきり動かす顔ヨガは、血行や代謝が促されて脳も活性化します。顔ヨガ第一人者の間々田佳子さんによると、血行や代謝を促進してくれて脳も活性化するという顔ヨガは、朝に行うとさらに効果大だそう。

【STEP1:「くちゃくちゃぱっ」で顔全体のむくみを取る】
むくみを解消して小顔に!顔ヨガのすすめ
すべてのパーツを顔の中心に寄せて、口から息を「シューッ」と出します。次に口を思いきり開いたまま5秒。できれば3セット行いましょう。顔がポカポカしてくるはずです。

【STEP2:「目ワイパー」で上まぶたをオープン】
むくみを解消して小顔に!顔ヨガのすすめ
眼球だけを左上から右上にゆっくり5秒かけて動かします。顔は動かさないように注意し、3往復行いましょう。

【STEP3:「ムンクの顔」でほうれい線を撃退】
むくみを解消して小顔に!顔ヨガのすすめ

背筋を伸ばし、「オー」の口をキープしたまま、目だけ上を見て、下まぶたをピクピクさせます。これを3セット。ほうれい線もなくなって小顔効果も抜群!

【STEP4:「おいしい顔」体操で笑顔に】

上の歯を8本見せながら舌を出して上へ。舌を突き上げたまま左右に2~3回往復させます。

【STEP5:「ひっひっひー」で二重あごすっきり!】


あごの下から胸までを覆う筋肉“広頸筋”を上げたり下げたりします。首に縦の線を入れるイメージで「ひっひっひー」と言い、そのまま舌を鼻に近づけましょう。

顔ヨガ講師・間々田佳子さん発!寝不足の朝のむくみ&くすみを取る方法

自宅でできてすぐに効果が!小顔になるマッサージ

筋肉に直接働きかけるマッサージは効果絶大。ほぐしたり、引き上げたりして、フェイスラインも美しい小顔になっちゃいましょう!

引き上げマッサージと筋トレで小顔に!ほうれい線解消効果も

顔も体と同じように筋トレを行うことで余分な脂肪が減って引き締まります。
ここでは一度に顔の筋トレ&顔の皮膚の引き上げができるマッサージをご紹介します。むくみが解消されれば、ほうれい線も目立たなくなりますよ。

【How to】
引き上げマッサージと筋トレで小顔に!ほうれい線解消効果も
(1)クリームを顔全体に塗り、ほうれい線に人さし指を添わせて「ヤッホー」のポーズから耳の手前まで押し上げる。小頬骨筋の位置からスタートするので、筋トレにも!
(2)あごの下に親指を置き、エラに沿って耳方向に引き上げて顔全体のたるみケア!

法令線が目立たなくなる! 小顔になれる簡単マッサージ

メイク前に…おまじないマッサージで小顔を形状記憶!

小顔のポイントは、フェイスラインのシャープさ。年齢を重ねると、顔の下半分は重力に従ってどんどん下がってくるので、美しいフェイスラインは失われがちに。
そこでおすすめなのが、メイク前に行うフェイスライン引っ張り上げマッサージ。日頃のスキンケアの前に行ってみましょう!

【STEP1:フェイスラインを引き上げる】
メイク前に…おまじないマッサージで小顔を形状記憶!
親指とその他の4本の指でフェイスラインをはさみ、あご先から耳下まで引き上げていき、そこで10秒止めます。

【STEP2:美容液を塗る】
メイク前に…おまじないマッサージで小顔を形状記憶!
STEP1の後、化粧水とリフトアップ美容液を塗り、もう一度あごから耳下まで、片側5回ずつ引き上げます。最後は、リンパを首筋から鎖骨まで流して。

植物由来成分配合のおすすめリフトアップ美容液はこちら。
メイク前に…おまじないマッサージで小顔を形状記憶!
クラランス トータル V セラム 50g ¥8,600(税抜き)

【STEP3:口周りを刺激して緩める】

指の腹を使って口周りをタッピング。そのまま頬まで。刺激して緩めることで口角を上げます。

メイク前のマッサージ、このひと手間で小顔が手に入る!

