ボディケア
2018.7.29

小顔を目指すフェイスエクササイズ|簡単にできて効果絶大!小顔体操をインストラクターが伝授

キュッと引き締まった小顔って憧れますよね。美顔ローラーなどのマッサージ機や、かっさなどのグッズもよいですが、今回は、何も使わずにできて即効性のある簡単フェイスエクササイズをフェイスエクササイズインストラクターの高橋裕美さんに教えてもらいました。あわせて行いたいリンパマッサージや、高橋さんおすすめのマッサージオイルもお届けします!

【目次】
顔が大きく見えてしまう原因は…
即効性に期待!小顔をかなえるフェイスエクササイズ
エクササイズ前にはオイルやクリームを使ってマッサージを
あわせて行いたいリンパマッサージ

顔が大きく見えてしまう原因は…

そもそも顔が大きく見えてしまう原因には次の4つが挙げられます。

1. 顔の筋肉の緩み

顔の筋肉の多くは、咀嚼や表情形成をするためにあります。そのため、普段からやわらかいものばかり食べたり、喜怒哀楽を表現しないで表情があまり変わらないような人は、顔の筋肉に刺激が少ないため、筋力が低下して緩んでしまいます。

2. 顔についた脂肪

1の筋肉の緩みにより、脂肪を燃焼する能力も衰え、顔に脂肪がつきやすくなってしまいます。

3. 顔の筋肉の肥大化やコリ

私たちは無意識に歯を食いしばったりすることが多いものですが、そうするとあご周辺の筋肉にコリが生じ、張ってしまいます。

4. 顔のむくみ

むくみは、動脈の血管に含まれる水分が血管の外ににじみ出し、血管外の細胞に溜まることで生じます。健康な状態であれば、にじみ出た水分は、動脈の血管やリンパ管に再吸収されるのですが、水分を取り過ぎたり、血行不良になるとむくんでしまいます。

これらを解消するために共通していえるのは、“血液とリンパの流れを良くするべき”ということだそうです。

即効性に期待!小顔をかなえるフェイスエクササイズ

それでは早速、高橋さん一押しの小顔効果が期待できるフェイスエクササイズをご紹介します。エクササイズを行うにあたり、効果をアップさせるポイントはリラックスすることだそう。

「表情筋は皮筋なので、精神的に緊張すると連動して筋肉も硬くなってしまいます。好きなアロマを焚いたり、音楽を聴くなど、リラックスした状態でエクササイズを行うとよいでしょう。また、温かいほうが柔軟性が高まるので、入浴中や入浴後のスキンケアの際に行うことをおすすめします。そして、呼吸を止めると筋肉は緊張してしまうので、丹田腹式呼吸をするのが理想です」と高橋さん。

それでは早速見ていきましょう。

■空に向かってキス!エクサ

ph1

真上を向いて10回「ンーパ!」とキス。このとき、音を立てるくらい大きな動きを心がけて。

これにより、口の周りの口輪筋が刺激され、頬から下のフェイスラインの血液やリンパの流れがスムーズになります。

■口角を上げるエクサ

STEP1:口角を中央に寄せる。奥歯をやさしく噛みしめて

ph2

STEP2:口角を右上に引き上げる。頬で下まぶたを持ち上げるようなイメージで。あごが一緒にずれないように!

ph4

STEP3:同じ要領で、口角を左上に引き上げる

sashikae

これを左右交互にゆっくり5セット行います。左右差があるときは、動かしにくいと感じるほうを3〜5セット多めに行ってください。

■上を向いて「イーウー」エクサ

STEP1:首筋にある胸鎖乳突筋(首から鎖骨にかけてある筋肉)をピーンと伸ばすことを意識しながら、ゆっくりと真上を向く

ph13

STEP2:上を向いた状態で口を真横に引いて「イー」と言う。首元の筋肉も意識して

ph14
※上を向いた状態で行います。

STEP3:同じく上を向いたまま、唇を前に突き出して「ウー」と言う。唇の内側も見せるようなイメージで

ph15
※上を向いた状態で行います。

1セットやるごとに一度顔を正面に戻して首を休めながら、5セット行います。首が痛い人は、正面を向いたまま行ってもOKです。フェイスラインをすっきりさせる効果が期待できるエクササイズです。

このほか、口を大きく開いて「あー」、「いー」、「うー」、そして舌を出しながら「べー」と言う“あいうべ体操”も、口腔周囲と首の筋肉を鍛え、さらに血液とリンパの流れを良くしてくれて美肌効果も期待できるのでおすすめだそうです。

エクササイズ前にはオイルやクリームを使ってマッサージを

皮筋である表情筋は、強張っていたり冷えている状態で動かすと、かえってシワを深くしたり、筋肉を傷めかねません。

「入浴中や入浴直後にエクササイズを行う場合は、肌が温まっていますが、冷えているときなどは、エクササイズに入る前にオイルやクリームを使って、あごや首周りをやさしくマッサージしましょう。マッサージすることで血行が良くなると、肌も温まりますし、老廃物が排出されてむくみやたるみ、シミやくすみの改善にもつながります」と高橋さん。

高橋さんがマッサージのときに愛用しているというオイルを教えてもらいました。

■SPA HINOKI ホホバオイル

%e3%83%9b%e3%83%9b%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

100ml ¥1,852/250ml ¥3,241/500ml ¥5,556(写真は100ml。高橋さん私物)

低温圧搾法により抽出されたホホバオイル(未精製)。分子構造が人の細胞構造と酷似していて、敏感肌やアレルギー肌の人にもおすすめ。

■トリロジー ロザピン プラス

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

30ml ¥6,500(写真は数量限定で発売されていた15ml。高橋さん私物)

ローズヒップオイルをベースに、外的環境や年齢による悩みから肌を守る成分をブレンドしたエイジングケア美容オイル。

あわせて行いたいリンパマッサージ

血行不良を改善してむくみを解消するには、リンパを意識したマッサージを行うことが大切。上述したように、フェイスエクササイズを行う前などに、オイルやクリームを使って下記のリンパマッサージを取り入れてみましょう。

■額から鎖骨リンパ筋までマッサージ

STEP1:ハーッと息を吐きながらひと呼吸のうちに、親指以外の4本の指で、額から耳の後ろを通り、散骨リンパ筋までマッサージ

ph5_8

STEP2:最後に鎖骨リンパ節を刺激

ph9

これを10セット行います。

■顔を上げた状態でリンパ筋までマッサージ

STEP1:顔を上げて唇を突き出す

ph10

STEP2:息を吐きながら、あご下から鎖骨リンパ筋に向かい、親指以外の4本の指でやさしくなでる

ph11

STEP3:最後に鎖骨リンパ節を刺激

ph12

瞑想するイメージで約30秒間行います。

むくみが激しい人は、美顔ローラーやかっさなどを使ってリンパマッサージをすると、より老廃物などが流れてむくみが解消されやすいでしょう。

 

簡単にできて小顔効果が期待できるフェイスエクササイズやマッサージ、ぜひお試しください。

*商品の価格はすべて税抜です。

 

<お話を伺ったのは…>

profile

高橋裕美・・・ICHM・REPs公認フェイスエクササイズインストラクター/歯科衛生士。井荻歯科医院勤務。“口元から健康でキレイ”をモットーに、クリニックでの勤務の他、セミナー講師や執筆業など多方面で活動中。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事