ヘアのお悩み
2021.6.1

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い、髪のプロに聞くと?

\"\"

元々くせ毛、湿気でくせが出る…などくせ毛もさまざま。施術したいけど、ストレートパーマと縮毛矯正どう違う? そんなお悩みにへアのプロがお答えします。

縮毛矯正とストレートパーマの【違い】とは?

Nicomaria from ZACC スタイリスト

清左洋一(せいざ よういち)さん

髪質、ライフスタイルなどに合ったオンリーワンなヘアスタイル診断を心がけ、お客様が自宅でもスタイリングしやすい再現性のあるスタイルを常に提案。やわらかナチュラルなスタイルが得意。

「ストレートパーマと縮毛矯正は、髪をまっすぐにするという意味では同じなのですが施術が違います。通常、ストレートパーマは2種類の薬剤を使用して髪をストレートに近づけていきます。縮毛矯正も同じく、2種類の薬剤を使用して髪を伸ばしていくのですが、ここにさらに、熱を加えるという工程が加わります。まず、髪の中の結合を解くための薬剤を使用し、そのあと、ストレートアイロンでうねりなどをまっすぐに伸ばしていきます。そのあと、2種めの薬剤を使用して形を固定するのです」(清左さん・以下「」内同)

【向いている人と向いていない人】は?

【向いている人】

ストレートパーマは、以前かけたパーマを和らげたい人や元に戻したい人、また、軽いくせ毛やボリュームのある髪を落ち着かせたい人に適しています。

一方、縮毛矯正はもともとある強いクセをまっすぐに矯正するための施術です。強いクセ毛で悩んでいる人や、雨の日などに強いクセが出る人、ボリュームが出すぎる人などにおすすめ。

自分ではどちらのパーマが向いているのかわかりにくいですよね。髪質やなりたいスタイルのイメージ、目的に合わせて美容師と一緒に決めるのがいいでしょう。初めてのサロンでは、過去にどんな施術をやってきたかを細かく伝えるといいと思います!」(清左さん)

 

初出:ストレートパーマと縮毛矯正は同じってホント? 髪のプロに真相を直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

【向いていない人】

\教えてくれたのは…ヘアスタイリスト・毛髪診断士 大谷猶子さん

湿気でぺたんとしてしまうタイプの人はストレートパーマや縮毛矯正だとさらにぺたんこを促進してしまいます
「くせ毛を生かして動きをつけたカットや、デジタルパーマでふんわり感を形状記憶させるヘアスタイルがおすすめです。湿気ではねたり、多少くずれてもそれがニュアンスに見えるような髪型だと、毎日がだいぶ楽に過ごせるはず」(大谷さん)

 

初出:湿気で髪がぺたんこに…梅雨時期でもくずれないヘアスタイリングやおすすめアイテムは?

記事を読む

それぞれの【施術時間】は?

「施術時間も縮毛矯正のほうが長いです。髪の長さにもよりますが一般的に、ストレートパーマが60分~90分位であるのに対し、縮毛矯正は2時間以上かかる場合が多いです。そして、縮毛矯正は薬剤だけでなく熱が加わるため、ストレートパーマに比べて髪への負担が大きくなります。髪が痛まないように、使用する薬剤の選択やアイロンの温度の設定などは慎重に行う必要があります」(清左さん)

 

初出:ストレートパーマと縮毛矯正は同じってホント? 髪のプロに真相を直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

これもおすすめ!縮毛矯正・ストレートパーマとは違う「サロンメニュー」

“ミネコラ”や“酸熱トリートメント”

毛髪診断士・認定講師

伊熊奈美さん

美容エディター。育休中の産後脱毛の経験から、ヘア全般に関する記事の編集執筆に多く取り組み、セミナー講師としても活躍中。

最近注目を集めているのが、“ミネコラ”や“酸熱トリートメント”など、最後に熱を使うサロンメニュー。「縮毛矯正やストレートパーマとはまた違う、髪をいたわりながら、艶を出して手触りを良くするメニューが人気。セルフケアで限界がある悩み深い髪は、プロの手を借りるのもありです」(伊熊さん)


初出:美髪の復活には“熱で仕込む”が正解!ダメージ回避&艶髪作りのポイントは?【美的GRAND】

記事を読む

ミネコラトリートメント+ストレートパーマの組み合わせ

S.HAIR SALON代表

植田高史さん

S.HAIR SALONを2003年に開業。サロンワークを中心に、ファッション誌や広告撮影、プロダクト開発などで活躍。

\施術したのは…美的.com ディレクター 多喜景子

髪質:くせ毛で柔らかい髪質。量は普通。
髪型:鎖骨レングスのローレイヤーボブ
ヘアカラー:あり
パーマ:ストレートパーマ
髪コンプレックス:とにかく根元からうねる。左右うねり方もちがうからブローが大変。せっかくパッツン前髪にしたのに、キレイにカットラインが出ない。

Q.髪コンプレックス解消の“奥の手”は?
A.S.HAIR SALONのミネコラトリートメント+ストレートです
初めて体験したときは、「なにこの質感!?」と叫んだほど。
乾燥や強いうねりが気になっていた髪が、1度のトリートメントでここまでサラサラツヤツヤに!?と衝撃的でした。以来、ほぼ月1ペースで“ミネコラ通い”をしています。梅雨前には、うねり対策でミネコラにストレートパーマを組み合わせてもらいましたが、柔らかく自然な感じで、ブローも大幅にラクになり大満足。髪のコンディションが安定したおかげで、難しいと思っていたパッツン前髪&ローレイヤーボブも楽しめています。