大人気サロンの技を自宅で!3分マッサージですっきり小顔に

多くのモデルや女優たちが通う大人気サロン直伝! 小顔に導く“流してほぐす”セルフマッサージテクニックをご紹介します。

【STEP1:流す】
(1)あごの下の筋肉の始点が集まるくぼみに親指の腹を当て、強めに5秒間プッシュし、顔全体の筋肉を緩める

(2)親指であごの下から耳の下に向けて5回こすり、リンパを押し流す
大人気サロンの技を自宅で!3分マッサージですっきり小顔に
(3)顔に向かう筋肉の視点が集まる鎖骨のくぼみに親指を当て、ぐっとプッシュする
大人気サロンの技を自宅で!3分マッサージですっきり小顔に
(4)指の腹を耳の下に当て、鎖骨に向けて筋肉をスーッと5回こする

(5)わきの大きな血管の滞りをなくすため、わきの前側をつまんで押し流す
大人気サロンの技を自宅で!3分マッサージですっきり小顔に
(6)腕を上げ、わきの下をよくもみほぐす(反対側も3〜5を同様に繰り返す)

【STEP2:ほぐす】

(7)咬筋とは噛むための筋肉。親指を耳の手前に当てて5回こすり、咬筋をほぐしてエラの筋肉を緩める

(8)額の生え際と襟足の生え際を親指で5回ずつプッシュ。頭の筋肉をほぐす

(9)噛むときに動く側頭部の筋肉を親指で上下に5回こする。あごのほぐしにも効果的

【STEP3:つまむ】

(10)耳の前を5回つまんでほぐし、老廃粒の滞りを防ぐ

(11)口角や下あごにある靭帯をほぐすため、親指と人さし指で口角の外側と下側を5回ずつぎゅっとつまむ。これで二重あご防止効果が!

(12)目の下と頬にある靭帯をほぐすため、下まぶたと頬を5回ずつつまむ

大人気サロンが教えるたった3分で小顔になる簡単マッサージテクニック

「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!ウォーミングアップ編

代官山山口整骨院院長、山口先生が考案した“こぶしカッサ”とは、カッサをこぶしで代用し、リンパや血流を促して筋肉のコリもほぐしていくもの。
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!ウォーミングアップ編
なんと、頭のこりをほぐすだけで、顔のむくみの7割が解消されるそう!
こぶしカッサのやり方の基本を見ていきましょう。

押さえるポイントはこちらの4か所!
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!ウォーミングアップ編
【How to】

(1)こめかみにこぶしの親指以外を当て、10秒間、小刻みに左右に揺らして筋肉をほぐす(反対側も同様に)
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!ウォーミングアップ編
(2)こぶしの親指以外を、顔側面の耳の一番高い位置と髪の生え際を結ぶラインに当て、10秒間、小刻みに左右に揺らす(反対側も同様に)

(3)こぶしの親指以外を、耳の指1本分上に当て、10秒間、小刻みに左右に揺すり、コリコリとした筋肉をほぐす(反対側も同様に)

(4)3のこぶしを耳の後ろにずらし、10秒間、小刻みに左右に揺すり、普段動かすことのない筋肉を目覚めさせる(反対側も同様に)

今すぐできるセルフマッサージ術!「こぶしカッサ」~ウォーミングアップ~

「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!むくみ&二重あごケア編

続いて、頬のむくみ&二重あごに効くこぶしカッサマッサージをご紹介します。

【頬のむくみには】
頬骨の下は老廃物がたまりやすい場所! しっかりケアしましょう。
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!むくみ&二重あごケア編
こぶしの親指以外を頬骨の下に当て、押し上げるようにグリグリと圧をかけながら、左右に10秒揺すってほぐします。(反対側も同様に)

【二重あごには】
首の筋肉がこって下がると、頬を引っ張ってしまい、太っていなくても二重あごになる可能性が! 舌のつけ根や首の筋肉をほぐすマッサージで、顔を引き上げましょう。

(1)あごを上げ、あごの中心から指1本分外側、舌のつけ根部分にこぶしの親指を当てる。押し上げながら10秒間グリグリほぐす(反対側も同様に)
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!むくみ&二重あごケア編
(2)こぶしの親指以外をフェイスラインの骨の下に当て、10秒間左右に揺する(反対側も同様に)。再びフェイスラインの骨の下にこぶしを当てて、鎖骨まで滑らせて老廃物を流す。10回繰り返したら反対側も同様に
「こぶしカッサ」で小顔マッサージ!むくみ&二重あごケア編

頬のむくみケアに!自宅で簡単にできちゃう“こぶしカッサ”

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事