\施術方法/

STEP1:髪に塗布してしばらく置く。

STEP2:洗い流して全体を乾かしてから、200℃のストレートアイロンで熱を加えていく。ミネコラ(水素)と髪内部の活性酸素が結びついて水分が発生し、芯から柔らかく潤いのある髪に。

【Before】

【After】
施術前に比べて大幅にツヤ感がアップし、1本1本の髪が芯からしっかりした感じ。いつまでも触っていたくなるほど、しなやかでサラサラに。

前髪の直線ラインもキレイに出ています。私のようにうねりやくせが気になる人は、ミネコラトリートメント+ストレートパーマを組み合わせると◎。


初出:くせ毛に悩んでいる人必見!サラサラが続くミネコラトリートメント【賢人の髪コンプレックス解消ファイルvol.1】

記事を読む

ストレートパーマで叶うおすすめの髪型【3選】

【1】“コスメストレート”のツヤ髪ボブ

Point

ストレートパーマとトリートメントの間のような“コスメストレート”。ダメージゼロで美ストレートを叶え、乾かすだけで憧れのツヤ髪に。アイロン仕上げ不要。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを肩下のワンレングスでカット。内巻きになりやすいようインサイドにグラデーションを入れる。
  2. 前髪は眉にかかる程度のレングスに。サイドとマッシュラインでつなげているので、耳かけをした時も顔まわりが可愛くキマる。
  3. カラーは、柔らかい印象の7レベルのアッシュブラウンに。赤みを抑えつつ、ツヤ感をもたらす色味。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. ボブの鉄則はストレートタッチに仕上げることなので、トリートメント効果に優れたストレートパーマがおすすめ。広がりを抑えるナチュラルな仕上がりで、手触りもアップする。ストレートをかけていれば、スタイリングはドライヤーで乾かすだけでOK。気になる人は前髪だけストレートアイロンを通しても。
  2. ストパーなしなら、ストレートアイロンでワンカールになるよう軽く通す。
  3. どちらもオイルを毛先→前髪と塗布し、最後に表面をなでるようにツヤ感を出します。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 丸山成穂さん

 

初出:王道のツヤ髪ボブのカギは、“コスメストレート”パーマで作るのが新しい!

記事を読む

【2】“SUGAMI ストレート”の清潔感No.1ロング

Point

ナチュラルで柔らかなストレートの秘密は、「SUGAMI ストレート」というメニューにアリ!最新のストレートパーマは、ダメージレスなうえ、素髪のようなナチュラルな仕上がりを叶えてくれる。

【how to“ベース&カラー&パーマ”】

  1. 鎖骨下15cmでベースをカットしたローレイヤー。
  2. 前髪は長めに残し、全体とつなげている。前髪の分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。
  3. カラーは地毛の明るさを生かし6レベルのベージュブラウンで染める。
  4. スタイルのポイントとなるストレート感は「SUGAMIストレート」で。酸性タイプの低ダメージのストレートパーマで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりに。

【how to“スタイリング”】

  1. 濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから乾かす。
  2. 根元がふんわりするように乾かしたら、ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。くるくるドライヤーを使っても◎。
  3. 保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュ。ロングストレートのキレイに見せる一番のポイントは“ツヤ感”なのでトリートメントも抜かりなく!

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪

記事を読む

【3】“ミネコラトリートメント”のツヤ髪ロング

Point

ツヤ髪を作るトリートメントして 、今最も話題なのがミネコラトリートメント。髪の水分量をアップさせ、傷んだ髪を修復し髪のエイジングをかなえる魅惑のトリートメント。施術すると髪の内側からツヤめくような質感に。またミネコラは高温の熱量によってキューティクルが蘇る嬉しい効果もあり。つまり施術後はアイロンを使うたび髪にツヤが生まれる。これは毎日アイロンが手放せないクセ毛さんに嬉しいポイント。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸丈のローレイヤーベース。毛先に厚みを残すようにカットするとまとまりやすいロングに。髪に“面”があるとツヤが出やすいため、短い毛が表面に出やすいレイヤーは入れません。
  2. カラーは5トーンのブルーアッシュとグレーのMIX。ブルー系が入っていると透明感が出やすく、暗いトーンでも重たく感じない。色ヌケしにくく、ツヤが際立つカラー。


【how to“スタイリング”】

  1. シャンプー後、コンディショナーをなじませた後にスケルトンブラシなど目の粗いコームで髪をとかすとトリートメント成分が均等に浸透しやすくなる。濡れ髪に目の細かいブラシを使うと髪を傷めるキケンがあるので注意。
  2. 乾かすときは根元から毛先に向かって乾かして。7~8割乾いた後に、スケルトンブラシでとかしながら乾かすとキューティクルが整いやすくなる。よりツヤを求めるなら、ロールブラシを練習して仕上げに使うことをおすすめ。
  3. ドライ後、髪全体にアイロンを根元付近から毛先まで滑らせ、毛先を軽く内巻きに。髪のキューティクルが整い、髪に面が作られツヤが生まれる。またミネコラトリートメントを施術した場合は、アイロンの熱量によりさらにツヤ感がUP。仕上げに毛先がまとまるようにオイルをなじませれば完成。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 宮澤卓也さん

 

初出:「ミネコラトリートメント」がスゴイ!美人髪の代名詞、ストレートの“ツヤ髪ロング”は髪質問わず手に入る時代に

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事